-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-31 20:39 | カテゴリ:2010はるinかんこく
晩ご飯は明洞でビビンバにするか、それともここ南大門で「カルチジョリム」にするか悩む。
とりあえず、まずはカルチジョリム通りを歩いてみましょう。

カルチジョリム(갈치조림)とはタチウオの煮漬けのこと。
カルチジョリムとは、カルチ(タチウオ)と大根を辛く煮た、韓国の素朴な家庭料理。イメージ的には日本の「ブリ大根」にも似ていますが、味付けはまさに韓国スタイル。ショウガやニンニク、唐辛子など、韓国ならではの薬味を加えて煮ることで、タチウオの生臭さを解消!脂ののったタチウオのやわらかい身、そして身崩れを防ぐために鍋底に敷いた、しっかりの味の染み込んだ大根、まさにご飯にぴったりの魚料理なんです。(ソウルナビより)

今ググったら、ソウルナビの南大門のカルチジョリム特集記事がありました。こちら


IMG_7886南大門カルチ通り
この細い裏通りに、右を見ても左を見ても「갈치조림」「갈치조림」の名前ばかり。
たいていがテレビの取材受けました!系のパネルを煌々と掲げていて、どのお店に入ればいいかわからない。


IMG_7888カルチ通り2
日本人向けの南大門市場にこんなディープなお店が並んでいるところがあったとは!
前を通ると、客引きアジュンマが目ざとく出てきて声をかけます。
南大門市場は日本語でバンバン声をかけられますが、ここは客引きも普通に韓国語。
一軒のお店の客引き、この方はアジュンマっていうより30代のオンニ系の方に、値段と
「お腹すいてないので二人で一人分でもいいですか?」
と聞くと、二人分になるので・・・とのこと。
後で知ったのですが、カルチジョリムは焼肉系と同じように二人前以上からでないと注文できない料理のようです。
だから例えばビビンバとかだったら二人でひとつだけ注文も(いい顔はされないかもだけど)可能と思います。

いったん場所を離れて飼い主と夕食会議。
ビビンバは外れがないけれど、ここは未体験の「カルチジョリム」にするべきだろう!ということでカルチジョリム通りへ戻り、18:25、先ほどのオンニのお店に入りました。


IMG_7891カルチメニュー
メニュー。
今回の韓国旅は意識してメニュー写真を撮ってきたので、楽しみにしててくださいなっ。


IMG_7889カルチバンチャン
パンチャン。
ナムルが美味でしたね。
さっきのお姉さんに「中国の方ですか?」と聞かれて日本人です、と答えると「さっき話していたのが中国語に聞こえたので・・・私の聞き間違いですね」とおっしゃるその笑顔が可愛かったー。

IMG_7893カルチジョリム
こちらが初体験のカルチジョリムです。
改めて見ると本当に真っ赤っ赤ですねぇ。
この辛味と魚の味が絶妙に絡み合って、これは美味!!!
ご飯が進みます。身体があったまる。
日本で再現しようと思っても難しいかもしれない、この複雑な旨味。
今回の旅でかなり上位に入る味でした。ビビンバじゃなくてこっちにしてよかった~。


IMG_7890カルチケランチム
こちらは別注文ではありません、パンチャンのひとつとして出てきたケランチム。
辛い辛いカルチジョリムと、このほんわかケランチムがまた最高の組み合わせですねぇ。
私達はケランチム→カルチジョリムの順番で出てきましたが、別席のお客さんは先にカルチジョリムが出てきてたので密かに「これ注文もしてないのに別料金とか言われたらどうしよう・・・」とお店に失礼な考えを持ってしまいましたが、その後で別席にも普通にケランチムが出てきてました。

食事の後はお姉さんが「コピ トゥシルレヨ?(コーヒー召し上がりますか?)」と聞いてくれました。
さっき別のお客さんが同じ質問に「ハンジャンマン ジュセヨ(一杯だけください)」って言っておりその言い方が気にいったので同じように頼んでみる。
外のお店備え付けの自販機(300ウォンと書いてましたが追加料金は取られませんでした)で持ってきてくれた甘いコピは辛さに溢れた口を優しく癒してくれます。
まぁ、最初は熱いのでますます火がつきましたが
こちらのメニュー、2人前で12000ウォンです。


IMG_7894カルチ外観
19:10、お店を後にします。
カルチに大満足した私は
「♪カルチ、カルチカールチ カルチ、カルチカールチ カールーチージョーリーム~♪(ロート製薬のメロディでどうぞ)」とずっと歌ってました。
ちなみにこちら、同じメロディで朝青龍の本名に乗せた「♪ドルジ、ドルジドールジー、ドルジ、ドルジドールジー ダーグーワードールージ~♪」バージョンもあるのでみんな一緒に歌おう!
(カルチは私が作詞(??)しましたがドルジはYahoo記事コメントで以前見かけたものです)

さて、こちらの夕ご飯でお腹いっぱいになった・・・わけではありません私達。
二回目の夕食求めて彷徨います。
飼い主がスタスタと向かったのは明洞にあります「鼎泰豊(ディンタイフォン)」
っていきなり韓国料理から離れるんかいっ!
しかし鼎泰豊はびっくりするくらいの人だったので諦めました。
おいしくて安い韓国料理が溢れている韓国で鼎泰豊が人気だったのはかなり驚きました。
そして明洞でもうひとつの驚き、サンドイッチのSubwayがあったこと!
サブウェイといえば、昨年新潟駅南に登場してから私が大ハマリしているお店です!!
それが韓国にもあるとは驚き。
今までsubwayを知らなかったから目につかなかっただけなのか、それとも最近できたのか?
情報を知っていらっしゃる方、コメントいただければ嬉しいです☆

結局、19:55、地下鉄に乗ってまずはチョンガク駅へ。
飼い主が情報を掴んできた「麻薬キムパプ」の場所をチェックしながら、向かったのは東大門のタッカンマリ通り。初めて来ます。
夕食第二弾はタッカンマリです。
タッカンマリ、留学中はまったくスル―していた料理なのに、ナツさんに教えていただいて美味しさに目覚めました。
あのスープがたまらない。
ちょうど去年3月は飼い主友達と3人でソウル旅行しましたが、彼が韓国料理のナンバー1にあげたのは、高級フェ(刺身)を抑えてこのタッカンマリでした。

韓国って「○○通り」っていって、同じ料理の専門店が連なっているところが本当に多い!
そしてどのお店もまんべんなく人が入っているかといえばそうではなく、あるひとつのお店は列をなし、他は閑古鳥というのもざらにあります。
私達は旅行者なので、やっぱり混んでいるところに行ってしまう。
実はここで、日本にいらっしゃるナツさんに電話かけてお薦めのお店聞こうとしましたが留守電でした。
ナツさんごめんなさい、この日の不審な着信は私達のものです。


IMG_7895チンハルメ外観
飼い主がなんとか名前を覚えていたこちらの「チンハルメタッカンマリ」に入ります。
とっても激混みで、番号札が配られて外待ちになりました。
非常に冷えてきたので、外に設置されてあったストーブで暖をとる。
番号配布といっても結構いい加減で、先に番号配られた人があとになったりその逆があったり。
一緒にストーブあたっていたカップルが呼ばれた時、私達のことを「こちらの方が先ですよ」と言ってくださった紳士な男性に感謝しながら入店。
20:20分から待ち、約15分で入れました。


IMG_7901チンハルメメニュー
メニュー。


IMG_7900チンハルメ注意書き
こちらは食べ方指南。
ククス(麺)は一回しか注文できないらしい、なぜだろう。


IMG_7898チンハルメタッカンマリ
タッカンマリ16000ウォンを注文。
写真に写っているように、なぜが最初からトックサリ(餅)が一緒に運ばれてきましたが、どうも別料金のようなので断りました。


IMG_7899チンハルメ煮えた
煮えてきたら、具は唐辛子・タテギという薬味・酢・醤油・カラシを自分で組み合わせたタレにつけて食べます。
鶏の旨みが出ているこのスープがまた絶品。
しかし、この繊細な味の黄金スープがいい味出してると思うのに、周りの韓国人達は全員、最初から大量のキムチを投入していました。
もちろんキムチ入れても別のおいしさが出てくるけれどちょっともったいないな~と思ったり。

タッカンマリはとってもとってもおいしかったけれど、お店の雰囲気も味も、私達は梨大にあるタッカンマリ屋の方が好きだな~と認識しました。
スープにニンニクたっぷり入れて麺を入れる・・・考えるだけでたまらないですっ。

20:35、満足してお店を出る。
明日の地方旅に備え、麻薬キムパプを購入しつつ徒歩で帰ります。


IMG_7902麻薬キmパッ
20:45、麻薬キムパプ屋台到着。
麻薬キムパプとは、多分やみつきになるほどおいしいキムパプって意味、だと思う。
雑誌「スッカラ」に載っていて初めて存在を知り来てみました。
私達が行った時には日本人家族4人組と韓国人がちらほら。
肝心のキムパプがなかったため、「まさか売り切れ!?」と思って聞くと
「今こっちに向かってるからすぐ来るよ~」とのこと。
寒さに震えながら待つこと5分弱、現れました麻薬キムパプ!


IMG_7904麻薬キmパッ3
細くて小さいキムパプです。
これがどんどん飛ぶように売れていく。


IMG_7903麻薬キmパッ2
明日の記事にも詳しく載せますが、けっこうぎっしり詰めてくれて2000ウォン。2パック買いました。
そして歩いてホテルへ向かう。冷え込みます~。

22:05、ホテル着。
日本から持ってきた泡風呂の素でゆっくりお風呂に入り、23時過ぎにはもう眠りにつきます。
一晩中でも買ってきた本を読みふけりたいところですが、明日から地方旅だし、本はいつでも読めるからね。
2日目に続くっ。
スポンサーサイト
2010-03-29 20:00 | カテゴリ:2010はるinかんこく
さて昼食はどうしようか。
私は「トックサムシデ」に行きたかったけれど、サムギョプサルがそんなに好きではない飼い主は難色。
結局「シンソンソルロンタン」に行きました。
ソルロンタン、なにげに2年半くらいぶり!?
大好きなのになかなか行く機会がなかったんですよね。

14:50、シンソンソルロンタンのお店到着。
ここはチェーン店、24時間無料、年中無休です。
いい意味でチェーン店らしいハキハキとした明るさがありました。
ここ、韓国ドラマ「華麗なる遺産」でも舞台として使われたんですよね、パネルが張ってありました。


IMG_7866シンソンソルロンタン1
席に着くとこちらのスジョ(スプーン&箸)置きが配られました。
紙にはソルロンタンのおいしい食べ方。


IMG_7867シンソンソルロンタン2
こんな風に置きます。


IMG_7868シンソンソルロンタン3
シンソンソルロンタンのウリ、この熟成キムチ。
今回もいろんなお店に行ったけど、やっぱりキムチって個性があって素敵。
ここのは深漬けで、そのまま食べても味が染みてておいしいし、ソルロンタンにもよくマッチして美味でした。


IMG_7870シンソンソルロンタン4
キムチは店員さんが切ってくれました。
ハサミもキムチもテーブル備え付けなので好きなだけ食べられます。


IMG_7871シンソンソルロンタン5
お久しぶり、ソルロンタン!
相変わらずクリーミーで、でもこってりしすぎなくて、身体があったまって、やっぱり好きだわソルロンタン。
キムチを入れて食べてもよし、ご飯入れて食べてもよし。


IMG_7872シンソンソルロンタン6
スープのイメージが強くて忘れてたけど、お肉も結構入ってます。
肉とキムチを一緒に食べるとまたこれがとろけるおいしさ。
日本ではなかなか食べられないので、一口一口じっくり味わいます。
こちら6000ウォンなり。

15:15、お店を出て次に向かうは地方旅前の強い味方、韓国観光公社。
そういえば、私はこの韓国観光公社様主催の「韓国パワーブロガー」です。
最近台湾旅行記を書いていてかなり胸が痛かったけど、今回で面目躍如ですかね。


IMG_7873小心地滑
公社前で見つけた、この旅唯一の小心地滑!
韓国語がないのが不思議。

韓国観光公社の中では、無料でチマチョゴリ撮影をしていました。
待ち時間30分とかだったので、私は撮らなかったけれど。
最近マイ韓服が欲しい私です。

ここで地方旅行に関するパンフレットを集めます。
結構マイナーな土地を巡るので、受付に行って地名羅列し持ってきていただきました。
「JAPANESE」の席にいらっしゃった方が日本語わからず、横にいた日本語堪能な職員さんは電話中だったので、久々韓国語使えて良かったです。

続いて横にあるコーナーで明日の論山(ノンサン)行きKTXチケット購入。
前回は休日だったので斜め向かいにあるロッテ旅行代理店?で買いましたが、今回はこのままこちらで手配できてラッキー。
15分で用事を済ませ、徒歩でいつものドロスホテルに向かいます。
まだチェックインしていないまま、日本からのキャリーケースにCD+本3冊+パンフレットでお、重い・・・

16:05、定宿・ドロスホテルに到着です。
ここドロスホテル、来るたびにホテルの方が何人かいなくなって(やめて)います。
以前に24時間働いて24時間休みという話をしていましたし、ホテルマンはすごく大変そうです。
でもいつも気持ちのよい対応をしてくださり、頭が下がります。


IMG_7874ドロス703号
今日のお部屋、703号室。
ツインのお部屋は数少ないみたいでいつも泊まる部屋は大体一緒になります。
7階のこのお部屋、8階に比べて少し部屋は狭いけれど、枕元の茶色いスペースが広くなってて本とか置けるのが便利。

私は冷麺のお店・キッテボンの行き方を2階のPCコーナーで調べたり翌日の天気を調べたり、終わった後はさっそく買ってきたCDを開けたり本を読んだりして1時間ほどのんびりタイム。
明日から地方旅行なので、帰国後まで本はお預けだからね。

17:05、荷物を置いて身軽になった私達は再び出発です!
っていっても、例によって飼い主にお任せ、しかも飼い主はどこに連れていくか教えてくれないので私にとってはミステリーツアー。

地下鉄駅に向かう途中にある薬局で、明日の地方旅行に備えて酔い止め購入。
去年7月の旅行でバスに酔ってゲ■ったこと、その後に酔い止め買ったら劇的な効果があって驚いたことはまだ生々しく覚えています。
もう同じ失敗は繰り返さない。
酔い止めは2本で1000ウォン(日本円だと1本40円くらい?)ととっても安い、これケチってまたバスの中で惨劇起こしたくないしね。
しかしこの薬局(地下鉄1・3・5号線チョンノ3街の15番出口からすぐ左側角に見える薬局)、その後に22時に通っても翌朝7時に通っても開いてました。24時間なのかしら??

17:30、地下鉄乗って着いたのは会賢(フェヒョン)駅。
すごい坂道を登っていきます。
IMG_7876南山の坂
韓国って「ありえない」坂道がそこかしこにあるんですよね。
でも犬を散歩させていた人も結構いました。

目的地に到着しました。
IMG_7879南山大階段
ん?この階段が目的地?
もう少し離れてみましょうか。


IMG_7885大階段
この画。
あるドラマの撮影地なんですが、いかがでしょう?
私の数少ない韓国ドラマ視聴歴でもすぐに分かりました。


IMG_7881サムスンロケ地
階段の真ん中にパネルがありました。
2005年の大ヒットドラマ「私の名前はキム・サムスン」のラストシーン撮影地です。
ちょうど留学時代に放送してました。懐かしい。
最近飼い主がこのドラマを見たので来てみたかったみたい。
こんなにすぐ来れる場所で撮影したなんて知らなかったー!
人気を博したドラマのわりには、実は私もそして飼い主もそんなに好きではないこのドラマ(爆)
でもロケ地を見るとドラマに対しての思いがひとつ深まりますね。


IMG_7882上から
こちら、上から見た景色。
ところで、上からの撮影ということは当然階段を登ったわけですが。
私、「嫌いなことは走ること、階段や坂道登ること」と公言している運動嫌い。保育園の頃から一貫して超運動嫌い。
だから毎回坂道を登るたびに絶望しフラフラになりながら登っているのは今まで散々ブログに書いてきました。
ところがところが、今回は坂道も階段もスイスイ、登りきっても息切れせずに深呼吸2,3回ですっきり。

実はこの旅行の3週間前から『Wii Fit Plus』で毎日30分くらい運動を始めたんですね。
旅行のためではなく単純にダイエットが目的だったのですが、運動嫌いなはずの私が「運動楽しい!」と自分でもびっくりの変化を遂げました。
っていっても3週間やっても体重も体脂肪も変化なし、腹肉がちょっとなくなったかな?????程度の変化しか感じてませんでした。
なのでこの階段攻撃を打ち負かしたことに、自分のことながらキツネにつままれた気持ちでした。だって『Wii Fit Plus』以外のことは何もしていないんだから。
飼い主も私の変化にびっくり。
今回の韓国旅、飼い主の中での裏テーマは「坂道」だったそうです。
だから私がいきなり坂道平気になって助かる一方、ちょっとつまらんと言ってました(怒)

ところで、上の写真、左側に見える車。
IMG_7880事故車
事故車です。
衝突現場は見ておらず、私達が到着した時はすでにこうなってました。
街路樹(?)が折れ、車も縁石に乗り上げている自損事故。
路面が少し凍っていたんですよね。怖いです。


さて、階段の上にあがって少し周りを散歩。
IMG_7884ぷっくが興味を示したもの
椅子だと思うんですけどね、形がエロくて思わず激写。(これをエロいと思う私が一番イヤラシイ)


IMG_7883ソウルタワー
Nソウルタワー(南山タワー)が見えます。

30分くらい公園周りを散歩し、徒歩でそのまま南大門へ。
そろそろ晩ご飯の時間です。
続くっ。
2010-03-27 13:56 | カテゴリ:2010はるinかんこく
3/18(木)

3連休の前に二日間休みをとって、4泊5日の日程で飼い主と韓国旅してきました!
韓国は「旅行」でなく「旅」な感覚だと気付いたので、今回は「韓国旅」で通します。

今回のルート:ソウル~論山~全州~鎮安~再び全州~錦山~大田~東鶴寺~儒城温泉~公州~扶余~再びソウル
ソウルと全州以外はお初の地域ばかりでした。
そう、地方旅を散々している私達ですが意外と未開エリアがあったんだなぁと気付いた旅でした。
あとは江原道周りが未開拓なんですよね。次回はぜひ!と思いつつ、再訪したい土地もたくさんで悩みどころです。


韓国に行くというと、周りの人から「また!?」と驚かれることが多かったんですけど、前回行ったのは去年7月なので「また」ってほどでもないし、お金と時間があれば(遠い夢)もっともっと行きたいんだけどなぁ。
人間って興味あることも時間の感覚も本当に人それぞれで面白いです。
私は私の好きなことを続けたいな。

前回の7月韓国は1週間くらい前に楽しみでドキドキしていてもたってもいられなくなったのに、今回は前日の夜になっても全然実感わかなかったんですよね。夜もすぐに眠れたし。何故。
飼い主が11月以来台湾にハマっており、韓国モードでなかったことは関係していないと思うけど・・・
これって私の感性が鈍っている証拠!?って焦りましたが、韓国に着いたら(遅っ)やっぱり全身でワクワクしたのでよかったです。
では旅行記開始!


朝5時40分、起床。
私は先月から毎日続けているWii fit plusでからだ測定、飼い主は洗濯や荷造り(手伝えよ私)
今回の韓国旅で唯一日本を離れることが惜しかったのがこのWii fit plus。
毎日続けてた記録が途切れちゃうけど仕方ない。

荷物を持って出発です!
って、いきなり雨ザーザー
天気予報によると韓国もずっと雨だとか・・・。
ちなみに、結果から行くとこの天気予報は外れ、私達にしては珍しく天気に恵まれた旅行でした。(帰国直前を除く)

家から空港バス行き乗り場まではとっても近いので便利便利。
私は金銭面からも安全面からも自家用車を持っておらず、普段の移動はもっぱらチャリか歩き、電車やバスにも乗らないという20代とは思えない野性生活ですが、それでも不便を感じないのは新潟駅南という便利な場所に住んでいるからですね。新潟大好き。
 
空港リムジンバス、新潟駅南発は今回が初めて。400円です。
7時10分発、7時35分にはもう空港です。近いな。
空港に着いてすぐチェックインカウンターに並ぶ。
バスは6時50分発と7時10分発があったらしく、事前に知ってれば6時50分で来たのに~と思ったけどチェックイン自体が7時半なのね。

前回もそうだったけど、この時間の韓国行き新潟空港チェックインカウンターは、荷物検査とチェックイン手続きが同時でなく、まず検査をしてからカウンターに進むんですね。
で、荷物検査が1箇所、チェックインカウンターが2箇所だからかなり待ちます。
少しだけ並んだけど、列が長いのでここは先に食事をしよう!と判断。
7時45分、朝食です。


IMG_7847須坂屋メニュー
空港朝ごはんは、新潟名物へぎそば。
新潟に来てから知りました。


IMG_7851須坂屋朝定食
飼い主注文、朝定食。
ザ・日本の朝ごはんですね。
そういえば、サーモンにハーブレモンドレッシングをかけるとおいしいことを最近知りました。


IMG_7850須坂屋へぎそば
へぎそば好きです。
日本の味を食べて外国に行くって素敵。

8時5分、再びチェックインカウンターに行くと少し列が短くなっていました。
さっき私達のすぐ前に並んでいた親子が今チェックインしているのが見えます。
チェックインは思ったよりも早く終わり、8時半には恒例のラウンジへ。
海外旅行保険付きのゴールドカードで無料で入ります。

IMG_7854大韓航空B737-900
大好きなコリアンエアー
この頃には雨あがってました。
そしてようやく韓国に行ける喜びが溢れてくる。
嬉しすぎて、日本茶の淹れ物で紅茶を飲んでしまったことは内緒。

8時45分、手荷物検査。
チェックインはあんなに混んでるのにここはいつもスムーズで素敵。
そして9時半、離陸です~


IMG_7855機内食
機内食。
えーと、これははっきり言っておいしくは・・・なかったです。
ちなみに、隣に座っていた飛行機乗り慣れている感のある日本人のビジネスマンっぽい人はコチュジャンのチューブをもらって大量にかけてました。
これは目からウロコ、確かにこれにコチュジャンかけたら味が目覚める!!
言えばコチュジャンもらえるなんて知らなかったので私ももらおうかと思ったけど、隣の見ず知らずの人の真似をするのに気後れしてやめちゃいました。
このビジネスマン、トランジットだったから韓国が目的地じゃないのにやりますなぁ。


IMG_7858飛行機からの眺め
飛行機が一番好きな乗り物です。


IMG_7857ソウル近郊
ソウルが見えてきました!
留学していたのはもう5年も前だし、元々純日本人で韓国とは縁もゆかりもないのに、勝手に「ただいま」的な気分になるのは何故。

11時50分、韓国に到着です!
飛行機アナウンスによると韓国は晴れ、でも気温1度!
無事手続きを済ませ、2万ウォンずつT-money(日本でいうSuicaみたいなカード)をチャージ。
最近はバスでなく空港鉄道で金浦まで行き、そこから地下鉄でホテル最寄り駅まで行くのが恒例です。

飼い主には荷物待っている間にトイレ大丈夫か何度か聞いたのに行かず、鉄道来る前に行くもんだから鉄道が目の前で出発しちゃいました。
一瞬ん~と思ったけど、自動販売機見ていると面白い飲み物が。
缶に「우유와 단산의 부드러운 만남」と書いてあります。
「『牛乳と炭酸のやわらかな出会い』だって!」と飼い主に伝えると、話のタネになる!と購入しました。
T-moneyで買えるのですが、タッチしてからボタン押しても使えずしばし戸惑う。
よく読むと、カードをタッチしたままボタン押すのね。
ちょうど1年前にも自販機で買ったのに忘れてました。


IMG_7864アンバサ
こちらが牛乳と炭酸の出会いだ!
でも、飲むとなんてことはないカルピスソーダでした。甘くておいしかったよ。
「アンバサ」って書いてあります。私はこの飲み物知りませんでしたが、飼い主によると昔日本にもあったとか?
飼い主トイレのおかげで新しい飲み物に出会えてよかったです。

12時半に空港鉄道、そして地下鉄に乗り、2人で悩むはこれからの行動。
いったんホテルに行って荷物を置いて昼ご飯に行くか?先にご飯行くか?
昼ご飯が遅くなると夜ご飯がおいしく食べられないのでは?そもそもまず何を食べるかが決まっていない。
さらに私は本屋に行きたいけれどいつ行く??
・・・こうして書き並べると我ながらアホらしい悩みではありますが、本人達は真剣なんです
結局、ホテル最寄り駅から2つ手前の光化門駅で降り、先に直接「教保文庫」へ行きました。
ここは私が最も愛する本屋のひとつ。
平日でもたくさんの人でいっぱいです。
確か、前回は休日に行ったらすれ違うのも難しいくらいの人混みだったっけ。

まずはCDショップでお目当てのCDゲット。
ソニョシデoh!CD
大ファンです!少女時代(ソニョシデ)のCD
前々回の「Gee」、前回の「願いを言ってみて」、そして今回の「oh!」と、私が韓国訪問するたびにちょうど新アルバムが出ているのは本当にいいタイミング
前回の二作はミニアルバムでしたが今回は正規アルバムなので12曲入り!(うち二曲は既存曲)
1月28日に発売したCDですが、この時点でランキング2位だか3位の棚に並んでました。
嬉々としてレジに持っていくと、なんとポスターもらえました~
前回の「願いを言ってみて」でポスターもらえたので、今回ももらえたらいいなぁ、欲しいなぁと思っていたものの1月発売のCDだから・・・と諦め8割、でもやっぱり期待2割くらい抱いてました。
ポスター渡された瞬間、レジで顔を輝かせてしまい、その後も興奮と笑みがおさえられませんでした。
いきなりこの旅で一番の出来事が起きてしまったかも~と大騒ぎしてましたが、そうですね、やっぱり今振り返ってもポスターゲットはものすごく思い出深いです。
最終日にホテルから移動する時、空港で、飛行機の中で、そして帰宅時も忘れないように汚さないように大事に大事に持ち帰りました。


IMG_8624ソニョシデoh!ポスター
こちらが部屋に飾ったポスター♪
ちなみに全員の名前、ばっちり言えます。


IMG_8625ソニョシデソウォヌルマレバポスター
これは前回の旅行でもらったポスター。

CDはもちろんヘビロテしまくりです。
ジャケットはフォトブックも兼ねていて、全員の写真や一人一人のメッセージ、さらにランダムでメンバー個人のカードが入ってます。
私はティファニーでした。最近ティファニーちゃんのソロ曲に超ハマってるし、彼女の顔が好きなので嬉しかったです。
そして一番驚くのがこのCDの値段。
15500ウォンから会員カードで3000ウォン割引!
日本円に直すと1000円そこそこです。
豪華なジャケット、ポスターももらえてこの値段は驚きです。
日本のAmazonでは2100円でした。

私が帰国した後、リパッケージ版の発売があったんですよね。欲しい・・・
こまものやJUNさんのブログにもソニョシデのことが書かれていたので親近感わきました!

他の戦利品たち。今回は本を3冊買いました。
キムヨナ本
NHKの番組で取り上げられていて存在を知った、ヨナちゃんの自叙伝。
一応本人が書いたという触れ込みですが真偽のほどはわからないですよね。
これは絶対ベストセラーコーナーにあるはず!と確信していましたが、やはり総合3位の棚にありなんなくゲット。
すっごく読みやすくて楽しんでます。
フィギュアを「피겨(ピギョ)」というのは初めて知りました。


韓国語「中国語初めの一歩」
「新 中国語 初めの一歩」
11月に台湾に行ってから、台湾の魅力にハマった私達。
特に飼い主は台湾モードのせいで韓国テンションがあがっていなかったくらい。
台湾は多言語民族だけど、とりあえず標準は北京語らしい。
ってことで、旅行に困らない程度の北京語を身につけたい!
で、韓国語の中国語学習本を買う日本人の私(爆)
二兎追う者は一兎も得ずになるか、一石二鳥となるか!?
ちなみに、店員さんに中国語学習本の場所を聞いたら、最初は「foreigner books」に案内されました


旅行地おいしい店967
飼い主が希望したのは韓国全体の旅行ガイドブック。
るるぶみたいなものを探したかったのですが見当たらなかったので、こちら「旅行地おいしい店967」
韓国地方のおいしい店が並んでいます。
全部韓国語なので、私が訳して飼い主に教えます。
っていっても、次回韓国に行くのはまだ先だし、上2冊を優先したいのでこの本を開くのはまだまだ先かな。

CD1枚と本3冊を突貫で購入し、14:30、外に出ます。
気温1度っていったけどそこまで寒くなく、いい感じの天気です。
さて韓国最初の食事は何にしようかな~。
続くっ。
2010-03-22 23:03 | カテゴリ:2009ふゆinたいわん
1日目(11/28)<ほぼ移動日>
台湾旅行1日目~台湾までの道、そして台湾の夜~

2日目(11/29)<2人でツアー>
台湾旅行2日目 前半~台湾で現地人と結婚しました~

台湾旅行2日目 中編~キュウフンでジュウブンにいいキブン~

台湾旅行2日目 後編 ~夢の小籠包にノックアウト~

3日目(11/30)<6人でツアー>
台湾旅行3日目 6分の1編~台湾朝最高!本日又ツアー也~

台湾旅行3日目 6分の2編~ツアーは続くよどこまでも~

台湾旅行3日目 6分の3編~博物館、そしてタピオカ♪~

台湾旅行3日目 6分の4編~本物の行天宮でおみくじに仰天~

台湾旅行3日目 6分の5編~食い倒れ!夜の台湾~

台湾旅行3日目 6分の6編~屋台散策特集~

4日目(12/1)<フリー>
台湾旅行4日目 5分の1編~甘い思い出、苦いお茶~

台湾旅行4日目 5分の2編~台湾満喫中也~

台湾旅行4日目 5分の3編~台湾で驚きいっぱい温泉体験~

台湾旅行4日目 5分の4編~淡水でロマンチックになれなくて~

台湾旅行4日目 5分の5編~夜市で屋台飯の旨さに開眼!~


5日目(12/2)<帰国日>
台湾旅行5日目(最終日) 前編~台湾空港は驚きいっぱい~

台湾旅行5日目(最終日) 後編~ただいま日本、そして舞浜!~

おまけ<小心地滑>
台湾旅行おまけ~小心地滑~

6日目・7日目・8日目(旅行最終日)(12/3・12/4・12/5)<TDL・TDS・東京旅行>
ディズニーリゾート写真館~台湾旅行との豪華二本立て@ランド編~

続・ディズニーリゾート写真館~台湾旅行との豪華二本立て@シー編~

台湾旅行最終回~東京旅行、旅行総括、台湾是良所、絶対又行!~

2010-03-17 06:00 | カテゴリ:2009ふゆinたいわん
12/5(土)

この日は東京・汐留で劇団四季「アイーダ」観賞。
飼い主が劇団四季大好きなんです。
もっとも、この日の飼い主は風邪気味で身体が大変そうでしたが・・・

観賞の後、まだまだ台湾気分が抜けない私は、飼い主に無理を言って汐留の鼎泰豊(ディタイフォン)に来てしまいました。


IMG_7542鼎泰豊汐留
台湾の本店と比べて2倍以上高いけれど、汁のジュワジュワ感を味わえて感激。
小籠包はやっぱり大好物です。


IMG_7543
こちら、劇団四季の半券で無料サービスの杏仁豆腐。

夜はブログを通して知り合ったナツさんと韓豚屋(ハンテジヤ)で久々の再会。
前回は韓国でお会いしてから約2年ぶり!日本で会うのは久しぶり。
相変わらずとても美人で、私(も飼い主も)すっごくうっとりしてしまいました。
ナツさんからはBIG BANGのCDと「1リットルの涙」の韓国語版をいただきとっても感動!
ありがとうございます!!
BIG BANGは特に「ハルハル」が気にいってずーっとリピート、1リットルの涙は韓国語すごく読みやすく、でも内容が悲しくて少しずつしか読めなかったけれどこちらもリピ中です。
韓豚屋は韓国本場の味、またはアボカドチヂミなどの創作料理系が楽しめて、内装のゴチャゴチャ感も韓国気分を味わえて大好きなお店です。
早くまたナツさんと再会したいです♪


12/6(日)
本当の本当に、旅行最終日。
台湾旅行なのに、シメは韓国ばっかり(笑)
昼食は新大久保のコリアンタウンでチャジャンミョン。


IMG_7549新宿飯店
飼い主が新潟で最近知り合った超韓国通のアジョッシから教えてもらった「新宿飯店」
1000円だったのが最近半額になったとか。
チャジャンミョンは大好きだけど1000円出すのはかなり抵抗あるけど、日本で500円ならなんとか頑張れます。


IMG_7544
メニュー。
うん、でも韓国と比べてしまうとやっぱりお高いですね


IMG_7547新宿飯店チャジャンミョン
ボリュームがすごい!
味も本場とほぼ同じでおいしかったです。

バスで新潟へ帰り、今回の旅は終了。
次の日から普通に仕事です。いつもながら、私の休みはハードです。

今回は、
・台湾の魅力に目覚めた。っていっても韓国なみにハマることはないと思うけど、旅行に困らないくらいは言葉ができるようになりたい!
・二本立ては楽しいけれど、下手すると分散されてどちらかの印象が薄れることもあるので次回からはやめよう。
って感じでした。

さて、台湾&ディズニー旅行記もこの記事でラストです。
いや~11/30から始めた旅行なのに、書き上げるのに時間かかりましたね
3/18から韓国旅行があるからスパートかけたけど、そうでなければもっと時間かかった恐れがあります。
韓国旅行は早めに書きたいです。私、韓国パワーブロガーだし
ディズニー旅行記はぶっちゃけ手抜きになっちゃったけど、韓国旅行記は丁寧に丁寧に書きますっ。

ではでは、読んでくださった方ありがとうございました!
台湾旅行に行かれる際、少しでも参考になれば嬉しいです♪
2010-03-16 06:00 | カテゴリ:2009ふゆinたいわん
12/4(金)

IMG_7495メディテレイニアンハーバー
この日はディズニーシー。
昨日の大雨とはうってかわって快晴です!
シーらしい写真です。


IMG_7496
イタリアを船旅~。
ランドとシー、本当に雰囲気が違いますね。
景色が完璧なので散歩するならシーがいいけど、ランドにはスティッチがいるので・・・迷いどころです。


IMG_7498
晴れた空にツリーと火山が映えます。


IMG_7490ケープコッドクックオフ
朝ごはんはケープコッドクックオフ。
ここのミッキー・グーフィー・ドナルドかドナルド・チップデールのミニ劇が大好きだったのに・・・終了してしまいましたね。この日が最後の観賞でした。
生まれて初めてディズニーに来た2005年9月、ディズニーにまったく興味なかった私を一気にディズニーワールドに引きこんだのがこの劇でした。だからすごく思い出深い。
次はダッフィーになるんでしたっけ?ダッフィー、最近物凄い人気ですよね。彼女もできたし。
この日はすんごい混んでいたのですが、ダッフィーショップにも長蛇の列、ダッフィー&サンタさんと写真撮れるコーナーは3時間以上待ちでした。


IMG_7500イクスピアリフードコートパッセージトゥインディア
IMG_7501イクスピアリフードコートパッセージトゥインディア
こちらは昼食のカレー@イクスピアリフードコート。
ここもおいしくて普段食べられないカレーがあるので好きです。


IMG_7508
いきなり夜の写真。


IMG_7523
あぁ、クリスマスカラーですね。


IMG_7528
ツリーとタワーオブテラーのコラボ。


IMG_7532イクスピアリフードコートアルペジアほうれん草のフェトチーネ
IMG_7536イクスピアリフードコートアルペジアボロネーゼ
夕ご飯もイクスピアリフードコートでパスタです。


IMG_7539
このケーキ写真、しばらく「いつなんで買ったケーキだっけ・・・??」と悩んでいました(爆)
ホテル東急でなんか券をもらって、それで引き換えたんだった。

ディズニー写真館はこれにて終了。
次回の東京旅記事で、今回の旅行記最終回です!
2010-03-15 06:00 | カテゴリ:2009ふゆinたいわん
12/3(木)

台湾旅行後半はディズニーリゾート!
ちょうどクリスマスシーズンだったので、中はムードいっぱい夢いっぱい。
せっかくなので、記念に写真載せます


IMG_7405
何度もTDLに行っていて、今回初めて入りました「クイーンオブハート」
不思議の国のアリスをモチーフにしたレストランですね。


IMG_7409クイーンオブハートのバンケットホールハート型ハンバーグ
飼い主注文、ハンバーグ。


IMG_7411クイーンオブハートのバンケットホールステーキ
私注文、ステーキ。
基本的にハンバーグやオムライスなどの洋食が苦手な私ですが、ステーキとかローストビーフは好物です。


IMG_7414クイーンオブハートのバンケットホール
アリスの世界ですから、中は不思議ワールド一色。


IMG_7417クイーンオブハートのバンケットホール
ステンドグラスが綺麗。


IMG_7419クイーンオブハートのバンケットホール
小さい頃にアリスの本読んで、頭がぐんにゃらになったなぁ。


IMG_7424クイーンオブハートのバンケットホールのトレイ
トレーがトランプ!さすがディズニークォリティ。


IMG_7427クイーンオブハートのバンケットホール
コスチュームの可愛さもザ・ディズニー。


IMG_7430
クリスマスのディズニーは華やかだねぇ。
個人的にはハロウィンが一番好きだけど、ディズニーに来るとクリスマス気分がマックスになって楽しいです。


IMG_7432
もうカールおじさんがいてびっくり!
本当に野村監督に似てるんだね。


IMG_7435
カールおじさん見てないけれど、この子が重要な人物なのかな?


IMG_7437
メレカリキマカ!(ハワイ語でメリークリスマス)
このブログにスティッチは欠かせません~。なんたってタイトルにもなってるくらいだしね!
いや~やっぱり可愛いなぁスティッチ。


IMG_7440
トイストーリーもクリスマス。


IMG_7444
フィギュアミッキー&ミニー。


IMG_7445
このスティッチの表情最高!!
スティッチに一度ハマると、単純に可愛い顔している時もこういう暴れ表情の方がツボになってくるんです。

さてお昼ご飯。ってかおやつ。
さっきはディズニーランド内で食べたけれど、基本的にはイクスピアリに行って食べるのが最近の流れです。
今回はフードコート。
IMG_7449イクスピアリフードコートヌードールバー
かきあげうどん。


IMG_7452イクスピアリフードコートチャイナボウル
辛いラーメン。おいしかったー!


IMG_7453
この日は雨がすごかったんですよね。
雨が多いと言われる台湾で、奇跡的にずーっと曇り空のまま旅行ができたのに、日本に帰ってきてからやられるとは・・・


IMG_7455
やっぱりクリスマスといえばツリー!


IMG_7456
大好きなイッツアスモールワールドもクリスマスバージョン。


IMG_7458
ハワイのクリスマスは「メレカリキマカ!」
スティッチもよく言ってます。


IMG_7460
普段のイッツアスモールワールドも好きだし、クリスマスのスペシャルバージョンも素敵。
やっぱりいいな、ディズニー。
2010年はディズニーに行かないので、写真で楽しみます。


IMG_7461キャプテンフックズぎゃレーのソーセージとパイナップルのピザ
ソーセージとパイナップルのピザ。
今はダイエットしているのでこういう食事ともしばらくお別れ。


IMG_7472
先ほどのツリー、夜のライトアップバージョン。

ホテル東急に戻ってきました。
まだ台湾気分に浸りたい私達、ジャスミンティーを飲みます。
ティーパックではなく、お花が開く豪華版!
これは購入したのではなく、お茶屋さんでプーアール茶を買った時におまけでもらったもの。


IMG_7479
う~ん、美しい!


IMG_7480
私が一番好きなお茶、ジャスミン。

晩ご飯は東急の中にある「万葉」
こちらも行きつけです。
ランチで行くと、目の前でお肉焼いてくれるけどディナーは定食。


IMG_7485万葉定食
お腹すきます!
スペシャリティな食事。


IMG_7481万葉
この肉が全身をとろけさせる。


IMG_7487万葉デザート
こちら、確かジャスミンのアイスです。

写真載せてると、やっぱりまたすぐにディズニーに行きたくなります。
明日のシー編に続く。
2010-03-14 08:48 | カテゴリ:2009ふゆinたいわん
君は覚えているだろうか。
香港で衝撃を受けた「小心地滑」を。
そして同じ漢字圏に再び降り立った時、我々の使命は決まっていた。
それは台湾でも「小心地滑」を探すことだったのだ。

~もしよろしければ、私のブログ検索で「小心地滑」を確認してから以下の記事をご覧ください。
ちなみに見たからと言って役に立つかは保証しません~


さて、4泊5日の道中、時にガイドさんの足を止め、時に通行人に不審な目で見られながら撮影してきた小心地滑の数々を一気にどうぞ!


IMG_6677
いきなり「地滑」じゃないし!
これは台湾の空港で撮ったんだっけかな?
新たな小心との出会いだぜ。


IMG_6695
小心地滑キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
「Watch your step」も「Caution wet floor」も包括できる小心って素晴らしい。
これは2日目の2人ツアーの時、ガイドさんの足を止めて撮ったんだった。


IMG_6798
小心は足元だけではありません!
頭上にも危険がいっぱい。
外国なのに普通に意味がわかっちゃう「痛」と汗、クルクルの線、そして飛んでる星たち。
身体を張って危険を教えてくれているのですから、十二分に気をつけないと。


IMG_6810
地味に小心、地味に撮影。
我々の小心魂はこんな薄れた文字も見逃しません。


IMG_6811
まーた新たな小心発見。
こけたどころではありません、すべり落ちていますぜ!
左手がピースしているように見えるのは気のせいなはず・・・


IMG_6884お寺
漢字も豊富だぜ台湾!
もはや小心ではないけれど激写@お寺。


IMG_7048地下鉄
地下鉄で撮った、シンプリーな小心地滑。


IMG_7058
気をつけるのは地面だけでも、頭上だけでもありません。
「月台」がプラットホームとは言い得て妙ですね。


IMG_7104龍山寺駅
龍山寺駅に地味に存在する小心地滑も、小心ウォッチャーな私達は見逃しません。


IMG_7138西門飲茶レストラン
レストランでも小心地滑。


IMG_7239淡水駅
淡水駅。
私は台湾で転んだことは一度もなかったし、それほど転びやすい危ない地面ではないけれど小心地滑のオンパレードでしたっ。


IMG_7389成田
おや、確かに滑ってるのに小心地滑の文字がないですね。
これは成田空港で撮った写真でした。

今回も充実の小心旅で大満足です。
私のベストオブ小心はこちら。あんまりにも気にいったので、写真再掲載。
IMG_6798
小心碰頭!

2010-03-13 10:56 | カテゴリ:2009ふゆinたいわん
IMG_7378帰りの飛行機
さあ帰国です。
大好きな飛行機、韓国に行く時は時間短くて物足りず、香港に行く時は少し長く感じてしまったこともあったので、台湾に行くくらいの時間がちょうどいいな。
そんなこと言ってたら永遠にアジアから出られないですけどね

飛行機に乗りこんでくつろいでいると、なんと前の席に先ほどのアジョッシ二人組が!
3度目の出会いに超爆笑。
まぁ、一緒のバスで空港に来て同じようなタイミングでチェックインしたから偶然すぎるってわけではないけれど、それでもすぐ前の席っていうのはすごいなぁ。

12時過ぎ、飛行機は台湾を飛び立ちます。
さっき台湾料理食べたばっかだからお腹はすいていないけれど、食べることが大好きなので嬉しいっ。


IMG_7379帰りの機内食
こちら機内食。
ビジュアルは行きの飛行機とほぼ同じ。


IMG_7380ポーク&パスタ
ポーク&パスタ。
写真で見ると普通だけど、味は・・・控えめに言って普通以下かな
ま、まぁお腹すいてなかったのもきっとあるよね。


IMG_7381チキン
こちらは写真で見ても微妙ですね・・・
教訓:機内食を食べる時はお腹をすかせておこう。


IMG_7384羽の上
席はちょうど羽の上。
景色を見渡すことはできないけれど、離着陸時の羽の動きを見るのが楽しかった。

さて、ここからは日本時間に戻して書きますね。
16:15、無事日本に到着です!
飛行機で、最後にアジョッシに「次はどこに行きますか」と聞かれ「3月に韓国に行きます」と答えた会話が、実は旅の中で一番印象に残っています。
だって海外旅行なんて、少なくとも私にとっては非日常なのになんかアジョッシにとっては日常のことっぽい雰囲気でした。
この会話だけ聞いたら私達お金持ちみたい~。
っていうか、私は一年に2・3回海外に行っているので会社の人には金持ち扱いされますが、実際はとんでもない誤解です・・・
ってか実際に金持ちでないのは友人より家族よりむしろ会社の人が一番よくわかるはずですよね・・・

成田空港で日本語を目にして、日本に帰ってきたことを実感。
いつもなら「もう旅行終わりだ~」と悲しくなるところですが、今回は違います!
これから舞浜に向かい、ディズニー旅行がスタートです。
豪華二本立て旅行は初めて。
これからのディズニータイムに想いを馳せながら、ラウンジでしばし休憩。

18時、空港で今度こそ本当にアジョッシ達とお別れして電車へ向かう。
「アジョッシ達と舞浜で会ったらどうする?」なんて話をしていましたが、この後はさすがにアジョッシ達との再会はありませんでした。
アジョッシとは連絡先も交換していないのでどこに住んでいる方かわからないけど元気かな。

19:50舞浜に着きました。
今日はランド・シーには入らないのでそのままイクスピアリへ。
機内食が微妙だったのでちょっと悲しかったけれど、夕食はいきつけの「玉寿司」です。
お腹すいてたので直行。
よく列が出来ているくらい人気の玉寿司ですが、この日は幸いにもすぐ入れました。
超超腹ペコだったけど、回らないお寿司屋さんって注文してからの待ち時間があるのでしばしの我慢。


IMG_7391築地玉寿司
いつもながら見事なビジュアル、そして味!


IMG_7392築地玉寿司
これは私がいつも頼む「あぶりづくし」


IMG_7393築地玉寿司
あぶることにより、ネタの旨みが増幅されてとろけるおいしさ。


IMG_7394築地玉寿司
飼い主は単品であぶりを注文。

ここのお寿司屋さんはどれもこれも身体中がとろけそうなくらいのおいしさで大満足。
IMG_7397築地玉寿司
舞浜にいらした際はおすすめです!

さて、21時、いつもの東急にチェックイン。
部屋を案内してくれたボーイさんが(多分)新入社員で、緊張しながらとても初々しく案内してくれたのが可愛かったです。
新入社員を「可愛い」と思える年になってしまったのね私・・・

IMG_7399東急今回の部屋
今回のお部屋です。
ん?この造りは・・・


IMG_7401東急今回の部屋
洗面所・トイレ・お風呂の順番も、


IMG_7402
全部今朝まで泊まってた台湾コスモスホテルと同じような造りじゃないですか(驚)

もうすっかりなじんだ東急ホテルを散歩してのんびりして、眠りにつきます。
明日はディズニーリゾートを歩きまわるからね。
4泊5日、初めての台湾旅行は思っていたよりずっとずっと楽しくて、台湾のファンになっちゃいました。
一生に一回でいいや、私には韓国があるし、と思っていたけれど、もうすでに台湾を再訪したくてたまりません。

この後は「台湾旅行おまけ(あの素晴らしい小心地滑をもう一度編)」「ディズニーリゾート写真館」を書いて今回の旅行記は終わりの予定。
自分の記録として、自己満足で書いているこんなに長くてダラダラ書いているブログを読んでくださった方がもしいらっしゃいましたら厚く御礼申し上げます。

2010-03-10 06:46 | カテゴリ:2009ふゆinたいわん
12/2(水)

旅行最終日は、いつもいつもとっても寂しい気持ちになります。
実は今回の旅行、前半は台湾旅行、後半はディズニーリゾートと豪華二本立てにしていたので、
「台湾旅行が終わってもまだ大きな旅行が待ちうけている!」
ということで、それでもいつもよりは悲しさがないものの、やっぱりまだ台湾にもいたいよー。

6:10起床、私は一人でお風呂。
朝食バイキングの後、荷造りです。


IMG_7326二万円のぷーアル茶
こちらはお茶屋さんで買ったプーアール茶のお茶っ葉。
日本円で2万円弱と聞くと驚くけど、賞味期限がないし2年以上飲めるし、ペットボトルを買い続けるよりは結果的に得です。


IMG_7327台湾セブングッズ
こちらは台湾セブンイレブンで購入の手帳&ペン。

荷造りがほとんど完成した頃、部屋の電話が鳴る。
お迎えのガイドさんが着いたとのこと、予定時間より早かったのでちょっと焦るけどすぐに出られました。
韓国の時は自分で空港に向かうのが当たり前なので、お迎えとかお見送りとか新鮮。

IMG_7328ホテルのエレベーターホール
ホテルのエレベーターホール。
そういえば、同じホテルに韓国人の女の子達も泊まってました。

お見送りのガイドさんは、とっても元気なおばさん。
朝早くからのテンションにびっくり、でもとっても楽しくなる。

8:10、バスに乗り込んでさよならホテル。
初めての台湾、思った以上に気に行ってしまいました~♪
絶対絶対また来たいな。
それまでに北京語を勉強するぞーとあの時は誓ったはずだけど今は・・・(逃)

バスはこのホテルだけじゃなく、各ホテルを回ってお客さんをピックアップしていきます。
そしたらびっくり、3日目のツアーで一緒だったアジョッシ2人組が乗ってきて前の席に座りました。
飼い主はあまりの偶然に爆笑、私はなぜかとっさに椅子に身をかがめて隠れる。
でも飼い主はスタスタと前に行ってご挨拶。
一人は社長さんっぽい風貌、もう一人は軽くカタギじゃないっぽい感じで個性が楽しかった。
そのアジョッシ、元気なガイドさんに冷静に
「朝からそのテンションで疲れないの?」
と聞いていたのがツボでした。
「疲れないよねー」って超元気に返してたのがさらに爆笑。

空港直行ではなく、最後に街の免税店に寄らなくてはいけません。
9:05~9:50、免税店タイム。
ツアーで安く来ている以上仕方ないことだけど、これがなければ朝にもっとゆっくりできるのに・・・と思わないこともないけれど。

もちろん私達は免税店で買うものもなく、お隣にあったドリンク屋さんに浮気。
IMG_7333免税店前のカフェ
もうこの写真見るだけで台湾に飛んで行きたくなっちゃいます。


IMG_7334免税店前のカフェ
こういうお店が日本にもあったらなぁ・・・って、ドリンク屋さんはありますね。
最近のお気に入りは新潟駅構内の、ビックカメラの向かい、モスバーガーとかの近くにあるお店です。
でも台湾の方が量が多くて安いんですよね。

現金120元が手元にあり、タピオカミルクティー60元&金柑ジュース60元を買ってちょうどきっちり使いきっちゃいました。
1元も残らず、でも現金の足りない感もなく、これは素晴らしく嬉しかったです。


IMG_7336最後のタピオカミルクティー
この旅で何杯飲んだだろう、タピオカミルクティー。
元々好きなものだったけど、超大ファンになりました。


IMG_7337最後の金柑ジュース
昨日の夜市で飲んだ金柑ジュースの美味しさが忘れられず、また買っちゃいました。
これは注文受けてから金柑を絞って作ってくれて、フレッシュさがたまらない~。
どちらも大満足です。
このお店は二階があったので、私達は二階に上がって外の景色を見ながら最後の時間をゆっくり過ごしました。

免税店に戻ると、さきほどのアジョッシのうち社長っぽい人がドデカイ「壺」をお買い上げしていて仰天!
いや~金持っていうのはこういう人のことを言うのね。
アジョッシ達は前日もツアーだったそうです。ガイドさんは私達が一緒に回った時と同じ人。

バスに乗り、10:35、空港着。
チェックインが終わると、元気なガイドさんともあっさりお別れ。
アジョッシ達ともお別れです。

早く空港に着いたので中を探検。
マッサージルームのメニューを見たりお土産屋さんを見たり。


IMG_7347空港レストラン
で、機内食が出るけれどもやっぱり最後に台湾料理を食べて帰ります。
空港内の台湾料理屋さんへ行きました。
さっき現金使い切ったのでカード会計。


IMG_7348空港レストランメニュー
意外と食欲をそそらないディスプレイ(笑)


IMG_7343空港レストランワンタンメン
ワンタン麺。
麺はラーメンみたいなのが好きなのですが、食べたところほどんどがうどんでした。


IMG_7345空港レストラン点心セット
点心セット。

空港内レストランらしい、ずばぬけたうまさではないけれども平均点以上のそつのない味でした。
もう一度街に戻って小籠包が食べたいな~。


IMG_7349出国審査場
出国手続きした後も空港内探検は続く。
ここの空港は物珍しいのがたくさんあり楽しかったよ。


IMG_7350祈祷室
これは初めて見ました、祈祷室!
自分は無宗教なのですごく新鮮に感じました。


IMG_7352イスラム教
イスラム教の部屋。
中にはメッカの方角が書かれているのかな?
一応無料で出入り自由のようですが、信者でない私が入るのはとても失礼と思ったので中には入りませんでした。


IMG_7353仏教
こちら、仏教のお部屋。


IMG_7354キリスト教
キリスト教のお部屋もあります。


IMG_7375祈祷室看板
こちらが祈祷室の看板。
不思議な空間でした。


IMG_7373原住民展示室
一転し、台湾先住民を紹介するコーナー。


IMG_7356台湾先住民展示場
そういえば、2日目のツアーで私は先住民と結婚したんだった。


IMG_7361緊急出口
昔トリビアでやってた!
「台湾の非常口は 日本より必死」って!!
あと、「台湾の信号はせっかち」も見たよ。


IMG_7362まるごとキティボーディングゲート
キティちゃんのゲートがありました!
大きな空港だから搭乗口は何カ所もあるのですが、ここだけがなぜかキティちゃん一色。


IMG_7371待合室椅子もキティ
椅子がキティちゃん!
スティッチLOVEな私ですが、これは可愛い。
実はここは私達のゲートではないのですが、ついつい椅子に座ってしましました。座らずにいられようか、いやいられない。


IMG_7368キティショップが隣接
キティショップが隣接されているのです。


IMG_7369キティ人形
どこに旅行に行くんだろう。
表情のついているキティちゃんって結構珍しく感じる。
もちろん同じポーズで隣に並び写真撮りましたが何か?


IMG_7372搭乗口もキティ
搭乗口までキティちゃん~!
もう、このままこのゲートくぐってもいいですかー。
(って、中国に行ってどうするよ自分・・・)

おとなしく自分のゲートに戻り、搭乗開始です。
日本ではディズニーが待っているしねっ。
日本編に続くっ。

2010-03-09 06:00 | カテゴリ:2009ふゆinたいわん
IMG_7270士林夜市
20時過ぎ、士林夜市着。
ちなみに、士林夜市に行くには「士林夜市駅」の隣の駅で降ります。なんとややこしい。

夜市でご飯の前に、まずはストリートを散策。
IMG_7279士林夜市メインストリート
たくさんの人で溢れているけれど、活気があるというよりは、みんな思い思いに街を楽しんでいるような、そんなニュートラルな雰囲気を感じました。
市場の活気(強引な呼び込みとか・・・)が苦手なので、台湾の市場は私にとってかなりありがたい場所です。


IMG_7281士林夜市整形といえば韓国
整形といえばやっぱり韓国なんですかい(笑)


IMG_7286士林夜市馬鹿でかいフライドチキン
フライドチキンのバカでかさが面白くて激写。
け、決して形の卑猥さに興味を持って撮ったわけじゃなくってよ。本当よ。


さて、待ちに待った晩ご飯タイムです。
私、市場や市場での食事ってすごく苦手だったんですね。
激しい呼び込み、下手したらボラれる、衛生面が心配・・・などなど。
でも、ここ夜市で食事をして、そんな私の市場に対するマイナス印象は払拭されました。
いや、某国の市場に対する苦手意識は消えないんだけど(爆)、台湾の夜市に抱いていた先入観が杞憂だったんですね。


IMG_7293士林夜市食堂街
士林夜市は、もちろんストリートにも屋台が並んでいますが、メインはこちら。
「美食広場」と書いてありますね。
この体育館みたいな建物の中に数々のお店が入っています。


IMG_7271士林夜市食堂街
お店がぎっしり!


IMG_7273士林夜市食堂街看板明るすぎ
たくさんのお店がひしめき、圧巻。
市場独特の雑多な雰囲気が好きな方は、ここはあまりにも整然としすぎていて好きになれないかもしれませんが、私にとってはすごく安心できました。
そして呼び込みもほとんどと言っていいほどないし、すべての市場で看板に値段明記されているのでとても安心。
こんな市場もあったのね。


IMG_7274士林夜市この店で食べました
台湾料理なら本当になんでもあって目移りしまくるけれど、ざっといろんなお店を見て、こちらのお店にしました。
テーブルに写真付きのメニューがあるので指さし注文。


IMG_7275魯肉飯
飼い主の好物、魯肉飯。肉そぼろご飯ですね。
素朴な味だけど、これが本当においしい~。
ちなみに、私達が食べている時、横を魯肉飯の超大盛りを持っているおじさんがいたので
「なにごと!?」と思ったら、そこの店員さんでした。
自分用のまかないだったのね。なんか笑えました。


IMG_7276青菜炒め
これは私の大好物♪
青野菜とにんにくの炒め物です。

2つ合わせて、日本円で300円もいかなかったような。
市場が特別な空間じゃなく、普通に晩ご飯食べる場所っていうのもうなずけます。
こんな素敵な場所がある台湾の人が羨ましい。
日本で一人暮らしの人が、安くて、おいしくて、栄養バランスがよくて毎日でも大丈夫なお店を探すのって難しいんですよね・・・

もちろんこれだけではお腹いっぱいにならないので、他のお店にも行きますよ。
IMG_7316士林夜市鉄板焼きやこのお店で食べました
二軒目はこちら。


IMG_7316士林夜市鉄板焼きやこのお店で食べました
鉄板焼きのお店です。
目の前で焼いてそのまま出してくれる贅沢なお店。
贅沢言っても値段はめちゃ安。


IMG_7294士林夜市鉄板焼きや
こうして、まさに目の前で焼いてくれます。


IMG_7295士林夜市鉄板焼きや
シャケも何倍もおいしく食べられそう!


IMG_7297士林夜市鉄板焼きやセットのスープ
こちらはセットのスープ。


IMG_7298士林夜市鉄板焼きやご飯
私は白米なくても大丈夫だけど、飼い主は白米LOVEです。


IMG_7299士林夜市鉄板焼きやのお兄さん
私はこの店員のお兄さんにLOVE。


IMG_7300士林夜市鉄板焼きや青菜炒め
何度食べても飽きない青野菜炒め。


IMG_7302士林夜市鉄板焼きやプラス鮭
目の前で焼いてくれた鮭はホクホクして味付けもシンプルなのに絶妙で美味!


IMG_7304士林夜市鉄板焼きやぷらす豚のブラックペパー炒め
こちらは豚肉のブラックペッパー炒め。
なんでもない料理なんだけど、目の前で鉄板で焼きあげて、すっごくおいしかった~。
牛肉のサイコロステーキみたいのもあったので、次回はぜひそちらを食べたいです。


IMG_7305士林夜市鉄板焼きや
台湾に来るのは一生に一回なんだろうなと思ってたけど、これはリピート決定です。
2010年中には再訪したいなぁ~。
店員さん達が交互にまかないを食べていて、自分のまかないを自分で作っていたのも印象的でした。

また、このお店の店員さんのペットのチワワが後ろにいて、これがもう鼻血が出そうなほど可愛いの!!
IMG_7310士林夜市鉄板焼きやのチワワ
お客さんも足を止めて魅入ってました。
日本だとペットをテーブルに乗せるとクレームつくかもだけど、ここらへんのおおらかさは個人的に好きです。


IMG_7312士林夜市鉄板焼きやのチワワ
写真には写ってないけど、店員さんが「お手」をさせていました。
小さくて可愛い足がちょこんと乗る姿、鼻血モノどころか失神モノの可愛さでした~。

屋台のレベルの高さに大満足して美食広場を後にします。
屋台で食べて喉が渇いたので、最後にジュースを飲みましょうか。
今回はタピオカミルクティーではなくてこちら。
IMG_7288士林夜市みかん金柑ジュースや
金柑&檸檬ジュースです。


IMG_7291士林夜市ジュース屋タイアジュンマ
飼い主は檸檬飲みたがったけれど、ここは希望を聞き入れてもらいめでたく金柑ジュースを注文。
でも今思うと、一杯30元なんだから2杯頼んでもよかったかな?


IMG_7292士林夜市金柑ジュース
こちらも超絶品でした~。
日本のスーパーに売られているジュースでは味わえない、果実をそのまま絞ったフレッシュさ。
今すぐこのジュースを飲みに台湾へ飛びたいよ。

考えてみれば、明日帰国なので台湾で過ごす夜はこれが最後。(涙)
最高の思い出ができましたっ。


IMG_7320かわいい地下鉄のラッピング
21:45、地下鉄に乗りホテルへ戻ります。
ラッピングデザインが可愛らしい!


IMG_7319かわいい地下鉄のラッピング
たくさんの人がいますね。
地下鉄に乗り、10分くらいで最寄り駅へ着。
セブンイレブンでお土産を購入し、ホテルへ。
悲しいけれど軽く荷造りをして明日の帰国に備えます。
おやすみなさい

2010-03-08 06:39 | カテゴリ:2009ふゆinたいわん
IMG_7238淡水駅前
17:20、次の目的地である淡水に到着!
あら、もう真っ暗。
ここもガイドブックによく名前の出て来る、有名な観光スポットです。
ご飯を淡水で食べるか、それともこの後に別の場所へ移動して食べるか・・・話をしながら埠頭を歩きます。
風が強くて寒い~!


IMG_7240淡水フェリー乗り場から対岸
フェリーに乗って対岸の漁人碼頭に行きます。


IMG_7267淡水船切符売り場
切符の買い方や最終便の時間などは、飼い主が英語で聞いてました。
まぁ実際は中学英語なのかもしれないけれど、私は韓国語に頼り過ぎて英語がまったくダメダメになったので悔しさと羨望の混じった気持ちでじりじりと飼い主を見てしまう。


IMG_7241淡水酸梅湯
埠頭沿い歩いてると「酸梅湯」のスタンドがちらほらあります。
飼い主、「ぷっく好きな味だと思うから飲んでみれば?」と。
確かに梅も酸っぱいのも大好き。


IMG_7242淡水酸梅湯
寒いけれど、猫舌なので冷たい方にしました。
25元って安いねぇ。
タピオカミルクティーもそうだけど、こういうスタンドが日本にもたくさんあればいいのになぁ。


IMG_7243淡水酸梅湯
中身は梅ジュースにちょっと漢方風味が加わった感じで、私はかなりかなり好みでした!
夏に飲んだらもっともっとおいしそう。


IMG_7249淡水から船で漁人碼頭へ
17:50、船に乗り込む。
すぐに出発するかなと思ったら、10分くらいは待機だったかな。
他にも数名乗ったところで船出発!
カップルが多かった気がします。


IMG_7255漁人碼頭
船から見える景色。美しい!


IMG_7257漁人碼頭恋人橋
遠くに光って見えるのは恋人橋。
ここから見る夕陽が絶景で、格好のデートスポットだそうです。
今回は暗くなってから来たのでお目にかかれず残念だけど、ライトアップも綺麗ですねぇ。

20分ほどのんびり船旅、上の恋人橋がある漁人碼頭に到着です。
どのくらいの滞在になるか予想がつかないのでこの後の予定や夕食をどこで食べるかはまだ流動的。


IMG_7260漁人碼頭レストラン
レストラン街が続きます。
しかし、ほとんどが洋食屋さん、しかも見事にまったく食欲をそそらないラインナップ・・・
ここでの食事は諦めます。
そしてレストラン街を通り過ぎ、先ほどの恋人橋へ登ります。


IMG_7266漁人碼頭恋人橋
恋人橋と呼ばれるにふさわしい、美しいデザイン。
ちなみに、写真に写っているお似合いカップルさんは私達ではありません
恋人橋に登ってもなお、まったくロマンチックな雰囲気にならない私達。


IMG_7263漁人碼頭
橋の上から見た景色。


IMG_7264漁人碼頭
夜景が美しい!
この日は寒かったせいかほとんど通行人がいなかったけれど、時期を合わせればきっとラブラブカップルがたくさん見られるんだろうなぁ。

さて、レストラン街と恋人橋散策して、して・・・
・・・他に見るもの行くところがない・・・
散歩するには寒いし。
ってことで早々に漁人碼頭退散。
船の発着待ち時間を除くと、滞在時間20分くらい(汗)

19時、漁人碼頭してまたまた20分で着。
あ、さすが恋人橋帰りだけあって、船の中でチューしてました。
私達の前にいたカップルが!


IMG_7268淡水電飾が派手なお寺
お、お寺が電飾!!
これは地味に度肝を抜かされました。
嗚呼カルチャーショック。

淡水はガイドブックにたくさん載ってるわりには強い印象は残らなかったけど、なんか韓国でいうと仁川に似ている印象を受けました。

19:35、淡水駅発。
穏やかな空気を感じた淡水から一転、最後の行き先は活気あふれる夜市へ向かいます!
続くっ。

2010-03-07 08:39 | カテゴリ:2009ふゆinたいわん
お次の目的地は温泉です
最初に飼い主から温泉行くと聞いた時はえ??と思いました。
台湾では日本と違って公衆浴場では水着着用で入るという情報を得ており、水着なんか当然持ってきてない。
(あ、「台湾では水着着用で温泉」はどっかのガイドブックで読んだ気がする、程度の記憶なので確かな情報ではないのであしからず)
でも、飼い主は温泉にはいるわけではないので大丈夫とのこと。
温泉に入らない温泉ってなんだろう?と疑問に思いつつ出発。

またまた地下鉄に乗ります。
10分くらいでいったん降り、温泉行きの電車へ乗り換え。


IMG_7146北投温泉行きのMRTはかわいい
北投温泉駅行きの電車。
デザインが可愛い!

この電車に乗って15分くらいだったかな?で到着したのですが、なぜかこの電車、理由はわからないけれどとってもとってもスピードが遅かったのが印象的。


IMG_7148北投温泉駅
広くて綺麗な駅ですね。
外国の地下鉄乗るの好きです。


IMG_7149駅前にあった広場
駅前にあった噴水。
おじいちゃんと孫が散歩してました。
日常の雰囲気、大好き~。
ツアーで有名どころをピンポイントで回るのも効率いいし安心だけど、やっぱり私はフリーで回って日常に触れるのが好きだな。
外国だから私にとっては非日常なんだけど、周りにとっては日常感がたまらない。だから韓国地方旅も好き♪


IMG_7150北投温泉の日本統治時代の地図
こちらは日本統治時代の地図。
駅から広場を通って「温泉博物館」に向かいます。


IMG_7151北投温泉広場にあった髭みたいな木
すっごく面白い木!
ヒゲが伸びている感じで不思議。
植物園とかじゃなく、こうして普通に公園の中で見られたのが面白い。

IMG_7152北投温泉健康器具
私好みキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
韓国にもありました、公園に突如存在する健康器具。
普段は運動大嫌いなのに、公園で見かけると試さずにいられないんです。
手前にある裸足で歩く石畳は痛いのでパスして、一通り器具を楽しみました。


IMG_7153北投温泉温泉博物館
そしてたどりついたのは北投温泉温泉博物館!
なんか大正ロマンを感じさせる建物です。
台湾にいるはずなのに日本を感じさせるけれど、中に入ると・・・もっと日本です(笑)


IMG_7154北投温泉博物館入り口
博物館入場。
なんと入場料はなし。無料です。びっくり。


IMG_7157北投温泉昔の地図
歴史を感じさせますねぇ。


IMG_7159北投温泉博物館からの眺め
博物館っていっても、展示物がたくさんあるというよりはもうこの建物そのものが博物館って感じ。
のどかで素敵な景色です。


IMG_7161北投温泉博物館内にシアター
シアターポスター。
この感じ、本当に昔の日本みたい。


IMG_7162北投温泉博物館シュールな映画ポスター
こ・・・このシュールなポスターは一体・・・


IMG_7163北投温泉博物館湯船
温泉(というか銭湯みたいだけど)の湯船。
もちろん展示物なのでお湯は張っていないけれど、ここで実際に入浴していなんだね。


IMG_7164北投温泉博物館湯船
こちらはミニ湯船。


IMG_7168北投温泉博物館ミニチュア
博物館のミニチュアです。
無料入場とは思えないくらいの充実っぷり。


IMG_7172北投温泉博物館大浴場
こちらが大浴場。
もちろんお湯は入っておらず、またこの中は立ち入り禁止なのでエア風呂気分を楽しむこともできませんでした~。



IMG_7169北投温泉博物館当時の写真
これが当時の写真。
お風呂に入りたくなりますなぁ。


IMG_7176北投温泉博物館畳敷きの広間
飼い主も私も驚いた、この広間!
もうザ・ジャパニーズ!
写真にはたまたま人が写ってないけれど、ここは靴を脱いだら中に入っても大丈夫なんですよ。
一瞬中に入って座ったら、ここまでの道中の足の疲れから動きたくなくなりました。
でもあっと言う間に飼い主から引きずり立たされる(涙)


IMG_7177北投温泉博物館日本的廊下
廊下もとっても日本的!
この他にも、記念スタンプがあったり利用者アンケートがあったり、外国なのに日本感という、とっても不思議な感覚でした。
もっといたかったけれど次の行程があるので、15:40、博物館を後にします。
後から振り返ると20分しかいなかったのね。とっても濃い時間でした!


IMG_7180北投温泉博物館
なかなかまた来る機会はないかもだけど、すごく良かった温泉博物館!


IMG_7178北投温泉緑のポスト
ポストも各国個性があって楽しいよね。

さて、ここからはぶらぶらと散歩。
温泉博物館があるだけあって、いたるところに温泉旅館が点在しています。
IMG_7182北投温泉瀧乃湯
も、もう日本でしょこれって!?
カルチャーショックって、「日本ではこうなのにこの国ではこれが常識なの!?」みたいに”違い”に驚くものだと思ってたのに、”同じ”に驚くカルチャーショックもあると初めて知りました。


IMG_7220北投温泉瀧乃湯
普通に意味わかっちゃうしね。
まぁ、漢字だから当たり前だけど、いちいち感動してしまう。


IMG_7187北投温泉日帰り温浴施設
日帰り温泉施設のようです。


IMG_7189北投温泉日本的東屋
東屋まであるぞ。
台湾にいること、本当に忘れます。


IMG_7198北投温泉ここは日本
飼い主と、「草津に来たね~」「どこ泊まる~?」という温泉トークを繰り広げながら散歩。


IMG_7194北投温泉温泉街
こちらは温泉付きホテルかな?


IMG_7195北投温泉龍泉温泉
入ってみたいなぁ。
本当に水着着用なのかな?
韓国のチムジルバンも独特な文化って感じで大好きだけど、外身が日本見たいな温泉街、中身はどんな風に違うのか気になりどころ。


IMG_7215北投温泉日本の宿みたい
温泉街、花盛り。

さて、ここで私はこの旅最大の驚きを体験します。
IMG_7193北投温泉地熱谷(元地獄谷)
地熱谷。
どこかで源泉がわいているのかな?


IMG_7197北投温泉地熱谷
川から湯気がもうもうとあがっている。
ん、川!?


IMG_7188北投温泉温泉が流れる川
一見、どこにでも見られるような普通の川。
でもこの川の水・・・いや水じゃない、この川が温泉なんです!


IMG_7202北投温泉温泉川
川がお湯!
いや日本にもあるかもしれないのを私が知らないだけだろうけど、自然に流れている川があたたかいというのは驚きすぎです。
さすがに全身つかることはできないけれど、足湯ができちゃいます。


IMG_7192北投温泉天然の川で足湯
どこかが管理しているとか入場口があるとかじゃなく、もう普通に降りて行って足湯ができる!


IMG_7212北投温泉日本の温泉地みたい
私達もさっそく降りて行って足湯。
お湯の温度は誰かが調節しているわけでもないのに熱すぎずぬるすぎず極楽極楽。
足しかつけていないのに、もう全身がとろけそうです。
足湯っていうと、人工的に作られた場所に座って浸かる体験しかしたことないので、自然の足湯っていうのは目からウロコ。


IMG_7211北投温泉足湯客でにぎわう川
登山客ルックの人、若い人達、ジモティ風の人、みんなが思い思いに足湯で和んでいる光景、いいなぁ~。
飼い主は元々ここをリサーチしてから来たので、準備よく足ふきタオルを持ってきていました(笑)

市内の中心からは少し外れているけれど、地下鉄でスルっと30分もあればいけちゃうし、大自然の川の温泉でのんびり足湯できるこのスポット、超お薦めです~。

さて、もっと足湯していたいけれどまだまだ台湾旅行は続きます。
16時半過ぎ、足湯川から泣く泣く離れました。


IMG_7217北投温泉玉川温泉って書かれてる
垂れ幕には「日本玉川」の文字が!
これはウリ故郷・秋田の玉川温泉のことですよね。


IMG_7218北投温泉発見者は日本人
この温泉発見者は日本人!


駅に向かっていると、建設中の建物発見。
IMG_7223北投温泉に加賀屋進出中
私は無知だったのですが、飼い主いわく「加賀屋は石川県にある有名な旅館」とのこと。
wikiで検索したら確かにありました。ロゴが同じなので、同姓同名(とは言わないか)ではないのね。すごいなぁ。


IMG_7228北投温泉素敵な図書館
この素敵な建物は何かなぁと思って近づいたら図書館でした。
図書館ラバーな私ですが、台湾の図書館には入れません・・・

駅に向かう途中では吉野家もあり、飼い主が入りたがりましたが阻止!
16:50、駅到着。
IMG_7233北投温泉駅のモニュメント
駅にあったモニュメント。可愛い!


IMG_7234北投温泉駅ホーム
雨が多いと言われる台湾ですが、旅行中はとてもラッキーなことに雨に降られず快適な日々でした。
次の目的地へ向かいます。
温泉という風情があるところからオシャレな恋人スポットへ!?
続くっ。

2010-03-06 16:33 | カテゴリ:2009ふゆinたいわん
あぁ・・・気がつくとずいぶん長い間ブログが放置されてました(汗)
実は3月から引っ越ししたので、荷物の移動に追われてました~。
あ、引っ越しってブログじゃなくて住居のね(当たり前?)
以前よりもさらに便利に広くなった住居でブログ書いてます。
台湾ブログが書き終わったら詳しくレポしますー。
そして3月後半から韓国旅行が控えているので、それまでに台湾ブログは書き上げないと!
ペースアップしますっ



龍山寺駅から、地下鉄で西門へ。
11:25、西門着。
ここで写真は撮らなかったけど、まーたまたタピオカミルクティーを飲みました。
どこ歩いてもお店があるんだもん、近づかずにいられようか、いやいられない。


IMG_7105西門、弘法大師ゆかりの廟天后宮
またまたお寺へ。
弘法大師ゆかりらしい。どうゆかりかは分かりません。
手元にタピオカミルクティーがあったのでこのまま中に入るわけにはいかず、まずは先にヲタクビルへGO!
ヲタクビル・・・正式な名前は分かりません。
アキバにあるようなイメージかな。


IMG_7109台北ヲタクビル
こんなガンダム系がありました。


IMG_7110台北ヲタクビル
全部日本モノ(多分)。
ジャパニーズカルチャーってすごいなぁ。


IMG_7111台北ヲタクビル
おもちゃの他にも、日本のファッション雑誌や、また少年マガジンなどの週刊誌もあってびっくり!
ファッション雑誌は中国語系になっているものあり、日本語のままのものあり。
日本でこんなに外国の雑誌が売られることってないよなぁって思うと、ちょっと羨ましいですね。

さて、タピオカミルクティーも飲み干したので、再度先ほどの寺に向かいます。
IMG_7112天后宮
天后宮。


IMG_7114天后宮はアフリカ
中に入ると、なぜかアフリカチック!
何故?何故?


IMG_7115天后宮の天井
天井には灯籠(多分・・・)がたっくさん!
香港に行った時は、天井にとぐろ型のぐるぐる線香が吊るされてたっけ。


IMG_7118天后宮の本尊ピカピカ
これでもか!って感じの金ピカですねぇ。
左右にあるのはなんと絵馬です。


IMG_7121天后宮にあった弘法大師像
弘法大師!
余談ですが、「弘法筆を選ばず」ということわざがありますが、実際の弘法さんは道具にとってもこだわっていたと聞いたことあります。
確かに、錆びた包丁使う名料理人とか、安物の道具で大会に出るプロスポーツ選手とかいないよね。


IMG_7105西門、弘法大師ゆかりの廟天后宮
ダメなことと分かってはいるけれど、天后宮と弘法大師の関係を調べようという気になれない・・・
寺に興味の湧かない自分が悲しいですが仕方ない。


IMG_7122天后宮にも天国のお札焼却炉
昨日のツアーでも見た、天国お札焼却炉。
昨日のブログ箇所、そのまま引用します。
『こちらは、神様が神様の国で使うお金を燃やす釜です。
実際の現金を焼いてるわけじゃなく、どこかで紙・・・じゃなかった「神様の使うお金」を受け取りここで燃やすと、煙となって天に届くのだそうな。
だからこれも突っ込みだすと色々キリがないのですがやめておきます・・・
ただ、近頃は環境問題もありこれも廃止しようという動きも出てきているとか。


IMG_7124天后宮複雑な形の線香
線香!
日本の細いのを見慣れた目にとっては、かなりのカルチャーショックです。
実家の仏壇にちょっと欲しいかも・・・

さてさて、もうお腹ぺこぺこですよー。
お昼ごはんはどうしましょうか。
具体的に決めていないけれど、るるぶに乗っているお店に向かいます。


IMG_7127西門は日本の原宿や渋谷
西門は日本で言うと原宿とか渋谷みたいな、若者の街。
っていってもあんなに派手派手ではないけどね。
台湾では、街のビラ配りがとても多くてびっくり。
受け取る受け取らないに関わらず必ず「謝々」と言われるので、挨拶の一環とわかっていても恐縮してしまいます。

一回、ビニールポーチを受け取ったのでおおラッキーと思って「謝々」と言ってそのままスタスタ歩いていったら、配ってるお兄さんが何やらしゃべりながら付いてくるので何事!?と思い「ウィーアージャパニーズ」というと驚かれ、「ノット チャイニーズ?」みたいなことを言われました。
そりゃーかなり服装はアレだったけど、中国人に間違われるような感じでもないと思うけれど・・・
ちなみにそのポーチはよくよく見ると100元と書いてあり、そのまま謝罪しお返ししました。


IMG_7140お店看板
12時半、こちらのお店へ到着!
専門店ではなく、台湾料理がまんべんなく食べれるレストランです。


IMG_7129西門飲茶レストラン(るるぶに載ってる)
お店はとっても広ーい!そしてお客さんがいっぱい!
ホテルのレストランもそうだけど、なんか一昔前の結婚式場のようなテーブルセッティングだなぁと思いました。
もっとも、私の人生での結婚式体験って、小学校低学年の時の叔父さん結婚式だけなんですよね。
昔ながらーの、お世辞にも趣味がいいとは言えない結婚式で、子供の身には訳のわからない長い長い挨拶、豪華なわりにおいしいと感じられない食事、それがいまだにトラウマです・・・
身内の結婚式とは言え言いすぎ?いいんです、叔父さん離婚したから。(爆)


メニューは多岐に渡り、選ぶのが難しいっ。
それでもいろんな種類を注文しました。
もちろん指さし注文です

IMG_7131海老餃子
海老餃子。モチモチの皮にプリップリの海老♪
香港で食べた時と同じくらい、美味美味です!


IMG_7132ミックスチャーハン
ミックスチャーハン!
アジアで食べるチャーハンって、どうしてこんなにおいしいんでしょう。


IMG_7133大根餅
これこれこれっ、大根餅!
私はこれが大・大・大好物です。
外側のカリっと感、中身の独特な感触、そして日本ではあまり食べる機会がないので自分的に希少価値も加わり最高に好き、大根餅。
と思って今ネット見てたら、炊飯器で作れる大根餅の作り方発見!
こちらです。
今度飼い主に作ってもらおう。


IMG_7134海老麺激うま
こちらは飼い主の好物、海老麺。私も好きよ。
中華圏ならではの旨味が詰まったスープがおいしかったよ~~~
ちなみにチンゲン菜も大好きな私。


IMG_7136ヘチマ小龍包
おとといのディタイフォン小籠包、昨日のカニミソ小籠包に続き、こちらはヘチマ小籠包です~。
やっぱり小籠包は大好物です。
ヘチマもおいしかったな。野菜大好き。

たっぷり食べて大満足。
13:20、お店を出ます。
そして地下鉄でいったんホテルに戻りました。
思えば遠くへ来たもんだ、と思っていたのにホテルまで20分もかからず着いたのにはびっくり。

ホテル内のデザート屋さんで、またまたまたまたタピオカミルクティー。
しかし今回のは一味違うぜっ。


IMG_7143特濃ミルクティー
特濃ミルクティー!
普通のタピオカミルクティーが50元~75元(一カ所、期間限定割引で35元でした)に対し、これは110元です。
もっとも、わざわざホテルに戻ってまで飲みに来た理由は、20%引きのクーポンをホテル宿泊時にもらっていたからなんですけどね。
おいしかったけど、私は普通のタピオカミルクティーで十分満足かなって感じでした

1時間ほど休憩し、またまた出発です!
時刻はまだ14時半。
今日のフリーツアーはすべて飼い主にお任せなので、私のミステリーツアーはまだまだ続きます。
ブログも続くっ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。