-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-26 21:27 | カテゴリ:2009なつinかんこく
13:10、いつもの最寄り駅・鍾路3街駅着。
空港から鍾路3街駅までは40分。
でもこの鍾路3街駅、1・3・5号線の乗り合わせになってて、5号線は一番深いので地上に出るまで5分くらい歩きます。
それなりに重い荷物持ってあがるので、蒸し暑くてダラダラ。
でも13時半にはいつものドロスホテルに到着。このホテル大好き。
3月にもいらっしゃった男性の方と女性の方、2人が笑顔で迎えてくれました。
男の方が「おひさしぶりです」って言ってくれたのが、いきなりとっても嬉しく、心が和む。
明日から地方旅行なのでまずは今日一泊、来週もう2泊します。

今回の部屋は3階の一番奥。
ってか泊まる時はいつも一番奥のイメージ。


ドロス室内1
シンプルで清潔な室内、落ち着きます。


ドロス室内3
日本のホテルや、ここドロスホテルの綺麗なトイレ・お風呂のとこばっかり回ってるとこれが当たり前に感じてしまいがちですが。
地方旅行でいろんなモーテル渡り歩くと思う、ここの清潔感ってすっごく大事だと。
今回のモーテルは当たりのところばかりでした。


ドロス室内2
きゃっ、ダブルベット
・・・これだけ見ればちょっといやらしく見えますが(?)、でも”寝場所領地戦争”のうえにクーラーつけて寝る寝ないケンカによる”掛け布団戦争”が起きるので、実はツインの方がお互い安泰な、お付き合い5年超の私達です。

さぁてこれからどうしましょう。
当初の予定ではここからすぐにサムギョプサル屋に昼食を食べに行く予定でしたが、お互いお腹あんまりすいてない。
ここはサムギョプサル屋を夕食にしよう。
話し合いの結果、私が一人で本屋に行って買い物をして飼い主はシャワー&休憩、そして16時に韓国観光公社で待ち合わせと相成りました。

韓国観光公社、何度か行ったことあるけど場所はわからない方向音痴の私。
地図持参で出かけます。
普段は携帯使ってアバウトに待ち合わせの時間・場所を決めているので、こういう正統派(?)な待ち合わせ方法慣れずにドキドキします。
お互い海外でも使える携帯とはいえ、電話代が莫大になりそうなんであまり使いたくないし。

13:55、私外出。
日本よりも肌にしっくりくるくらいの韓国をのんびり歩いていると、全身に幸せを感じます。
あっちにもこっちにもハングル
曇り天気で暑いけれど、私のこころはニューカレドニアの飛行機からみる島のようです。
(この意味がわかる人は韓国版花男フリークです

途中で若い女の子に、なんかの宣伝みたいな感じで「電話するとかじゃ絶対ないから、携帯番号書いてもらえませんか?」と声をかけられ「旅行者なので・・・」と断る。

1420 教保文庫という本屋に着く。
土曜日とはいえ、もんのすごーい人にびっくり!
本屋さんなのに、広い通路もきちんと歩けないくらいの人、人、人。
でも本に囲まれているだけで幸せ


軽く本屋さんをブラブラして、まずはCDから買いに行く。
お目当てがあるわけじゃないけど、円高だし衝動買いしちゃいます!
・・・って、買ったのは2枚ですが
最新ランキングコーナーからお買い上げ。

まずはこちら。
20090726103043.jpg
SG Wannna beの「THE GIFT from SG Wannna be」。
k-pop番組で聞いた「サランヘ」がよかったのと歌が上手いので、ほとんど知らない方ですが購入。
全11曲で14500ウォンが会員カードのおかげで2600ウォン割引、よって11900ウォン!
日本円で千円くらい。
お買い得すぎませんかーーーーーー

購入の動機のひとつに、このパッケージが独特っていうのもありました。
「THE GIFT」って名前らしく、宅配便の形になってます。
開けるの楽しみにしていた、のですが。


20090726103045.jpg
・・・・・・
フォト・・・・・・
しかも30枚はゆうに入っています・・・
前回の旅行で買った花男OSTのサントラに入ってたフォトは喜んだのですが、こ・・・これはいらな(ry
(ファンの方ごめんなさい
歌はよかったので買ったの後悔してないけど、スーパージュニアか花男OST part2も買ってきてもよかったかな?

もう1枚は大当たり。こちらです。
20090726103041.jpg
소녀시대(少女時代)のミニアルバム「소원을 말해봐(願いを言ってみて)」。
こちらは全6曲、11500ウォンから2000ウォン割引の9500ウォン
前回の「gee」が買って大ヒットだったので、今回も買います。
この時点で新曲1度も聞いたことないんですけど、まぁ大きくハズれないだろうしいいだろうと。
日本に帰国してから知ったけど、ってか予想ついてたけどやっぱり音楽番組で1位になってました

結果的に、もちろん買って大正解
タイトル曲の「願いを言ってみて」も大大大好きだけど、私は6曲目の、ジェシカとシャイニーのオンユデュエット曲「1년후(1年後」)のバラードがドツボにはまり、現在ヘビロテヘビロテまたヘビロテ中です。
旅行記書き上げた後に(いつ?)アルバム語りするかもしれません
youtube貼ろうと思ったら、前はできたタグが張れなくなってる・・・

CD会計すると、店員さんがこれもくださいました。
20090726103027.jpg
ポスター。
こ、これは少女時代のポスターではないですか!
これは嬉しい。ものすごく嬉しい。
でも1日目からこれもらって、保管どうしよう・・・

結果的に、地方旅中は他の荷物と一緒にドロスホテルに預け、帰国時は飼い主の「仕方ないから折ってキャリーケースにいれよう」の意見に最後まで激しく抵抗し、手荷物として文字通り手から離さず、地下鉄や飛行機に忘れないよう細心の注意を払い、きちんとした保存状態で持ち帰りました!


20090726103030.jpg
日本に帰ってから初めて広げてみました

実は数日前に気づいたのですが、って飼い主はとっくの昔に知っていたらしいのですが、
私は少女時代のファンです。
ひとりひとりの名前も個性もあまりわからないけれど、歌・踊りが大好きみたいです。


思いがけずポスターもらえてホクホクになりながら、次は本探しの旅。
本こそCD以上に事前知識ない状態。
こちらも店内うろうろして2冊ゲット。

1冊目はこれ。
20090726103034.jpg
「女性生活白書」
いつも自己開発系の本買いますが、別になんかに開眼してるとかじゃなって、こういう本は1章が3~5ページくらいで読みやすいのと、小説みたいに独特の文体が使われていないこと、あと小説は好みがあるので外れると丸々ムダになっちゃうけどこれはそんな心配がないから。
なぜかまったく同じ本でサイズ違いがあり、大きい方が1万ウォン、小さいのは6百ウォン。
もちろん6百ウォンをお買い上げです(笑)


2冊目、こちらが今回自分的にヒットでした
20090726103036.jpg
「テーマ別 英単語2300」
単語帳


20090726103038.jpg
見にくいけど、中身。
単語帳って単語を一対一にして取り出すから覚えにくいとかよくない勉強法とか言われるけど、これは韓国語-英語なんで両方覚えられるスグレモノ!
しかも韓国語と英語あればどっちかはわかるし、どっちもわからなければイラスト見て検討つけられるし、一石二鳥。

これ意外に盲点だったかも
多分野にわたって生活密着の単語載ってるし、それでいて魚の名前とかマニアックなものもあり、可愛いイラストでも癒され、もう一石何鳥かです。
ずっしり分厚いのに1万ウォンという安さも最高。

ただね、発音記号の横にハングルでも読み方書いてあるんですが、それが「f」の音を「ㅍ」であらわしてるのは英単語帳としてどうかと思いますが、使う時はそこまで気にしないっ。
*韓国での外来語は、Fの音がPになるのです。「フランス」が「プランス」とか。


16時の約束までは少し時間あったけれど店内がエコ冷房と人だくさんで暑いのと、本屋で大満足したのもあり、15:10には教保文庫発

10分かけて、地図見ながらだけど迷わずに韓国観光公社に着いて安心。
ここは人もいなくて冷房も強めで気持ちいい~。
本屋に行っただけで少し疲れたので座って休憩しながらパンフレット集め。

15:50、飼い主と合流して明日からの地方旅行に関する情報集めです。
行く地方を羅列し、カウンターの方にパンフレットを持ってきていただく。
たくさん用意してもらってとてもありがたかったです。
しかも8割は日本語パンフあり。
南海はなかったけど、聞慶は日本語ありました。

たくさんのパンフを無事ゲットして、隣接している韓流コーナーを見学。
ユンウネ手形
「宮」「コピプリ」などのユンウネちゃんの手形。
華奢で可愛らしいです~。


ユンウネ手形&ぷっく手形
ユンウネの横に並べてみました。飼い主の大きな手、ではありません。
そんじょそこらの男性よりも本気ででかいぷっくの手形がきましたよ。
・・・・・・もうノーコメント。


ソンイェジン手形&ぷっく手形
もはや別の生物っすか?


むなしくなったのでこれで終了。
斜め向かいにあるロッテでセマウル号の切符購入に向かいます。
ここ韓国観光公社でも購入できる時はあるのですが、土曜日だったためか?購入できず、場所を教えてもらいました。

さて用件は済み、すでにずっしり重くなった荷物を抱えてようやく韓国最初の食事に向かいます!
本当は1日目は前半・後半の2分割ですむと思ってましたが、CD・本語りが長くなったのでまだ続きます


チョンゲチョン
市民の憩い、清渓川

スポンサーサイト
2009-07-25 20:10 | カテゴリ:2009なつinかんこく
7/11(土)

朝5時、起床
・・・飼い主が。
私は目覚ましの音にも気付かず眠り続けていたらしい

荷作りや身支度整えをしていた(らしい)飼い主、あまりにも起きない私に業を煮やし、足やほっぺにビンタをくらわせ文字通り叩き起こす(怒)
怒る私、起きない方が悪いという飼い主、朝からバトル・・・というかバトってる場合じゃないこれから韓国だ

そんな今が一番大事な時(妊婦かよ)に飼い主、夜中にお腹を冷やしてたからかどうか、理由はわからないけどお腹を壊して2時とか3時にトイレ行ったりして寝不足だとか。

同じ部屋にいて飼い主は普通に電気つけてトイレ行ったそうで、それなのにまったく気付かずに寝入ってる私って一体・・・
ってかこれから韓国なのに大丈夫なのだろうか。
結果的にはその後は大丈夫でした

ホテルからの眺め
早朝に撮影の、ホテルからの眺め。
写真で見ると、ゴジラが踏みつぶしにきそうです(違)
泊まった部屋は中層階でしたが、チェックイン時に「千円(だっけっかな)プラスで上層階にできます」って言われました。

さて、(蹴り)起こされた私、最後の荷物整理して、5時50分、朝食の前にチェックアウト。
私は毎日毎日、仕事するのヤダ仕事キライと思っている悪い奴ですが、こうして早朝からお客様仕事をしている人もたくさんいるんだ(当たり前だけど)と思うと頭が下がります。

6時、開店と同時にバイキング
レストランはいくつかありましたが、私達が入ったのはリュックスダイニングパプナ。

一番乗りだとまだ食事の種類が少ないのでは、なんて失礼なことを考えていましたがそこは品プリ、広ーーーーーーい会場にはたくさんの食事。
ホテルの方が案内してくれる時、なぜか中国人と間違われました(笑)
私はたまにハーフ?って言われることがありますが、中国人は初です。いやっ、多分中国人に見えたのは飼い主の方な気もします。
ちなみに2人とも純日本人です
私は会社で宇宙人と呼ばれますが理由は知りません


リュックスダイニグパプナ
広ーい!
写真は入ってすぐ撮ったものですが、この後すぐに朝の6時からどんどんお客さんが来ていて、満杯とはいかなくてもかなりの席の埋まりようで二度びっくり。


リュックスダイニグパプナ2
国際色に溢れてたのもさすが東京のホテル。


朝食
手前が飼い主、奥が私。
飼い主のは和洋がひとつの皿でわかれてますね。
私、野菜に少量のハムを一緒に食べてた記憶があります。
野菜が大好きで油っこいものは食べれない・・・これで私はどうして痩せてないんだろう(遠い目)
答え:大食いで甘いものが大好きだから。

さすが品プリの朝食、どれもクオリティ高くてそしておいしい!
朝からこんなに食べたら韓国での昼食が入らなくなる・・・と心配してたけどいつものように杞憂。

右の飲み物は牛乳と野菜ジュース、そしてヨーグルト。
ヨーグルトは牛乳とかと同じ形の容器に入っていたので、てっきり「飲むヨーグルト」と思ってコップに並々と注いだら普通のヨーグルトで、それでジャムを載せました。
旅行前にこんなにヨーグルト食べたらお腹ゴロゴロになっちゃう、でももったいないから残せない・・・と、結局全部食べて(ってか飲んで)、でも平気でした。

なんかゆっくり食べたつもりでいたけど、50分後にはホテル出る。
品川プリンス外観
品プリ外観。
たった一晩のほんのひとときだったけど楽しかった。

品川駅で、ずっと読んでみたかったフリーペーパー「R25」を初ゲット!
これ新潟にはないんですよ・・・
そして東京にきても、いつも空のラックをがっかりした気持ちで見ていたものでした。
だから嬉しい♪

7時、電車に乗る。
東京は晴れ
朝からたくさんの人でまたいちいち驚く私。

電車は7時20分、羽田空港第二ターミナルへ。
右側へ進むとJALの文字があったため当然のように右側に行こうとする私、でも飼い主は左へ。
ちょっとちょっと間違ってまっせ、と声かけるもすたこらさっさと先へ進む飼い主。
・・・国際線ターミナルが左側であり、間違っていたのは私の方でした

シャトルバスで国際線ターミナルへ。
ここで、おばちゃんがどでかくて重いスーツケースを3,4個運び入れて乗ってました。
まさかこの荷物を持ってこれから旅行っていうのは物理的にありえないと思うのですが、あの時間にどこに行ってきてなぜあの荷物だったのか、今でも少し謎です。

7時半、国際線ターミナルに着いてチェックイン。
相当混んでるだろうと思って早く行ったら人も少なく、それでいてカウンターは多いので待ち時間2分であっさり終わっちゃいました。
前回の新潟空港ではカウンターが少ないし、荷物検査をチェックイン手前で機械に通して効率が悪いので30分は待ったから嬉しい誤算。

思いがけず時間が余ったので、もう一度シャトルバスに乗って7:45、第二ターミナルへ。
目の前でバスが行ってしまい一瞬がっかりするも、あっという間にバスがやってくるあたりはやっぱり都会だねぇ。
バスのシートが雲と飛行機なのが空港バスっぽくて粋です
なぜわざわざ第二ターミナルへ行ったか、それはラウンジがあるからです。
ラウンジは今回時間がなくて行けない予定だったので思いがけなくて嬉しい。


羽田空港第二ターミナル
第二ターミナル。

羽田空港ラウンジ
ラウンジには海外旅行保険も兼ねたゴールドカードのおかげで無料で入れます。
っていっても、ここでグレープフルーツジュースを飲むのが好き
ここではグレープフルーツなかったのでオレンジ
たいてい、雑誌「AERA」はありますねぇ。
新潟空港にはなかった「MORE」を読むもののそんなに時間の余裕はなく、正味20分弱くらいで再び国際線ターミナルへ。
ここで母親に行ってきます電話。
やっぱり新型インフルエンザを相当心配してました。


キティショップ
右の写真に写ってるリアルキティの写真、ちょっとコワイ・・・
私は気付かなかったけど、ここの店員さんが韓国人の方だったようです。


JALジャンボ
9時、搭乗開始。
チェックインもシャトルバスもガラガラだったのが、ここで初めて混み混みです。
どうしても4カ月前に新潟空港から飛び立った時と脳内が比較しちゃうんだけど、あの時に比べてかなり大きい飛行機。

去年韓国に行った時は、ちょうど「島問題」が一番騒がれていたころでした。
そして今年は、ピークは越えた(というかもう感覚が麻痺していた?)とはいえ新型インフルエンザ。
ぶっちゃけ、島問題よりも新型インフルエンザの方が何倍も怖いです。
最悪、自分がインフルになって苦しむくらいなら自業自得だし、まぁそのうち治るんでいいと思えるんだけど、周りに多大な迷惑かけてしまいますからね・・・
・・・だったら行くなってツッコミはなしね♪

飛行機は9:25離陸。
いよいよ旅の始まり、この日をどんなに待って待って待ち望んだことか!
これから10日間も韓国にいられるなんて夢のよう。

韓国行きの飛行機は飛行時間が短いこともあり、いつもは座席にモニタがついていません。
でも今回の羽田~金浦は行き帰りともモニタがありました。これは初かも?
ちょっと神田川聞いたり、映画をザッピングしたり。


プレイハウスディズニー
ディズニーチャンネルの局もありました。
でもこれは家でも見られるし、映画は飛行時間内で終わらないので、結局46分番組の日テレバラエティー「秘密のケンミンSHOW」に落ち着きました。
今さらだけど、あれ面白いねぇ。
同じ番組なのに帰りも見ちゃったし、これから毎週見ようと誓いました。

豪華な飛行機は機内食も豪華です。
行きの機内食
空弁。
何度見ても「からべん」と読んでしまい、そのたびに飼い主に「そらべん!」と叱られました。


行きの機内食中身
今まで持ってた「機内食」のイメージを覆す中身!
いつもこういうお弁当だったら嬉しいなぁ。

そうこうしているうちに下を見ると。
韓国本土
うっすらと土地が見えています!
日本かな、韓国かな。


韓国本土2
生まれて初めて韓国に行った時、飛行機の下に広がるこの景色を見て、
「これ日本じゃん!なんで飛行機が舞い戻ってきてるの!」
とパニックになったことを思い出します。
よーーーく見て車が右側通行なのが確認できた時、あぁ韓国の上空だぁと納得したのでした。
これくらい上から見たとき、私には日本か韓国かいまだに検討がつきません。アホだからか?

それにしても、外国は、っていうか韓国はもう何度も来ているのに、いまだに海外旅行で飛行機乗るのは激しく胸がときめいてドキドキして興奮します。

そして11:25、無事!無事!韓国上陸!!
金浦到着
空港に無事着陸後に撮ったものです。
「김포」のハングル文字にテンションあがりまくり
一方で、日本でも毎日毎日毎日ハングル見てるから、文字自体へ珍しさを感じなくなってる自分にびっくり。

どうせ荷物が流れて来るのを待たなくてはいけないから急いで降りることもない、と最後の方に降り入国。
新型インフルエンザの水際対策ってどうやっているんだろうと思っていたのですが、まずひとつは韓国行きの飛行機の中で体調を自己申請する用紙を記入、提出。
機内でできるし、内容見て質問されるわけでもないので時間かからず。
ちなみに、私の携帯は海外でも通じるのですが、旅行して2,3日後、韓国の保健所から電話ありました。
韓国人の方が日本語で「体調問題ないですか?具合悪くなったら保健所に連絡ください」と。
この用紙に携帯番号書いたためと思いますが、これ全員に実施しているのでしょうか?
ちなみに飼い主にも電話が何回かあったようですが、タイミング逃して出られなかったらその後はかかってこなかったみたい。

あとは入国審査近くに設置されたサーモグラフィで乗客の体温を見ているだけでした。
行き帰りの出入国、全部それだけ。
見てた限りでは呼び止められた人はいませんでした。
私は普段から体温が高いのでドキドキしてたけど無事通過。
よって、新型インフルのために空港で時間とられることはなかったけど・・・こんなんでいいんでしょうか??と拍子抜け。
私も外国に行くことをちょっと上司に難色示されたり、あと南国に行く会社の同期は上司に「沖縄じゃだめですか?」と打診されたらしい。
失礼ながらちょっとツボでした。

11:45、荷物を待つ間にトイレ。
トイレは中に入ると電気がつく仕組みになってました。
私のあやふやな記憶によると、以前はそうじゃなかったような・・・
韓国も最近はエコなのか、全体的に以前より冷房が弱かった感じがしました。

荷物はなんと、30分待って12:15、最後の最後に流れてきました。
早い段階でチェックインしたから?


金浦国際線ターミナル
今すぐにこの瞬間に戻りたいー。
まずは総合案内のお姉さんにKTX切符について軽く質問して、なんとか韓国語が出たことに安心。

T-moneyチャージする窓口に人がいなくて焦ったけど残高あったのでそのまま12時半、地下鉄へ。
金浦地下鉄駅
LOVE韓国地下鉄

地下鉄内で私達の斜め向かいに小さな子供2人連れてるお母さんが座ってたのですが、弟の方に犬につけるリードみたいなのがついてました。
あ、虐待じゃなくて、子供がうろちょろしないように安全のためだと思います。
リュック型になっているのかな、背中から紐が伸びていて、子供の飛び出しや迷子を防げる。
そのリードに天使の羽根がついていて可愛らしい。
手作りには見えなかったから売ってるのかな、でもこれ日本で見たことないな。
ってか韓国でもみかけたのはそれっきりだし、周りの韓国人も興味深げに見てたしな・・・と思いつつググってみたら。


天使の羽根
日本にも普通に売ってた!
デザインはちょっと違うけど、まさにこれです。

地下鉄でホテル最寄駅まで40分。
旅行プロローグ終了、いよいよ本格的に韓国旅始動です。

自分の思い出記録のために、出来事はもう全部記録しておきたいので長くなってしまいます
続く

2009-07-23 07:17 | カテゴリ:2009なつinかんこく
さて、10泊11日、韓国本土は9泊10日の旅
例によって長くて長い旅行記のスタートです
今日は前泊分なのでまだ日本

最初にネタバレ(?)すると、今回の旅で回った12の都市は、ソウルを除いて
光州、潭陽、淳昌、南原、求礼(華厳寺)、晋州、南海、釜山、慶州、安東、聞慶、江華島。

ルートにすると、
ソウル→光州→潭陽→淳昌→南原→求礼(華厳寺)→南原→晋州→南海→釜山→慶州→安東→聞慶→ソウル→江華島→ソウルです。

晋州、慶州、釜山以外は初上陸。
これをツアーとかでなく100%個人旅行で敢行したんだから、我ながらすごい
飼い主のプランニング力とか空間把握能力、私のヘボ韓国語力、そして2人の食欲が合わされば怖いものなしです

韓国では例によって食べて食べて食べまくって歩いて歩いて歩いて、私は帰国後に1kg増でした
しこたま歩いたので体重増にはかなり不満ですが、飼い主いわくあれだけ食べて1kgですんだならいいじゃないかと。うーむ、そうかな~。
ちなみに2日で体重は元に戻りました。戻ったっていうか1kgは誤差の範囲だった??
ちなみに理想体重は-4kgなんで、旅行での±1kgにこだわってる場合ではありません。


7/10(金)
この日は朝から仕事です。
いつもより1時間以上早く会社へ。
キャリーケースをロッカールームに置いとく。
みんなに、「こんな小さなバックで韓国まで長期旅行するの?」と驚かれます。
荷物は重くなるだけなので極力減らす主義。
それに意外と入るものです。

夜18時過ぎ、仕事を終え、会社を一歩出てさぁ旅行です!
駅までガラガラとキャリーケースを引っ張る。
スーツケースと違って柔らかいので雨には弱い。
この日は雨が降ってなくてよかったー。

新潟駅に着くともう新幹線は来ていました。
金曜夜だから混んでるだろうなと思ってたら予想に反してガラガラ。

18:38の新幹線で東京へ。
新潟からも韓国便は出ていますが、今回は羽田~金浦間のプランです。
前回の韓国旅は新潟から、その前は名古屋から行きました。
前泊すると、実質の韓国滞在日数は同じでも旅行が一日延びたオトク感を感じるのでそれもいいんですよね。
いまだに韓国旅行はものすごく心臓がドックンドックン楽しみの鼓動を刻むので、前泊は旅行自体の興奮もあいまって酸欠状態になるのが玉にキズ?

いつもは旅のお供に本は欠かせませんが、今日は荷物になるので持ってきてません。
前席に入ってる上越新幹線冊子・宮沢賢治特集は10分で読み終える。
というか、韓国旅行の実感がわかない一方で激しくドキドキそわそわしているので文章が頭に入ってきませんあんぐり
ドキドキのピークは先週土曜、ソファの宅急便が届くのとあと1週間というカウントダウンが重なって激しく酸欠になっていました。

iPodで音楽を聞いたり眠りについてみたり、そうこうしているうちに20:12東京着。
というかほとんど寝ていたな
とにかく健康にトラブルなく旅を終えたいので、新潟駅に着いたり東京駅についたり、ひとつひとつの行程が終了するたびにほっと一息つくので、それはそれで気持ちが休まらないというかなんというか。

品川駅に向かい、21時15分、ここで飼い主と落ち合います。
品川の高輪口で待ち合わせたのですが、私はずっと「たかりんぐち」と言ってました。
そのうち飼い主に「たかりんってなんのことかと思ってた、「たかなわ」って読むんだよ!」とお叱りを受ける。
りんりん。

飼い主はこの日の午前中に一足早く東京上陸。
劇団四季の「Wicked」「春の目覚め」のW観賞に加え、お台場のガンダムも見てきたとか。
「俺の旅のハイライトは終わった、あとの韓国旅行はおまけ」とうそぶく飼い主

キャリーケースガラガラひっさげ、むかうは東京ラーメンストリート。
ここは東京駅の改札近くにあり、東京の有名ラーメン店が集まっています。
東京駅の近くにこんなところがあるなんて知らなかった!

*訂正:私達が行ったのは東京ラーメンストリートでなく、品川駅近くの「品達」でした
地理関係がわかっておらず、失礼しました

その中で飼い主おすすめ「せたが屋」へ。

せたが屋外観
21時半を回っているのにさすが東京、どのラーメン屋も混みあっていて軽く並びました。
店内は濃い魚のダシの香りが充満していて、これはおいしそう!

せたが屋ラーメン

せたが屋せたが屋ラーメン
予想以上に魚のダシが濃厚で、でもくどくない絶妙のお味。
小瓶に入ってテーブルにおいてあるタクワンがまた美味
韓国に行く前の食事として、日本ラーメンは大正解でした。

お腹いっぱいになって、次に向かうは本日の宿泊先、品川プリンスホテル
最初に品プリに泊まると聞いた時は、「ビジネスホテルでいいのになんでそんな豪華なところに泊まるの??」と飼い主に迫りました。
これはTYOの何とかプランっていうチケットのセット申し込みで、新幹線往復+ホテル+朝食ビュッフェ+東京駅で使える千円割引券がついているお得なセットだとか。
それに羽田空港にもアクセスがいいらしい。


品川プリンス外観
ホテル外観。
写真で見ると、なんかディズニーランドみたいです。
そしてここはホテルだけでなく、水族館や映画館などなどが付帯されているエンターテイメント施設!
中も広く、わずか1泊なのがもったいないくらい。


イルカ
水族館があるので、こんな飾りも。
可愛い


ホテル室内
室内。
高い部屋ではもちろんないけど、私にはこのレベルでも身に余るくらい十分すぎます。


ホテルからの夜景

ホテルからの夜景2
夜景が美しい!
この時は意識しなかったけど、今見るとこの夜景がとても日本的に見えます。

さてすでに22時をとっくに回っています。
明日から10日間の韓国旅、なにはさておいても寝ておかなくては!
急いでシャワー浴びたり軽く荷物整理をしているうちにあっという間に23時半。
明日は5時起き
でも遠足の前の子供状態の私、
「ドキドキする、眠れなかったらどうしよう、どうし」
くらいでパタッと寝たそうな(飼い主談)
瞬寝が特技の私です

次回からは本格的な韓国旅行スタートです。
続く

2009-07-20 14:27 | カテゴリ:2009なつinかんこく
約10日間の飼い主との韓国旅行、小さなハプニングはあったけど、事件・事故に巻き込まれることもなく、(今のところは、多分)新型インフルエンザになることもなく、先ほど日本に帰国しました!
今回はソウルを除いて12の地方を回りましたっ。
たくさん食べてたくさん歩いてたくさんの景色を楽しみました。
明日からはいつもの日常、生活が元の軌道に戻るまで時間かかると思いますが、早めに旅行記書きます♪
コメントのお返事も遅くなっててごめんなさい、必ずお返事いたしますのでもう少し時間くださいm(__)m
2009-07-10 18:56 | カテゴリ:2009なつinかんこく
待ってる時間は長かった、そして楽しかった。
待ちに待った韓国旅行はもう間近です!!
仕事なんかは完っ全に頭から追い出して楽しむぜ韓国!
現地更新は多分難しいと思うけど、帰国したら早めに旅行記書きたいです♪
2009-07-05 16:55 | カテゴリ:ハッピー
ボーナスで電化製品買いましたシリーズ第3弾。ってかいつからシリーズ化?
第3弾っていうより、これが最終回と思うから三部作かな。
まぁ、iPodスピーカーは全額ポイント購入だし、体組成計は1万円以下だし、今回のシリーズも全部で10万いってないからいいか。
金額のことは深く考えないようにしよう(逃)


地デジテレビは必要にも迫られてなかったので、「2011年でいいや、ってかむしろケーブルテレビがあれば地上波見られなくなってもいいし、テレビを買い替えさせるなんて~」
って思ってました。
でもボーナスで気が大きくなったりエコポイントがあったり(政府に踊らされちゃいました)、なんとなくボーッとしてたら、気がつくと地デジテレビ買ってました。

20090705092612

テレビに後光が差してるように撮れました
手元にあったバルーントマトを置いてみたら、トマトの赤とテレビの黒とガラス台の白があいまって偶然にもお気に入りの写真になりました
・・・まぁ、下に見えるようにDVDレコーダーはなくてビデオデッキ、すべてを最新にできる財力はありません

AQUOSの32インチ。
ポイントとか全部考えると、実質6万ちょっとでお買い上げです。
安いって言っても高いけど(汗)
今までは21インチだったので、結構大きくなりました。

今まではテレビを床に直接置いてて見にくかったので、今回テレビ台も買いました。
下のガラス台です。
お値段以上 ニトリ♪にて、木材の台と迷いに迷いました。
私のことだからつまづいてガラスを割ることも十分すぎるほど考えられるのが躊躇した理由なんですが、ガラス買って正解でした。
白が涼しげだし、部屋とも合うし。


20090705163312.jpg
そしてこれに合わせてソファも購入。
これは展示品買ったので、キズがある代わりに安め。
なんか生活の質が一段上がったような気がするけど、どうせここで一日中でものんべんだらりと過ごすだけなので、単にダラダラグッズが揃っただけともいう。


買って正解でした、地デジ!
画面の綺麗さに驚き
というか、デジタルだけ見ていると「あぁ綺麗になったんだなぁ」くらいの漠然とした感想しかもてないけど、アナログ切り替えして同じ番組を見比べてみると違いは歴然。
輪郭はぼやけているし、色はあまいし。
ちょっと度の低いメガネをかけた感じ?

地上波画面が綺麗になって、今までなんとも思っていなかったDVDの画質にも疑問符がついてしまった自分が怖い。
まだまだまだまだ!DVDプレイヤーが健在のうちはブルーレイディスクは買えませんが。
人間の目はこうしてどんどん肥えて贅沢になっていってしまうのね・・・

地デジは「画面が綺麗」「番組表が見られる」だけの知識しかなかったんですけど、実際はもっともっと多様な機能があるんですね~!
天気予報やニュースのデータ放送は好きな時に見られるし、出演者情報やアナウンサー日記などなどなどなど・・・
番組ごとにコンテンツは違うみたいなんでもう夢中。
字幕も出せるので、二ヶ国語吹き替え洋画をなんちゃって字幕放送にすることもできるんですね。

新聞もテレビ雑誌も購読してないから、画面で見られる番組表はありがたいっ。
それにひとつのチャンネル見ながら裏番組情報も文字で見られる。
ザッピングの進化版です。
視聴率が大事なテレビマン的にはいい機能じゃないかもだけど、視聴者としては最高に便利。
テレビっていうか、これもうPCじゃないですか!?
しかも心配になって調べたけど、この機能たちはぜーんぶ無料なんですね。
って、今更って知識なんでしょうか(汗)

20090705092609

Jリーグの結果もリアルタイムで更新されます。
テレビの上にある「世界の亀山モデル」というシール、無知な私をこれを「世界の亀田」と読み間違えて「亀田兄弟がCMやってるテレビ」と思い込みました・・・。
別にアンチ亀田ではないけど、テレビに亀田兄弟かぁと思ってシールを剥がそうとして飼い主に止められました。
「亀田」じゃなく「亀山」ですね(汗)
一貫して国産ですよ表示だそうです。(←説明いい加減)
「世界の亀山モデル」でググったら謎が解けました。
SHARP亀山工場のHPはこちら

最高の大人のおもちゃ(違)を手に入れたので、しばらくは色々説明書見ながら研究したいと思います


地デジテレビもテレビ台もソファも、安くてオシャレで質がいいものを選べて大大大満足
・・・っていっても、家電知識もセンスも、さらにいえば「この部屋だとこの大きさ・サイズがピッタリ」っていうのが感知できる空間把握能力もゼロ、いやむしろマイナスの私。
すべてをセレクトしてくれたのは飼い主です。
ますます飼い主には足を向けて寝られない・・・かも!?
2009-07-04 14:44 | カテゴリ:韓国映画・ドラマ
今回の韓国旅行で光州に行くこともあり、光州に留学していた語学堂同級生のオンニから紹介していただいた映画『光州5.18(原題:華麗なる休暇)』。

1980年、韓国・光州市。タクシー運転手の青年・ミヌ(キム・サンギョン)は、両親を早くに亡くし、高校生の弟・ジヌ(イ・ジュンギ)の親代わりとなって懸命に面倒を見てきた。そんなミヌは、ジヌと同じ教会に通う看護師のシネ(イ・ヨウォン)に秘かな想いを寄せていた。そしてミヌは、ジヌを交えた3人で映画を観に行くことに。シネと楽しい時間を過ごしていたミヌたちのいる映画館の外で、学生の民主化デモ隊と戒厳軍の衝突が勃発…。そして、ミヌたち3人もこの悲劇に巻き込まれてしまう――。1980年5月18日に韓国の光州で実際に起こった悲劇を描いた、ヒューマン・ドラマ。(Amazonより)
*以下、少しネタバレしてます*

普段、原題をまったく違う日本語に変えるのは反対派ですが、この映画に限っては邦題の「光州5.18」は素晴らしいと思います。
韓国人よりも事件の背景知識が少ない日本人にとって、「華麗なる休暇」では分かりづらいですからね。
ちなみに「華麗なる休暇」は、光州事件を鎮圧する鎮圧軍の作戦名だそうです。
当時はどう受け止められていたかはわからないけど、「華麗なる休暇」、今見るとすごい皮肉に感じます。

日本にいると、戦後60年以上たって、戦争をリアルに知ってるのは高齢者の方になっていますが、この事件が起きたのは1980年。わずか29年前って信じられません。
序盤、あえて普通の市民のささやかな幸せ、兄弟の仲の良さ、淡い恋という日常をほんわかと描いています。
これが後半の暗転のコントラストを生むこと、こんな普通の市民がこれから非情な出来事に巻き込まれていくことが分かるので、楽しいシーンも楽しんで見れませんでした。
残虐なシーンも理不尽なシーンもたくさんあるけれど、それが全部実話っていうのはすごく重いです。

チャン・ドンゴンとウォンビンの「ブラザーフッド」見た時は、今よりももっと韓国歴史の知識が薄かったので、序盤に脈絡もなく兄弟2人が車に乗せられて戦争に連れて行かれるところとか、女の人がいきなり撃たれるところが物語を動かすためのご都合主義やお涙ちょうだいに感じられてたけど、これが実際にあったことだと知ってガラリと見方がかわりました。

暴力とか戦争系の映画は苦手なのでもう一回見ることはできないけれど、すごくいい映画でした。
見てよかったけれど忘れたい、でも忘れられない、そんな映画です。


キャスティングも秀逸。

アン・ソンギ
国民俳優・アン・ソンギの重みと深みのある演技、表情も最高にいい。
彼の出演する映画は重いものが多くて、今までほとんど見たことはありませんでした。
しっかり見たのはもしかしたら初めてかも?
もっと彼の出る映画を見てみたくなりました。


イ・ヨウォン
パク・シネ役。
この看護婦さん役は彼女以外に考えられない!
女らしく、心も顔も綺麗、でも芯の強いところがある。
途中、彼を守るために思わずしてしまったあの行為は、彼女が一生忘れられない傷になるんだろうな。
映画の中での年齢はわからないけど、シネが25歳くらいだとしたらまだ60歳になってないんだよね。
イ・ヨウォンは、「外科医ポン・ダルヒ」の変な髪型の明るい外科医役でしか見たことなかったけど、すごく印象に残る女優さんになりました。


イ・ジュンギ
SMAPのツヨポン主演映画にも出ていたイ・ジュンギ。
出番は多くないけど印象に残りました。
役の中ではまだ高校生。
高校生が・・・って本当はすべての年齢がだけど、こんな若い時にこんな経験しちゃいけないよね。


あとは、主人公の同僚のおちゃらけパーマのおしゃべりお調子者タクシー運転手も忘れられない。
最後の親子3人のシーン、奥さんの気持ちも彼の気持ちももうどうしようもなくて・・・


キム・サンギョン
実は主役のキム・サンギョンが一番印象に残りませんでした(汗)
別に悪かったところがあるんじゃなく、他の人達があんまりにもハマり役すぎて私の中で相対的に印象が弱まってしまいました。
この俳優、韓国語ジャーナル29号の表紙の方なんですね・・・
ちっとも気づきませんでした(汗汗)

光州に行ったら、この舞台となった現場をしっかり見てこようと思います。

2009-07-03 19:37 | カテゴリ:新潟ライフ
新潟お笑い集団「NAMARA」のライブに今年も行ってまいりました。
NAMARAのオフィシャルサイトはこちら
去年行った記事はこちら

6月29日(月)@県民会館。
会社帰りにチャリでかけつけました。
多忙な月曜日に、いつもの5倍の集中力で業務を終わらせ18時退社。
時代はやれエコだエコカーだと言われてますが、自転車の方がエコだやい!(←車買えない安月給の負け惜しみ)

地元のお笑い集団だけあって観客との距離が近いのがあたたかくて嬉しい。
入る時も出る時も、受付口に立って全員が挨拶してくれるんです。

そして今年もたくさん笑わせてくれました、NAMARAのみなさん!
多分元々予定してた時間よりもおした(と思う)んでしょうけど、チケット2千円(前売り券の定価!)でなんと3時間もライブしてくれました。

全体的に漫才が多かった中、きぬがさのコント3つはもうアゴが外れるかと思うくらいツボりまくり。
バルーンアーティストのminaちゃんにはバルーンで作った野菜ももらってホクホク。
若手芸人も頑張ってたし、最後の全員集合劇も面白かった♪

最近はテレビのお笑い番組がテレビサイズというか、ネタが短くなってますよね。
あれ、たくさんの芸人さんを出せていいのかもしれないけど、ああいうことばかりしてたらテレビに消費されていい芸人が育たないと思うなぁ。
NAMARA芸人はレベルが高いけれど、東京進出とかしないでずっと新潟にいてほしいなぁ。
新潟で見られる、新潟発新潟密着のお笑いは貴重です。

ただ、すっっごく面白かったのは間違いないけど、正直去年の方が笑った記憶があります・・・
ヤングキャベツのなんぐがいない穴は大きかったし、ゲストで呼ばれたNAMARA所属でない2組のゲストは逆に微妙でした。

だけど来年も開催されたら絶対に行きます、お笑いライブ!
ライブが予想外に時間かかったので夕食にありつけないかと心配だったけど、無事ラーメン「ののや」も食べられました。
新潟お笑い、新潟ラーメン、やっぱり新潟大好きです♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。