-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-27 07:12 | カテゴリ:2008なつinかんこく
ただでさえ長ーくなる私の旅行記、地方旅はとにかく一日が濃かったので、前編・後編に分けます

7/14(月)

6時起床
今日から金曜まで、平日5日間、丸々地方旅!
地方旅は2005年12月にも一度体験済み。
あの頃は留学中で慣れがあったし、言葉の実力も度胸も今よりあったけど、今回は前みたいにできる自信がちょっとなくて、でもやっぱり地方旅は楽しみで。

今回の地方旅は、ホテルも交通手段もいっさい予約なし、
(飼い主が)行き先の計画はたてているけれど途中変更だって自由な気まま旅です。

不安と期待に胸を高鳴らせ、7時にホテルをチェックアウト。
また金曜日にはこのホテルに泊まるので、飼い主のキャリーケースだけホテルに預ける。
私の赤いキャリーケースと、あとリュックで身軽に出発です

旅のお供といえばキムパプ(韓国式海苔巻き)、購入して地下鉄に乗って地下鉄3号線「高速バスターミナル駅」へ。
高速バスターミナル駅についいてはこちら
朝から地下鉄混んでます。

韓国はバス網がすごく発達しているので、地方旅には強い味方。
交通費も電車やKTX(韓国の新幹線)などに比べて安いし、バスは景色が変わるから乗ってて飽きない。
私、日本はひとりで地方旅旅行できる自信がないけど、韓国ならできますもん(笑)

高速バスターミナル駅着、広い!
そして朝から暑い。
京釜線ターミナルと湖南線ターミナルに分かれていて、行き先によってターミナルが違う・・・と、これは飼い主情報。

前回の地方旅と今回の地方旅、何が一番違うかって、飼い主がハングルを読めるようになってしまったことですね~。
文章読んで意味がわかるところまではいかなくても、文字が「読める」だけで、たとえば時刻表なんかは普通に解読できちゃうんです。地名は読めればわかるからね。

前回は時刻表を買ったら、飼い主に「プサンって書いてあるところはどこ?」って聞かれて教えてあげて、そして飼い主が移動計画構築、と二人三脚だったのに、今回は飼い主が時刻表手放さずに計画たててたもんなぁ。
もちろん、「これは『運行時刻』って意味」とか「『始発』って意味だよ」って教えられることもあるけど、それは時刻表なんだから数字並んでるの見て予測もできたり・・・
「もしかして、もはや韓国旅行にぷっく不要じゃね?」とまで言い出す飼い主

バスチケットを買ってバスに向かう。
バスチケットの購入は私の役目です
「優等」か「一般」かを言わないと一番早く出発するバスになるんだけど、この時は何も言わなかったので優等バスに。
優等は高いから失敗した~と思ったけど、これから向かう群山(グンサン)というところは遠いので、乗り心地のよい優等バスにして正解でした。

群山行きバス
ソウル-群山行きバス。

韓国はコリアンタイムと言われるけれど、バスは本数が多いためか、どこに行っても時間ジャストに出発しましたね。

バスキムパプ
バスの中で朝ごはん♪

11時、到着しました群山!
まずは腹ごしらえ、ターミナルの道路挟んで向かい側に密集している食堂を物色。
去年、龍山に行った時にもこうして駅向かいの食堂に入り、そこのスンドゥブが超美味だったのを思い出す。
この日はコングクス食べたかったけどどうやらコングクスのあるお店はないみたいなんで、とりあえず適当に入ってみる。

群山シクタン
手前のは冷麺。
氷入っているのが涼しげです。
おかずは・・・地方にしては少し少なめ・・・かな?


群山シクタンプルコギ
飼い主は韓国で食べるの初めてというプルコギ。

味は普通だったけど、腹ごしらえは十分。市場もちょっと見てまわった後、いよいよ出発です!
さてさて、群山に来た目的、それは『八月のクリスマス』という映画のロケ地散策です。

八月のクリスマスポスター
この映画、私が韓国語勉強し始めたばかりの時、初めて買った韓国映画です。
『映画でハングル』っていう、韓国映画を紹介している白黒の地味な本を読んで、消去法(爆)でこの映画を購入したんでした。
まだまだ韓流ブーム前で、それにDVD自体もまだ今みたい充実していなかったんですよね。
ケースはCDと同じサイズだし、特典映像は皆無!
まぁそれはいいとして、初めてこの映画を見た時には、実は心底ガッカリしたんですよ。(すみませんっ)
当時そんな映画好きじゃなかった私がDVD買ったのは生の韓国語を聞くためだったのに、この映画はセリフがすっごく少ないし、主人公の男女2人とも美男美女じゃないし、ストーリーは平坦だし・・・
でも、今見るとこの映画、すっごくいい映画で、DVD買ってよかったーって今は心から思います。
繊細で深くて穏やかで丁寧で細やかでじんわりとしてて、見終わった後に心に残り、ムダなシーンがひとつもない。
どこかにこういう街がホントにありそう、と思わせてくれる感じ。
飼い主もお気に入りの映画です。
というか、飼い主が企画したこの『八月のクリスマスロケ地観光ツアー!』
飼い主がどこからか(っていうかネットからですけどね)拾ってきたロケ地情報を元に向かう。
でも、遠くて道が分かりづらくてゴールまでどのくらいかの検討もつかなくて、そして何より暑い!!
タクシー使おうか、って意見も出たけど、ロケ地自体が有名じゃなかったら案内もできないし・・・ってことで結局歩く。歩く。荷物引きずりながら40分は歩いたか?
途中で涼しいコンビニに寄って喉を潤しつつ、ある場所の角を曲がると、ロケ地キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
(以下、多少ネタバレあります)


八月のクリスマス通り
今にもジョンウォンとタリムがバイクで走ってきそう。


八月のクリスマス
実際に撮影で使った場所なのかたまたま近くだからかは分からないけど、「八月のクリスマス」という名前の写真館です。


ポプラ跡地
右の緑のところ、木を切った跡です。
最初のシーン、この木の下で、主人公達がアイスを食べました。
ドラマとか映画の主人公達の出会いって妙にドラマチックだったりするけど、この映画は出会いが自然なところもいいんだよなぁ。


写真館跡地
向かい側には写真館。
今はもうなくなってましたね。


チンミシクタン
「チンミシクタン(珍味食堂)」。
映画撮影時は「チンミカルグクス」でした。
ヒロインとその先輩が食堂に入ろうとして、追い出されるシーンですね。


ハンバーガー食べた場所
で、この写真の右側の部分、この手すりに腰かけてハンバーガー食べるシーン。
映画の世界が目の前に広がるのって、予想していた以上に嬉しくて興奮しますね。

そうだ、このシーンで、スクーターに乗った主人公の男の人が現れ、女の子が買い物袋見て話しかけるんですけど、そこの字幕が「春雨だ、おじさん春雨炒め作れるの?」
ってなってるんです。
この映画が日本で発売された頃はまだ今ほどは日本で韓国料理が身近でなかったんだなぁと思わせる字幕。
多分今の時代に翻訳するとしたら、そのままカタカナで「チャプチェ作れるの?」となると思う。
チャプチェが何かわからなくても、かえってそれで韓国料理に興味を持てる気がする。

で、この写真の左側に写ってる校庭が、ファーストシーンやランニングシーンを撮った小学校です。
小学校
記念碑
記念碑もあって嬉しい。
映画ではこのハンバーグシーンと小学校シーンがこんなに近い(っていうか真向かい!)なのはわからなかったのでびっくり。
というか、この映画、撮影箇所がみんな近いんですよ。
こんなにコンパクトに撮られていたのか!と驚き。


刺身屋跡地
ここは主人公が友達と行った刺身屋。
ここもさっきのハンバーガーシーンの目の前です。


立ち○ョンポイント
刺身屋さんの近く、これは酔った2人が立ち○ョンをしたところ(笑)
映画の再現を飼い主にお願いしてみたけど拒まれました(爆)


コーヒーショップ跡地
ラストシーン近くの切ないシーンが撮られたコーヒーショップ。

ロケ地巡りが終わって、さぁ戻るか、と思ったところで飼い主が
「これから山登って群山の街を一望するから」

この暑さで、そして歩き通しで疲れた体にはもうムリ・・・と抵抗むなしく山登り。
ま、山っていってもハンバーガーシーンの横の階段をあがってちょっと坂道を登っただけだったけど、それでも足が・・・
で、展望台から海が見えるかと思ったら木がジャマして海が見えない!ってオチだったけど、でもせっかくなんで行ってよかったと今なら思います。

さて、群山観光は終わり、今度はタクシーでバスターミナルまで戻ります。
タクシーのクーラーがものすごく気持ちいい。
来た道を見ながら、よくこんなに歩いたな・・・と感心。

14時半、バスに乗り、次の目的地へ向かいます。
振り返って見ると半日もいなかったなんて信じられないほど、濃かった群山の思い出。

そうそう、こんなエピソードが。
暑くて人が全然いない群山の街をうろうろしていた時、タクシーが一台目の前で停まりました。
「?」と思ってると運転手さんが車内から、
「観光しに来たんでしょ?これあげる、私が作りました」
とA4の紙5枚くらいにびっしりと何か書かれた紙を渡してくれて、そのまま去って行きました。
見ると、タイトル「私の愛する群山」となってて、群山の歴史、名所などがびっしり書かれている!
しかもタクシーの宣伝とかはどこにもなく、純粋に厚意でくださったみたい。大感激。
突然の予想外のことでびっくりしてカムサハムニダを言うのがやっとだったけど、改めて本当にカムサハムニダ!!

3日目・後編に続きます~。
スポンサーサイト
2008-08-23 12:40 | カテゴリ:2008なつinかんこく
7/13(日)

8時起床。
雨はやんでます。ほっ。
朝から大好きな韓国にいることが心から嬉しい!

8時45分、ホテルで朝食バイキング。
去年は1階のフロント前に食事が用意されてたけど、今年は地下2階のパーティーホール?で食事でした。
メニューはほぼ同じ。
広くて薄暗い部屋、なぜかスクリーンには北欧系の歌手のコンサート映像が。
そのスクリーンの袖が出入口になっているので、舞台から登場する格好になります
私たちが泊まるドロスホテルホテルは、「外国人専用ホテル」と銘打ってるためか、
朝食バイキングは韓国らしさゼロ!!です。
おいしいんだけど、ちょっともったいないような・・・

食事終わり、さぁでかけよう!と張り切る私、でも飼い主はのんびりとトイレ行ったり一生懸命PC接続しようとしたり、結局PC接続できないまま、いったん朝寝に入る飼い主
せっかく来たんだから外に出なくてどうするの!!と言うも睡魔には勝てないようで。
仕方ないので私はテレビ見たり本読んだり。
テレビでは、ドラマ「君はどの星から来たの」やってました。

10時30分、やっとホテル出る。
明日から地方旅行旅がスタートするんで、今日はソウルを回る、んですけど、
今日のスケジュール・食事、一切私には知らされない、飼い主プレゼンツ・ミステリーツアー

大好きな韓国地下鉄に乗る。
今、日本はエコのために公共の建物のクーラーが弱めですが、韓国、そして香港行った時もそうだったけど、冷房はわりときつめですね。

到着したのはアヒョンというところ。
住んでいた新村(シンチョン)、隣の梨大(イデ)はよく言ってたけど、さらにその隣のここアヒョンはあまり来る機会なかったな。
ガイドブックにもそんなに取り上げられない場所かな。
私の中では、アヒョンは「イデ~アヒョンまで続くウェディングドレス通り」のイメージしかないところですが、
飼い主がなぜここを目指したかというと、ウェディング目当て、ではなく(笑)
「タルトンネ」
目当てです。

タルトンネ=直訳すると「月の町」
昔、ドラマのムック本買った時に書いてあったことを要約すると、
「韓国では所得の低い人は山の上などの場所が高いところに住み、金持ちは丘の下などの場所が低いところに住むことが多い」とのこと、お月様に近い町、といことでタルトンネ。
(もっとも、最近は事情が違ってきてるみたいですが)

ただ、ソウルでは今再開発が急ピッチで進められていて、ここもじきになくなってしまうらしい。
来年来たらあるかわかりません・・・。
壁にペンキで「공가(コンガ)」と書かれている建物がたくさん目につき、
「コンガってなんだろ、コンガ、コンガ・・・」
と思いながら歩いていてピンと来た、漢字語で「空家」ですね。
再開発のためかな・・・

あひょんタルトンネ
韓ドラでめっちゃ目にする街並み!
この日は夏真っ盛りで暑くて、しかも私は坂道・階段をちょっとあがっただけですぐハァハァ息が上がってしまう。
私より9つ上とはいえ、普段外仕事で鍛えてる飼い主は息も切らさず。
うぅ悔しい。


あひょん市場
アヒョン市場。



そしてお昼の時間、お昼はなに食べるつもりなんだろう??
飼い主についてくと、

タッカンマリ1
タッカンマリのお店!

タッカンマリとは、特製鶏ガラスープの中に鶏が丸ごと一羽分入っていて、ネギやジャガイモなどの野菜と一緒に食べる鍋料理。まったく辛くないです。
詳しくはソウルナビの記事でどうぞこちら
ソウルナビでは「タッハンマリ」と書かれてて、まぁ間違いではないけど、繋げると「タッカンマリ」と聞こえますね。
「タク」=鶏、「ハンマリ」=一匹。
「鶏一匹」が料理名っていうのが豪快です。
韓国料理の中ではマイナーかな?
同じ鶏料理なら、「タッカルビ」の方がメジャーですかね。
そういう私も、留学時代、というかぶっちゃけ今回初めて食べるまでは完っ全スルーしていた料理でした。
こちらも昨日に続き、ナツさんブログで知ったお店です。
飼い主はお店の場所をナツさんにメールで聞いていたらしい。ナツさん、お世話になりありがとうございます

タッカンマリ専門店なんで、メニューはタッカンマリ一種類に、あとはサリと呼ばれるトッピング、うどんや餅などが載っているだけ。
私たちはうどんサリを注文。うどんは具をある程度食べ終わった後に入れるそう。

店員さんはアジュンマ(おばさん)と、オッパ(お兄さん)とアジョッシ(おじさん)の間くらいの方の2人。
席に着くと、アジョッシがすでに食材が全部入った鍋を持ってきてくれてコンロに置いてくれます。

タッカンマリ3
パンチャン(おかず)。
左手前の小皿に入ってる赤いのは「タデキ」というコチュジャンやニンニクなどが入っている辛い調味料で、これを鶏につけて食べる。
その他、「酢、しょう油、辛子をミックスさせたタレ」「塩コショウ」もあり、もちろんそれで食べてもOK。

タッカンマリ2
この画像では見えにくいけど、「鶏一匹」という料理名だけあって、運ばれてきた時は鶏一匹がそのままの姿(!)で入ってました・・・。
少し火が通ると、アジョッシがハサミを入れてくれる。
こういうの直視できない

食べてもいいタイミングは自分で判断するのは難しいので、店員さんに聞くのが確実です。
「イジェ モゴド デヨ?(もう食べてもいいですか?)」でももちろんいいけど、私は「ター イゴッソヨ?」が通っぽくて勝手に気に入ってます。
「イゴッソヨ」の原形は「イクタ」で、私の頭の中では辞書的に「熟す」ってインプットされてたんだけど、
前に店員さんが「ターイゴッソヨ、トゥセヨ」(火が通りました、召し上がりください)って言ったの聞いて、おぉ熟すとはちょっと違うぞ、生きた韓国語!とインプットされました。
あ、使い方違ったらすみません・・・

さて火が通り食べると、これが
超美味!!!
あのね、鶏肉自体っていうより、魅力はこのスープなの!!!(興奮)
すっごく丁寧にとったんだろうなって思う黄金の鶏ガラスープ、これが涙が出るほどうまいのなんの。
さらにこれにすったニンニクを入れると、魔法のように味が広がって深くなって。
飼い主と2人で感動。

アジュンマに「マシッソヨ?(おいしい?)」と聞かれ、
飼い主「マシッソヨ!(おいしい!)」
私「ノム マシッソヨ!」
飼い主「ノムって何?」
私「とても、すごく」
飼い主「ノム マシッソヨ!」


さて、後半にはククス(うどん)をトッピングを入れる。
これも煮えたタイミングわからず、箸入れると、離れたトコにいたアジュンマに「もう少し待って、麺が黄色くなるまで」と声かけられちゃう。

タッカンマリ4
写真ではおいしそうに撮れてないかもだけど、このククスがさらに美味美味美味!!
絶賛鶏ガラスープとククスがベストマッチ。
ニンニク多めに入れて味わう。
いやーククス入れて大正解でした。
やばい、派手さのないはずのこの料理、すでに昨日の牛肉超えそうだぞこれ・・・

飼い主、アジュンマに日本語でいきなり「日本の友達にこのお店紹介されて来て、とてもおいしい」と話しかける。通訳すると、アジュンマは「昨日日本人のお客さんが10人来たんですよ」と。
いやー、今までタッカンマリをスルーしてたのもったいなかったなぁ。
私、だいたい韓国料理って期待度高、味評価高、なんだけど、タッカンマリに限ってはスルーしてた分おいしさとの差がすごく大きくて、その分インパクト大の料理でした。

感動で意識が半分トリップしたままお店を出る。
このニンニクの摂取量、韓国だからまだいいけどこのカラダで日本には帰れないかも?

来た道とはちょっと違う方向に歩き出す飼い主、地下鉄駅とも方向違うし、、「?」と思いつつ付いていくと、私もなんか妙な気分に・・・
階段上がって開けた景色は、なんと留学時代の下宿前!
おぉ懐かしい、下宿前のラブホ達も健在だ(←そっち?)
外から眺めただけで挨拶とかには行かなかったんだけど、正直・・・よくこんなボロいトコに住んでたな、と留学時代の自分に感心してしまいました

13時15分、教保文庫という大型本屋に寄り、明日からの地方旅行に備え時刻表購入。
あ、2000ウォン値上がりしてるぞ;

日本映画の韓国版DVDが欲しくて探すもない。
そもそも発売してないのか在庫がなかったのかは不明。
欲しいのは「クローズドノート」です。
韓国語版が欲しいので、来年も探そうっと。

14時30分、ピマッコル散歩。
飼い主はこういうのが大好きです。
ピマッコルとは、仁寺洞(インサドン)の入口から鍾路1街(チョンノイルガ)まで伸びている、とっても狭い路地のこと。
昔、王様や高級仕官が馬に乗って道を通るたび、一般平民はその場で止まって頭を下げなけばいけず、忙しかったり面倒だったりする平民たちのために、馬が入れない狭い裏路地を作ったのが由来。
ピ=避ける、マ=馬です。
ここも古きよき匂いがするのですが、タルトンネと同じく再開発地域に指定されていてとっても残念。


さて、3時のおやつは伝統茶&お餅のお菓子で。
「チルシル」という、お餅カフェのお店がお気に入りの私たちです。
チルシル
左が飼い主のお茶、オミジャファ茶アロエ入り、右は私の「高麗人参ハチミツ茶」
飼い主からは「よくそんなの飲めるね・・・」と言われましたが。
さらに右のお餅大福、リンゴと柚子です。ほんのり甘くておいしい

15時45分、ホテルに戻り17時半頃まで休憩。
仁寺洞から歩けるこのホテルの立地いいな。
私は休憩いらないから外に出たいな~、と思うけど、暑い外から帰ってきて涼しい室内にいるとそんな気持ちも多少薄れる

さて、休憩後は清渓川散歩。

080813チョンゲチョン1

080813チョンゲチョン2
私たちの影が写ってる


このまま東大門まで歩く。
日曜日なんで、逆に東大門は平日よりおとなしめ。
飼い主は残念がってたけど、昨日は大雨だったし平日は地方旅だし、次回のお楽しみですね。

さてさて、旅行のお楽しみといえば食事。
夕食は、
焼き魚定食
です(笑)
ソウル2泊3日・初旅行なら絶対食べないようなメニューですね。

入ったのは、アジョッシのお客さんがたくさんいる、超~~~下町っぽい食堂。
お店の前で魚焼いてて、「これ!」と選んで席につくと、魚とご飯とおかずが運ばれてきます。
店内は縦に長くて、机は超密着してて、濃いぞ空気が。
アジュンマ達が忙しく立ち回っています。
ひとりのアジョッシ、注文終わってるのに他の店員さんが何度か「もう注文しました?」と聞きに来るので怒って「シキョッタグ!(注文したってば!)」と叫ぶ。
「シキダ=注文する」は知ってても、こういう時、私なら普通に漢字語の「チュムナダ」が浮かんでしまうけど、ここでまた生きた韓国語ひとつゲット。
でもそんな怒鳴らなくてもねぇ。

東大門焼き魚シクタン
パッと見、派手ではないけど庶民の味がとてもおいしい。
魚はサワラとサンマだっけっかな。(違ったら訂正します)
大好きなエゴマの葉っぱのキムチもあります。
そういえば、飼い主は以前はエゴマあんまり好きじゃなかったのに、この旅では積極的に食べるようになってて驚き。
あの風味に慣れたそうな。
えー、この定食が5000ウォンで、さっきの伝統茶は6000ウォンです。
食事より高いお茶・・・

焼き魚定食、10日間の旅の中で、結局3回(それぞれ別のお店ね)食べました。

食事後、夜のソウルを散歩。
広蔵市場
広蔵市場。
屋台の前を通った時、店員さんが日本語で「どうぞー」と言って、食べてたお客さんも日本語で「おいしい、さしみ、ハハハハ」と声かけてくれたり。
飼い主は大学時代に初めてソウルに来て、どっかの市場に連れてってもらい、そこがとても印象的だったけどどこか分からなかったそうな。
で、それが広蔵市場とこの旅で気づいたそう。
10年の時を超えた出会い、いいですなぁ。

ホテルに戻る前に、食後のデザート(爆)。
バーガーキングのパッピンスです。
パッピンスとは韓国式かき氷で、缶詰フルーツとかアイスが乗っているもの。
専門店もあるけど、夏にはマック・ロッテリア・ケンタなどのファストフードにも登場します。
いつも思う、これ日本でどうしてやらないんだろうー。
ボゴキンパッピンス
バーガーキングは、韓国に来ると「ボゴキン」といいます。

19時45分にホテル戻り、22時には就寝。
早いけど、明日からの地方旅に備えます~
2008-08-20 21:40 | カテゴリ:2008なつinかんこく
7/12(土)

6時20分、起床。
楽しみで早く目が覚めるかと思いきや、前日夜遅かったせいか結構泥のように寝てたみたい。
今日から10日間の韓国旅行♪♪
とにかく事故に遭わず無事に帰って来られることを望みます。

機内に持ち込むものと預ける荷物を分ける作業を急いで行い、朝食バイキングへ。
去年はDS持参したけど、今年は持って来ませんでした。
去年よりキャリーケースが小さかったんでね。
私はまぁ大丈夫だったけど、飼い主的には持参した方がよかったと旅中で言ってたので、来年韓国に行く時は(←え?)持ち込もうっと。

「機内食もあるし、バイキング食べると昼の韓国料理が入らなくなるかも・・・」と躊躇しつつ、おにぎり数個(!)食べる。
隣のおじさんおばさんが韓国人で、話に耳を傾けるもののあまり聞き取れず
おばさんは、首にミッキー形のMP3をかけていました。
日本で見かけたことのないミッキーMP3、韓国では数人がつけてました。

今ググってみたら、日本でも売ってるんですね
ディズニー大好きなのに知らなかった・・・

mickey_mp3_player
かわいい!
でもiPod買っちゃったから買えないなぁ。
MP3とiPodの違いがよくわからないけど。
そしてスティッチのが出たら・・・買わないとはいえない。

7時50分にホテルを出て空港に向かう。
といっても、元々空港近くのホテルに泊まったので徒歩数分。
2日連続で飛行機に乗れて嬉しい


セントレア空港で目を引いたのはこちら!
フー
可愛いというかほんわかというか。
この「なぞの旅人フー」はセントレア空港のオリジナルキャラクターのようです。
HPはこちら
フーグッズもたくさん売ってましたよ。
でもこのフー・・・どう見ても某教育テレビの人気アニメのキャラ「電○゛」に似てるでおじゃる。

電ボ
わたくしをよびましたか?


名古屋名物はひつまぶしだけ、と昨日のブログに書きましたが、すっかり忘れてたけど空港内で
「山ちゃん手羽先」
を食べていましたっ。
肉の味よりコショウの味が強かった気はしたけど、名物うまし!って感じでした。

ここでもラウンジで少し時間を過ごす。
セントレアのラウンジは新潟空港のラウンジに比べて広くて飲み物もたっぷりあって豪華!
驚いたのが、生ビールが飲み放題!生ビールですよ生ビール。
私はビールが飲めないのでジュースを飲んでましたが・・・

9時出国手続きをして飛行機に乗り込む。
ソウル行き飛行機
手前のJALが、私を夢の地へといざなってくれる魔法の翼です。
前回の韓国旅行から、旅にはビデオカメラを持参して、記録を動画でも残すようにした私たち。
飼い主はここから飛行機撮りながら
「このビデオテープが飛行機の中から発見されてマスコミで流されるんだよ・・・俺たちの生前最後の映像・・・」
なんてフキツなことをのたまう
いやせめてせめて、そういうことになるなら帰りの飛行機にしてくれぇ。

コリアンエアーよりは「韓国に行く!」って感覚が少ないJALですが、機内に乗り込むと何誌かおいてある新聞の中にちゃんとありました「朝鮮日報」!
ほとんど読めないけどしっかり頂いて席につく。
くつろぎながら新聞見ていると、客室乗務員のお姉さん(日本人)が来て、
「すみませんアンケート実施してるんでご協力いただけますか?」
とボールペンと紙をくださる。
見るとオール韓国語のアンケート用紙、飼い主と私はお姉さんが去ってから大爆笑!
朝鮮日報持ってるから韓国人と間違われたのか?でもそのわりには普通のスピードの日本語だったし、、
アンケート内容はごく普通にJALの乗り心地・機内食・乗務員さんの接客態度などを書くもの。
いつもJALにはお世話になってますもの、きちんと記載して提出しますっ。
機内はデジカメ禁止なんでアンケートを撮影できなかったのが残念。
そしてアンケート記入のお礼は一緒に配られたボールペン。

20080820222632.jpg
JALブランド
(※機内でなく自宅撮影です)

楽しいハプニングに胸を躍らせつつアンケート書いてると、離陸時間です!
ここで一生懸命アンケート書いてたら、離陸なんでテーブルを元の位置にお戻しください、と注意受ける。
浮かれて基本的なことを忘れてた、ごめんなさい

9時30分飛び立つ飛行機
何ヶ月も前から待ったこの瞬間♪
天気も良いので気持ちいい。
機内案内で「韓国までのフライト時間は1時間○分(時間は忘れた)を予定しております」と流れ、韓国の近さを実感。

ところで、香港では飛行機内にひとりひとつテレビが着いてましたが、韓国は近いのでテレビはありません。
で、機内音楽も聴けないものと思い込んでたら、イヤホンもらえば聞けるんですね
それを知ったのが帰りの飛行機だったんで、行きは音楽は聞かず。

機内食
機内食。
炊き込みご飯好きです。

機内食も良いんだけど、すでに心は韓国に飛んでいる私、
「昼は何食べる?何食べる?」
とうるさいぷっくに飼い主は怒!

事前に自分の食べたいものを羅列して飼い主には伝えてあり、順番などは飼い主構成になってました。
結局、私がこの旅でもっとも食べたかった料理を最初に食べに行くことになり、飛行機の中で狂喜乱舞!!

11時30分、飼い主がビデオカメラに残したフキツな予言を覆し、無事ソウル・仁川空港着
来たぜ韓国!
うーん、日本よりもずっと私の肌になじむこの空気、勝手に「ただいまー」と挨拶したくなります。

市内までは当然バスだよね、と思っていたら、仁川~金浦間を結ぶ空港鉄道が開通しているですと!?
・・・韓国大好きを自認しているのに、ちっとも知りませんでした・・・恥。
しかも2007年3月に開通、つまり去年韓国に来た時はもうあったと。
去年は金浦空港に直で着いたから使う必要なかったのね。
留学時代は遠くになりにけり。
空港鉄道・A'REXについてのソウルナビの記事はこちら
・・・ちなみに、A'REXって、「アレックス」って読むんだと思って今までずっとそう読んで呼んでたけど、
今の今、ソウルナビの記事見て初めて知った「エーレックス」ですか・・・orz

12時15分、A'REX乗車。
A'REXの切符は厚紙で立派です。
これ記念に欲しいなぁ、駅で回収されちゃうのは惜しいなぁ、しかしなんでこんな立派な切符?
結局自動改札で普通に回収されましたけどね。
あと、これも帰りに知ったけど、T-money(日本でいうスイカのようなカード)が普通に使えました、A'REX。
室内は清潔!快適!
作りはロングシートで、地下鉄をそのままバージョンアップさせたような感じ?
音は出ないけどテレビも付いてる。
あと日本語の案内も流れてました。
天気は曇り、あんまりよろしくないなぁ・・・
まだ景色が牧歌的なためか韓国に来た!って実感がわきにくいけど、じわじわと喜びがにじみ出る。

12時50分金浦空港駅着、T-moneyをチャージして地下鉄へ。
韓国の地下鉄見ると、やっぱり「韓国キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!」って実感しますね。

そうだ、今回旅行に来て、大部分の地下鉄駅に、転落防止の透明二重ドアが取り付けられていました。
新しい地下鉄だけじゃなく、前からある駅にも。
留学してた時には確かになかった市庁駅にもありました。
後付けで設置するのは大変そうだなぁ。
地下鉄のない新潟に住んでるのでわからないけど、日本でもこのドアの取り付けって進んでるのかな。
たまにではあるけれど、酔っぱらって落ちた・突き落とされたってニュースがよくあるから、お金かかってもこういう防止策を取っていただけるのはありがたいですね。

5号線からガタゴト地下鉄に乗り、鍾路3街駅下車。
うわーなじみのある景色
去年からソウル滞在では定宿にしようと決めたドロスホテルへ。
ドロスホテルの最寄り駅は地下鉄1・3・5号線の乗換駅・鍾路3街駅だし、仁寺洞も明洞も歩いて行けてアクセスに便利だし、フロントの方もとっても親切だし、オススメです。
ドロスホテルについてはこちら

14時20分、チェックイン。

ドロスホテル室内
室内。

荷物置いたと同時に「お腹すいた!さぁ食事に行こう!」とせかすぷっく、「疲れたから休ませろ」という飼い主。
ぶー

ここでトラブル発生、持参した旅行用PCを部屋のLANケーブルに繋いだのですが、何度やってもネットに接続されず、
「ページを表示できません」
の無情な画面が出るばかり。
去年は普通に接続されたのに、旅行用に修理までしたのに、重い思いをして持ってきたのに~とパニック状態。
このPC問題が解決するのは数日後なんですが、また後日。
これじゃ今から行くお店の行き方も調べられない・・・、あ、でもこのホテル2階に無料PCコーナーがあるんだった
無事調べてやっと出発!!
向かうは地下鉄2号線の弘大駅にある牛肉専門店「ポンガ」です。

地下鉄出口に着くと雨。
でもそんなに降ってないし、走れば大丈夫、やみそうだよね、と判断。
ポンガは予想以上に簡単に見つかりました。

この「ポンガ」というお店、ブログを通してお友達になったナツさんのブログで知って、また去年直接お会いしてお話聞いてずっと恋焦がれてました、ポンガ。
ホントは去年の韓国旅行で行きたかったんですけど時間が足らず行けませんでした。
つまり1年越しの夢です、1年間ポンガのことを考えて生きてきました。
そんなポンガについてのソウルナビ記事はこちら
この1年で、この記事何回見ただろうか。
実は韓国で狂牛病由来の「牛肉デモ」が起きていると聞いていたので、もしせっかく行ってお店やってなかったらどうしようと凄く不安だったので、営業していて一安心。

韓国=焼肉というイメージも、韓流ブームで韓国のことが知られるようになってからは薄れてきてると思いますが、韓国で肉といえば牛よりは豚の方がどちらかというとメジャー。
なのであんまり韓国では牛肉食べたことがないです。

席に着き、焼肉2人前と、これまたナツさん&ソウルナビ見て楽しみにしていたテンジャンチゲを注文。


ポンガ1
肉&野菜。
こうして野菜がたくさん来るのが韓国焼肉でございますよ。


ポンガ2
でも、普通ここまでは野菜が来ません!
皿の幅、机と同じだし・・・
この野菜が運ばれてきた時、飼い主は食事をビデオ撮影中だったんですね。
野菜の到着に気づかなかったみたいで、時間差で気づいてビックリしてました。
定番のサンチュとエゴマのほかに、名前も分からない葉っぱがちらほら。
でもサムパプ屋では見かける葉っぱですね。

ちなみに、こーんなに野菜が来てるにも関わらず、サンチュとエゴマは一回だけおかわりしました。
もちろん完食ね。
野菜をたくさん食べれるから、私は韓国の焼肉が好きです。野菜大好き。

あと、手前に写ってるこのトンチミ(水キムチのようなもの、多分)が最高に美味でした!!
10日間の旅の中で何度かトンチミを口にしましたが、ここのトンチミがダントツ一位でしたね。
もちろん、これは別注文でなく、お肉頼むと自動的に出てくるものです。
からーーいモノ食べた時って、お水飲んでも実はあんまり効かないけど、このトンチミ飲むと一瞬で辛みが消えて助かりました。


ポンガ3
お肉は機械でスライスしてあって薄いので、あっという間に焼けます。
待たなくていいのは嬉しいけど、急いで焼くとすぐなくなっちゃうから、少しずつ載せるのが良いかな。
焼肉ひっくり返すのがニガテな私でも、ここのお肉は簡単に扱えてよかったです。
韓国焼肉は葉っぱに包んでいろんな具を乗せて食べるものだけど、せっかくの牛肉なんで何枚かはそのままつまんだり。


ポンガ5
こちらはテンジャンチゲ。
テンジャン=みそ、チゲ=鍋。
韓国風みそ汁と訳されてる場合も多いけど、ちょっと違うかなー。
牛肉専門店らしく、このチゲには牛肉が入ってます。
他のお店のテンジャンチゲと違ってかなり辛くて、この辛みとさっき書いたトンチミがベストマッチ。
うめーだよー。


ポンガ4
これはですね、テンジャンチゲを頼むと自動で出てくるもの。
・刻みサンチュと豆もやしなどの野菜が入ったボウル
・ご飯
・コチュジャン
が別々に来て、自分でボウルにぶっこんで混ぜて食べる即席ビビンバ!
もちろん、テンジャンチゲの汁を入れてもOK。
綺麗に盛り付けられたビビンバもいいけど、こういうセルフな感じのも庶民的で良いなぁ。
韓国ドラマ見てると、たまに失恋した女の子がヤケになってこのボウルビビンバを食べてるシーンが出てきますね。

お店にかかってた垂れ幕に「ランチタイムで韓牛ユッケビビンバ6000W」って書いてあったのが気になった。
来年は食べよう。

しょっぱなのしょっぱなから一番食べたかったもの食べちゃって、しかもそれが予想通り、いや予想以上に美味で、これから10日間これ以上のものに出会えなかったらどうしよう・・・と不安になる。
もちろんその不安は杞憂に終わり、これからたくさんのおいしい食べ物に逢うことになるのですけどね。

さて、食事している時からどんどん強くなっていった雨足。
16時20分にお店出る。
日本では急に雨が降るとコンビニに駆け込んで傘を買う、と言う人が多いと思いますが、
韓国では雨が降るとどこからともなく!路上に傘売りが現れます。
それを知ってたんで、この旅ではあえて日本から傘を持参しませんでした。
1本3000w(350円くらい)とはいえ、それでも出費は出費だから雨降らないこと願ってたんですけど、いきなり雨か~
傘を一本だけ買ってホンデの街を散歩しようとするも、あまりの雨に断念。
ホテルに戻ります。
と、その前に。

レッドマンゴーナッツ入り
「レッドマンゴー」というアイスクリーム専門店。
これ、ヨーグルト味のアイスです。
トッピングを5つ選べるのですが、ナッツを選んだら飼い主に
「ヨーグルトとナッツは合わない
と激怒される

18時、ホテル戻り。
飼い主は休憩、私はひとりで本屋に向かう。
韓国の街をひとりで歩いてると、すぐに住んでるような錯覚になります。

本屋をゆっくり回る至福の時間。
今は新潟市立図書館に韓国語書物がたくさんあるので買わなくていいかなーと思ったけど、せっかくなので一冊だけ購入。
ホントはもっと見てまわりたかったけど、なぜかここで軽くお腹が痛くなり退散。
いきはよいよい かえりはこわい。
大雨の中、腹痛でホテル戻るのはちょっとキツかったかな。
ま、すぐに治りましたけどね

1時間くらいの本屋巡りを終え、inホテル。
せっかく韓国に来たんだからとにかく外に出たがる私10日間もあるし、大雨だから部屋で休みたい飼い主。
しぶしぶ19時20分~20時50分くらい飼い主はお夕寝、私は本を読む。
って、まだ晩ご飯食べてないんですけど~!?
そして相変わらず雨の中やっと外へ。
何を食べるか散々迷った後、結局入ったのは「キムパプ天国」という粉食屋。
粉食屋、というのは、まぁ粉モンを食べれる24時間やってるお店。
「こういうのは、前半にゼイタクな食事をして、後半さぁ何食べようかって迷った時に入るものだよね。それをしょっぱなから・・・」という飼い主の突っ込みはもっともである。
しかも21時50分に炭水化物。


キムパプ
キムパプ=海苔巻き。


トッポキ
トッポキ。
実は大好物。


チゲ
まだ食うか!


さすがに、キムパプとトッポキは少しポジャン(包装、持ち帰り)しました。

22時20分ホテル戻り、0時30分就寝。
雨だけは残念だったけど、日本から韓国に無事やってきましたね~。
旅は始まってしまうとあっという間とはいえ、今回は10日間ありますから。
旅行記2日目に続きます
超長くなってすみませんっ

2008-08-17 13:49 | カテゴリ:2008なつinかんこく
すでに旅行から1ヵ月以上たってしまいまいたが、少しずつ旅行記を書いていきたいと思います


7/11(金)

私の会社は、7,8月のうち5日間、夏休みがとれます。
その夏休みを利用して、10泊11日の韓国旅行!


7/11(金)、この日は朝から仕事です。
キャリーケースを持って会社へ行き、ロッカールームに置いとく。

新しいカバンたち
翌日空港で撮影したものですが、私たちのカバン。赤が私のカバンです。
この他にリュックサック(ノートパソコン入り)を持参したとはいえ、10日間の旅行にしては身軽?
(リュックはキャリーケースにくっついてます)


17時45分くらいの新潟空港行きバスに乗らなきゃいけないこともあり、この日は7時半出社です。
早起きは苦にならないけど、もし午後に突発的な仕事が入ってバス乗れなかったらどうしよう・・・とハラハラしながら過ごす。
幸いにも仕事は順調に終わり、いざ旅行へ出発!

韓国へは新潟空港からも直通飛行機がありますが、今回は、行きのルートは
新潟空港~名古屋小牧空港~中部国際空港セントレア~(名古屋一泊)~韓国へ
としました。

私は万代シティバスセンター前から乗車。
たくさん乗るのかな~?と思ってたら、バスセンターからは予想外に3人くらいしか乗らなかったかな。
新潟駅で飼い主がバスに乗って合流。
まだ、次の日から10日も大好きな韓国に滞在できるって実感がわかない~。

18時30分、新潟空港到着。
飛行機のチェックインは電車とかバスに乗るのに比べて当然手間がかかるけど、そのひとつひとつの手続きが「旅行に行くぞ!」って気分を高めていく感じで好き

海外旅行保険付きのゴールドカードを作成したんで、ラウンジに無料で入れます。
ラウンジって豪華なイメージあったけど、飲み物が自由に飲める・新聞とか雑誌(週刊誌とかAERAとかでした)ある、まぁ普通の空間でした。
イメージ的には、超豪華なドレス来た人とかヒルズ系の「ファーストクラスだけが飛行機だ!」という雰囲気まとった人ばかりいるのかなーと思ってたら全然そんなことなかったですね
そりゃぷっくが入れるくらいだもん、そんなセレブなわけじゃないよね・・・
私自身、もう当然のようにエコノミークラスでの旅行だし。
どうも私の想像は飛躍しすぎである。
あとで飼い主から聞いたけど、セレブラウンジも成田や関空にあるとか?
ま、私には一生縁がないトコだけど^^;

今夜名古屋で「ひつまぶし」食べる予定なのでお腹すかせておきたいけど、ラウンジにあったクッキーがおいしくてポリポリ食べる口が止まらない。

名古屋行き飛行機
名古屋行き飛行機。
新潟-大阪・伊丹空港間でもそうだったけど、飛行機のところまで直接歩いて行きます。

乗って出発・・・と思ったら、空港が混みあってる?天気?の影響で、時間になってもなかなかなかなか動かない。
韓国に行くのは翌日だから旅行日程に影響はないけど、空港-ホテル間のバスがなくなるとタクシー移動になってかなりの出費・・・
そしてなによりバスがなくなるとひつまぶしが食べられない!(←結局それが一番大事?)

結局離陸予定時間19時15分に対して、実際に離陸したのは19時50分でした。
飛行機は離陸が多少遅れても到着は結構時間より早かったりするしね、それにもし遅れてもバスは待ってくれるかもしれないし・・・とムリヤリ希望をつなぎながら、一方で単純に飛行機好きなんで空の旅を楽しみながら、名古屋小牧に着いて飛行機降りたのは20時40分!
予定到着時間は20時10分なんで、30分くらい遅延かな。

バス発車は20時45分、いくら国内線とはいえ荷物受け渡しもあるし間に合わない、だいたい初名古屋でバスの場所だってすぐにわからないかも、ああひつまぶしぃぃ
しかし奇跡は起こるもの、わずか5分の間で荷物受け取り、走りに走ってバスに滑り込みセーフ!!!
そのタイミングたるや、座席に座ってふうっっと一息ついたら発車、くらいのタイミング!
ちなみに、飛行機遅延とは関係なく、空港バスは時間通りに発車しました。
これで間に合ったなんてミラクル!!!と興奮する私に対し、
「この旅の運を使いきったかもよ、無事に韓国に行けるかなイヒヒ」
なんて不吉なことを言う飼い主

21時、名古屋駅前に到着。
東京とはまた違った感じで都会な名古屋!!
都会は夜遅くまで明るいですね~。
いよいよ楽しみにしていたひつまぶしを食べに、名鉄百貨店レストラン街○屋へ。←伏せ字じゃないですよ、店名ですよ(当たり前?)

で、私さんざん「ひつまぶし楽しみ楽しみ」って言ってましたが、
実は「ひつまぶし」、「名古屋名物」ってことは知ってたけど、どんな食事かあんまり分かっていなかったり・;・
ひつまぶしについてはこちら

まるやひつまぶし

食べ方に流儀があるのが普通のウナギごはんと違うところ、

ご飯の上に刻んだ鰻が載ったまま出されるので、これをしゃもじで"十"の形に切分ける。その後、以下の4種類の食べ方を順番に行う。

1.最初はこれをそのまま茶碗に一杯取り、そのまま食べる。
2.次はおかわりの様に2杯目を取り、薬味(わさび・のり・みつば等)をのせて食べる。薬味は葱・山葵・海苔が基本で、ウナギによく合う3種である。これらの味の変化を楽しみながら味わう。
3.3杯目は2杯目の様にしたものにお茶(煎茶)もしくはだし汁をかけ、さっぱりとお茶漬けのように食べる
4.最後は1~3のうち最も気に入った食べ方で食べる。
(3杯目は、その店ごとに異なる)
(以上、ウィキペディアより引用)

この通りにして食べると、ホントに味に変化が出ておいしい。
私が食べたお店では刻んだ大葉が出てきて、これがまたウナギと会って美味でしたっ。
大満足、ホントに出会えてよかったよひつまぶし・・・

翌日は朝食をホテルで食べてそのまま韓国だったので、結局名古屋で食べた料理はこれだけ。
名古屋は個性的な名物料理がとっても多いので、もっともっとたくさん食べたかったな。
次はガッツリ名古屋食べ歩き旅行をしてみたいです!!!

名鉄セントレアに乗り、空港近くの東横チェックインにチェックインしたのは23時過ぎ。
空港近くという立地のためか、外国人、特にアジア系のお客さんが多かったですね~。
今日は一日仕事してて、そして今こうして名古屋にいるなんてとっても不思議な気分。
そういえば名古屋巻きのお嬢さん見なかったなぁ、なんて考えながら、明日も早いので手早く寝る準備。

東横インセントレア室内
東横インセントレア室内。

明日の韓国旅行、韓国料理に向けおやすみなさい

2008-08-11 06:39 | カテゴリ:ネイル
20080811054813.jpg


タイトルの「!」に嬉しさと興奮があらわれてますっ。

タイトル通り、この土曜日、ネイルサロンでジェルネイルなるものを初体験してきました。
ジェルネイルとは・・・すみません説明ヘタなんでよろしければググってください

実は約1ヶ月前にもネイルサロンに行って、その時に形整えて普通のマニキュア塗ってもらい、それから頑張って頑張って爪伸ばしてました。
・・・右人差し指は完全に割れちゃったんで切って、右中指は割れたんで取れないように絆創膏貼ってしのいでましたが。
元々爪が薄くて伸ばすとすぐ欠けちゃうのが悲しい。
そして、爪ってお手入れしないまま伸ばしてるととても汚らしく見えるんだなぁと、自分の爪見ながら悶々と過ごしてました(笑)
マニキュアは一週間足らずで取れちゃうんでね。

ジェルネイルは色とかツヤが普通のネイルとは全然違うと聞いて、予約したこの日をめっちゃくちゃ心待ちにしてました。
ネイルサロンで施術してもらう時間、できあがっていく工程を見ているのも好き

爪を整える→クリアジェルを塗る→ライト当てる→クリアジェル二度塗り→ライト
そしてカラージェル、トップコートジェルも同じ工程。
普通のネイルは完全に乾くまで時間がかかるので塗る前にお会計するんですけど、ジェルネイルは光を当てて硬化させるのでお会計は最後。
光から手を出した段階で、もう完全に固まってます。
って、見た目では固まってるかは分からないけど、全部塗り終わって4分間ライトに入れて出して、すぐに爪にオイル塗ってマッサージしてくださった時に初めて「ホントに完全に乾いてるんだ!」と驚き。

写真ではわかりにくいけど、ホントにツヤツヤ!
嬉しくてずっと爪を眺めてしまいます。
・・・ちなみに、セルフツッコミしとくと、手に握っているのはスティッチです。
ピンクの爪を写すのに一番映えるみたいだった&単純なスティッチ好きからですstitch

プロの方だから当たり前だけど、自分でネイル塗った時にできる「塗り線」もまったくないし、ジェルだからか、まるで付け爪みたいにも見えるくらい。
私が選んだ色がピンクラメ一色と、季節感がないのは残念ですが、会社があるからあまり派手にはできない&何故かピンク好きなんで。
爪が薄いのでトップコートを多少厚めに塗ってくださったとかで、地爪が厚くなったような感じさえします。

苦労して爪伸ばした甲斐がありました。まだまだ長さは足りないけど、日常生活に支障出るくらい伸ばすと不便なんで、自分にとってのベストな長さを模索します。

ジェルネイル、コスト的には普通のネイルよりかさみますが、このツヤと色のキレイさ、そして持ちがいいのを考えたらわかるな。
それでも金銭的に一回1万弱は貧乏OLにキツイけど・・・、なんか節約して帳尻合わせよう。お菓子とか・・・
一応、ジェルネイルキットなるものも売ってるらしいけど、自分じゃこんなキレイに塗れないし、ジェルネイルはしばらく定期的に体験してみたいです♪

今回はジェルを堪能したくて一色塗りカラーにしましたが、次はグラデーションしてみたいです
2008-08-09 12:12 | カテゴリ:新潟ライフ
20080809121243.jpg
8日9日は新潟まつり。
去年は確か見なかったので、産まれて初めての新潟まつりです。

一日目の大民謡流し、道路いっぱいにたくさんの人が踊ってるのを見てカルチャーショック!
普段車通りの多い新潟駅前~万代の道路を車両通行止めにするんだもん、その気合いの入りっぷりは驚くばかり。

会社の場所が特定されるような感じで写真撮っちゃったので載せられないのが残念ですが、浴衣来て踊るとなれば阿波踊りしか沖縄しか浮かばない貧相発想だったんで、衝撃でした。
「一年に一日か二日の踊りなのに、よくこんな完璧に踊れますね~」って会社の人に話したら、幼稚園とか小学校の時から毎年運動会で躍らされるから、踊れるのは普通のことらしい・・・
「みなさん踊れるんですか!?」
と聞くと、当然のように頷かれてカルチャーショック2!
簡単だから踊れるよ、と言われたけど、小さい頃から染み付いてるDNAは見よう見真似で踊れるようになるのとは違うかと。

新潟大好きで新潟に来て早や一年半以上、新潟県民になったつもりでいたけどとんだ間違いだったようです・・・
自分に新潟DNAが組み込まれてない事実がとても悲しい(TωT)
でもいいんだ、私には秋田DNAがあるから・・・

もうすぐ新潟の街にディズニーランドからやってきたミッキー・ミニー・グーフィー・ドナルド・プルートが登場!


20080809121641.jpg

20080809121644.jpg

20080809121646.jpg

20080809121648.jpg

20080809121650.jpg

20080809121653.jpg

撮りすぎ?(笑)
25周年記念で全国を回ってるミッキーバスが新潟・万代にやってきた!
大好きな新潟とディズニーの融合です!
暑いし、ディズニーで見たし、スティッチ来ないし、今日は見に行かなくていいかな・・・と思ってたけど行ってよかった!!
2008-08-03 22:40 | カテゴリ:新潟ライフ
なかなか腰を落ち着けて韓国旅行記を書く時間がありませんが、なるべく早めに仕上げたいと思っておりますっ

猛暑!猛暑!の今日日曜、一日飼い主と新潟の万代付近で楽しみました
新潟ローカルネタが多くてすみません

飼い主のたてた当初の予定は、
朱鷺メッセで『にいがた国際交流フェスタ』を見る→ラブラで買い物→船でふるさと村へ→お笑いライブを見るというものでした。

万代でチャリで行ける距離に住んでること、駐車場確保が大変なことからチャリ移動になるんですけど、この猛暑の中チャリは大変すぎるし、一日家にいればいいのでは・・・と出かけることに対して渋るナマケモノぷっく

それでもなんとか準備して、10時半すぎに家を出て朱鷺メッセへ。
朱鷺メッセについてはこちら

朱鷺メッセの駐車場はほぼ満杯で、やっぱりチャリ移動は便利だなと実感。
朱鷺メッセに着いてから知ったんですけど、今『恐竜大陸』もやっていて、それで賑わっていたようです。
恐竜大陸の方は外から眺めるだけにして、国際フェスタに向かう。

その横で行われているにいがた国際フェスタで各国のお茶やコーヒーを試飲したりする。
恐竜大陸が大人2500円もする中、国際フェスタは無料で、しかも『国旗・国名当てクイズ』をやるとガラポンで景品がもらえる!
一等は中国航空券だったかな、かなり豪華な景品たち。

私は4等で、『アイスクリーム無料券』ゲット。
20080803213505.jpg
ブルーベリーヨーグルト。定価は300円ナリ。
なめらか~で美味でした


飼い主は5等、こちらのマウスパット。
20080803213515.jpg
リュ・シウォン様のマウスパット
会社で使いたくて、飼い主からもらいました(笑)
中国航空券もらっても行けないし、これはなかなか2人もいいもの当てたね、と喜びながら暑い外へ向かう。
外でも国際交流のイベントやってます。
佐渡に嫁いだ外国人お嫁さんの伝統踊りを見たり、ゲル(モンゴルテント)に入ったり。
人様の踊りを見ると一緒に踊らずにはいられない体質なんで、こっそり手を動かしてたら飼い主に見つかる


20080803213510.jpg
『パッピンス(韓国風かき氷)』が売ってたけど、微妙に日本かき氷入ってます(笑)


20080803213508.jpg
朱鷺メッセで食べた、『青島食堂』のショウガ醤油ラーメン。
新潟のラーメンはどうしてこんなに旨いのか。

さて、朱鷺メッセにいるうちに、当初予定していた『船でふるさと村へ』の予定は変更し、万代シダックス(カラオケ)へチャリを走らせる。
チャリって便利で良いね。

歌と踊りが大好きな私、カラオケカラオケ!と勇んで入ったものの、「眠いしぷっくの歌はヘタだから聞かなくていいや」といきなりカラオケのソファで寝始める飼い主
そりゃ、前日に長岡花火見て帰ってきて、寝たのは3時くらいだったとはいえ・・・

気を取り直し、一人でガンガン歌を入れて歌い続ける私。
実は『ヒトカラ有給(一人でカラオケに行くために有給をとること)』が私の夢ではあるのだけど(もちろんまだ実践したことはなく、実践できるか不明・・・ま、夢見るだけなら自由ってことで)、でも歌っているのに横ですやすや寝られるのは複雑だったりします。

30分くらい歌い続けて、やっと飼い主が起きたもののそのまま歌い続ける。
結局、2時間+延長30分して、私が2時間くらい歌いました
これは友達とか会社の人とカラオケに行った時はできないことですね。
ホントはまだまだ歌い足りなかったけど、お金&時間を考えて泣く泣く退散。

その後、伊勢丹の「鉄道模型とプラレールフェスティバル」に立ち寄り。
入場無料なんで気軽に入ったら、予想通りキッズよりもおじさまの熱気溢れる会場でした。
大人は好きなものをある程度大人買いできるからいいですね。
私、小学生中学生には絶対戻りたくないですもん(笑)

その後ディズニーストア
フェア中だからっていうのも当然あるんでしょうけど、もはやディズニーストアがスティッチストア?とみまがうほどにスティッチだらけ!
スティヲタとしては嬉しい反面、他のキャラのファンの人達にとってつまらない空間にならないだろうか・・・と心配になりました。


20080803213519.jpg
よーく見ないとちょっと分かりづらいけど、花柄のサンダル&耳を花で結んでウサギちゃんみたいになってるスティッチが付いてるペンダント。
会社につけていきます


20080803213522.jpg
こちらはスティッチじゃないんだけど、『simple D』という、普段使いできるくらいオシャレな感じで、ディズニーキャラがさりげなくついてるグッズのシリーズから、サングラス。


20080803213527.jpg
ここにティンカーベルがいます

大ぶりのサングラスって似合わないだろうな~と思い込んでたら、意外と大丈夫だったので調子こいて購入。
今日は帽子もかぶってたんだけど、帽子とサングラスは調和したものの、芸能人には見えません(笑)
「なんか沢尻エリカになった気分~」と飼い主に伝えたら、日傘で突かれそうになったので避難。

ラブラに移動し、ヒッピーバンドを探す。
ヒッピーバンドが欲しくなった経緯についてはこちらの記事に書きました
以前新潟西のアピタで軽く探した時にはなかったんですけど、ラブラでめでたくゲット!
あれですね、ペンダントとヒッピーバンドは区別が付きにくいんで、
「このお店は羽羽してるし、ヒッピーバンドありそうかも?」
と思ったら店員さんに聞くのが確実ですね。

20080803213517.jpg
探し続けたヒッピーバンド(感涙)
紐を調節すればペンダントにもなります。

さっそく沢尻エリカサングラスは外し、ヒッピーバンドに付け替え。
髪型と着ていた服のおかげだと思うけど、こちらも結構なじんで嬉しい♪
飼い主に「Superflyのバッタモンめ」と言われつつもゴキゲン。

楽しい時間はあっという間で、もう19時過ぎ。

20080803213512.jpg

最後は駅南の『ブロンコ』でハンバーグとステーキ(ダイエットしたいんだけどな・・・)食べ、チャリで帰宅しました。
大好きな新潟をチャリでお散歩(お散チャリ?)できて、楽しい一日でした。
暑くなければもっと嬉しいんだけど・・・夏だしね
2008-08-02 15:34 | カテゴリ:新潟ライフ
20080802153418.jpg


四つ葉のクローバー2つ見つけました!
開演まであと3時間以上、暑いけど楽しいです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。