-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-29 21:14 | カテゴリ:スキスキスティッチ!
20081029205721


20081029205726


20081029205723


群馬旅行でゲットした群馬ご当地のこんにゃくスティッチと温泉まんじゅうスティッチ~♪

こんにゃく、くり抜かれたトコに顔入れてるんじゃなくて、この部分はスティッチが食べたんですよ~!
なんで分かるかっていうと、口の周りにこんにゃくがくっついてるから。芸が細かい!
なんて可愛いことしちゃうのスティッチさんは!!

そういえば、私温泉まんじゅうを温泉の中で食べたことないなぁってこのスティッチ見て思った。
・・・普通は食べないか?
これまた、顔にあんこがくっついてて可愛いったらありゃしない。
スティッチって表情豊かだし、暴れてよし、可愛くしてよしと幅が広いからグッズにもしやすいですよね。


それにしても、あっという間に寒くなりましたね~。
いったんストーブつけちゃうと頼りすぎちゃうと思うし、まだ大丈夫ので、今はこたつを使ってます。
今日あたりからは電気毛布の出番かな?
冬の必需品といえば、私の場合ルーズソックス!(爆)
足が氷のように冷たくなるので、厚くて長いルーズソックスは救世主です。
もちろん家の中限定ですよ!!
スポンサーサイト
2008-10-26 16:41 | カテゴリ:日本旅行いろいろ
20081026164141
20081026164139
20081026164136
20081026164134
20081026164131
昼、谷川岳PAで休憩。

もつ煮。
私はもつ煮はニガテなのでパスしちゃいましたが、なかなかのお味だったようです。

豆腐ソフトクリーム。
本当に豆腐の味が!

涌き水を汲む。

とんねる館。
無料の小さいスペース、木の影にひっそりありました。
2008-10-26 12:19 | カテゴリ:日本旅行いろいろ
20081026121903
20081026121900
20081026121858
20081026121856
20081026121854
20081026121852
20081026121849
水量は多くないけど、滝です。
紅葉にはまだ少し早いけど、それでも美しい景色!

さて、2泊3日の群馬旅行もすべて終わり、これから新潟に帰ります。
今夜は新潟市でディズニーオンアイスを鑑賞。
昨日のクラシックに続き、2日連続でディズニーです。
群馬のご当地スティッチもゲットしたので、後ほどアップしますね♪
2008-10-26 11:10 | カテゴリ:日本旅行いろいろ
20081026111028
20081026111025
結局、名物ソースカツ丼はやめて、なぜかすき屋のお好み牛玉丼に。
2008-10-26 07:34 | カテゴリ:日本旅行いろいろ
20081026073413
20081026073410
さて今回の群馬旅行、目的は食べ歩きでなく、群馬県民会館で行われる「ディズニーオンクラシック」でした。
ディズニーミュージックをオーケストラの生演奏で聞けるこの演奏会、去年に続いて2回目の鑑賞。
去年は新潟で行われたけど、今年は新潟に来なかったので群馬まで乗り込んだのでした。

ステージで黄色く光ってるのは、プーではなく25周年記念の「魔法の鍵」です。光の加減で黄色くなっちゃった。

チケット手配は飼い主がしてくれて、私が後で振り込む方式をいつもとってます。
加えて私が無頓着なので、今日まで値段知らなかったんです。(※飼い主は話したらしいが、私はスルーしてたらしい)

で、チケット見て仰天、

8000円!?

オイラ自慢じゃないけど安月給のボンビーOL。
8000円って、むしろランド1日チケット買えますよ!?
飼い主に、「せめて1万円と6千円にしてくれ」と掛け合うと(オイオイ)、
「見て面白くなかったら代金いらない、そのかわり200%楽しんだら1万6千円全部払って」と提案を受けそれを飲む。

午後6時開演。
まだ公演真っ只中だからネタバレは書けないけど、いやいやいやいや、これは本っっ当に素晴らしかった!!!
クラシックコンサートといっても、ディズニーの曲ばかりなので耳なじみあるし、みんなで手拍子したりスクリーンにディズニー映像映ったりと全然かたくるしくない。
最後にはサプライズもあったり、時間いっぱいしっかり楽しんで感動しました。
私は楽器が弾けないので、それだけでもうらやましいっ。
200%の感動どころか、1000%超えですよ。
だからといってさすがに1万6千円は払わないけどね。8000円はきちんと払うよ。
確かに、こりゃ8000円の、いやそれ以上の価値ありですっ。
まぁ、自分にとって8000円が気軽に出せる金額でないことに代わりはないけどf^_^;

大満足して会場出て、さあ夕ご飯は名物のソースカツ丼♪と思ったら店開いておらず、前橋をさまようも入れそうなお店がなく、結局ホテル隣接の居酒屋で済ませたのでした。

今日こそはカツ丼食べ、そして新潟に帰ります~
2008-10-25 17:31 | カテゴリ:日本旅行いろいろ
20081025173134
20081025173132
20081025173130
20081025173127
前橋、いい街ですね~。
2008-10-25 15:03 | カテゴリ:日本旅行いろいろ
20081025150335
20081025150332
14時過ぎにやっとやっとありつけた、水沢うどん。
香川県の讃岐うどん、秋田県の稲庭うどん、そしてこの水沢うどんを日本三大うどんと呼ぶそうな。
うどん通りがたくさんあるのですが、私達は「松島屋」を選びました。
ここは、醤油だれ、胡麻だれ、山菜、なめこの4種類のたれで味わうことができるのです。
特段の特徴があるうどんって感じはしなかったけど、それでもやっぱりおいしかったですね~。
この旅で、タコ焼きを超えて2番目に気に入った食事。
ちなみに1番はまんじゅう。
2008-10-25 14:36 | カテゴリ:日本旅行いろいろ
20081025143608
20081025143604
20081025143556
やっとUDONにありつける~と思ったら、飼い主が神社に寄るとのこと。
木のガンダムは、仏像拝観無料の館にあったものです。
(館の仏像は撮影禁止でしたが、ガンダムだけはOKでした)
2008-10-25 12:50 | カテゴリ:日本旅行いろいろ
20081025125015
なかなか水沢うどんにたどりつけずで、足湯見つけたので立ち寄り。
2008-10-25 12:36 | カテゴリ:日本旅行いろいろ
20081025123605
20081025123602
20081025123600
20081025123558
20081025123555
さっきのタコ焼き屋は頂上じゃなかった(T_T)
この神社が頂上でした。
そして温泉まんじゅうも食す。
できたてホカホカのまんじゅうは、いつも食べてるまんじゅうとは一味も二味も十味も違う!!
石段をひいこらひいこら登ってきた甲斐がありました。
おみくじは小吉だったけど。
2008-10-25 12:18 | カテゴリ:日本旅行いろいろ
20081025121801
20081025121759
20081025121757
20081025121755
20081025121752
20081025121750
伊香保観光に来ました~
どこまでもーかーぎーりなく~♪つづーいてく石段 登り続けたの♪(T_T)

頂上にて「伊香保焼き」というタコ焼きを食しました。
美味すぎ!!これは絶品!!!
このために登ってきてよかったです。
私達は最初からタコ焼き目当てで来たけど、そうでなくてもこのお店から漂う香りをスルーするのは難しそうっ。

さて、タコ焼きはおやつ。だって1人3個ずつだからね。
これから名物の「水沢うどん」を食べに行きます。
2008-10-25 11:14 | カテゴリ:日本旅行いろいろ
20081025111413
20081025111411
20081025111409
20081025111406
榛名山の景色
高い山も、ロープウェイなら早い!
関係ないけど、「榛名山(はるなさん)」って聞くと、なぜか韓国・チェジュ島のハルラさんを連想してしまいます。
2008-10-25 10:55 | カテゴリ:日本旅行いろいろ
20081025105507
20081025105505
20081025105502
20081025105500
朝食と朝散歩の神社と白鳥さんボート
ボートは乗らず、これからロープウェイで榛名山に登ります
2008-10-25 10:37 | カテゴリ:日本旅行いろいろ
20081025103715
20081025103713
20081025103711
20081025103709
20081025103707
20081025103704
昨日の夜の食事&旅館前の写真
部屋もお風呂も食事も、事前に予想してたより遥かによくて満足!
「部屋でご自由にお読みください」の本棚がフロントに用意されてるのは、旅館泊まりの際には嬉しいサービス。
浴衣でコナン三昧しました♪
2008-10-24 13:10 | カテゴリ:日本旅行いろいろ
20081024131040
20081024131038
20081024131036
20081024131034
ミニ水族館と足湯で、しばしの休憩♪
2008-10-24 12:12 | カテゴリ:日本旅行いろいろ
20081024121253
20081024121251
20081024121248
るるぶに載ってた焼きカレーのお店、「亜詩麻」
焼きカレーっていうか、要するにドリアンだったかなf^_^;
普通においしかった。
これから今日の宿泊地の秘湯に向かいます。
秘湯は山奥なので電波入らないかも・・・
2008-10-24 11:25 | カテゴリ:日本旅行いろいろ
20081024112519
金曜の今日、1日だけ有給とって、2泊3日の群馬旅行!
今回は帰ってからまとめて書くのでなく、写真撮りながらのリアル更新に挑戦してみる。
ご当地スティッチ探してるけど未だ見つからず~
2008-10-19 23:18 | カテゴリ:日本旅行いろいろ
韓国旅行記もまだ半分を過ぎたあたりですが、飼い主と2人で仙台旅行に行ったので、覚え書きも兼ねて旅行記をば。
1泊2日なのでこの記事のみです。

仙台までは高速バスで4時間弱くらいかかります。
意外と遠い。

11時、仙台着。
バス停の前に大きなディズニーストアがある♪
後で寄ろう。

仙台と言ったら牛タンでしょう!ってことで、まずはさっそく牛タンのお店へ。
向かっている途中に目に付くのが、風俗店の数
看板が大きいな~って印象持ちましたね。
お嬢様募集系の分厚いフリー雑誌があったので、物珍しくてもらってきてみました。

さて、今の私は性欲より食欲です。
20081019211628

太助。

前回仙台に来た時は、これまた有名な『利久』で食べたのですが、この時は開店11時半まで並んでたんですね。
今回もお店到着時点で11時10分くらいで、開店は同じ11時半だったので並んで待つつもりでいたら、店の中から従業員さんが出てきて「どうぞー」と言ってくださり、開店前に入れました。
注文するは牛タン・テールスープ・麦飯がセットの定食。

20081019211625

待ってました!
炭火で焼いたこんがり感がしっかり感じられ、塩だけのシンプルな味が牛タンのうまさをひきたたせる。これは美味なり!!
個人的に惜しむべくは、喫煙OKなトコかな。
牛タンのいい香りが、たばこの匂いで消されてしまう気がする。
だけどそれ以外はホントにおいしくてよかったです。

満足して店を出て、るるぶ片手に「豆乳茶屋」と「肉まんの店(名前忘れた)」に向かったものの、豆乳は近くのイベントで出店中とかで店開いておらず、肉まんは改装中^^;


仙台の街を歩いている時に見つけたオモシロ場所。

20081019211633

アントニオ猪木酒場。

20081019211630

猪木。
人通り激しい中、ばっちりこの隣で「猪木顔」して写真撮ってきましたよ。


さて、今回仙台に来た目的はこちらでした。
20081019211635

劇団四季ミュージカル 美女と野獣。
飼い主が観劇好きなので、その影響で何度か見てます。
基本私はヒッキーなので、自分ひとりだったら100%観劇は行かないと思う。
実際に行くと面白いので、なんでも体験してみるものです。

『美女と野獣』は、ディズニー映画を舞台化したもので、映画は見ていたのでストーリー自体は全部知ってます。
舞台装置がすごいとのことなので、期待。
しかも1階6列目という、双眼鏡いらずな良席。

舞台は、本当に華やかで美しかった!
最初の王子様→野獣に一瞬で変身するところも、ずっと凝視していたにも関わらず仕掛けわからなかったー。
途中途中の歌とダンスも本当に高い技術力・歌唱力で魅せてくれて、2時間50分という長い舞台にも関わらず、まったく飽きずに見ることができました。
野獣がたまにコミカルなところを見せるのにも笑えた。
衣装も、約30人の出演者に対し、約260着の衣装が用意されているとか
華やかなだけじゃなく、細部まで凝りに凝っています。手抜き一切なし!
行きのバスで、iPodで美女と野獣のサントラ聞いて行ったので、曲もよくわかってよかった。
ラスト、ベルと野獣が正装で現れてハッピーエンドのシーンで、感動で泣いてしまいました。

大満足して劇場を出たのは16時。
ここで、なぜか仙台に来てるのに、1時間半カラオケに行く私たち。
というか、カラオケ好きの私のたっての願いだったんですけどね

18時ちょっと前、カラオケから出るともう真っ暗。
ここで、仙台のもうひとつの名物である冷やし中華を食べに行く。
仙台では冷やし中華を一年中食べれるとか。

向かったのは中華料理屋・龍亭。
しょうゆだれとゴマだれをひとつずつ注文。

20081019211637

具は別盛り。

20081019211639

冷やし中華。
冷やし中華をお店で食べるのは初めてだけど、やっぱり家で食べるのよりおいしいです。当たり前だけど。
ちなみに、これは晩ご飯でなくおやつね。
この後、宿泊先である飼い主のお友達夫婦の家へ向かい、みんなで韓国料理屋へ
ついさっき冷やし中華を食べたとは思えないくらいモリモリ食べる飼い主&ぷっく。



2日目

この日はお友達夫婦と一緒に夕方まで行動。
まず向かったのは感覚ミュージアムという博物館へ。
感想・・・一回は行くの楽しいかも、でも二回目は・・・以下自粛。

お昼ごはんは、荒狗路という食事処。
もんのすごく広くて、看板には「和食・焼肉・回転寿司」と大きく書いていて、期待より不安が・・・。

20081019211641


20081019213232

予想に反して(?)美味でしたっ。

市内に戻り、ご夫婦とお別れ、駅に向かいます。
次の目的は甘味。
駅構内にある「華々美人(ファーファーメイリン)」というオリエンタルカフェ。
15時という時間なのに、店内はかなり混んでます。3時のおやつ?

20081019213229

デラックスマンゴーアイスシャワー。
細かいかき氷の上に、マンゴー・タピオカ・アイスの乗ったデラックス版。ちょっとパッピンスっぽい?
下が氷だから味がないのかなと思いきや、甘いマンゴーソースが下までしっかりしみこんででおいしいっ。
これはものすごくヒットでした。香港を思い出す。新潟にもほしい~!!

大満足してお店を出て、向かうは駅3階の牛タン通り。
昼ごはんにあんなボリュームのあるものを食べて、デザートも食べて(まぁ2人でひとつ食べたけど)、最後に牛タンを食べるつもりですが何か?

お目当てにしてた『利久』、16時前という時間なのに、予想に反して長蛇の列!
牛タン通りというだけあって他にもお店はたくさんあるのに、私たちが通った時は利久だけが列をなしてました。
バス時間考えると間に合わないので、ここは残念だけど諦める。
隣の「伊達の牛タン」というお店へ。


20081019211644

利休には行けなかったけど、ここも十分おいしかったです♪♪

食べ終わるともうバス時間間近。
今回はミュージカル観劇のために行った仙台、ここまで休みなく動き回る食べ歩き旅になるとは予想外でしたが、大満足っ。
そしてバスの中では寝倒して、帰宅と同時に一気に書き上げちゃいました仙台旅。
早く韓国旅も完成させたい~
2008-10-17 21:31 | カテゴリ:ネイル
今週ネイルサロンに行ったので、画像載せます
その前に、前回の画像をまだ載せてなかったのでここで蔵出し。

20081017211913

9月ネイル。
ピンクベースに、先端シルバーラメ。
季節感はないけど、定番な感じ。
過去2回は見本からそのまま選んでたけど、今回初めて「このピンクベースに、このラメ乗せてください」とオーダーしました。
自分のカラーセンスに自信があるわけじゃないので、変な組み合わせ選んでないかドキドキだったけど、なかなか綺麗かなっと思ってます
ラメ&グラデーションが好き



20081017211916

今回は10月ということで、ハロウィンをイメージして「クリアベースに先端オレンジ」を頭に描いて行きました。
仕事上、派手派手なオレンジはできないこともあり、ピンクオレンジをチョイスでハロウィンのイメージにはなりませんでした。
それに色もおとなしめで、色味が好みでないこともあり、施術直後は「う~ん」って感じでしたが、時間が経つにつれ気に入ってきました。
今は超~お気に入り♪
秋っぽいし、キラキラして綺麗だし、お気に入り度は前回以上かも!?
ずーっと見てても全然飽きない、自己満足満足。
ベースはゴールドラメ。
先端のピンクオレンジにもラメを混ぜてもらい、さらにちょっと大きめのラメを境目に少し乗せてもらい(自分ではハロウィンのキャンディーのイメージと思ってます)。
色が薄めなので、「ハロウィン」じゃなく「ハロウィン風」と名付けてみた。

今までずっと暖色系だったから、次(11月)は寒色系にしようと思ってます。
12月はもちろんクリスマス
2008-10-14 19:38 | カテゴリ:日本映画関連
20081014184622


はい出た、気に入れば一気にハマってどっぷり深く好きになる私のクセ。
しっかり「ハチクロ」カテゴリまで作ってしまいました。

で、買ってしまいました、デラックス版DVD
あぁ、もうホントに大好きだよこの世界観。
これでいつでも会えるのね。

映画で使われてる、スピッツと嵐の曲もiPodに入れちゃいました。
DVDの醍醐味といえば特典映像やコメンタリー、これから見まくるぞ。
群像劇って、見る方がそれぞれ誰かに共感できたりして話が広がるのがいいな。
シーンもたくさんあるから、それぞれ人によって好きなシーンもバラけそうだし。

実は1回しか見ていないので、じっくり見て好きなシーンとか検証したいです。
あぁでも韓国旅行記も書かなきゃだし、色々やることが多すぎる~~

2008-10-11 11:13 | カテゴリ:2008なつinかんこく
7/16(水)

18時、バスに乗って晋州(チンジュ)へ、19時15分晋州着。
今夜の宿は、「ベルサーチェモテル」というところです。

晋州モテル

照明は暗いけど、広いし快適。
さて、晋州に来た目的はただひとつ!
それは、晋州名物・ユッケビビンバ

ビビンバといえば全州が有名ですが、実は晋州もユッケビビンバの名産地なんですね~
ということで、 ガイドブック片手に晋州の街へ繰り出す。
向かうは有名店「チェイルシクタン」。
「チェイル」は漢字で「第一」と書き、No1って意味です。
私が地図を預かってグルグル回してみるも、「さっぱり分からない」。

少しだけ迷ったけど、市場のアジュンマに場所を聞いて、20時、無事着。
アジュンマ、私が「チェイルシク・・・」しか言わないうちから場所教えてくれて、有名なんだな~と期待高まる。
どのガイドブックにも載ってる有名店だから、立派な店構えを想像していたら、
市場の中にあってびっくり。

チェイルシクタン1

お店の中は、ごま油のいい香り~。
席につき、ユッケビビンバ2つ注文します。
かなりあっという間に出てくるビビンバ。

チェイルシクタン2
ユッケがた~っぷり!!
食欲そそります!!

一生懸命ビビって(=かき混ぜて)、口に運ぶ。
あまりのおいしさに、言葉を失う私たち。
ソウルの石焼ビビンバとも、全州ビビンバともまた違う種類のおいしさ。
ユッケが乗ってるというアドバンテージを差し引いても、味付け最高!
飼い主がぼそっと「タッカンマリ超えたかも・・・」

お店のアジュンマが前に座って、フレンドリーに話しかけてくれる。
「このお店のユッケビビンバを食べるために日本から来ました!」と力強く語る私。
いや~、来たかいがあったよ。

ここは24時間やっていて、朝4時~11時まではヘジャンググ専門店、
11時からはビビンバ専門店になるらしい。
飼い主が、ガイドブックに寄って時間違うからどうしてだろうと思ってたそうですが、
これで謎はすべて解けました。

ビビンバって結構お腹いっぱいになるもので、満足してお店を出る。
時間は20時過ぎている。
ところで、ここ晋州にはもう一件、有名なユッケビビンバ専門店があります。
ここで飼い主と打ち合わせ。
「晋州なんてめっったに来ないよね」
「多分二度と来ない気がする」
「ユッケビビンバ、超うまかったね」
「うん」
「・・・行っとく?」
「・・・・・・」

ホテルとは違う方向に歩きだす私たち。
20分後。

チョナンシクタン
『チョナンシクタン』というお店のビビンバ。
えへ。
ここも前の店とは少し味が違い、でもどちらも甲乙つけ難いうまさ。
また、ここでは「牛の血を固めたスープ」がついてきたのが印象的でした・・・。

驚いたのは、飼い主が、前の店からここまで、一度も地図を見ずに感覚だけでここにたどり着いたこと。
初めて来る街なのに・・・
私は何度来ても迷うのが得意なので、驚くばかりです。

ビビンバを1時間足らずの間に2杯完食して、お腹ははちきれんばかり。
でも2件ハシゴしたのは、今考えても英断でしたね

お腹がふくれたので、腹ごなしも兼ねて夜の晋州を散歩。
・・・とか言いつつ、画像はないけど、ここでバスキンロビンス(アイスの31ですね)を食べました。

めがねなしカーネルサンダース
めがねなしカーネルサンダース。


晋州地下街
晋州地下街。
韓国の地下街は魅力的です。


地下街ミッキーショップ
この『ミッキー』のスペル、初めて見る気がするけど・・・これってムキョKa・・・??

21時半、モテル戻り、23時20分就寝。
この時点でもお腹ふくれてたけど・・・ま、気にしないっ。
続く~
2008-10-08 12:26 | カテゴリ:日本映画関連
DVDレンタルで見ました、映画『ハチクロ』。
いや~、もう良かった!!!
泣く泣く返却しましたが、購入してしまいそうな勢いです。

キャスティング、構図、セリフ、音楽、ナレーション、空気感・・・もう爆発的に完璧です。
嵐の『アオゾラペダル』は、歌詞が映画とマッチングして素敵なんで、エンドロールでなく劇中で聞きたかった気もしたけど・・・でもそうすると、桜井くんが『嵐の桜井くん』に見えてしまうから、やっぱりこれでいいのかも。

アマゾンのレビューとかブログとかでは、やっぱり原作ファンには評価低かったですね。
原作モノの宿命ですから、これはいい悪いじゃなく仕方ないです。
実は私、逆に原作にはハマれずだったので、映画にも違和感を感じなかったのかな。

あとは『登場人物が恋に落ちる理由が薄い』みたいな感想もあったけど、それは反論したい~!
そんなの、本人だってわからないもんじゃないですか。
ナレーションが一人に固定されていないのもよかったですね。
私は森田さんに惚れました。

『クローズドノート』に続き、お気に入りの日本映画が出来てよかったです。
それにしても、『クローズドノート』『ハチミツとクローバー』が好きって、もろに趣向が出まくってますねf^_^;
2008-10-01 22:18 | カテゴリ:2008なつinかんこく
7/16(水)

忙しさで旅行記書けないうちにもう10月!
ピッチあげなきゃっ。


8時起床。
泊まった順天のモテルは、なぜかもんのすごく防虫剤臭かったけど、PCもあり(何度もいうけど95だけど・・・)なかなか快適でした。
日本だとできない『飛びこみ泊まり』、外国ではできるのはなぜだ。

9時15分モテル出て、近くの粉食屋でキムパプ(韓国海苔巻き)を食す。
私たちが店内でキムパプ食べてると、オシャレなカップルがキムパプをポジャン(漢字語で包装、テイクアウトのこと)していく。
若い人達でもキムパプを気軽に買っていくのね~なんてほのぼの。

順天駅
順天駅。
この看板見てるだけで、また韓国に行きたくなる・・・

9時45分、本日のメインイベント『順天ツアーバス』に乗り込む。
順天の名所は点在しているので、ツアーバスを利用するのが効率よく回れるとか。
平日なのに20人くらいいる。
おばあちゃんと孫、若い女の子2人組、若いカップル、あと一人で参加している学生さんなどなど。
さっきキムパプを買っていたカップルがいたのにびっくり。

このバスで、私の斜め前に座っていたキッズ(推定5歳)に何故か気に入られ、何度かお菓子をいただきました
超青田買い♪と思ってたけど、キッズにはすぐに興味失われましたね・・・

最初に到着したのは、ドラマ「愛と野望」オープンセット場。
このドラマは私も飼い主もまったくの未見で、そもそも日本ではDVD化されているのかもわからない作品。
だけどこのオープンセットの規模がすごいらしく、飼い主はものすごく楽しみにしてました。

愛と野望ロケ地1
出演者。


愛と野望ロケ地2

愛と野望ロケ地3
これ、全部セットなんです
ドラマのために、ひとつの街を作ってしまったこのスケール!!
飼い主がいってたけど、新しいピカピカなものを作り上げるんじゃなく、昔の街並みらしいボロボロ感をどうやって出せたんだと。
完全に時空をトリップしたような不思議な感覚。
ドラマを見るのが難しいのが残念だけど、それでも十分に楽しめました。

バスに戻り、続いて向かうは松広寺。
バスの中で、前に座ってたアジュンマから、私と飼い主がとうもろこしもらいました。
しかも一人1本ずつ!
韓国ではアジュンマが食べ物くれたりする、と聞いたことはあるけど、さすがにソウルの地下鉄でモノをもらったことはなく、びっくりでした。
とうもろこし、日本のと見た目は変わらなかったけど食感が違う!
モチモチしてるんです。
韓国では『とうもろこし茶』というのはメジャーだけど、そういえば留学中も含めてとうもろこしを食べたことなかったなぁなんて気づいたりして。
ちなみにとうもろこしは韓国語で「オクスス」と言います。
韓国語(に限らないかもだけど)学習者の方ならわかると思うけど、日本人同士で話してても、お互いが韓国語学習者だったりすると、食べ物とかの名詞って、日本語で話すより韓国語で話す方が通りがいい場合ありますよね。
私たちも、「カムジャ(じゃがいも)」「マヌル(にんにく)」などの単語は、普通に韓国語混ぜて話してました。

さて、松広寺着。
松広寺1
松広寺2
松広寺3
「韓国の寺は、日本のより気概がある感じする」by飼い主
飼い主と一緒に旅行すると、こうしてお寺とか世界遺産とか行けるのがいいです。
もし私が韓国一人旅したら、食事か本屋いりびたりか・・・だけだと思う

ツアーバスなんでガイドさんがいて解説してくださるんですけど、この解説が・・・
まっっったく聞き取れない
かなり呆然。
まぁ、お寺の歴史とかみたいな話は基礎知識がなければ聞き取りは難しいのかもしれないけど、それでもそれでもショックでした
韓国語ジャーナルのCDは聞き取れるのに、それとはまた別問題なのね・・・

それでも集合時間とか場所とかは聞き取れるから、それだけでも役には立つ。
お昼ごはんは自由行動で、好きな食堂に好きに入っていいみたい。
食堂が何件か連なってる場所でお店を物色。
といっても、建物はシンプルでどれも同じに見えるしどこに入ればいいんだろう・・・と歩いてると、店のアジュンマが出てきて「どこも同じよ~、いらっしゃいませー」と呼び込みしてくれたんでそこに入る。
メニューがソウルで見たことないものばかりで驚き!
地方に来たんだな~と実感。

松広寺シクタン1
茶色いのは、「ムク」といって、どんぐりのでんぷんを固めたもの。
枝豆でんぷんを固めたムクは、よくビビンバに入ってます。
辛いタレとほのかな苦味がよくマッチしておいしい~。
これはソウルではなかなかお目にかかれないメニューじゃないかな?


松広寺シクタン2

松広寺シクタン3
このおかずの量!
ひとつひとつのおかずも全部美味で、山の幸をぞんぶんに味わえて。
本当においしかった。
今思い出すと、意外にもこの食堂はかなり強く思い出に残ってますね。
地方ならではの味、ボリューム。
多分もう行くことはない場所だからこそ、さらにまた食べたかったり。

お腹も心も満足し、次に向かうは楽安邑城民族村です。
楽安邑城民族村1

楽安邑城民族村2

ここの自由行動の時、一人でツアー参加していた学生に飼い主がフレンドリーに話しかける。
・・・のはいいんだけど、普通にいきなり日本語で直に話しかけるので、すぐに私が追っかけ通訳。
まぁ、「どこから来たんですか」とか「カメラが趣味なんですか」とかそんな感じなんで、なんとか訳せてホッとする。
松広寺でガイドさんの解説をひとつも訳せず、冷静に「もっと韓国語ができるようになりたいって思わない?」と言われた汚名返上か。
あ、でもこの学生さんも「学生ですか?」って飼い主が聞いた時は日本語で「はい、大学生です」って言ってました。
一人旅の理由は聞かなかったけど、もしかしたら軍隊前の思い出旅行なのかな・・・?

お次は順天湾。
寺と民俗村はまぁ普通だったけど、この湾がなかなか面白かったな。
雄大な景色をのんびり散歩して、気分よい。
基本的に、集合時間だけ決めての自由行動だったんで、みんな気ままに散歩。
前と後ろにペダルがある、変わった形のレンタサイクルがありました。
カップルが乗ってたけど、女の子は全然こごうとせず、彼氏が必死にこいでるのが韓国人カップルっぽくて面白かった。
レンタ屋のおじさんも「一緒にこがなきゃすごく大変だろう~」なんて声かけて。

順天湾1

順天湾2

順天湾カニ
カニだらけ。
ここに一匹だけ、右腕だけが赤いカニがいた。
「右腕だけゆでられたのかな」
「この黒いカニたち、自分がゆでられると赤くなるって知らないんだろうな」
「そうだね、でも人間だってもしかしたらゆでると緑になるのかもよ」とバカな会話をしながら散歩。

あと、ツアー参加者に配られた「Free Pass」ってカードを見せたら、湾にある博物館みたいなところに思いがけず無料で入れてラッキー。
吹き抜け構造のところに、2階まで突き抜ける大きな鳥の模型。
飼い主に「実物大だよ」と言われ非常に驚いて興奮していると、やがてデマだったことがわかりました

さて、一日かけて回ったシティーツアーバス。
解散場所に向かうバスの中で、ガイドさんが
「楽しかったでしょう~?」
と韓国語で問いかけ、みんなで「ネー!(はい)」と。
飼い主、けっこうその光景がツボってる。
アジュンマの一人がガイドさんに、
「どうして『この場所はこうだ、あそこはああだ』って全部覚えてるんですか、すごい!」
と褒める、それに対してガイドさん
「勉強したからですよ、世界で一番簡単なのは勉強ですよ」と。
アジュンマは「世界で一番難しいのが勉強ですよ」と言ってたけど、ガイドさんのいうこともわかるなぁ。
もちろん、すっごく高いレベルの勉強ならまた別だけど、中学校高校の定期テストとかなら、まぁ範囲を覚えればある程度はなんとかなるしね。
努力がそれなりに結果に結びつくっていう意味では「簡単」なのかも。
恋愛なんかその逆の典型的なものじゃないですか、努力したら好きになってもらえるわけじゃないし。
と、「冬ソナ」サントラを聞きながらブログを書いてるせいか思ってみる。
サンヒョク頑張った。

閑話休題。
バス降りる時、ガイドさんが日本語で「さようなら~」と言ってくれて感動。
こういうバスって、一期一会の出会いが嬉しく、そして淋しいんだよね。
別れ際、学生さんの一人が私の耳元でこっそり、飼い主のことを
「恋人ですか?(日本語だったと思う)」
と聞かれ、そうですと答えると、残念そうな顔して冗談っぽく
「別れちゃえ~」みたなジェスチャーされたのが面白かった。
私モテた?(←人はそれを大いなる勘違いと呼びます)

さて、余韻に浸る間もなく、タクシーで市外バスターミナルへ、18時のバスで別の地方へ移動します。
まだまだ濃い夜はこれからです。
後半に続く~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。