-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-25 06:00 | カテゴリ:2012はるinほんこん
IMG_2677四川面譜
HDLを出て約1時間。
夕食は尖東駅が最寄りの四川料理「面譜 京川料理」です。
辛すぎる食べ物は苦手なわりに四川料理は大好き!


IMG_2686店内
店内はちょっと薄暗い感じ。
高級感もあり、壁にかけられたたくさんの仮面が高級感も演出しています。


IMG_2685ジャスミン茶
飲茶のお店でよく見る、ずんぐりむっくりしたポットじゃないあたりも高級感醸し出してる。


IMG_2684テーブルセッティング
テーブルセッティング。
一日ディズニーにいてくたくただけどしっかりお腹はすいてます。


IMG_2687四川名物インゲンの強火炒め「千扁四季豆」
四川名物インゲンの強火炒め「千扁四季豆」
インゲンってこんなに美味しいんだー!って目からウロコの料理です。
味付けが秀逸。おいしい!!


IMG_2692牛肉と唐辛子の炒め物
牛肉と唐辛子の炒め物。
これも中華料理ならではの味付けが肉に絡んで絶品でした。
この店当たり!


IMG_2694担担麺
四川料理といえば坦々麺。
この旅全体を振り返って、一番美味しかった食事といえばこのお店の坦々麺を思い出します。
香港で食べる坦々麺はどれもスープがとっても美味しいけど、このお店は、私にとっては麺の縮れ具合が好みなんだよね。
ここまた絶対行きたいなぁ。ってか行くぞ!!
ちなみに、この旅行ではいろんなお店で何度も坦々麺を食べましたが、飼い主はこの翌日に食べた坦々麺を一番にあげてました。

1時間半かけてゆっくりご飯を味わい、21:30、お店を出ます。
地下鉄で帰れるけど、ここは地上をゆっくり歩いて帰りましょうか。
15分位歩くとネイザンロード。
このあたりはWi-Fiが入ったので、ベンチで休憩がてらネット。
基本もちょうどいい~。
この時期の新潟だと、外でこうして長時間過ごすなんて考えられないから嬉しいな。
なんてやってたらiPhoneいじって30分以上も経ってたんで慌てる。
このままホテルに戻る、わけはない。


IMG_2700ユニクロ無印
ユニクロと無印があることに感動するけど、目的地はここではありません。


IMG_2701澳洲牛奶公司
澳洲牛奶公司。
昨日行った「義順牛奶公司」とはまた別のお店です。
スイーツ専門店というわけではないけれど、牛乳プリンなどが名物のようです。
新潟でこの時間にスイーツ食べたくなっても行くところってないけれど、香港は選び放題ですね。


IMG_2702澳洲牛奶公司店頭に並べられたプリン
プリンがずらーっと!!!


IMG_2703澳洲牛奶公司そして牛乳
懐かしさを感じる牛乳もこんなにたくさん。


IMG_2709店内
店内はこの時間なのにほぼ満席!
でも店員さんの数も多すぎて暇そうにしてる人も多数。


IMG_2713店内
調理場。
デザートを作っていたかどうかはわからない。


IMG_2716メニュー
メニューはシンプル。
わかるようなわからないような漢字の羅列です。


IMG_2704卵プリン
卵プリン。
日本で売ってるプリンとは一味違う、優しい味が特徴です。


IMG_2705牛乳プリン
大好きな牛乳プリンを2日連続で!
昨日のお店とこっち、どっちが美味しいか考えてみたけどどっちもおいしくて比べられない。
どちらも20ドルです。大体250円前後かな。
・・・さっきスイーツのお店があればいいのに~って書いたけど、旅行中だから連日食べるけど普段近所にあっても毎日は食べにはいけないか。

プリンは作り置きが出てくるのですぐに食べられます。
お店滞在時間、10分。
さて3件目のスイーツ屋、許留山に行こう!と張り切るけど飼い主に止められる。
抵抗するけど結局行くことはできませんでした。
近くて遠いぞ許留山。いつ会えるんだ許留山。

香港の夜はパワフル、この時間に美容院やってたりもします。
IMG_2723露天のスナック
そしてスナック屋も盛況。
夜の濃さが日本とは全然違うんですね。
もちろん昼は普通に仕事したり学校に行ってる人も多いだろうに、みんないつ寝てるんだろう。


IMG_2725大人気の甘味屋さん(お汁粉屋?)
お汁粉屋にも若者がたーくさん!
香港って景気良さそうに見えるけど、実際はどうなんだろうか。


IMG_2728今日の廟街
廟街は毎日この明るさ。
普段日本に暮らしてて、ふと今頃香港はあの熱気と人の多さで活気溢れてるんだろうなぁと考えたりもします。


IMG_2729人気の釜飯屋も深夜で空いてる
飼い主が入りたがっていた釜飯屋、すいてるけどお腹いっぱいで断念。

23:15、ホテル着。
今日はめいっぱい動いた!!
部屋の電気が暗かったのでフロントに電話したけど待てど暮らせど来ない。
仕方ないので今日は寝ます。
明日はどこに行くのかな。
スポンサーサイト
2013-02-24 06:00 | カテゴリ:2012はるinほんこん
IMG_2574世界で唯一キャラクターのいるイッツアスモールワールド
日本でもおなじみのイッツアスモールワールドですが、ここ香港のはなんと、世界で唯一、中にディズニーキャラクターの人形がいるんです。
言われてみれば、日本だとなんかのイベントの時にはたまにいますが、基本的には人形オンリーですよね。
ということで世界にいるキャラクターに会いにいきます。
解説があるわけじゃないから、自分で探す。これがまた楽しい。


IMG_2575ヨーロッパシンデレラ
ヨーロッパのシンデレラ。


IMG_2578ヨーロッパピノキオ
同じくヨーロッパ、多分イタリアのピノキオ。
うっかりしてると見過ごしちゃう。


IMG_2579中東アラジン
ぶれちゃったけど、中東には大好きなアラジン&ジャスミン。
可愛らしすぎる。


IMG_2580アフリカライオンキング
さっき見たばかりのライオンキングはアフリカ。


IMG_2582南米ポカホンタス
お楽しみはまだまだたくさん、南米ポカホンタス。


IMG_2583アメリカトイストーリー
アメリカはトイストーリー。
バスライトイヤーよりもウッディの方がフィーチャーされてる気がした。


IMG_2584インドジャングルブック
インド、ジャングルブック。
キャラクター三昧のイッツアスモールワールド最高!


IMG_2585香港の街並み
香港の街並みがイッツアスモールワールドテイストで描かれていました。
これ何度乗っても楽しめそう。


IMG_2587海底アリエル
可愛らしいアリエルちゃん。


IMG_2588ポリネシアスティッチ
もしかしていなかったらどうしようと心配してましたけど発見しました、リロ&スティ・・・スティッチ・・・?
他の人形はみんな出来がいいのに、どうしてよりによってスティッチだけorz

何度でも乗りたくなる香港イッツアスモールワールドですが、時間が限られているので次はフィルハーマジックへ。
こちらも以前来た時に見ました。ちなみに日本のはまだ未体験なり。
こちらもいろんなキャラクターに出会えるしドナルドは可愛らしいし、何度見ても飽きない。ってか飽きるまで見てみたい。

時刻は14時。
天気予報は曇りと雨だったから心配してたけど晴れて本当によかった。
半袖でちょうどいいくらいの気温もまた嬉しい。

ここでお昼ご飯。
っていっても時間が遅いわりにはお腹もすいてないし、夜はまたおいしいものをたくさん食べたいのでここは軽めで。
前回来た時に食べた飲茶がなかなかおいしかったので、今回もそれを食べたかったけど例によって飼い主から却下される。


IMG_2591レストランでバーベキューポーク
2人でひと皿、バーベキューポーク65ドル。
なんか名物らしいよ。
味はまあ、普通だったかな。

この後は日本にもあるバズライトイヤーのアストロブラスターで飼い主と対決!
的をレーザー光線で打って得点が出るあれです。
得意ってわけじゃないけど、いつも飼い主には勝つのにこの日は飼い主49000点、私38000点で敗北。悔しい!
でもレベルはどちらも3。
そして前の人は210000点(21万!)というケタ外れの点数を出してたのにレベルでいうと4だったみたい。

乗り物はすでにある程度回って、スティッチグリーティングスポット(開園直後にキャストに聞いておいた)に期待をこめて向かってみると、スティッチいたーーーー!!!!!
ある程度列はできてるけどもちろん並びますよ突進します。
日本みたいな長蛇でなく、5分も並べば大丈夫なくらいの列。
しかも幸運なことに、私で最後でした。もう少し遅かったらスティッチを目の前にしてグリーティングできないという悲しい事態になるところだった。
キャストの方に、私がかぶっているスティッチ帽子を驚かれて、カタコトの日本語で日本で買いましたか、みたいなことを聞かれる。
ふふふ、カチューシャじゃなくて耳をスティッチの手で覆う形のもこもこ帽子だもんね。
ちなみに、このスティッチの側にいたキャストの方は優しかったのですが、全体的にキャストのディズニースピリッツが全然なかったように感じました。
ディズニーキャストの素晴らしさは日本だと本にもなってるくらいだし、そもそもウォルト・ディズニー仕込みじゃないんですか君たちは他の普通の遊園地で働いてるんじゃなくディズニーなんですよわかってますかと小一時間(ry


IMG_2592スティッチ登場
そしてスティッチとご対面!
香港ではただでさえカチューシャ率が少ないのにスティッチ帽子&スティッチ手にスティッチTシャツ、おまけに飼い主もTDSで買ったタワーオブテラースティッチTシャツですからね、スティッチもそりゃあ喜んでくれるってもんですよ。ふふふ、笑いが止まらない。


IMG_2598.jpg
以前ももらったけどさ、もちろんここでもスティッチサインゲット。
写真撮って抱き合って、幸せな時間を過ごしました。
前回みたいに周りに誰もいなかったわけじゃないので濃くはたわむれられなかったけどそれでも大満足です。


IMG_2601.jpg
ノリノリで帰っていくスティッチに投げキッスをしたら返してくれたよ。
やっぱりスティッチ大好き。そしてグリーティングに関しては完全に香港の勝ちです。

この旅一番の目的だったスティッチに会えて満足感ではちきれそうな心を抱えながら、次は15時半からの「ディズニー・フライト・オブ・ファンタジー・パレード」へ。
IMG_2602パレード待ち
20分くらい前からパレード待ち場所に行きましたが、ここでもすいていてラクラク場所ゲット。


IMG_2603スタートはダンボ
パレードのスタートはダンボ。
さっきキャストのディズニースピリッツに言及しましたが、パレードキャストはスピリッツあってニコニコ手を振ってくれたりしました。


IMG_2606ビッグ8のフロート
ビック8がまとめて登場!しかも近い!
ミニー好きの可愛い姪っ子ちゃんに見せたいな~。


IMG_2607.jpg
衣装も日本とは一味違いますね。


IMG_2611これほしい
ティガーキャストはこれを履いてぴょんぴょん跳ねる。
転んだらどうやって起き上がるんだろうとハラハラ。

IMG_2613美人シンデレラ
シンデレラは正統派美人。


IMG_2616ヨンアベル(他にオーロラと白雪姫も乗っていたが、ガン無視)
飼い主はこのベルが気に入って超夢中。
デジカメにはベルの写真が何枚も残されており、同じフロートにいたオーロラと白雪姫はガン無視されてました。


IMG_2638青い犬のフロート
お待ちかねのスティッチフロートキタ━(゚∀゚)━!と思ったら、やっぱり人形の方はイッツアスモールワールドクオリティ(^^;


IMG_2640.jpg
でもこっちの本物スティッチは変わらぬ可愛さ♪

IMG_2642バズガールズ
バズガールズ。
一見女子的要素のないバズもこうすると可愛いのは新発見。

でも私はスティッチの方に夢中。
日本と違って観客が少なくて普通に動けるので、可愛い可愛いスティッチを追っかけてかなり長い間スティッチワールドを堪能しました~。
すっごく幸せな時間でしたよ。
ディズニー好きの方には香港ディズニーランドおすすめです!!


IMG_2649巨乳ティンカーベル
飼い主はこっちの巨乳ティンカーベルに夢中。

お互いパレードを堪能した後は、私の反対を押し切り16:30からのライオンキングアゲイン。
さっきから人少ない少ない言ってたけど、お昼の時間より明らかに人が多くなってる。

ライオンキングの後は、さっきジャングルクルーズから見えたターザンツリーハウスへ。
いかだで向かうあたり、雰囲気あります。


IMG_2652ターザンツリーハウス
まさにTDLでいうトムソーヤ島。
残念ながら、ターザンツリーハウスなのにリアル「あ~ああー」はできなかった。


IMG_2660ターザンツリーハウスから見えた、新テーマランド「グリズリー・ガルチ」の建築中のビッググリズリーマウンテン
これは島から見えた、建設中の新テーマランド「グリズリー・ガルチ」
私達が旅行した約4ヶ月後、2012年7月にオープンしたらしい。


IMG_2668未来予想図
その時にとった「未来予想図」
まさに今はこうなってるのね。
行かねば。


IMG_2659.jpg
ターザンハウスに大人ターザン発見!
映画で、子供から大人になった瞬間のターザンビジュアルに(゚д゚)としたことを思い出す。

18時、暗くなってきました。
せっかくなので、歩き疲れを癒す目的も兼ねて園内を一周するトレインに乗り込む。
前回来た時はタイミングがよくて、たしかミッキーたちが手を振ってくれたんだった。
今回は1周半乗って残念ながらミッキーたちには会えなかったけど香港ディズニーランドをゆっくり見渡すことができてのんびりできました。
これでもまだ旅程は半分以上残ってるなんて嬉しすぎる。

トレインを降りて、次にどうしようか考えながら散歩。
IMG_2669トゥモローランド
トゥモローランド。
スティッチエンカウンター(日本で言うタートルトーク、スティッチと話ができるアトラクション)に行こうかと思ったけど、あれは結局本物のスティッチが話しているんじゃないし、英語わかんないので今回はパス。
さっき本物スティッチと戯れたしね。


IMG_2672夜のメインストリートUSA
朝に歩いた時はなんてことないと思ったメインストリートUSAも、こうしてライトアップされると表情が変わりますね。

18:30、車でコースを運転するアトラクションに並んだけど、ここに来て混んでて30分待ちだったので断念。
すいている午前中に行くべきでした。

セントラルで会社用お土産を買う。
さっきのお店にあったパイレーツスティッチが激カワだったけどここにはない・・・
残念だったけど、お会計したらレジのお兄さんがスティッチエンジェルスクランプが付いたシールをくれました!!!
私がスティッチの格好してたからだと思うけど、急にこんなサービスされて大感激。
ディズニースピリッツがないなんて思ってごめんなさい、香港最高です!!
そのシールは使うのがもったいなので、家の冷蔵庫にきちんとマグネットでとめて飾ってあります。


IMG_2675ゴミ箱
ジミニークリケット。


IMG_2674エントランス前の噴水
こちらはエントランス前の噴水でサーフィンするミッキー。
本当は閉園時間までいたいけど、19時過ぎ、後ろ髪ひかれながらHDLを出ます。
飼い主に明日も来ようと提案するも却下される。
まあ広さ的にも十分回れたし、やりたいことはほとんどできたし、限られた日程で行きたいところがたくさんあるのもわかるけどでもでもスティッチに会いたいんだよー。


IMG_2676.jpg
またいつか必ず来るからねHDL!!
一日中歩いて足がガッタガタだけど幸せなひとときをありがとう!

さてさて、夢の国を離れてもまだ旅行という夢のような時間は続きます。

2013-02-23 13:50 | カテゴリ:2012はるinほんこん
3/6(火)

7:20、起きるとすでに飼い主が今日の計画を立ててました。
私より早く起きてるのは珍しい。
今回はマイルで来たので完全自由行動。
天候が不安定なこともあり、事前に行きたいところはピックアップしてたけど当日の行動は臨機応変に決めることにしてました。
もちろん計画立てるのは飼い主にしかできないので、手持ちぶさたな私はるるぶを見る。
(ガイドブックはるるぶと地球の歩き方を持参したので、飼い主が使ってない方を見るしかない)
そして昨日レパルスベイで行った天后廟で触るとお金が貯まると言われている像の正財神と大黒様を間違えて撫で回して帰ってきたことに今さら気づく。

今日はどうやらディズニーランドに行くことになったようで、狂喜乱舞しながら日本からわざわざ持参したスティッチの手やスティッチ帽子をリュックにいれる。
もちろん今日のファッションはスティッチTシャツだよ。

8:30、出発。天気は曇り、まあまあ暑いかな?
ディズニーランドに行くからなんとか雨は降らないで欲しい。

朝ごはんを食べる場所には困らないここ香港、今日も飲茶食べたい!と主張する私を無視する飼い主。
連れて行かれたのはこちら。
IMG_2504吉野家
・・・旺角にある吉野家。
せっかく香港に来てなぜ吉野家!?と文句付けるけど、飼い主は香港で食べる吉野家が好きだそうだ。


IMG_2507吉野家
中はほとんど日本テイスト。
流れている音楽もJ-POPです。
実は最近のJ-POPがよくわからないんだけど、「かなしみの~」とか「ありがとう~」とか入ってる若い女性歌手。聞き覚えがあるのに誰の歌か今でもわからずもどかしい。情報ください!

店内は広くて、日本と違って確かカウンター席はなかった気がする。
吉野家の味は多分日本と変わらないと思う。
おいしいんだけど、おいしいけどでも限られた滞在期間なんだからエブリデイ飲茶キボンヌ!

15分くらいでちゃちゃっと食事済ませ、さて向かうぞディズニー♪
IMG_2508小心車
車にも小心。
世の中には小心しなければいけないもので溢れている。


IMG_2509バスの広告。つい先日同じ商品を楽天で買った。
香港名物、2階建てバス。
バスに並ぶ長ーーーい列や街を歩く人の多さを考えると2階建てバスの需要性がすごく理解できますが、幅が細いから横転しないのかいつもハラハラしちゃいます。
この広告に書かれている手袋は最近飼い主が購入してた。
我が家では家事は全部飼い主の役割なんで、気がつくと便利グッズが増えたりしてます。

電車に乗る際、恐れていたことが起こりました。
先にオクトパスカード使って改札に入った飼い主に続いて通ろうとすると、タッチの仕方が悪かったのか中に入れない!
この旅のしょっぱな、日本でも同じことやらかして、飼い主に香港では助けないからと宣言されたんだった。
まぁそうは言ってもなんだかんだ言って妻のこと助けてくれるでしょ♪と飼い主に声をかけるも、既にホームに入っちゃた飼い主は私の2回目の失態に怒るだけ。
英語も中国語も何もできないのにどうしよう、こういう時なんて言えばいいんだ、でもこの事態を打破しないと愛するスティッチに会えない!と考えた私、駅員さんのいるカウンターに行って
「アイ キャント エンター ディス カード」という中学英語をとっさにひらめいた。火事場の馬鹿力ね、これ。
そして無事ホームに入ることができました。
電車は意外とすいてる。


IMG_2510ぷっく一家
可愛らしくて仲がいいですね。


IMG_2512ぷっく一家
漢字とイラストで、何を訴えたいかわかるポスター。
飼い主は「ぷっく一家だ~!」と喜んでましたが似てもないしこんなに丸くない!

ホテル最寄駅からは普通の電車に乗って、途中からディズニーリゾートラインに乗り換えます。
日本のように同じところをぐるぐる回るものでなく、普通の路線!
IMG_2514ディズニーランドリゾートライン
日本でも見覚えのある車内にテンションあがります。


IMG_2515電車の中は舞浜と同じ
こういうところは日本と変わりませんね。
いや、ディズニーの本場はアメリカですが。


IMG_2516駅のホーム
9:45、「迪士尼(ディズニー)駅」下車。
ここからディズニーワールドが始まっています!


IMG_2518ディズニーステーション
ハブアマジカルディ!のアナウンスにさらにテンションアップ!


IMG_2519香港ディズニーランド入口
日本のディズニーランドに比べると、みんな格好がナチュラル。
園内でも、カチューシャとかも売ってるのにつけてる人をほとんど見ません。
今まで街中で日本人を見かけなかったのですが、ここに来てようやく日本人がちらほらいて嬉しい。
それなりに人はいるけど日本に比べるとすいてます。


IMG_2520.jpg
リロ&スティッチ!
5年前に来た時と変わらない光景。
しかも、最近の日本は「スティッチ&エンジェル」とか「スティッチ&スクランプ」が幅をきかせてるのに忸怩たる思いをしてるので、こういうスタンダードに出会えて気持ちがいい。

ここはまだ園内ではないので、この後で並んでチケットを買うことになります。
念のため、日本ではシステム化されているアップグレードができるか聞くけど香港では無理でした。
ここでは私がまた英語で聞きました。
さっきのアイキャントエンターディズカードで一気に英語が目覚めたのだ。はっはっは。
パスポートは399ドル。


IMG_2521エントランスを抜けるとまずレイルロードステーションがある
IMG_2522メインストリートUSA
IMG_2525ここで開園時間まで足止め
開園は10:30ですが、園内のここまでは時間前にも入ることができました。ここで時間まで待つ。
晴れてて嬉しい。


IMG_2526生垣の象
ちゃんと象さんの形に刈り込まれている芝生。


IMG_2528.jpg
プーさんのハニーハント、なんと5分待ちという日本では考えられない素敵な短時間で乗れました!
もっとも、日本と違ってハニーポットはレールの上を走ります。


IMG_2534.jpg
大きなウッディがインパクト強くお出迎え!


IMG_2535.jpg
映画を見直したくなります。


IMG_2537.jpg
トイストーリーの世界が広がっています。
ウッディやジェシーとグリしたかったけどこの時は会えずに残念。
しっかし午前中とはいえこの空きっぷり。
前回来た時もすいてたんだった。
いつ行っても激混みの日本から来た身としては嬉しい反面、どうかこの香港ディズニーランドがなくなりませんようにと願わずにいられない。
そのためにはまた香港に行ってディズニーランドに通いつめる必要があるな。


IMG_2539.jpg
こういう乗り物大好きな私、対して絶対に絶対に乗れない飼い主。
必然的にひとりで乗ることになるのです。


IMG_2545空いてる
IMG_2547誰もいない
IMG_2546本当に空いてる
通り道とはいえ、この人のいなさ具合・・・
ますます経営を心配しちゃうけど、こういうところをのんびりと歩くのは気持ちがいいですよ。

ツーショットで撮ったのでブログに写真はあげられないけど、ティンカーベルとグリーティング&サインもゲット。
香港ディズニーランドはグリーティング天国です。

IMG_2548ジャングルリバークルーズinイングリッシュ
日本でもおなじみ、ジャングルクルーズ。
こちらは入口が2つあります。
英語と広東語と北京語。
ここが多言語国家らしいところですね。
もちろん消去法でイングリッシュに並びます。ただし英語で話しかけられないことを祈りながら。


IMG_2549操縦版
操縦してみたいな。
でも私がやったら乗客のみなさんを全員転覆させてしまうなきっと。


IMG_2553専用コースではなく、TDLでいうところの、アメリカ川を通る
日本のジャングルクルーズは専用コースだけど、ここは「TDLでいうところの、アメリカ川を通るby飼い主」とのこと。


IMG_2551スキッパーのお兄さん
スキッパーさんはイングリッシュと言っても香港人の方(多分)
ジャングルクルーズといえば、スキッパーさんの話術がものをいうアトラクションですが、なんせ英語がわからないので雰囲気で楽しみます。


IMG_2554.jpg
平日に香港でクルーズ(ジャングルだけど)
天気も良いし幸せ感じる~。


IMG_2555中州はトムソーヤ島のようになっているが、香港ではターザン島になってる。
日本ではトムソーヤ島に当たると思うけど、香港だとターザンなんですね。
あ~ああーーー


IMG_2556遺跡
ジャングル内ですからね、貴重な遺跡を発見です。


IMG_2557火山前で止まって
いかにも何かが起こりそうな火山。


IMG_2559炎が噴き出し
やっぱり噴火します!


IMG_2560最後は蒸気で何も見えなくなる
そして尋常じゃない煙には笑った。
言葉がわからなくてもディズニーはやっぱり楽しめます。

クルーズ探検終了して、次は12時からのライオンキングへ。
いいお土産屋さんがあったけど、荷物になるので後回し。
(でも結局ここにまた戻ってくることはできずに買えなかった)

そして東京ディズニーシーにしかないと思ってたダッフィーぬいぐるみが売ってるお店発見。
ダッフィー、今TDSで買おうとすると超並びますよね。
私は一匹持っているので買わなかった。
ダッフィーもHDLに連れてきたかったけどさすがにやめたんだよね。


IMG_2561ライオンキング入口
さて、12時から30分間はライオンキングを見ます。


IMG_2562円形劇場
会場内は写真撮影OK。
どこからでも見られる円形劇場です。
私、動物だけが出てくる作品とか死ぬ生きるとか陰謀とかの作品が苦手。
なのでライオンキングも全然興味ないんです。


IMG_2565ムファサ登場
そのため、この有名なストーリーもふわっとしか知らないけどなんとなく動きでつかめる。
実写版ライオンキングは、なんだか劇団四季版を見てる感覚になりました。見たことないけど。


IMG_2567ティモンとプンバ登場
暗い劇場内でも色彩の鮮やかさがよくわかる。


IMG_2568最後は盛り上がります
もちろん最後はハッピーエンドで盛り上がります。
飼い主はこの作品がとっても気に入り、16:30からの回もまた見ました・・・
私はそんな時間あったら他を回りたい!って主張したけど無理でした。
まぁ見ちゃえば楽しいし、その頃は足が疲れてたからちょうどよかったっていうのもあるけどね。

12:30に終わって会場を出た途端、走る飼い主!
どうやら次の目的地の時間が迫ってるみたいですが、私は知らされていないのでどこに向かうのかどのくらい走るのかわからず、でもはぐれるわけにいかないので付いていくしかない。


IMG_2570ゴールデンミッキー劇場への通路
こちらでした、ゴールデンミッキー劇場。
これは通路の上にある垂れ幕。
もちろん他の映画の作品も等間隔に並べられているけどスティッチだけ激写。
リロ&スティッチ1の画ですね。素敵なセンス。
やっぱりスティッチといえばこのスタンダードですよ。
最近は映画を見たことのないスティッチファンが増えているようですが、やっぱこのリロとの絆をきちんと知ってほしい!

ゴールデンミッキーはディズニー名作映画に賞が贈られる"授賞式"という設定で、いろんな作品のダイジェストが楽しめる。
ショー自体は広東語だけど、横に英語の字幕がずっと出ています。
でもこれは言葉が全然わからなくても華やかな世界が繰り広げられる舞台を見ているだけで大満足できます。
リトルマーメイドのセバスチャンが活躍しまくる。
私はライオンキングよりもこっちの方がずっと好きでした。

さて、まだまだHDL編は続きますが写真がたくさんなので次の記事へ続きます。
2013-02-19 06:00 | カテゴリ:2012はるinほんこん
IMG_2475せいしろうくん
なぜか加藤清史郎くんを発見した香港の街。


18:53、銅鑼灣(コーズウェイベイ)で下車。

IMG_2477銅鑼灣のそごう
英語と同じくらい目立つ字で書いてある百貨店「そごう」
しっかし香港の街、どこを歩いても人人人。
観光客・地元民・移民?も混じっているのかな。
同じアジアなのにこのエネルギー量の差ってなんなんだろうか。
もちろん、日本と香港どっちがいいってことはないけれど、ただ願わくば香港にはずっとこの香港でいてほしい。


IMG_2478そごうの前にいたとんかつ着ぐるみ
そごうの前にいたとんかつくん。
ゆ、ゆるキャラ・・・?
ここで一句
ゆるキャラも お顔がないと シュールキャラ

19:10、本日の晩御飯は「南翔饅頭店」
本店は上海、日本にも支店があるそうですが、もちろん私達はお初のお店。


IMG_2479銅鑼灣の南翔饅頭店入店。上海が本店。日本にも店舗あり。
香港のお店はどこも混んでて待ち時間があるイメージでしたが、幸いここは店内が広いためかすぐに入れました。
隣にはさっき飼い主が後ろ姿を見て足が綺麗って言ってたお姉さん。
その彼氏、坂本ちゃん(懐!)にそっくり。


IMG_2480シーズンメニュー
シーズンメニュー。
蟹黄っていうのはどうやらかにみそのことみたい。
かにみそ大好物!!
回転寿司屋に行くと、うに・かにみそ・ねぎとろの3種類があれば満足なくらい。


IMG_2482ジャスミンティー
油を流すためになるべくプーアール茶を頼むことを心がけてますが、この時はジャスミンティーを注文。
本当は一番好きなのはジャスミン茶。
ポットで出てくることが多いお茶ですが、ここではこんな風に茶葉を仕込んだコップが出てきました。
そしてこのピーナッツはおつまみ。
確か日本の突き出しみたいな感じで料金とられたような。
こういうのいらないからもっと安くしてもらえた方が嬉しかったり・・・


IMG_2483ジャスミンティー
蓋をとるとこんな感じ。
香りが強くてふくよかな味です。
香港のお茶はおいしい。


IMG_2484カニみそ小籠包
お待ちかねの小龍包!
大好物だけど普段食べることのできない食事ランキングの上位に位置する小龍包。
香港に来て2日目、小龍包にありついたのも既に2回目。
昨日食べた小龍包は皮が破れてしまってスープにありつけなかった分、慎重にレンゲに運びそこで皮を破る。
溢れ出す肉汁、会いたかった~!!!
かにみそと一緒になって、強い旨みとかにみそのコクが口の中で絡まり合う。
幸せすぎる味~。
たった3個しか食べられないのが悲しいよ。
このかにみそ小龍包が80ドル、普通の小龍包は38ドル。
3倍近くて一瞬びびったけど、せっかくの旅行なんで奮発してよかった。
私ほど小龍包が好きではない飼い主は、既に「俺はもう小龍包いいや」なんて言い出すので慌てる。


IMG_2487蟹黄灌湯包(蟹ミソスープ餃子)
こちらもかにみそ、蟹黄灌湯包(かにみそスープ餃子)
かにみそづくしで天にものぼる気持ち。
スープをストローで吸います。
あっついので皮を破って冷ましてから少しずつ飲んでいく。
こちらも絶品すぎます!
でも私は、皮と肉と汁が絶妙なバランスを醸し出す小龍包に軍配あげちゃうかな。

このスープ餃子、最近日テレの「ヒルナンデス!」で特集してた。
職場の昼休みにはいつもヒルナンデスが付いてます。
でも食べたことあるっていうと場の雰囲気を壊しそうだったんで黙って見てました。


IMG_2488蟹黄灌湯蝦球(蟹ミソ入りエビ団子揚げ)
かにみそづくしはまだまだ続くよ、蟹黄灌湯蝦球(蟹ミソ入りエビ団子揚げ)
こっちは飼い主の好みです。
おいしかったけど、私は揚げ物そんな好きでもないので普通に美味しかったって感じかな。
大好きなかにみそ三昧で幸せいっぱい。

1時間弱で食事は終わり、幸せに満たされてお店を出る。
お茶代・サービス料など合わせてトータル278.3ドル。3千円くらい?
日本で食べるより安いですね。

ここは独立した店舗じゃなくて百貨店?デパート?の中にあるので他のレストランもあります。
IMG_2490「な」
このお店じゃなかったと思うけど、吊り広告の字が面白かったので激写「な」
なんでこんなフォントが作れるのか逆に不思議だ。


IMG_2491日本食料理屋のメニュー
日本語満載の日本料理屋のメニュー。
ドル表記がされているのでなんだか不思議な混沌感を出してます。


さて、香港に来てるからにはこれで食事がすむはずはありませんっ。
もちろん食べます香港スイーツ!


IMG_2492見覚えのあるクレープ屋
これは見覚えのあるクレープ屋さん「マザーズクレープ」
日本で、ってか新潟駅構内にもお店があるし!
会社行く時に通ることもあるので、その度に買い食いの誘惑にかられ、でも節約節約って泣く泣く素通りしているお店なんです。
普段のそういう我慢がこの旅行に繋がっていると思って、普段は節制に励んでいるのだ。
さすがにこのお店には入りません、お目当ては別のところ。


IMG_2493満記甜品
20:15、満記甜品に到着♪


IMG_2498芒果班戟(マンゴー・パンケーキ)
ここの名物、芒果班戟(マンゴー・パンケーキ)


IMG_2499芒果班戟(マンゴー・パンケーキ)
割ってみるとこんな感じ。
めちゃくちゃおいしそう~な見た目なんだけど、食べてみると意外と・・・普通・・・
クリームの味付けがちょっと好みじゃなくて、マンゴーの味を引き立ててないというか。
期待してただけに少し残念だったな。


IMG_2497楊枝甘露(ザボン入りマンゴー、ココナッツジュースとタピオカ
こっちの方が好みでした、楊枝甘露(ザボン入りマンゴー、ココナッツジュースとタピオカ)
最強の組み合わせですね~。

注文したらすぐ出てきたこともあり、15分くらいで食べ終わりました。
店の外ではまださっきのとんかつくんが頑張ってた。
しかし、こんなにたくさん人がいるのに不思議と日本人に会わない。
時期的にも学生さんとかいてもいいはずなんだけどな。

地下鉄に乗って21時過ぎにはホテル着。
疲れたけど、昨日よりは足が痛くないな。
仮住まいなはずのホテルですが、戻ってくるとホッとする。
飼い主には許留山(デザート専門店)行きたい行きたい行きたいって訴えるも、さっきデザート食べたって理由で却下される。
せめてドリンクだけでも、前回は毎日ドリンク飲んだ!って怒ってみせるも効果なし。
前のホテルのように真向かいにあるなら勝手に出て勝手に買ってこれるんだけど、このホテルからだと少し歩くんですよね。
徒歩圏内なのは分かるし歩くのは苦じゃないけど地理がわからず、ひとりでホテルを出たが最後帰ってこれなくなるので泣く泣く諦めました。
飼い主は天気と相談しながら明日の計画を立てています。
明日も無事に楽しい一日を過ごせますように、そして明日こそ許留山に行けますようにと願いながらおやすみなさい。
2013-02-18 06:00 | カテゴリ:2012はるinほんこん
IMG_2419小心首
インパクトの強い小心!
首が完全に見えてません。
この後、この人がどうなったか気になる。

さて、名残惜しいけどレパルスベイを離れます。
かなり暑くて、だんだん汗だくになってきました。
そんな中で到着したバスは混んでたので1本見送る。
どれくらいで来るのか読めず心配だったけど、5分くらいで来たので安心。
15:42、バスに乗って約30分。
向かったのは終点のセントラル。
予想してたことだけど、レパルスベイと比べて気温が低い。
バスでたった30分なのに違うものです。
上着も着たり脱いだりしながらこまめに体温調節。

IMG_2421中環ミッドレベルエスカレーター
中環(セントラル)ミッドレベルエスカレーター
全長800m、世界最長と言われています。
映画「恋する惑星」にも出てきます。


IMG_2422中環ミッドレベルエスカレーター「恋する惑星」にも出てきたよ。
もっとも1本で800mではなくて何本もあって、最初は動く歩道式で後半はエスカレーターが現れます。
観光客として乗るのはワクワクするけど、通勤で毎日毎日使っている人たちからすると決して楽しい乗り物ではないのかもしれない。


IMG_2423小心ミッドレベルエスカレーター
こういう長ーいエスカレーターに乗る時は細心の小心を。


IMG_2425道端で何かを燃やしていたおばちゃん
道端で何かを燃やしているところに遭遇。


IMG_2426ホランイ
近寄ってみると、虎のような模様が書かれた紙です。
お祓いかお祈りかわからないけど、アジアっぽさは日本人にも馴染みやすいですね。


IMG_2427燃えカス
ちょっと引いて撮ると虎さんがかわいそうなことになってますが・・・


香港散策はまだまだ続く。
ハリウッドロードを歩きます。
気分はこっそりハリウッド女優。
IMG_2428街路の壁に張り出している木の根
こちらは壁に張り出しまくりの根っこ。


IMG_2429触るなの注意書き
思わず触ってみたくなりますが、こういう貼り紙があるので見てるだけ。
英語と中国語で表記されてますが、私、英語科出身なのに
「Pesticide sprayed,do not touch」のPesticide(害虫などの駆除剤)の意味がわかんなかった。
でも中国語がまったくできなくても、下の漢字
「樹木噴有除蠢剤」でなんとなくつかめた、漢字ってすごい~。


IMG_2431文武廟
文武廟を眺める欧米人の後ろ姿がなんだか素敵。


IMG_2442キャットストリート入口
キャットストリートを散策します。
キャットといっても猫がいるわけじゃなく、骨董品屋街です。


IMG_2447キャットストリート
これ、なんだかすっごく香港らしい写真になってる!
左右にはガラク・・・じゃなくて骨董品が所狭しと並べられてるお店、そしてその上はアパートで洗濯物がはためいてる。そして奥にはビル。
骨董品というか雑貨に興味のない私はぼーっと歩くだけ。
飼い主はきっとこういうの見るのが好きだと思うけど、購入するものはありませんでした。


IMG_2443キャットストリート反対側の階段
IMG_2445キャットストリートから延びる路地
裏に回るとこういう場所も。
観光地もいいけど、こんな場所をふらっと見つけるのも旅の楽しみのひとつ。


さらに散策は続く。
IMG_2450ウェスタンマーケット内の電車の模型ショップ
ウェスタンマーケット内にあった、電車模型のショップ。
私は鉄じゃないんだけど、あえていうなら「乗り鉄」なので
模型とか電車の種類には興味ないけど、なんか貴重な物がある感は伝わってきます。

そしてそして、香港ならではの楽しみ・トラム(路面電車)に乗る機会がやってきました!
前回の旅行ではピークトラム(ビクトリアピーク山頂に上るための登山鉄道)やオープントップバスには乗ったけど、香港での路面電車は初体験。


IMG_2451トラム
この香港らしさアジアらしさ、超~テンションあがります。
時間は17時過ぎだけどまだまだ明るい。
上環から北角行トラムに乗ります。


IMG_2453ウェスタンマーケット前からトラム乗車
せっかく乗るんだからもちろん2階席ゲット!
値段は2香港ドル。20~30円ってところでしょうか。
もちろんオクトパスカードも使えるので、思い立った時にふらっと乗れます。


IMG_2456トラム車内
車内はこんな感じ。
窓が開いてて(ってか窓がなかった気がする)空調が効いてなくても風通しが最高に気持ちいい~。
しかし雨が降った時にはどうするんだろうか。


IMG_2455すぐ後ろを走るトラム
一番後ろの席に座った私たち、ふと後ろを見ると次のトラムがこんなに近くに!
普通に窓から窓へ飛び移れるくらいのくっつきようです。


IMG_2454トラムから見たウェスタンマーケット
立派なウエスタンマーケットを見ながらゆっくり走るトラム。
速度は自転車程度かな?って思うくらいののんびりっぷり。これがまた良いのです。


IMG_2457トラムの車窓
香港のエネルギーを感じる光景が飛び込んできました。
いいなぁいいなぁ、魅力的だぞ香港。


IMG_2458トラムの車窓
看板が路上に大きくせり出しているのが香港街の特徴ですが、最新の看板までこうして突き出ているのを見て、これが変わっていく香港と変わらない香港を象徴している気がして気に入りました。


IMG_2460北角市場着
トラムは北角市場の中も通ります。
左に見える2本の線がトラムの通り道なんですけどね、こうして見ても信じられないほどの近さ!


IMG_2464北角市場の中を走る
市場の中をゆっくりゆっくり進んでいきます。
この臨場感が強烈に「外国にいるぞ!!」感を強く肌で感じる。
2日目にして香港超満喫してるなぁ、と思わずひとりごとを言うと、飼い主に間髪入れず
「誰のおかげ?」と聞かれました。


IMG_2465北角市場
地元の方にとっては当然の光景なんでしょうけど、やっぱりカルチャーショック感じるこの共存感。


IMG_2466市場の屋根ゴミだらけ
2階建てトラムから見下ろす市場の屋根がゴミだらけなのはご愛嬌。


トラムは突き当たりまで行くと右にちょっと曲がって、そこが終点です。
ゆっくりのスピードで、しかも1時間くらい乗ったのに一瞬たりとも退屈しなかった。
30円でここまで楽しめたのがまたお得な気分です。

トラムを降り、さっき上から見下ろしながら通った市場を今度は歩いて通ります。
高低差がありすぎて感覚が狂っちゃう。


IMG_2467北角市場
観光市場でなく、市民の食卓を支える協力な役割を果たしているんだろうなって感じの市場。
私達が歩いていても客引きされることはありませんでした。
しかし、トラムがこんなに近くを通る、決して清潔とは言えない環境の野菜、日本人的にはちょっと抵抗感じる。
もっとも食堂で食べてる食材はこういうところから調達していることも多いんでしょう。


IMG_2469北角市場龍眼
龍眼って書いてあったけど、これなんだろう。


IMG_2472北角市場肉や
t="_blank">IMG_2468北角市場鶏の足
正直画像を直視できない、鶏の足。
鶏足とか豚頭とか、昔から苦手だったのが近年ますます苦手になってきている気がする。


IMG_2470北角市場を走るトラム
さっきとは逆視点で見るトラムと市場のコラボ。
やっぱり近い。そしてトラムに乗ってる時より歩いてる時の方が怖い。
トラムの前は、普通の電車のように人の往来が禁止されてるわけじゃないので、トラムの運転手さんは警鐘を鳴らして走ってる。
その警鐘がクラクション音じゃなくて「チリンチリン!」って感じの音なのがまた可愛らしい。


IMG_2471北角市場カラフルな魚たち
なぜかカラフルな魚たち。


IMG_2474北角市場果物や
IMG_2473北角市場やおや
果物は買って帰りたかったけどやめておきました。

市場の魅力を堪能したところで、またトラムに乗ります。
停留所で待ってればほとんど待つことなく乗れる。
来たトラムが混んでたので乗らずに見送ること2本、ようやくまた乗り込みます。
香港に来て2回目の夜、今日はどんな美味しいものに出会えるでしょうか。
続く。
2013-02-17 11:00 | カテゴリ:2012はるinほんこん
12:10、バスに乗ります。
行き先は知らん。
飼い主は次の行動を一切知らせてくれないし、私も地理がわかんないし・・・
それでも楽しい香港旅行。
バスの中は外国人がいっぱい。
って、私達も外国人だけど、欧米人が多いって言った方が正しいか。

見知らぬ土地でバスに乗るのって、電車や地下鉄に乗るよりはるかに緊張します。
料金体系もよくわかんないし、ちゃんと降りられるか不安だし・・・
そして30分後、到着したのはレパルスベイ!
レパルスベイについてはこちら
バスを降りた瞬間からいきなり暑い、始発の場所とは全然気温が違うのに驚く。
あったかいのがたまらなく嬉しい!


IMG_2353レパルスベイ着
左を向くとちょっと風変わりな建物。
こちらの探索は後にして、まずは右手に広がるビーチに足を踏み入れます!


IMG_2356レパルスベイビーチ
3月の秋田や新潟では考えられない賑わい。
香港だから当たり前なんですがね、もうテンションあがりまくり。
前回の香港旅行では、看板がたっくさんある香港ならではの雑多な街並みか、そうじゃなければ高級ブランドが立ち並ぶところを主に回って海には行ってなかったんですよね。


IMG_2357レパルスベイ28度
気温はさすがの28度。


IMG_2359レパルスベイビーチ
嬉しくて砂浜を走り回ってしまいます。


IMG_2360レパルスベイビーチ
ビーチの向こうに並ぶ建物。
すごく香港らしいような、でも他の外国っぽくもあるような、不思議な景色。


IMG_2361レパルスベイビーチ
散歩している人はたくさんいるけど、海の中に入って泳いでる人はひとりもいないのが不思議。
3月とはいえそれなりにあったかいし、スイミングエリアは遊泳禁止でもなさそうなのに。


IMG_2363レパルスベイ
砂浜からさっきの建物の全景が見えます。
穴の向こうに見える山に向かって「ヤッホー!」と叫ぶ。

IMG_2362レパルスベイビーチ
水が透き通ってて綺麗です。
泳ぎたいーけど、当然水着なんか用意してないので波と戯れるだけで我慢我慢。
私は泳ぐの好きだけど、中学生の時に海で泳いでひっっどい日焼けで痛い思いをして以来、海で水着にはならないことに決めているのだ。


IMG_2366レパルスベイビーチ監視塔
監視塔もあって安全面もばっちり。

ビーチを後にして、さっきの建物に戻ります。
IMG_2368ザ・レパルスベイ風水の穴
風水によって建てられた、香港でも有名な建物。
気を通すために真ん中に穴を空けているそうです。
手持ちのガイドブックにもちゃんと載ってたのに、ここに来ることはないと思ってちゃんと読み込んでなかった。
縁起のいい建物、なんか見てるだけで福を受け取れるような気がする。


IMG_2372ザ・レパルスベイ敷地内
上はマンションですが、下にはレストランやショップなどがあります。
いかにもお金持ちな方が住んでそうな雰囲気なり。


IMG_2373ザ・レパルスベイ敷地内レストラン「SPICES」
ということで、時刻は13時、お昼ごはんはここレパルスベイ敷地内レストラン「「SPICES」
アジア料理のお店です。
もちろん香港もアジアだけど、ここはタイとかインドネシアとか、そっち系のアジア料理。


IMG_2374SPICES入口
こちらは入口ですが、外にはテラスもあります。
天気がいいので外で食事することに。

IMG_2375メニュー
IMG_2378ドリンクメニュー
メニュー表もとっても立派。


IMG_2380レストランはザ・レパルスベイの真下
気を通す穴を真上に見上げながらの食事。


IMG_2379テーブルセッティング
このテーブルセッティング、香港じゃないみたい。
むしろ新婚旅行で行ったバリを連想させる。

実はここのお店に入る前に飼い主と一悶着してました。
私はせっかく香港に来てるんだから香港料理をとことん食べたい、長期滞在ならともかくまだ2日目なのに香港でわざわざ外国料理(って言い方も変だけど)を食べるのはおかしいと主張。
飼い主はここの近くには香港料理はない、1週間もいるんだしこれからも香港料理はたくさん食べる、ここでの料理だって日本でなかなか食べられないものなんだから!と反論。
結局私の希望は通らず、このお店に入ることになったのです。
まぁ、振り返ってみると悔しいことに飼い主の言う通りだったんですけどね・・・


IMG_2381カオパッ
飼い主注文、カオパッ。
まさか香港でバリを連想させる食事に出会えるとは思ってなかったのでびっくり。
お客さんの中には韓国の方もいて、ますますボーダーレスな感じ。


IMG_2383ナシゴレン
私が大好きなナシゴレン♪
バリ島旅行記にも書いたけど、さくらももこさんの「ももこの世界あっちこっちめぐり」を読んで以後、ナシゴレンは私の中でなんだか特別なメニュー。
メニューにあると必ず頼んでしまいます。

天気も良くて海風も心地よくて、レパルスベイの穴を見ながら食べているせいか身体中の細胞がいい気を吸って喜んでる気がする。

1時間くらいかけてゆっくり食事を楽しんだ後は、もう少しレパルスベイ敷地内を散策。

IMG_2390ザ・レパルスベイ敷地内
なんの前知識も入れずに来たので、このレパルスベイがどういう施設なのか分からずに見て回る。
まぁ、今ネットで調べてもよくわからないんだけどね。
とにかくここがお金持ちの外国人がたくさん住んでそうっていうのはわかった。


IMG_2392ザ・レパルスベイ敷地内
私たちがうろうろしてても特に見咎められることはないけど、明らかに浮いてるかも。


IMG_2394ザ・レパルスベイ室内
香港の新しい顔を見ることができて楽しい時間でした。

IMG_2396オーガニックアイスクリームショップ
敷地内にあったアイスクリームショップ。
大きな看板が面白くて写真を撮ったけど、現地ではちゃんと見てなかった。
オーガニックアイスクリームかな。


IMG_2400レパルスベイビーチの自販機
喉が渇いたので水を購入。
6ドルです。


IMG_2399レパルスベイビーチの自販機
オクトパスカードで購入できる、っていうよりむしろカード専用で現金使えない自販機。

海岸沿いの遊歩道を10分くらい歩くと、今までのヨーロピアンな感じから一転します。
IMG_2402天后廟
天后廟、いわゆる縁起寺。
これが派手さ半端ないの!!


IMG_2403天后廟
いっかにも「縁起いいぞ!!!」感を前面に押し出した仏像などが次々と広ーい敷地内に次々現れる。


IMG_2407天后廟
ペンキを塗りたくったような派手さ。
無秩序に並んでいて、360度どこを見ても目に飛び込んで来る。
神聖な場所だっていうのは頭では分かるけど、なんだかレジャー施設か遊園地みたい。


IMG_2408天后廟
歩いているとワクワクして楽しい気持ちになっちゃうのは決して不謹慎じゃないよね?

縁起物のオンパレードであるここ天后廟。
撫でるとお金に困らない正財神、撫でるとパートナーに恵まれる月老と姻縁石、渡ると寿命が延びる橋などバリエーションに富んでいます。
わたしは正財神と大黒様を間違えて撫で回して帰ってきました・・・
だって大黒様のお腹も撫でられて真っ黒になってたし、私の前にいた韓国人のアジュンマアジョッシが一生懸命撫でてたんだもん!
もっともここにあるもののどれを触ってもなんらかのご利益はあるでしょう。


IMG_2409天后廟前の海
ここから見る海ですら、さっきより福で満ちてるように見えるよ。
この天后廟のインパクトは忘れられない。
韓国や台湾などでもお寺を回ってきて、日本より色使いが派手なのはわかってるけど、ここまでの突き抜け感はなかったね。
こういう場所もパワースポットっていうのかな。
めちゃくちゃ気に入った、ここは再訪したい場所のひとつです。


IMG_2411天后廟前ビーチ
この近くは不思議とWi-Fiが入りましたね。


IMG_2412天后前ビーチの掃除するおじさん
お掃除中のおじさん。
このビーチがすごく綺麗だったのは、こういう方々の努力のおかげです。
願わくば拾っているものが人間が捨てたようなゴミじゃありませんように。


IMG_2418ビーチ遊歩道にあった遊具
こういう遊具があったら絶対に遊ぶのが私のこだわり。


IMG_2413天后廟高校からレパルスベイビーチ
恋人たちのデートスポットになってますね。

さて、名残惜しいけどこの場所を離れます。
時刻はまだ15時半前、旅はまだまだ続きます。
2013-02-16 17:38 | カテゴリ:2012はるinほんこん
3/5(月)

目覚ましかけずに寝たけど8時起床。
仕度をしてると飼い主も起きてきました。

今日は月曜日、時差があるから会社では始業した頃です。
普段は悲しい薄給激務OL、規定の休みをしっかり楽しむぞ!

6泊7日の今回の旅、ツアーには一切参加せずオールフリーです。
で、どんな計画を立ててどこに行くか知らされていない。
昨日は夜に3回もご飯食べたのにもうお腹すいてる私、お腹すいたーと泣きわめく←迷惑

9:15、やっと朝食を食べに外へ出ます。
天気は曇り、今日も長袖でちょうどいいくらいの気温。
また両替をします。
両替の方に「ンゴーイ(ありがとう)」と言う。
挨拶だけは現地語でしようと決めているのですが、初めて口にする時はやっぱりドキドキしますねぇ。


徒歩10分くらいで着いたのはこのお店。
IMG_2306[得如茶樓]
得如茶樓。
香港といえば飲茶。
高級店、創作飲茶が多い店など一口に飲茶といっても色々ありますが、ここは超庶民的なお店!
店内はおじさんやおじいさんが新聞片手に黙々と飲茶を食べている。
ガイドブックにも地元民御用達って書いてあったけどまさにそのとおり。
腰の曲がったおばあちゃんがワゴンを押して歩きます。
タイムスリップしたような不思議な感覚。
店内の写真を撮り忘れたのが残念。


IMG_2307腸粉・焼売・海老蒸し餃子
腸粉・焼売・海老蒸し餃子♪
若干ラードの味がするけど、でもどれもツルツルプリプリで美味です。


IMG_2308ゆば巻きちまき
湯葉で巻いたちまき。

お茶、最初は葉っぱを選ぶところからです。
私はジャスミン茶が一番好きだけど、食事のお供は可能な限りプーアール茶です。
前回の香港旅行ツアーの時、熱いプーアール茶は油をとかす、だから香港人は油の多い食事をしていても太ってる人は少ないってガイドさんの話を聞いたから。

このお店、お茶のおかわりで急須にお湯を注ぎたい時は、自分で奥の水道からお湯を入れに行くシステムなのもかえって新しく感じる。
他のお店は蓋をずらしておくとお湯を入れてくれます。

朝ごはんにお腹いっぱい食べて83ドル。安い!
レジも当然カードは使えず、おばさんが電卓で計算します。
ローカルでディープな体験でした~。
10時、お店を出ます。
次にどこに行くのか、全く知らない私。


IMG_2312お店の向かいは工事中
向かいには工事中の建物。
竹で高く高ーく作られた足場。
一度この足場が出来上がるまでを見てたいな。


IMG_2309店頭でも販売
お店は3階ですが、こうして店頭でも飲茶が販売されているのです。
食文化って面白いな~。

最寄駅の油麻地でオクトパスカードにチャージして、10:18尖沙咀駅着。


IMG_2314吸い殻入れ+ゴミ箱
タバコの吸殻・ゴミなどをポイ捨てすると高額の罰金を取られる香港。
こんなゴミ箱を見つけました。
中はゴミ箱、上は吸殻入れ。

IMG_2315吸い殻
なかなかのアイディア商品。
私たちは元々タバコを吸わないので吸殻の方は使わないけど、街中にゴミ箱があるのは便利。

船着場までは高級ブランド品のお店が並ぶ。
ロレックスの前で黒人さんにシゲ、カッチャシゲって言われました。
韓国語で「時計、偽物の時計」って意味。
私たちが韓国人に見えたというよりは、日本語・韓国語でとりあえず話しかけてみて反応したらもっと話しかけてくる感じなのかな。
ロレックスのお店目当てに来たお客さんへの営業妨害にならないのだろうか。


IMG_2320新しくなった重慶大厦
新しくなった重慶大厦(チョンキンマンション)
仕事やめて、バックパッカーになりたいな。
でもなるならやっぱり香港じゃなくて韓国かな。


IMG_2322ペニンシュラホテル
ペニンシュラホテル。
見るからに高級だな~。
これ、何回言おうとしてもペニ○シュラって口にしてしまうのは私だけじゃないのよね??
もちろん外観を撮っただけで実際に泊まるわけじゃありません。


IMG_2324 1881ヘリテージ
1881ヘリテージ。
この「ヘリテージ」が何か、どこを指すのか知らないで連れて来られた私。
今もわかってないので香港ナビで調べてみた。

九龍の観光メッカ、尖沙咀の新しい名所旧跡として注目を集めている『1881Heritage』です。1881年から建設が始まった、香港の歴史的価値のある建築物をそのまま利用し、ホテル、高級ブティック、レストランの入った施設として2009年11月11日にオープンしました。美しい建築物の外観はもとより、全室スウィートルームという5つ星の高級ホテルと、貴金属やアクセサリー、ファッションで世界的に有名なブランドショップが揃ったゴージャスぶりが話題で、観光客から地元の香港人までがカメラ片手にやってくる撮影スポットになっています。(香港ナビより)
記事はこちら


IMG_2327小心地滑1881ヘリテージ
もちろんあります小心地滑。


IMG_2328ヘリテージ内の装飾
時刻は10:30過ぎ、ようやく暑くなって来たので上着を脱ぐ。
3月の新潟から暖かさを求めてやってきた香港です。


IMG_2331ハーバーシティに停泊していた豪華客船
歩いていくと船着場に到着。
豪華客船を見かけると反射的にタイタニックの曲をいつでもどこでも口ずさむ私。
ちなみにどんな小さな船に乗ってもタイタニックごっこをしたがるのはお約束です。
飼い主、のってくれたことないけど。


IMG_2329スターフェリーピアにいた熊
ゆるキャラ文化は香港でも健在です。


IMG_2332自販機の絵柄
自販機に書かれてたキャラクターも可愛い。

と、飼い主がいきなり船乗り場へ走り出す!
訳もわからずついていくしかない私。
スターフェリー乗船です。
ってか船に乗るなら事前に言って!
自動改札機、オクトパスカードで入ったから間に合ったようなものの、もし切符買ってたら乗り遅れてましたよ。
やっぱりICカードは好きだ。


IMG_2333スターフェリー出向
10:50、香港島に出航です。2ドルで10分少々の船旅。


IMG_2335すれ違うフェリー
さっき必死に走って乗り込んだけど、船は長くても数十分間隔で運行されています。


IMG_2336すれ違うフェリー
なんだかディズニーランドにいるような気にもなるけど、背景の高層ビル群が香港にいる感を強烈に伝えてきます。


IMG_2338椅子の背もたれが
船内の椅子。
この背もたれが、


IMG_2339動く
こういう風に動く。
一日に何往復もするから、こういう仕組みだと常に進行方向に座れて便利ですね。


IMG_2340船内
11:02、香港島着。
乗り物酔いしやすい私ですが、10分ちょっとなのでさすがに楽しく乗ることができました。


IMG_2342SUBWAY.jpg
香港でサブウェイ発見!
そういえば韓国でも見かけたな。


IMG_2344メニュー
得サブなのかな?
興味あるけど、香港では香港料理を堪能したいので我慢。


IMG_2345中環は工事中
工事中。
またちょっと肌寒くなってきたので上着を羽織る。


IMG_2346日本にはない黄色のデミオ
マツダ車好きの飼い主が目ざとく見つけた、今は日本にないという黄色のデミオ。


IMG_2348nosmoking.jpg
タバコを吸った場合の罰金、1500ドル!


香港島、見渡す限り高級なエリア、アップルストアがあったので入ってみる。
ここでアップルの無料Wi-Fiが使えたのでしばし日本にメールしたり天気をチェックしたり。
ずーっと曇りか雨の予報・・・
iPhone歴の長い飼い主と違って、この時点で私がiPhoneを持ってまだ1ヶ月ちょっと。
3GかWi-Fiが繋がっているところでiPhoneカメラで写真撮ると、マップにピンが立つことを初めて知りました。
日本以外のところにピンが付くのは感激しますね~。

滞在しているホテルにはWi-Fiも入らないし無料で使えるパソコンもないのでここで一気に情報収集を・・・と思ってたら45分くらいいてしまった。
IMG_2352変な人形
そろそろ次の目的地に向かいます。
続く。
2013-02-11 14:59 | カテゴリ:2012はるinほんこん
IMG_2264ランガムプレイスへ
ホテルから20分ほど歩き、向かうはランガムプレイス。
待ちに待った初めての食事です。


IMG_2265上上拉麺小籠包
お目当てはここ、上拉麺小籠包。
すぐ横のフードコートが超満員なのにお店はかなりガラガラで、しかも入口がちょっとわかりにくくて入っていいのかしばし迷うけど無事入店。


IMG_2266店内
なんとなく高級店の雰囲気で一瞬びびる。
すべてのテーブルに既にセッティングがされているのと、椅子やテーブルが黒いのがそう感じさせるのかな。


IMG_2267メニュー
ま、実際値段もそれなりに高級感がありますしね。
というか、香港の食事って、庶民的なところは別としても、普通のレストランクラスだと意外と日本とかわらないお値段のところも多いイメージ。
サービス料、お茶代、あとチップも必要だしね。
でも日本で食べるのより美味しい。

IMG_2268メニュー
メニューは写真付きで日本語も書いてあるのでわかりやすい。
やっと香港料理にありつける、前回より早く食べられるのがまた嬉しい!


IMG_2269ぷーある茶
香港料理のお供、プーアール茶。
大きなコップに入ってるけどホットです。


IMG_2270担担麺
坦々麺♪
スープは日本で食べるのと一味違う、酸味もあって複雑な味。濃くておいしい!
ただ、私は太い縮れ麺が好きなので、このストレート細麺なのがちょっと残念かな。


IMG_2271酸辣湯麺
酸辣湯麺。大好きな黒酢の味がしっかりして美味しい!
黒酢って普通の酢に比べて口にできる機会が少ないから嬉しい。


IMG_2272皮が破れる小籠包
大好物の小龍包!
しょっぱなから出会えるなんて感涙。
坦々麺は日本のラーメン屋でも食べられる、酸辣湯麺はぶっちゃけ日本で食べなくても大丈夫、そしてこの小龍包は大好きなのになかなか普段食べられるお店がない。
あってもいわゆる「小龍包もどき・小龍包の形をした餃子」でスープなんか入ってない場合が多い。
あとはおいしそうなお店は日本だと高すぎて入れないとかね。
だからこうして旅行で小龍包を食べるのがものすごーく楽しみだったりするのです。
しかーし、この小龍包、箸でそっとつまみあげると皮が破れる事件発生!
餃子とかなら破れても構いませんが、なんせこれは小龍包。
小龍包といえば中に入っているスープを飲むのが醍醐味なのに、スープが流れていく~。
飼い主がやってもそうなったし、台湾とかで食べた小龍包はスプダク(スープたくさん)でもそんなことはなかったぞ!
見るからに皮が薄くて、肉とスープの重力に負けてました。
レンゲをギリギリまで近づけても、もう持ち上げた瞬間に破れちゃう。
(さっきから「破れる」がしょっちゅう「敗れる」に変換されるのですが、もう敗れでいいような気さえしてきた)
おまけに小龍包の大きさに対してレンゲが小さすぎて乗らないからスープを受け止められない。
味はいいのに残念だった。

それでも最初の食事、満足です。
全部で174ドルに対し、自分でチップの金額含めた値段書く欄があるので180ドルにして決済。
うーんこの積み重ねに抵抗感じる貧乏性な私・・・

1時間くらいゆっくり食事を楽しみお店を出る。
IMG_2274ランガムプレイスフードコート
こちらは外にあったフードコートの席。
上上拉麺小籠包の方は私たちがいる間に2~3組入ってきた感じで余裕あったけど、こちらのフードコートは常にほぼ満席でした。

ランガムプレイスを出たのは18:30、まだまだ夜はこれから!
今日の朝まで日本にいたなんて信じられないくらい、すでに身体が香港に馴染んでいます。


IMG_2275将棋の人だかり
なんの人だかりかと思って覗き込むと将棋やってました。
アジアを感じます。
そしてこの服装を見るとわかる通り、半袖の人はほぼいません。
もちろん日本よりはあったかいけどそれなりに防寒が必要な気温でした。
長袖の羽織もの持ってきてて本当によかったー。


15分くらい歩いて、到着したのはこちら。
IMG_2276珍豆腐豆腐花素食専門店
珍豆腐豆腐花素食専門店。
豆腐花という、お豆腐プリンのようなデザートです。
多分「珍豆腐 豆腐花 素食 専門店」って区切られるんだと思うけど、豆腐だけじゃなくてちょっとした軽食も食べられる。
夕食食べたばかりだけどもちろんデザートは別腹よ。


IMG_2277メニュー
メニュー。
豆腐プリンはホットかアイスか選べます。


IMG_2279豆腐
こちらはシンプルな豆腐、ホット。
ホットっていってもほんのり暖かいと思っていたら超アツアツで、勢いで食べると喉をヤケドするレベル。
豆腐とプリンの間くらいの甘さで食べやすい。
こういうお店、日本にもあればいいのに~。
12ドルです。


IMG_2281マンゴー
豆腐の上にマンゴーがたーっぷり♪25ドル。
こちらはコールド注文したはずがホットが出てきて、まぁいいやとそのまま食べました。
マンゴーと豆腐が合うなんて新発見!
1日目にして香港スイーツ食べられて満足!

狭い店内はほぼ満席、プリンも注文してすぐ出てきたこともあって15分くらいでお店を出ます。
この旅行でまた来ようっと。

さて、夜の香港は露店も出てて楽しさいっぱい!
てくてく歩いていると、見覚えのある景色にたどり着きました。


IMG_2285前回泊まったドルセットシービューホテル
前回の香港旅行で泊まったドルセットシービューホテル!懐かしい~。
もちろん飼い主は道がわかってここまで連れて来てくれたんですけどね。
この近くの景色、横の公園にお寺?神社?があること、もうひとつ向こう側の通路には占い横丁があることも鮮明に覚えています!
ただ地理がわからないだけ。


IMG_2287そのホテル向かいの許留山
そしてホテルの向かいには許留山という香港スイーツ専門店!こちらも健在!
前回の旅行ではほぼ毎日通った思い出のお店です。
今すぐ行こうとしたのに、さっきデザート食べたばっかりだからと引き止める飼い主。
かなり抵抗しましたが、泣く泣く許留山から引き剥がされる。


IMG_2291廟街門
廟街門(テンプルストリート)を散歩します。
前回の旅行で、この露天街で「変態男」なる人形が売ってました。
サングラス来てトレンチコートの前に手をかけてニヤーっと笑った男の人の人形で、手を叩くと音に反応してトレンチコートを開いて、股間の棒(いわゆるイチモツ)がボーンと飛び出して来てカタカタと細かく上下に動くの。
前回旅行の変態男の記事はこちら
きっとすぐ壊れるだろうって判断して買わなかったんだけど、あれから5年、忘れたことない変態男。
再会を願って行ったけど、多分このお店だったろうってところまではいけたけど変態男はいませんでした。
今頃誰かのお家で元気に変態していることを願うばかりです。

露天だけじゃなくて店舗を構えたお店もあり、CDショップでは少女時代のPVが流れてました。
kissing youだったかな。
香港でソシに会えると思ってなかったので嬉しい。


IMG_2295廟街アダ○トグッズ店
性に開放的なのかなんなのか、こういうアダ○トグッズが普通に堂々と売られています。
ま、日本もよく考えたら男根の石像が普通に温泉や道の駅に「たって」たりするもんねぇ。
もちろん遠巻きに見るだけで買ってません。


IMG_2292ずとてのぺうくろ→おとこのらくえん
そして私達をもっとも悩ませたアダ○ト看板がこちら
「ずとてのぺうくろ」
なんとなく響きはエロいけど、日本語ネイティブが揃って頭を悩ませても意味が全然わからない。
その上の「いらっしゼいませ」は、「ゃ」が「ゼ」になるのもなかなかの世界とはいえまだわかる。
韓国でも「ツ」と「シ」が入れ替わってたり小文字が大文字になっているのはあるけど、それでも予想はつくものです。
風俗系の看板ってのは見た感じでわかるけど、これで日本人呼べるのかな?

結局自力では解読できず、グーグル先生で確認しました。
「ずとてのぺうくろ」→「おとこのらくえん」

(゚д゚)

ずとてのぺうくろ
おとこのらくえん

平仮名、似てるか・・・??
誰か教えてあげて、って気もするけど面白いからやっぱこのままでいいや。


IMG_2297すっごい並んでいる土鍋飯の店。行きたかった・・・。
夜の香港は人も多いがお店も多い、こーんなに並んでいる土鍋飯のお店もありました。
結局入ることができず、飼い主は今でも悔しがってます。


IMG_2298義順牛女乃公司油麻地店
1時間くらい散歩して足も疲れてきたところに現れたのは牛乳プリンのお店、義順牛女乃公司油麻地店!
デザート第2弾、さっき許留山は飼い主に後で!って言われたけどこっちは入っちゃうのはなぜだ。


IMG_2300怪しい日本語
ミルタ。
さすがにこれはミルクのことだって検討はつきますよ。


IMG_2301牛乳プリン
こちらが牛乳プリン、コールド。
牛乳プリン大好物!!
ちょうどいい甘さでいくらでも食べられそう。

そしてもうひとつ、生姜味のプリン(ホット)も注文します。
これは初めての味。大好きな牛乳プリンと、これまた大好きな生姜のコラボ。
香港1日目から美味しすぎるぜー!!


IMG_2302レンゲがかわいい
器にほとんど興味のない私よりもよっぽど女子力の高い飼い主は、この牛さんマークに惚れた様子。
欲しがる飼い主。


IMG_2303うつわがかわいい
このお皿とかは購入ができるのですが、私は家にたくさん皿あるし別にいらないと主張。
・・・結局、後日再訪した際に買うことになるのですがその話はまた後の記事で。


IMG_2304メニュー
珍しく普通の日本語で書かれたパンフレットが貼ってあるなぁ・・・と思ったら、これ「香港ナビ」記事のコピーだ(・□・;)

20時半過ぎにお店を出る。
まだ香港に着いて半日程度なのに3食もしてる私たち。
セブンイレブンでお茶を買って帰ります。
いちぢくのお茶を買ったら甘かった。
特別な設定をしてないのに、飼い主のiPhoneは日本時間のまま、私のiPhoneは香港時間になっているのが不思議。

2045、ホテル着!
結構歩いたから、まだ一日目なのに足が痛い~。
ホテルのテレビはNHKが2つ入るし、韓国放送局のKBSワールドも入って快適。
なんかバリ島を思い出します。
でも香港では部屋でまったり時間よりもアクティブに外出する時間の方が多くなりそう。
これから6泊7日の旅、期待に胸が膨らむ~!
続くっ。
2013-02-10 15:29 | カテゴリ:2012はるinほんこん
3/4(日)

5時起床、荷物整理して6時前には出る。
今日の夜には香港にいるなんてまだ実感がわかない~。

これから香港なので、ダウンジャケットは置いていきます。
外は曇り。
寒いけれど、これがマックスならまあ耐えられる寒さかな。
寒いのが本当に苦手なので、これからポカポカな国に行けるのが嬉しい。
まぁ、天気予報だと期待しているほど暖かくはなさそうだけど・・・

羽田空港に向かうための最寄り駅で早速トラブル発生w
Suicaを一瞬の間に2回タッチしてしまったらしく、自動改札機から入れない!
すぐに駅員さんのいる窓口に行って事なきをえたももの、飼い主は怒っている。
香港でこうなっても助けないからね!と宣言されてしまいました。
まぁ日本でこういう失敗しておいてよかったよ、香港では気をつければいいから。
韓国でも同じことをしたけど、確か「カドゥガ チャル アンデヌンデヨ」って言って直してもらったことがあった。
広東語も英語もできないから香港では最新の注意を払わないとね。
(・・・後日香港の改札でまったく同じことをしました)

7時には羽田空港へ到着。
羽田空港からの出国は2回目ですが、新しくなってからはお初です。
本当にまったく新しく生まれ変わってますね~。
7:10、チェックインカウンターは長蛇の列!
ちなみに隣のカウンターは韓国・金浦空港行き。
今回はマイルで来てるから今からでもチケット変更可能だよ、と本当か嘘かわからない誘惑をする飼い主。
ここまで来て一瞬迷ってしまう私も私ですが、今回は準備もしてきたのでこのまま香港で!

私の荷物は5kg弱、飼い主は約7.5kg。
これがどれぐらい重くなって帰ってくるかしら。

チェックイン終了したので、羽田空港内を探検。
IMG_2206羽田ターミナル案内図
飛行機に特段の興味がない私でも見入ってしまう、航空会社と羽根の色。


IMG_2207カスタム君
税関イメージキャラクター、カスタム君です。
キャラクター大好き!

朝ごはんはもちろん羽田空港内で。
IMG_2209江戸小路
江戸小路。
食事処が連ねている他、日本らしいお土産が売っているお店もあります。


IMG_2210江戸小路
日本の空港として、この雰囲気作りやネーミングはとても素敵だと思う。

和食、洋食、中華などお店は豊富だけどどうも決め手にかけて入るお店が決まらない。
一部はもう開店してるけど、大部分は8時開店です。
結局8時過ぎまで悩んだうえ、入ったのはらーめん屋。
今夜は香港で坦々麺の予定だけど、日本のラーメンとは別物だしね。

IMG_2211せたがや.JPG
せたがや。
空港に来ると、いつも朝早くからこーーーんなにたくさんの方が働いているんだなぁと実感します。


IMG_2212せたがや.JPG
ラーメンはもはや日本の味!
濃い味が好み。

いつも空港で食事をする時は、万万が一これから乗る飛行機がどうにかなったらこれが人生最後の食事だ・・・ということを考えてしまいます。
大好きなラーメンでよかったかな。

8:50、出国手続きです。
何週間も前から待っていたこのパラダイスな時間がようやくやってきた!
飲茶、マンゴー、坦々麺 そして香港ディズニーetcetc

出国を早めにしたのは、こっちのフロアにラウンジがあるため。
IMG_2221出国後のラウンジ.JPG
海外旅行保険付きのゴールドカードを持っているので無料で入れます。
ラウンジごとの個性を体感するのも旅の楽しみのひとつ。
どこも週刊誌やビジネス雑誌があるのが主だけれど、たまにはananあたりを置いてくれるラウンジにも巡り会いたいものだわ。 
ラウンジ内の写真も何枚か撮ったのですが、飼い主によるとブレブレすぎてとてもブログに載せられる状態ではないとのことで却下されました。。。
ジュースの種類はまぁ標準で、あとアルコールが有料だったかな。(私達は有料には手を出さないので記憶あいまい)
かなり広いラウンジでしたが、それでもほぼ満席でした。
雑誌やドリンク堪能して、9:30には出ます。


IMG_2222ボーイング777-200.JPG
今回乗ったボーイング777。

さてさて、搭乗して離陸は10時。
列の後半だったので、飛行機内の雑誌や新聞は残っていませんでした。
慣れている韓国フライトに比べて倍以上の時間がかかるのに飽きたらどうしよう・・・と軽く心配になる。

席は3列シートの窓側と真ん中。
いつも窓側の席をめぐって飼い主と熾烈な戦いを繰り広げますが、私が100%負けます。

10時になったところで、もうさっそく時計の針を現地時間である9時に合わせます。
旅行気分が盛り上がる!

さて4時間半ほどのフライトをどうやって過ごそうか・・・
音楽チャンネルは聞きたい曲が回ってくるまで時間かかるし、ステキな金縛りを見たい気もするけどお初の映画をここで見るのももったいない。
と思っていたら、バラエティ番組めちゃイケの鉄板企画である抜き打ちテスト、「私立めちゃ²イケメン♂パラダイス学園」(郷ひろみさんとかが出ていて、元Jリーガーの武田修宏が最下位になった回)がビデオ放送されてる~。
2008年4月5日放送分。
ちらちら見た記憶はあるけど、通しでは見てないかも。

見たい番組が決まっても、飛行機は離陸までも時間かかるし離陸後しばらくはテレビが見られないんですよね。
酔わない程度に機内誌を読みつつ、テレビ解禁を待つ。
そしてこのめちゃイケがもう面白すぎて大変でした。
飛行機の中で声出して爆笑するわけにはいかないし、私の右隣には他のお客さんが乗っているから笑いを我慢するしかない、でもこらえきれないくらい面白くて苦しい。
飼い主の方を向いて笑えば笑ったで別番組を見てる飼い主は迷惑千万って顔するし、お笑い番組をあんなに苦行気分で見たのは初めてでした。
・・・もっとも機内食食べた直後から眠くなって、寝ている間に番組終わってたw
帰国の飛行機で続きを見てようやく全編見られました。

そしてその機内食。
IMG_2229機内食.JPG
行きは空弁♪
事前にネットで空弁が出ることはチェック済なり。
左に写っているのは白ワイン。
一見瓶に見えるけどさすが飛行機の中、プラスティックに入ったワインです。
コップに移して、飼い主と旅の無事を祈って乾杯~。


IMG_2230空弁.JPG
IMG_2231空弁.JPG
機内食とは思えないクオリティ。
どれも味付けが秀逸で種類があるから全然飽きない。


IMG_2236空弁メニュー.JPG
お品書きまで付いてきます。
これから一週間、日本の味とはおさらばです。


IMG_2238香港へのお供のお菓子は.JPG
一緒に配られた米菓。


IMG_2239すぐ近所の新潟市江南区出身だった.JPG
裏を見ると新潟県は江南区・我らが亀田製菓です!!
新潟在住民としてこれは嬉しい。

機内食にはハーゲンダッツも付いてきてびっくり。
でも食事と一緒に配られるから溶けるんじゃないかと軽く気が気でない。
食べない人もいるだろうから、食器回収の時にでもオプションで配ればいいのではないだろうか。

機内食食べてまたテレビに戻り、さっきも書いたけど寝入ってしまう。
2日連続で朝早かったからね。
ふと目を覚ますと番組は終わっていて、着陸までもう1時間くらい。
これからまた同じ番組見直しても時間中途半端なので起きている。
酔い防止のためにも寝るのは有効ではあるけれど、本当は飛行機の時間を楽しみたいからあんまり睡眠とりたくないんですよね。

窓際ではないので外が見えないけれど、もう日本からずいぶん遠くまで来ました。
そしてここからは香港時間で書きますね。
13:15(日本時間14:15)、無事香港到着~!
着陸もほぼ揺れがなくてとても上手でした。
後ろの席からも男性の声で「着陸うまいな」という声が聞こえたくらい。
「香港の気温は21度です。春がなかなか訪れない東京と比べるとほっと一息着ける暖かさです。気温差がありますので体調には十分お気をつけください」とアナウンスが流れ、機内中の雰囲気がほっこりする。
こんな素敵なアナウンスを聞いたのは初めてです。


IMG_2241香港空港着.JPG
飛行機を降りて初めて感じる外国感!
約4年半ぶりの香港です。
この冬もものすごく仕事が忙しくて、そして大雪が降りました。
1週間の休みを満喫するぞー!!!


総二階建てエアバスA380初めて見た
飛行機好きの飼い主が撮った2階建て飛行機。
乗ってみたい!けど、新幹線と違って飛行機だと空の上なら1階も2階もわからないのでは??


ANA機がたくさん
香港にANA機の列!


20120304小心地滑
やっぱりこれは欠かせないね、小心地滑シリーズ!
何度見ても心を鷲掴みにされます。
過去には小心地滑特集の記事を書いたこともあったっけ。


入国審査はかなり長蛇の列。
飛行機も満席でしたからね~。
まあどうせ荷物が回ってくるまでの時間かかるからここで焦っても仕方ない。
それでもわりとサクサク進み、14:30には終わりました。
荷物もすぐに出て来て順調!


20120304空港ロビー
5年ぶり2回目の香港~!


オクトパスカード購入
前回は購入しなかったオクトパスカード、今回は滞在日数も長いので購入です。
日本のSuicaや韓国のT-moneyと同じような機能です。
私の小さい頃にはこれがなかったせいか、個人的にICカードが大好き。

飼い主がトイレに行ってる間にiPhone見るとWi-Fi入るので急いで日本へ到着連絡。
ルーター持ち歩くほど携帯を使いたいわけではないので、街中でWi-Fiが入った時にメールとかする予定。
どのくらい入るものなのかな。

旅行の基本、空港で日本語マップを手に入れる。
私は韓国語しかできないので、ここで言葉を話せないのが悔しい。
中国語と一口にいってもたくさん種類があるのでなかなか勉強しようと思えないんですよね。
旅行英語の語彙でも増やすかな・・・
ここの職員さんに「Japan or Korea?」って聞かれました。

15:20、電車に乗ってホテルへ向かう。
2回くらい乗り換えあるけど、表示がわかりやすくて迷うことはない。


乗換駅にジャスコがあった
乗換駅でジャスコ発見!

電車の窓から外を見てると、車が日本と同じ右ハンドル左側通行なのに気づく。
なんとなく意外に感じたけど、今調べたらイギリス植民地時代からと知って納得。
外は期待していたほどあったかくないけど、上着を脱いでも寒くない感じ。
また、ディズニーランドがある国だけあってスティッチTシャツを来た兄弟がいて微笑ましかった。


シティビュー着20120304
16:10、ホテル到着!
荷物を置いたらすぐに香港料理を食べに行きたいのに飼い主はじらす。
初めて香港に来た5年前、午後10時過ぎに到着してその日は料理食べることができず、翌日のツアーでもお昼過ぎまで食事にありつけずお腹をすかせていたのがトラウマになっています。
だから韓国以外の外国に行く時は、到着してから料理にありつくまでの時間が読めないのが大げさじゃなく恐怖です。
だからといって食事はおいしく食べたいからお菓子とかで空腹紛らわすわけにもいかないし、でも空腹だとすぐフラフラする体質なので辛いんですよね。


今回は1706号室(プレミアルーム・ツイン(新館))どうりで綺麗だったわけだ
入室~。
新館だけあって綺麗です。


バスルーム20120304
バスルームも清潔で広くて明るい。
ここで約1週間過ごすのがものすごーく嬉しい!


ベッド20120304
ツインベットも広くて快適!


冷蔵庫20120304
左の棚を開けると冷蔵庫。
ポットもあるのであったかい飲み物にも対応!
でも、毎日ティーパックとコーヒースティックが補充されますが、結局ポットは一回も使いませんでした。
外でたくさんお茶飲んでるしね。
もちろんティーパックなどは日本に持ち帰って大事にいただきました。

飼い主はゆっくり休んだり荷物整理したりして、ホテルを出たのは到着してから1時間以上した17:20でした。
ホテル近くで2千円両替。さっき空港でも4千円両替したのですが、さてどれくらい持つかしら。


ホテル前の建物20120304
初めての香港で感銘を受けた竹の足場、5年経った今でも健在で感激!
続くっ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。