-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-31 19:24 | カテゴリ:ユーキャン実用ボールペン字
今一番夢中になってることがユーキャン実用ボールペン字な私は地味?

ひらがなを順調に修了し、ワクワクしながらカタカナ練習に移りました。
でもカタカナ、画数が少なくて丸みがないからか、ホンッッットに難しい!
ポイントが掴みにくくて、うまく書けねぇだよぉぉぉ。
テキストの他にも練習帳がついてきてるので、とりあえずカタカナを一通り終わらせたら練習帳で復習したいと思います。

あと、ユーキャン始めてから改めて、ほぼ日手帳が活躍中。
ほぼ日手帳は方眼紙になってるので、字の練習がしやすいしやすい。
ほぼ日手帳買った時は字を習おうなんて考えてもなかったけど、これも運命かしら♪
ここ数日、手帳は
「じのれんしゅうたのしいな」とか「まんねんひつほしいぞ」とか、
何年生?的なものになってます。

字がうまくなったら万年筆買うぞ!と決めつつ、万年筆に対してまったく無知な私。
図書館で万年筆の本借りて研究中です。
手に入れるのももちろん楽しいだろうけど、こうしてゆっくり知識を蓄えたり万年筆の芸術性の高さに感動したりする時間もとってもいいものです♪(安あがり)
スポンサーサイト
2008-01-28 21:40 | カテゴリ:ユーキャン実用ボールペン字
「ま」は書けても「み」は書けない、「き」は書けても「か」は書けない、そんな状態だったひらがな練習途中過程のユーキャンボールペン字講座。
もどかしくはあったけど、一日に何日分もやり過ぎると消化不良起こすと思ったんで、ぐっとこらえて少しずつ丁寧に進めてきました。
それでも土日は一日二単元やっちゃって(一度にでなく午前一単元午後一単元)、27日、ひらがな47文字の練習をすべて完了!

ユーキャン始める前は、「派手な広告出しちゃって、ボールペン字の費用29000円のうち結構な額が宣伝費回るんだよねぇきっと、体験談として載ってるのだってどうせサクラでしょう」って思ってました(本当にごめんなさい!でも同じ風に感じてる方も多いのでは・・・)
でも始めてみて、予想以上に効果が出てびっくりするやらユーキャンに申し訳ないやら。
ひらがな修了記念に、画像アップしてみます。


20080128210850


うーむ恥ずかしい・・・
っていうか、字自体がどうこう以前に、この「?」マークのガキっぽさっぷりをなんとかすべきだと思われる。
いかに習ってない字ができないか、「?」マークに現れてますなぁ。

ちなみにこの画像は飼い主に送付済み。
自分で書いたひらがなの写メを送りつけてる迷惑なペット、ぷっく。
普通、恋人からこんな画像送られてきたらなんじゃこりぁ(松田優作)って感じですよね^_^;

かいぬしの ひろいこころに かんしゃです

もちろんまだまだまだまだなんですけど、元々が目も当てられないほどヒドイ字の私、たった1週間にしてはなかなか思ってた以上に形になったのでは、という感じです。
私の元字からすれば劇的といってもいいくらいの変化。
もちろん全然まだなのは自覚してますー、以前と比べれば、というレベルです。
正直、効果出ると思ってなかったんでおどろきもものきさんしょのき。

次回はひらがな復習系で、その次からカタカナ練習スタートです。
平仮名はまぁわりと早めに効果出たけど、漢字はこうはいかないでしょう。
とりあえずある程度結果が出ることがわかって、やる気も持続してるので、ゆっくりじっくり頑張りたいと思います^^
2008-01-26 23:59 | カテゴリ:ハッピー
今まで、DVDを見る時はパソコンかプレステ2を使っていました。
パソコンで韓国から買ってきたDVDまたはテレビから録画したものを鑑賞、プレステ2では日本で購入したもの。
リージョンコードの関係で使い分けしなくちゃいけないのが不便で、またプレステ2って案外作動音がうるさい。
プレステで見るのも女子としてどうなのか・・・と葛藤もあり、ということで、DVDプレイヤー購入しました。
飼い主が選んでくれて、4000円しなかったのにリージョンフリーでリモコン操作も快適で、いい買い物♪

DVDって特典も満載だし、字幕&音声が自由自在に切り替えられて、語学学習にも最高の教材で大好き。
ビデオだとそうはいかないし、いい時代だー。
おまけに最近は、理由はわからないけど、ひとつの作品に何ヶ国語もの字幕及び音声が付いてるのも多いですよね?
お気に入り作品のディズニーオリジナルムービー『ハイスクールミュージカル』の1&2セット購入したら、1の方に韓国語字幕が!
音声は英語日本語の他にもポルトガル語とスペイン語、字幕は中国語と他にも色々。
ハイスクールミュージカルは多くの国でヒットしたそうなので、こうして多言語になってるのかな。
まぁ、韓国語以外はまったくわからないけど、他の言語を聞けるのも面白いっ。

今年韓国旅行に行った際は、日本映画のDVDを購入してくる予定ですp(^^)q
2008-01-25 23:13 | カテゴリ:ユーキャン実用ボールペン字
ユーキャン実用ボールペン字講座にハマっている毎日。
練習するのが楽しみでワクワクしていられるので、それだけでも始めた甲斐があるってもんです。

昨日なんか日帰り研修で長距離移動&生理痛の薬を飲み過ぎて具合が悪かったけど、しっかり今日の練習はいたしました。
練習すると確実に字が変わるので面白くて!
ただーし、練習した字以外はうまくなるわけではないんですね、これが。
今は一日に7つくらいの平仮名を練習してるんですけど、見事なくらい、練習した字とまだ出てこない字の差が激しいです。
例えば「ま」という平仮名をテキストで練習すると、確かに「ま」はうまくなります。
でも「ま」がうまくなると自動的に「み」もうまくなるわけじゃないんですよねー。
ある意味当たり前だけど、その落差が面白いくらい。
一日に7つくらいの平仮名を練習するカリキュラムなんで、まだ平仮名の途中です。
練習した文字は確かに変わるので、テキストを1日に何ページも進めたくなるけどガマンガマン。
一度に進めすぎて続かなくなるのが怖いんで

会社では毎日字を書いてるんですけど、昨日まで練習した14個の平仮名だけは妙にまともに書ける(※当社比)のに、その他の字はまったく変わらない。
結果どうなるか。
全体としてうまく見えない。相も変わらずひっどい字です。
1文字だけのキレイさにニマニマしてるのは本人だけです。
ま、まだ2日しか練習してないから仕方ないか。
今後テキストを進めていったとしても、ひらがなカタカナは限られた数だからいいとして、世の中にある漢字すべてを練習するわけでは当然ないので、どうなるのかな?
練習をしていくにつれ応用がきくようになるのかなー。
自分の字にこうご期待です。
字がヘタでよかった、ヘタだからこそ楽しめるのね♪
そして字を書く機会がないと上達の程度も分かりようがないので、字をたくさん書かざるをえない今の仕事、それだけは感謝です。
日○゜ンの美子ちゃんマンガでは、字がうまくなればバスケのシュートが入るようになったりテストで100点とれるようになったりしてるのに、現実は練習した字しか上手にならないのねぇ。
2008-01-24 23:59 | カテゴリ:日本旅行いろいろ
先週、1泊2日の日程で、飼い主と冬の秘湯旅行に行ってきました
せっかくなんで旅行記アップします。
香港旅行記と違って1回で終わります

今回行ったのは、新潟県魚沼市にある栃尾又温泉・自在館


10時出発、高速道路を使って11時45分、旅館近くの蕎麦処薬師へ。
新潟は「へぎそば」が名物です。

200801201749052

へぎそば&うどん。 あ、画像が縦のまんまだ・・・
へぎとはこの器のこと。
お店で食べる蕎麦って当たり外れが大きいっていうイメージが私の中であるのですが、新潟の蕎麦はどこも美味です


20080120174905

てんぷら。
薬味として、小瓶に入った梅干があり、これもまた美味でした。

蕎麦がボリュームたっぷりでお腹いっぱいになったところで旅館へ。
13時チェックイン可能なトコもまた魅力です。

よく新潟の人に「新潟雪降る?」って聞くと、
「市内はそうでもないよ。中越とかはすごいけど」
と言うんですけど、今回の旅行でその意味がやっと分かりました。
200801201804008

雪の壁!
秋田市内よりも多いですよ、ホントに。
でも消雪パイプ機能が発達してるおかげで、道路は雪がなく走りやすいのはこっちの方がいいかも。


200801201749054

ロビー横の囲炉裏。
雰囲気いいですね~☆


200801201804004

部屋からの景色。
雪が!
この旅館は3階建てで、私達は3階に宿泊。
部屋が温められると、屋根の雪がドサドサッ!ドサドサッ!と落ちてきました。
どんだけ無限に雪あるの!?ってくらいキリなく落ちてくる。


200801201804002

部屋からの景色・下。


この旅館は貸切露天風呂があるので、部屋に着いてちょっとだけくつろいですぐ行く。



200801201749062

貸切露天風呂 温泉の中。



20080120174906

貸切露天風呂景色・1

200801201749064

貸切露天風呂景色・2

冬の露天風呂っていいですね

貸切露天風呂であったまった後、部屋でまったり。
恋人同士で秘湯温泉旅行っていうと、昼間っから、そして夜もずっと部屋の中で×××しっぱなしっていうイメージがあるけど私達はもはやそんなんなく、お互い持ち込んだ雑誌読んだりテレビ見たりDSやったり、文字通りのまったり。

次は貸切内湯へ。
200801201749066

貸切内湯。

二度温泉に入ってお腹がすききったところで夕食です。
食事は部屋ではなく1階に下りていくのですが、大広間でなく個室になっている。
炭火で魚を焼いていていい匂い♪

200801201749068

前菜。ふきのとうの佃煮?がご飯に合っておいしい。
鍋は鴨鍋です。



2008012017490616

てんぷら。



2008012017490614

岩魚。
炭火焼で美味!



2008012017490612

かぶとか。色合いがキレイ。



2008012017490610

ますの刺身。
岩魚とかますとか、山の中ならではの魚に出会えるのが嬉しい

一番肝心なもの撮り忘れたけど、最後には牛肉と椎茸を炭火で焼いたのが出てきました。
ミディアムに焼かれた牛肉ももちろん美味だけど、何より椎茸の旨いことうまいこと!
椎茸ってこんなにもおいしかったのか、とカルチャーショックでした。


部屋に戻り、またひたすらのんびり雑誌読み。
この何もしない時間っていうのが貴重なんですよね~。
働いてるからこうして休みの時に旅行できるのはわかるけど、お金持ちにならなくていいから、毎日毎日なんにもしないで生活できたらどんなに幸せだろうと思う私は根がグータラです。


次の日、朝ごはん前にまたひとっぷろ。


20080120180400

また縦になってるけど、朝食。
朝食も個室です。

チェックアウトも11時とのんびり。
雰囲気も施設も食事も、とっても良い旅館でした


200801201804006

つらららららら!

昼食は長岡に行くと恒例のいち井。
雪で寒ーいのに、いつものように長蛇の列。
40分くらい待ってやっとありついたラーメン、神の味です。

2008012018040010

いち井

2008-01-23 23:58 | カテゴリ:ユーキャン実用ボールペン字
「ClosedNote」しかり今回のボールペン字しかり、ひとつのことにハマるとそればかりになる我がブログ・・・
テーマが散乱してるうえに、このヘタクソ文章ブログを読んでくださる皆様には大感謝です
さらにコメントまでしてくださる方々、ホンッッットに嬉しいですありがとうございます
いつもコメントいただくたびにニマニマしてます


さて、本日よりユーキャンボールペン字本格スタートです。
1日目の課題は「今の字で住所氏名を書いて添削を受ける」だったため、2日目から本格的スタートの実用ボールペン字講座。
テキストは1回分が見開き2ページ。
今日始めてみての感想。


いい!!!


ぶっちゃけ予想以上によくできた教材で、驚きました。
ユーキャン様すみません・・・
ちなみに一日でうまくなったとかでは決してないですよ~
あいうえおかきくけこ順でなく、「横線が向かいあうひらがな」「縦線が向かい合うひらがな」をグループ別に練習するんですけど、それってめっちゃ効率的だなーと、手を動かしてみて実感。
「こ」と「た」の関係なんて、今まで意識したことがなかったです。
まるで回し者みたいに書いてるけど、そんなつもりは決してありません
3万円って、少なくとも私にとってははした金ではないので、自分でいいと思ったからと言って人様に勧めることはできませぬ~。
私の年季の入ったヘタ字がうまくなるわけない、うまくできるならしてみろ!って気持ちで始めたボールペン字講座、今、10%くらい「もしかしたらうまくなるかも・・・」って思いが芽生えてしまいドキドキしてます。←杞憂
初日なのに暴走しすぎ

ユーキャンのテキスト、「一日わずか20分」がウリになってるけど、私はあんま時間にはこだわらず、逆にゆっくり時間かけて行いました。
それでも初回は、30分弱で終わったかな。
これから漢字になるともっと時間かかると思う。
なーんにも考えずなぞり書きするだけなら10分もかからず終わる気もしますが、それだとあんま意味ない気がする。
いやセンスある人とかカンのいい人なら、それだけで体得できるのかも。
私には決して無理な芸当だからわかんないけど。。。
でもそういう人なら元から字がうまいだろうし、ユーキャンボールペン字なんて始めるまでもないか。
だけどブログとか見ると、意外と
「そんなに字がヘタなわけではないし、人に見せられる字は書けるけどもっとお手本みたいな字が書きたいから」
って理由で始められる方も多かったです。
私だったら、そこそこの字を書けるんだったらわざわざやらないと思うのでめっちゃ尊敬します

ちなみに、せっかくの初日記念なので?、テキストを撮ってみました。
ドヘタ字を見て気分悪くなっても責任は負えかねますのであしからず




200801232309362

真剣に書いているはずなのに、お手本見ながら書いてるはずなのに、このうまく書けなさ具合!
しょーがないじゃんこれ初日なんだから、最初からうまく書けたら3万も出さないよ!(何ギレ?)
ちなみに恥の上塗りで言うと、これでも普段字の10倍くらいマシです・・・

20080123230936

本日の課題終了後、何も見ないで書いてみた。
ダイイングメッセージ・・・?
これで普段字よりマシなんだから泣けてきます
2008-01-22 07:15 | カテゴリ:ユーキャン実用ボールペン字
ボールペン字達人までの道をドキュメンタリータッチ(←嘘)で綴っていくこの『ユーキャンボールペン字』カテゴリ。
まだ始めてもないから、当然1ミリもうまくなってはいない・・・それなのにこんなに大風呂敷を広げていいのだろうか

教材は18日に到着してましたが、不在のために受け取りは次の日になりました。
教材キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
教材の画像はユーキャンのHPに載っているので割愛しますが、実際に手にするとやっぱり感動しますね~。
テキストはまだ全部見てないし、ましてやまだ始めてもいないのですが、このテキストを信じて付いていって練習すれば必ずうまくなる、そう心から感じさせてくれるような質の高い感じを受けました。
あぁこれがあれば、15年以上の黒歴史・マイ悪筆ともおさらばなのね

ボールペン字講座は、『実用ボールペン字講座』と銘打ってるだけあって、結婚式や年賀状、日常によく使われる文字を集中的に練習するよう。
もちろん第1回目はひらがなカタカナの練習です。
『実用』の部分は教材届くまで意識してなかったけど、これはよさそう。
大人向けですね~。
「初日の出」とか「もものきおどろきさんしょのき」とか書くよりもやる気出ます。
(後でこれがテキストに出てきたらごめんなさい)

1/23訂正:「もものきおどろきさんしょのき」じゃなくて、「おどろきもものきさんしょのき」だー
コメントくれたありちゃん、ホントにごめんね
飼い主よ指摘ありがとう

市販の本ではなく通信教育ならではの利点、添削指導。
計15回受けられます。
第1回目の課題は、自分の住所と名前を書くもの。
2回目以降からは別途課題もあります。
住所&名前は、第1回~6回まで毎回添削指導受けられます。
これは一枚の用紙になっているので、自分の字の上達っぷりが分かりやすく閲覧できるのね。
楽しみ楽しみ
ということで、1回目は何もしない今の状態の字を送った方がよいと思い、次の日にさっそく記入。
ふふふひどい字♪しかもこれでも丁寧に書いた字♪
ちなみに添削課題を送る時の切手代は実費なんでコンビニで購入、21日に投函しました。

次は教材費の支払い。
教材届いたのは土曜の夜、日曜日はお金おろせなかったので、月曜にさっそくおろして一括で振込み。
こういうことだけはやるのが早い
月々1980円の支払でOK!と宣伝されてるけど、手間やら手数料やらを考えると一括の方がラクだしオトク。

今週は飼い主が来てくれてたり色々やることがあるので、25日(金)から始める予定です。
うまくな~れマイ字


ところで素朴な疑問。
ユーキャンに限らず、字を練習するテキストって、字のコツ(ここは少し空ける、とかここは狭めにとか)を細かく書いてくれてるじゃないですか。
どこにも習いに行ったことがないのに元々字の上手な人ってどうやってコツみたいなものを体得してるのでしょう。
やっぱセンスか性格か。
小学1年生くらいだと全員同じ字だったりするのに、そっからどんどん差って付くんだよなぁ・・・
2008-01-20 07:40 | カテゴリ:ユーキャン実用ボールペン字
さて、香港旅行記も終わり、通常運転に戻る我がブログ。
といっても、カテゴリ欄が表す通り、かなり雑多なことを書きつらってるので、何が通常かは不明ですが・・・
香港ブログを書いている間に書きたい記事が結構ストックされたので、当分ネタには困らないと思います。

私が昔からめちゃくちゃ困っていること、それは

「字が汚い」

ホントは一番大きなサイズのフォントにする必要があるくらいだけど、情けないのでやめときます。
私の字、ホントーーーにひどいもんですよふふふ・・・
画像撮って載せるのは簡単だけど、読んでくださる方の気分が悪くなると思うんで自粛します。
遠目に一瞬見ただけでも、「なんだこれは!」的な字、
自分でいうのもなんですが、外見(フツーの24歳女子)とはかけ離れた字、
そもそもまっすぐ書くことすら困難。
情けなし、武士の恥!

生まれつきと思って諦めてたし、また高校卒業してから字を書く機会は減っていたので、まぁいいかって放棄してたんですけど、4月から仕事で字を書く機会がものすごく増えて、もう業務に支障が出ている状態。ひどすぎである。
ということで、2008年、

始めますユーキャンボールペン字

フルタイムで働いているとはいえ、それ以外は気ままでヒマな一人暮らしで時間はなんとでもなるし、教材費約3万円というのも、お金かけたんだからキレイになって元取るぞ!と思える値段だし。
書店で本を買った方が安いけど、もはやそれでは間に合いきれない悪筆です(涙)
一日20分をウリにしてますが、20分では終わらないだろうなぁというのは分かってるつもり。

去年一度カタログを取り寄せてそれっきりにしてたんですけど、ここはほぼ日手帳で自己管理も簡単になったし、オラの字レベルが「丁寧にゆっくり書くよう努力する」程度じゃもうなんともならないのが身に染みたので、挑戦してみることにしました。

私はテレビをあんまり見ないので知らなかったんだけど、最近ユーキャンは年が明けてからバンバンCMで宣伝流してるんですね。
今の時期に申し込むのは、CMに流されたみたいに見えて微妙だけどまぁいいか。

小学生からの年季の入った悪筆&加えて大人になるにつれどんどん雑になってきた性格という強力な敵を乗り越え、私の字はどこまで生まれ変わるのか!?
これからブログでも、ドキュメンタリータッチ(←嘘)で過程を載せていきたいと思います。
私はユーキャンの回し者でもなければアフェリを張ってるわけでもないので、宣伝の意図はまったくなく、ありのままに書いていきます。
ただーし!うまくならなくてもユーキャンのせいではなく私のせいなんで、そこんとこよろしくです(笑)


1月12日 夜・ポスト投函
1月18日 午前・教材到着(早い!嬉しい!)

教材の感想とかは次回の記事に載せます
さっそく『ユーキャンボールペン字』カテゴリも作ったくらい気合入ってるんで、2008年25歳の年、やり遂げます
2008-01-16 22:22 | カテゴリ:2007ふゆinほんこん
香港旅行記、これがラストになります~。
っていってもこの日は東京から新潟に帰るまでなので、香港がかすってもなくて申し訳ないです・・・

この日はコリアンタウン散策。
前日まで半袖で歩いてたなんて信じられません。
大好きな韓国映画『ダンサーの純情』のサントラゲット


昼食はカムジャタン(じゃがいもと豚肉の鍋)。
カムジャゴルカムジャタン

ビフォー


カムジャゴルカムジャタン2

アフター


カムジャゴルパンチャン

やっぱり出てくるパンチャン(おかず)。


カムジャゴルビビンバ

大好物、ビビンバ。
カムジャタン専門店なんですけど、ビビンバの方がおいしかった気もします


バスに乗って新潟へ。
14時に乗って19時には新潟です。
途中の休憩所で、ご当地スティッチゲットstitch

無事に新潟のマイアパートに着き、これで旅行はすべて無事完了
夕食はラーメンです
一兆メンマラーメン



旅行記記事アップの日付は、一日一記事になるように調節しているので、実際に記事を書いた日とは異なります。
旅行記は特に、せっかく行った思い出を残しておきたくて書いているものなので、長くて文章ヘタクソで、読み苦しい点も多々あったかと思います。
どうかお見逃しくださいませ
2008-01-13 22:18 | カテゴリ:2007ふゆinほんこん
香港旅行も最終日
韓国だと、一週間いても
「まだいたい~」
って後ろ髪引かれつつ飛行機に乗るのですが、香港は5日間で満足感で満たされちゃってる。
韓国には在住していたこともあるくせに不思議です。
香港とか他の地は、私にとって『旅行先』としての位置づけ、韓国は『心のふるさと』みたいな感じなのかな?

香港でツボだったもののひとつ、『小心地滑』の看板。
香港に行ったことのある日本人の方なら、おなじみの看板かも。
小心地滑

滑ってます。

この滑る人もいろんなパターンの滑りっぷりがあり、いたるところに登場しては笑わせてくれます。
香港滞在中、階段を登り降りする時、道を歩くとき、はては意味もなく、
「しょうしんじすべり!」
と声をかけあうのが私達の中でブームとなりました。
現地の読み方は分からないので(聞いたけど忘れた・・・)、めっちゃ日本語読みですが。
いろんな小心地滑を撮っておけば面白かったね、と飼い主と話していたのですが、
最近『小心地滑』でググってみたらヒットするする。
考えることは同じで、『小心地滑』のいろんな滑りっぷりを集めたサイトがやっぱりありました!
興味のある方はぜひどうぞ♪



12時にガイドさんが迎えに来てくださるので、最後の香港滞在を半日満喫しよう!
朝食に向かったのが『倫敦大酒楼』での飲茶。
香港での飲茶は、「オーダーシート式」と「ワゴン式」があります。
オーダーシート式はその名の通り、卓上においてある注文用紙に自分の食べたいものを記入するもの、
ワゴン式は店員さんがワゴンにいろんな点心の入った蒸篭をのせて店内を回るもの。
最近はオーダーシート式が主流とのことで、実際昨日まで行った飲茶店はすべてオーダーシート式でした。
そしてここで、今回の香港旅行最初にして最後のワゴン式!
店内は広くてゆったりしてるけど、ワイワイと庶民的な雰囲気でいい感じ。
もちろん言葉も分からないので、店員さんが蒸篭を開けて見せてくれたら、欲しければ指差し、いらなければジェスチャーで断る。


倫敦大酒楼飲朝食飲茶大根餅

大根餅。
大好物!



倫敦大酒楼飲朝食飲茶点心

点心はおいしいなー。
たくさんの種類を目の前にして、かなりゴキゲン。
あぁ、こうして見ていると今すぐに点心食べに飛んで行きたくなります。
香港まで飛んで行けないので、新潟にある中華料理屋に飛びに行きます



倫敦大酒楼飲朝食カスタードタルト

香港で食べたかったもののひとつ、カスタードタルト。
日本のものよりもカスタードが素朴な味で、優しい甘さが好き。
これは飼い主の口には合わなかったみたいだけど、私はとっても好きな味でした。


香港最後の食事、とっても香港らしいものを食べられて嬉しい、大満足!と思って歩いていたら、飼い主が
「最後にこの店に入ろう」
と指差す。
「え、お腹いっぱいだし、それにここは・・・」と抵抗する私を引っ張り連れ込む飼い主。
吉野家牛丼

吉野家!!!
香港で食べる吉野家の味を知りたかったみたいです。
で、味は、日本と変わりませんでしたねー。
すき焼きとか、香港限定メニューもあって面白かったです。
日本だと狂牛病が怖いので、牛丼は「すき家」と決めている私ですが(っていうかそもそも日本で牛丼食べないか)、外国だと無頓着になるのは何故でしょう

さて、今度こそ本当に香港での食事は終わり。
(デザートが終わりとは言っていない)



ホテルに戻って荷造り、そしてチェックアウト。
ガイドさんのお迎えまでにはまだ時間があったので、軽く散歩。
ちゃっかりマンゴードリンクをテイクアウト(3回目)。
「空港にも許留山はあったから、最後の最後に食べる」と言う私に対し、
「時間ないし、空港は広い。間に合わなくなったらどうするの」と飼い主。
マンゴー戦争勃発です

いよいよガイドさんのお迎えで、空港に出発。
到着時&一日観光の時のガイドさんがいらっしゃると思っていたら、この日は別のガイドさんでした。
最後に会いたかったな。残念。

空港に向かう道中、道路標識にはミッキーマーク。
ありがとう香港、ありがとうディズニー、新しい体験ばかりで楽しかった。

空港に着き、荷物預ける。
荷物預けるための列もかなり長く、「やっぱり時間ないからマンゴーはムリ。たくさん食べたでしょ!」と飼い主。
あんな素敵なお店は日本にないし、走れば間に合うかもよぉぉぉぉぉぉと訴える私。
結局、走ればなんとか間に合いそうということで強行突撃!
許留山はメニューも豊富で、私も
「生マンゴーもマンゴープリンもマンゴー餅も捨て難い、ココナッツ大好きだからココナッツも、でも最後だからこの『燕の巣』も初体験したい、これをすべて満たすメニューはない、だけども2つ買うほどのお金はもう残っていないぃぃぃぃぃぃ」と苦悶。
結局、燕の巣を優先してなんとか注文するも、
「ココナッツがかかってるのにすればよかった」と後悔。
しかし奇跡は起きるのです(オオゲサ)



空港許留山 飼い主

飼い主注文。



空港許留山P

私が注文したもの。
上に乗ってるのが燕の巣。
なんか美容にいいみたいです(いい加減)。
ドキドキしながら食べるも、ぬるっとしてるだけで、味は特にしませんでした。
そして下にある白いアイス、「バニラアイスだね」と言いながら口に運ぶと

ココナッツキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

ここでココナッツに会えなかったら、そしてここでマンゴー食べてなかったら、多分今でもずっと後悔していたと思います。
最後の最後まで許留山にはホントにお世話になりました


食べてすぐに手荷物検査に向かい、しっかり時間に間に合う。
そしてここまで来てもまだ魔の手が、空港内にディズニーストア!
幸い時間もあったので眺めて、ムーランも、もちろんスティッチも含めたディズニーキャラクター大勢揃いのバックを買いました。

15時くらい、飛行機に搭乗し、さよなら香港!
私にとっての初の外国、「言葉がわからなくても外国って行けるんだ」と感じられたのが大きな収穫だったな。
もちろん、香港という漢字圏、治安も悪くないところに行ったからこそできたことで、何かトラブルが起きた時には言葉わからないことが命取りになる国がたくさんあることもわかります。
でも、言葉が分からないからという理由で行かないっていうのはあまりにももったいない。
これからも韓国以外の国も、飼い主と共に色々回りたいと思います。
・・・今気づいた、言葉がわからなくても外国行けるけど、飼い主がいないと外国行けないのか私!?



機内食チキン

機内食チキン 



機内食魚

機内食魚



機内食副菜

機内食副菜


行きは飽きるくらい長く感じられた飛行機ですが、帰りはなんかあっという間についた感じでした
感覚だけじゃなくて、実際搭乗時間もかなり短くかったです。



20時くらい、ただいま日本!寒いぜ日本!
この日はコリアンタウンにホテルをとっていたので、電車で向かいます。



日暮里駅

一度生で見たかった『修悦文字

成田駅から新大久保までの道中は思った以上に長く、ホテルを探し当てて着いたのはもうすぐ23時になるくらいのところ。
ここからすぐに寝る、のではなく、コリアンタウン散策に出かけます。
目的はサムギョプサル(豚の三枚肉)。
時間が遅いとか、この時間に肉かよ!って自らの内から聞こえるツッコミには耳を貸さなーい。
「とんちゃん」という焼肉屋に向かいます。
地図もなく、携帯でサーチしようとしても2人して充電が切れ、途方に暮れかけましたがなんとか発見。
しかし店内は満杯、順番待ち。しかも前には2組。
待つのはもちろんお互いさまだから平気だけど、この23時という時間にこの状況っていうのが、田舎モノのオラにはカルチャーショック。
香港旅行では感じなかったカルチャーショックを、まさか新大久保で感じることになるとは
ウチの近くの焼肉屋さんは、確か23時半ラストオーダーでっせ


待つところが外なので、香港帰りの体に寒さがこたえる。
そしていよいよ入店♪
店員さんもほとんどが韓国人。日本語上手!

なんの意識もなく、
「スンドゥブ1つ」
と注文したら、韓国人の店員さんに
「豆腐鍋ですね」
と返されました



とんちゃんスンドゥブ

スンドゥブ(豆腐鍋)。
辛い!うまい!



とんちゃんサムギョプ1

こんなにたくさん食べれるかな?


とんちゃんサムギョプ2

こんがりおいしそ~♪
おかずが付いてくるのが嬉しい。


とんちゃんサムギョプ3

店員さんのハサミさばきが素晴らしい。


結局、あっという間に完食
この時点で、とっくに日付が超えてることは気にしなーい。

ホテルに戻り、少しでもカロリー消費しようと熱いお風呂に入る。
半日前まで香港にいたのが夢のようです。
無事に行って無事に帰ってこれたのが、ホントなによりだな。



さて、香港旅行はこれにてめでたくフィナーレですが、あと一回だけ、おまけ記事をアップします。
ただでさえ面白くない旅行記、ダラダラ長く続けて申し訳ありません
2008-01-12 22:17 | カテゴリ:2007ふゆinほんこん
1時間半くらい休憩して、香港の夜の街へ出発です!

路地にも楽しいお店がいっぱい。


路地の市場果物屋

路地の市場果物屋。



夜の果物屋

また別の果物屋。



路地の市場八百屋

路地の市場八百屋。



路地市場

何屋さんかな?




この路地市場、時間になると毎日キレイに片付けられます。
路地市場撤収後

路地市場撤収後。
こんなにコンパクトになります。
私には絶対ムリな芸当である。



肉屋

肉屋。
赤い光がなんだか肉屋に似合います・・・



市場肉スナック

鳥がリアルな形でヒラキになっています・・・



こんな街並みを楽しみながら、向かうは昨日も行った尖沙咀・ハーバーシティ。
夕食を食べに向かいます。
候補のお店がふたつあって迷ったけれど、『広東茶居』にしました。
この日は21時過ぎと遅かったためかすぐ入店できました。

席に付くと、オシャレな男の子が
「お茶の種類は何にしますか?(英語)」
と聞きにきてくれる。
香港に来て4日目、最後の最後でお茶を選べるレストランに出会えたーーー!!!
ジャスミンを注文。
あぁ・・・会いたかったよジャスミン

この『広東茶居』が、今回の香港旅一番のヒット
どれもこれもおいしすぎる~

広東茶居夕食蟹と卵のスープ

蟹と卵のスープ。



広東茶居夕食麻婆豆腐

麻婆豆腐。
日本より辛くなかったかな。
関係ないけど、小学生の時に給食で出た麻婆豆腐、あれもおいしかった。
ナムルも出たし酢豚もマーラーカオも、意外と給食って国際的?
フッツーの、ボロめの小学校だったんですけどね



広東茶居夕食えびワンタンメン

えびワンタンメン。
麺の食感もワンタンのプリプリもスープも、もうめちゃくちゃおいしかった!



広東茶居夕食青菜蒸し

香港の野菜はうまい!



夜はまた許留山でデザート、と考えていたけれど、時間的に閉店しそうだと思ったので、今夜はここでデザート。
広東茶居夕食杏仁豆腐

杏仁豆腐♪



広東茶居夕食マンゴープリン

連日マンゴー食べまくってもまだ食べたいぞ、マンゴープリン。
これがまたぷるんぷるんでつるんっとして、美味美味美味!
香港はこれが最初で最後、一生に一回、と思ってきたはずなのに、こうしてディズニーに行ったりこんな美味しいものを食べたりすると、また来たくなっちゃうよ~

1時間以上かけ、食事もジャスミン茶も心ゆくまで堪能し、お腹も心もこれ以上ないくらい満足してお店を出る

またのんびり歩いて帰宅。
このハーバーシティは高級繁華街で、オシャレな通りがいっぱい。

ペニンシュラホテル

ペニンシュラホテルです。
何度気をつけても、ついつい『ペ●スシュラホテル』と間違えてしまうのは私だけではないハズ!・・・と信じています・・・信じたい・・・
当然ながら、ここは私達が泊まっているホテルではありません。
こんな豪華なところには泊まれまへん。

23時過ぎ、ホテル近くに到着。
そして、夕食でデザート食べたくせに、結局来てしまうデザート店・許留山。
デザートは明日食べよう、と話してまたまたドリンクをテイクアウト。
ドリンク持って、昨日も行った男人街に向かいます。
23時過ぎなのに、というかそれくらい遅いからこそ、ますます華やぐ夜の香港。


男人街

これは3日目・夜の記事にも載せた画像と同じもの。
この通りは昼にはなーんにもない普通の道で、夕方から店が作られ始めます。



男人街店の準備

これが準備している時の画像。
ひとつひとつ、丁寧に並べていました。
毎日毎日毎日毎日、作っては並べ、そしてしまい、を繰り返す。
尊敬してもしきれないほど、すごいなと思います。

男人街をブラブラしていると、ひとつの露店に目が留まる。
そこには一体の人形、名前は『変態男』
変という感じは旧字体でしたが、これくらいなら読めます。
サングラスをかけ笑みを浮かべている男、トレンチコートの前に手をかけ、いわゆる「ガバーッ」寸前、といった様態。
変態=トレンチコートって式はここ香港でも共通なのねぇ、なんて眺めていると、店のおじさんが寄ってくる。
ちょっとコワモテのおじさんだったので、一瞬ビビってたら、無表情でその人形の前に立ち、パン!と手を鳴らす。
すると、

変態男開いた━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

変態男と名づけられた人形、トレンチコート開けた!
しかもさらに芸が細かいことに、ブツがボーンと飛び出して、カタカタ細かく上下する!!
音に反応して動く人形っすか!
もうこれは私の超ツボ、しかも男である飼い主が苦笑に留まっているのに対し、一応女子な私は大爆笑が止まらない。
私があんまり笑い続けるものだから、コワモテなお店のおっちゃんが逆にちょっと笑ってくれたのが嬉しかったり。
その後もおっちゃんの目を盗みつつ、もう一回だけ、今度は私自身で手を鳴らしてみる。

変態男また開いた━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

香港サイコー、変態男サイコー。(←壊れる私)
これで喜ぶ私が一番変態だ。

欲しいけれど、今回小さいカバンで来たから入らないし、そもそもこれが家にあっても困る気がする・・・と泣く泣く断念。
写真だけでも撮ってくればよかったなー。

変態男に大満足し、ホテルに戻ったのは日付の変わる少し前。
こうして振り返ってみると、この日はかなーり濃いですね。
濃さをあげたのは最後の最後でキタ変態男も大いに一役かってるあたりが、私らしいというかなんというか。

明日は香港最終日の記事です
2008-01-11 22:55 | カテゴリ:2007ふゆinほんこん
中華料理で満腹になった後、まだまだ香港散策は続きます。

マンドゥをお持ち帰りしたくらい満腹になったお腹で歩いていると、公園がありました。
遊具好きな私、さっそく入ってみる。
遊具というか、運動する感じの器具が3つ並んでいます。
キッズはいなくて、おじいさんが一人で黙々と運動をしている。
私も少し遊んで退散。


午後は旺角(←読めません・・・)を散歩。
ここはるるぶに「庶民の繁華街」と書かれているだけあり、高級ではないけれど賑わっていてとても楽しい街。

まずは金魚街。
金魚街はその名の通り、金魚がたくさん売られているお店。
たくさん、といってもそのたくさんの量、規模が日本とはスケールが違います。



金魚街金魚

金魚だらけだー!
これが一店舗だけでなく、ロードになってて延々とお店が並んでいます。
これが祭りの露店とかじゃなくて普通の景色だからすごい。



金魚街カラフル金魚

金魚街に売られているのだから金魚だと思うのですが、カラフルすぎます



金魚街水槽

水槽。
ちなみに左に写っているイエローマンは飼い主ではありませんよー。
香港では、金魚は金運をよくする縁起物として讃えられてるとか。

香港に行って、観光客の視点から
「毎日がお祭りみたいな街だな」
と思いました。
祭りはまだまだ続きます。

金魚の次は花。
フラワーマーケットロード、花墟道
切り花から鉢植え、アレンジメントなどが揃っています。



みかんの一種仏手柑

ここで驚いたのはこのフラワー(?)
これはなんと、みかんの一種、仏手柑という植物です。
この名前、言い得て妙ですな。
今『仏手柑』でググってみたら普通にたくさん出てきました。
ちなみに生食には不向きで(これを生食する勇気はないが・・・)、砂糖漬けにしたら食べることもできるようです。

専門店巡り、最後は鳥。
バードガーデン、雀鳥花園です。
アジアっぽい色の鳥がいっぱい!


バードガーデン

鳥がカラフルなら鳥かごもカラフルです。



バードガーデン2


バードガーデン3

なぜかバードガーデンにはおじいちゃんがいっぱい。
思い思いに鳥と戯れたり、鳥を眺めたりしていました。



オカメインコ

オカメインコ。
この絵の具を入れたようなまんまるオレンジほっぺが可愛い
オカメインコという名前も、仏手柑に負けず劣らず素敵なネーミングです。
鳥の鳴き声と鳥の匂いに囲まれ、癒しの時を過ごしました。

金魚、花、鳥と、すべて日本にはお持ち帰りできないものなので、ウインドーショッピングオンリーだったけれどとても楽しめました。
この他にはスニーカーストリートもありました。


ちなみに、金魚街~フラワーマーケット~バードガーデン~女人街と、すべて歩いて移動しています。
天気がよくてあったかいっていうのもあるけど、歩ける範囲でこんなに雰囲気が変わったところを次々渡り歩けたのが楽しい。

次は香港のメインストリート、女人街へ向かいます。
女の子が好みのアクセサリー、バックなどなどがひしめきあっています。



女人街

この中にスティッチが隠れています


さて小腹がすいて、いるわけではないけれど、ここでおやつの軽食タイム。
3日目・ディズニーに行った日の朝食で入ったお店、の隣のお店『海皇粥店』に入ります。
ここも地元御用達!って感じでした。
16時だけど、それでもそこそこ埋まっている。



海皇粥店おやつ腸粉

腸粉。
腸といってもなんかの動物の腸のことでなく、米の粉のことです。



海皇粥店おやつおかゆ

お粥。
日本では風邪の時に食べるイメージのお粥だけど、香港でも韓国でもお粥専門店があって、種類もたくさん。

小腹すいてるわけでもないのに食事し、パンパンのところでホテルに戻る、前に
マンゴーデザートの許留山へ。
もうね、自分達でも呆れるくらい通いつめましたよ許留山。
働いてるおばちゃんに顔を覚えられてしまいました。

この時はドリンクをテイクアウト。
許留山ドリンクたち

ドリンク画像を撮っていなかったので、画像は許留山HPからいただきました。
見ての通り、濃くて甘くてマンゴーがこれまた惜しげもなく入ったドリンク♪


時間は17時、ここでホテルに戻っていったん休憩。
夜こそ華やぐ香港の街並みのため、いったん英気を養います。
(食べまくっていて英気を養うも何もないが・・・)
夜編に続きます~。

2008-01-10 22:11 | カテゴリ:2007ふゆinほんこん
この日は完全自由日。
連日朝早かったので、朝は少しゆっくりして、ホテルを出たのは11時くらい。
それなのに写真が一番たくさんある日です
やっぱり長すぎると見にくいので、旅行4日目は午前・午後・夜に分けます。

午前中は街をブラブラ

ホテル付近

外国にいるーって感じの景色が嬉しい。



香港の合羽橋

調理用具とか売ってるお店。



果物屋

果物屋。
現地の市場を見て歩くのって好きです。
この市場でも男人街でもこれから行く女人街でも、客引きがほとんど全然なかったのが意外だった。
韓国ではかなりすごいですからね。
私は客引きがとても苦手なのでありがたかったけど、客引きされなかったのは香港の風習か、外国人と思って避けられたのは、貧乏人だと思って相手にされなかったのか



市場ドリアン

ドリアン。
私はドリアン食べたことなくて、食べてみたくて。
でもカット売りはしていなくて、泣く泣く断念。



スーパーマーケット佐渡あんぽ柿

香港には日本車や日本のお茶がフツーに流通しているとは以前書きましたが、
日本の雑誌、主にファッション誌もごくごく普通に露店とかで売られています。
そんな中、スーパーではとうとう我が新潟産のあんぽ柿が!!



天后廟

天后廟というお寺。
この中は、天井から超でかい円錐形の線香がたくさん吊るされていました。



天后廟内部

これが線香です!!
10日くらい燃え続けるらしいですよ。

寺の前で祈っている人の真剣さっぷりが日本と違うかも。
ちなみに、この寺のナナメ前通りに、昨日書いたエ■グッズ屋台が開かれていました・・・


香港でビックリなこと。
日本だと、工事中の足場って鉄筋みたいなもので頑丈に作りますよね?
それが香港ではなんです。
竹をヒモで縛った足場。
カルチャーショックでした。


香港の街並みをぶらぶら楽しんで、さてさて昼食
『王家沙』というお店に入ります。
オーダーシートでの注文方式、例によって四苦八苦。
例えば「焼」という字が入っていたら焼いてあるものとか、「鴨」って入ってたらなんかの鳥の肉だなとか、それくらいなら日本語的知識でなんとかなるけど、
「酥」「蠔」とかなるのですぐにお手上げ


王家沙蟹味噌小籠包昼食点心

やっぱ香港に来たら点心だっぺ♪



王家沙蟹味噌小籠包昼食炒飯

昨夜の炒飯が忘れられず、ここでも注文。
香港の炒飯はおいしいっす!



王家沙蟹味噌小籠包昼食マンドゥ

私達は、これを韓国風にマンドゥとほぼ無意識に当然のように呼んでいましたが、これは蒸しまん?かな?



王家沙蟹味噌小籠包昼食かに味噌

これ超超超~大好きだった、蟹味噌小籠包
小籠包の肉汁が大好きで、それにまたさらに大好物の蟹味噌が入っているなんて、食べずにいられようか、いやいられまい。
とろけるうまさ

このお店でご飯を食べてる最中にふと窓の外を見ると、
スティッチぬいぐるみが大量に積まれたバンが停まってる!!!
さすがに一般の車なんで写真は撮りませんでしたが、車にぬいぐるみ積んでる人が日本に比べて少なかった(多分)香港で、スティッチに出会えるなんて感激♪
しかも、決して小さくはない香港なのに、夜に別の場所でまたこの車に遭遇しました


さて、お腹がいっぱいになったところで、午後の旅の始まりです♪

予告(という名の覚え書き)
さて、次回の『午後編』は、
金魚街(金魚専門ロード)~フラワーマーケット(花専門ロード)~バードガーデン(鳥専門ロード)~女人街(女専門ロード、というわけではない)からまたまた食べ物記事です
2008-01-09 23:35 | カテゴリ:2007ふゆinほんこん
香港旅行記、毎回ド長文で失礼しております
今回は、19時にHDL出てから一日の終わりまでなので、短いかと思います。

19時過ぎに香港ディズニーランドを出て、向かった先は尖沙咀。
あ、ちなみに私は地名とかまったく把握していない状態でございます・・・

ハーバーシティというお店の中にある「翡翠拉麺小籠包」というレストランへ。
もうお腹ペッコペコ!
ところが、お腹すいて向かったお店の周りにはたくさんの人人人。
順番待ちキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
入口に行くと番号札を渡され、自分の番になると電光掲示板の番号が光る仕組み。
お店の人は耳にインカム付けてました。

お腹がすくと意識レベルが極端に下がるので、半分気絶しながらじっと待つ。
そしてようやくようやく席に着けました。

前日のツアー料理は番茶だったため、ここではプーアールかジャスミンを選びたい、と思っていたら自動的に運ばれてくるお茶。
香港では席に付くとまずお茶の種類が選べ、ポットで運ばれてくるとガイドブックに書いてあったけど、ここでもチョイスできなくてちょっと残念。
でも注がれたお茶はプーアールで満足なりっ。

メニューはとってもとっても豊富。
漢字&英語で少し苦労するけど、写真も付いているので安心して注文できます。

夕食ハーバーシティ翡翠拉麺小籠包 坦々麺

坦々麺。
坦々麺って日本にもあるのに、結局今回の旅行では2日目夜とディズニーランドとここと、3回食べてます。



夕食ハーバーシティ翡翠拉麺小籠包 炒飯

炒飯。
思いっきり食べかけですみません・・・
この炒飯がこれまた見た目は普通っぽいのに、もんのすごいおいしさ



夕食ハーバーシティ翡翠拉麺小籠包  小籠包

念願の小籠包
香港旅行を計画するまで、小籠包とはなんぞやも知らなかった私。
韓国料理だけはマニアック
小籠包の魅力は、皮をプチュっと破ると出てくる肉汁にあるんですね
皮が破れないように慎重にレンゲまで運び、そこで箸で皮を破って汁を飲む。
これがもう、ジューシーでとろけるお味!
カミングアウトすると、香港料理の中では、小籠包がジャスミンティーの次に(え?)好きかもしれません。

前日、ガイドさんに
「あたたかいプーアール茶は油を流すダイエット効果があります、だから香港料理は脂っこいものも多いのに、香港人に太っている人は少ないです」
と聞いていたため、プーアール茶を飲んで飲んで飲む。
デザートもあったけれど、スイーツは昨日行ったところで食べると決めていたので、ここでは食べないでおく。

約一時間かけてゆっくり食事を楽しみ、外に出る。
ホテルまでは地下鉄で戻ることもできるけれど、せっかくなので散歩がてら歩いて帰る。
(しかし、初めて通る道を迷わずにホテルまで行ける飼い主の三次元感覚は異次元)

ネイザンロード歩道

ネイザンロード。
香港の夜は、昼よりも明るいです

韓国では、カップルがめっちゃイチャイチャして歩いているけど、香港ではカップルがごくごく普通に歩いていました。
あとは車のマナーも韓国よりよくて、きちんと止まっていました。
途中のバス停には、日本では見たこともないくらいの超長蛇の列でビックリ。
これなら二階建てバスも必要ってもんだよね、と妙に納得したのでした。

途中で、香港で有名なナイトマーケット、男人街へ。

男人街 旅行3日目夜

こんな風に両側に、狭いお店がズラーッと続きます。
明日の写真で昼の様子を載せますが、この男人街、昼間は完全なタダの道。
つまり、毎晩これを出してセットして、そして朝には片付ける。
細かいオモチャとか雑貨を毎日並べてはしまってって、それだけでも大変な労力。
すっごいパワーです。

男人街っていうから、エ■専門かと思っていたらそんなこともなく、普通にサングラスやスニーカーや家電なんかも売っている。
あ、でもここからちょっと離れたところではエ■グッズを売っている屋台もありました。
ほらドンキの一角の囲まれた部分にあるような、ああいうグッズを集めたお店。(←妙に詳しい奴)
こういうのが道端で堂々と売られているのがまた素敵。
グッズを見るのは面白いので好きだけど、ユーズするのには興味がないので眺めるだけで通り過ぎる。

街を楽しみながらゆっくり歩いてきて、もう22時半も過ぎている。
スイーツ専門店で食べるつもりで夕食ではデザート食べなかったけど、この時間だから今から食べるのはやめて明日にするか、なんて話も出る。



夜食許留山 飼い主 旅行3日目夜

・・・話が出ただけ(爆)
もちろん今夜も来ました許留山!読み方わかんないけど許留山!
このお店は24時くらいまでやっている模様。
こちらは飼い主注文。
生マンゴーとマンゴープリンとマンゴーアイスがひとつのプレートに



夜食許留山P 旅行3日目夜

こちらもマンゴーマンゴーまたマンゴー。
下にポチッとあるのはまたマンゴー餅。
外側はココナッツパウダーで、中にクリームが入っていて、モチモチしてて甘くておいしいっ。
次の日からももちろんここには来たのですが、そのたびにこの時と同じメニューを頼もうか、それともせっかくだから他のにしようか、でも他のはこの餅がないし・・・と悩むことになるくらい気に入りました。


デザートを食べ終わり、ホテルに戻るともう23時をとっくに回っている。
でもすぐに寝るのはもったいなくて、2人でスティッチ談義に花を咲かせたり、マンゴーのおいしさについて語ったり。

そうそう、テレビ付けたら韓国ドラマをやっていましたー。
でも、中国語吹き替え&中国語字幕(多分どっちかが北京語でどっちかが広東語なのではと推測するのですが)だったため、見てもまったく分からずすぐに断念。

香港ディズニーの思い出にひたりながら、1時過ぎ就寝。
明日も一日自由行動デーです。
香港旅行4日目に続く
2008-01-08 22:50 | カテゴリ:2007ふゆinほんこん
さてさて、私達が今回、香港に来た理由。
それは


香港スティッチに会うためstitch


この日はいよいよ香港ディズニーランドに、そして香港スティッチに会いに行く日です
旅行3日目の記事は、ディズニーランド編とディズニーランド退園後編の前編・後編に分けます。


起床し、スティッチTシャツを着てスティッチカチューシャとスティッチの手をリュックに詰める。
飼い主には、そんなかさばるものを香港まで持ってきて!なんて怒られたけど、これが後で大きな大きな効果を発することになるのです。

10時開園なので、はやる私を抑え、のんびり準備する飼い主、9時過ぎにホテルを出る。
ぶらぶら歩いて発見した、地元民御用達!って感じの『茶餐廰』という食堂に入ります。
茶餐廰とは食堂の名前ではなくジャンルのとこで、軽食が食べれるファーストフード的なところ。
メニューは漢字と英語、イマイチ分からない・・・
とりあえずトーストの付いたモーニングセットを注文。
飲んでみたかったミルクティーもあります。
広東語は何も分からないけれど、『女乃 茶』(『女乃』で実際は一文字です)がミルクティーってことだけは今回事前に学習していました
あとはプリンの漢字とかマンゴーの漢字とか、、、食べ物ばかり(爆)


茶餐廰朝食トースト

トースト。
なんでもない普通のトーストなんですけど、これがすっごくおいしかったのが強く記憶に残っています。



茶餐廰朝食インスタントラーメン

飼い主注文、インスタントラーメン!
香港では出前一丁信仰が厚い(by香港ナビ)とのことで、これも出前一丁のようです。
「なんで香港まで来てインスタントラーメン・・・」とつぶやく飼い主。



茶餐廰朝食米麺

私注文、米麺。
これはとてもおいしかったです。

モーニングセットは、トーストや飲み物の他に、麺類がA~Eまであって、選べるようになってたんですね。
それでメニューがイマイチ分からないので、えいやっ!と頼んだ結果がこの麺達だったというわけです。
注文自体をカタコト英語でするわけで(といっても指差して「ワン」とか言うだけですが・・・)、もう少しでこのインスタントラーメンの方を2人分頼むところでした

ミルクティーも大きなコップに入ってきて、これがトーストとよく合う♪
おいしく食べて飲んでいたら、誤ってミルクティーをひっくり返してこぼす飼い主!
朝なのに、飼い主のジーンズがミルクティーで濡れる。
店員さんにタオルをいただき、「ソーリー」と必死に謝る私達。
こぼすとか、ひっくり返すとか、それは私の役目だから~!
店員さんがまたとてもいい方で、「All right」(こちらはカンペキな発音のEnglish)と言ってくださって申し訳なくありがたく。

そうして地下鉄駅に着いた時はもう10時、開園と共に行きたかったのに、遊ぶ時間なくなっちゃうよ~と焦る私をよそに余裕の飼い主。
後でわかったことですが、香港ディズニーランド(以下HDL)は東京ディズニーランド(以下TDL)と比べて小さくてこじんまりとしており、また東京に比べて人も少ないので、最終的にはゆったり回れました。
私は時間感覚・距離感覚に欠けているので、飼い主判断には賞賛を送るばかり

ここで香港の地下鉄を初体験。
香港には、日本でいうスイカみたいな便利なオクトパスカードというのがあるけれど、今回の旅行ではこの日しか地下鉄乗らないので、私達は切符を買う。
機械で買えるかな~と不安だったけど、行き先であるディズニーランドのある駅には
絵文字名を入力してください』(実際はリボンのないマークです)
が記されており、なんの迷いもなく購入。
あ、機械を操作してくれたのは飼い主です

最終日に空港へバスで向かう時とかに思ったけれど、香港の道路を走っていると、道路標識に普通にこのミッキーマークが使われてるんですね。
ディズニーのライセンスは厳しいので、つまりこれって香港市か香港政府(かどっか。適当ですみません)みたいな公機関が携わっているからなそうな。

HDLライン

リゾートライン!
もうここからディズニーの世界ですっ。

10時半くらい、到ディズニーランド!!
エントランスくぐると、両脇のライトにディズニーの絵の看板が掲げられてるっ。


プロムナード看板

エントランスから入場口(入場料払うところね)までは結構距離があり、つまりここの通りはまだ料金発生していないのにもうディズニーの世界。
太っ腹HDL!

入場料を払い、初香港ディズニーランド!
日本語パンフレットもゲットし、いざ出陣!!

HDLスティッチ看板

「プック、ヨウコソ」と言ってくれているみたい♪←イタイ子



HDLの第一印象は、
「小さい~!」
だったかな。
TDLは一日めいっぱいいても回りきれないけれど、HDLは当然初めてのくせに、この日一日で大満足するくらい回れました。
めったにこれない身としては嬉しくて大満足したけれど、リピーターが増えなそうで経営が心配・・・

TDL関連の本を読んだ時に、
「リゾートは一日で3分の2くらい回れるのがちょうどいい」と書いてありました。
3分の2以下だと損した気持ちになるし、3分の2以上だとリピート欲がわきにくいとか。
確かに、経営を考えると的を得ている。

TDLは7つのテーマパークから成っていて、一方HDLは4つ。
それでも私は物足りなさ感は感じませんでした。

まっすぐ歩いていくと、遠くにウッディ&ジェシー@トイストーリーがグリしているのが見える。
TDLでは見かけたことがないので新鮮。
そちらに向かってあるいていると、飼い主が突然、
「スティッチだ
と叫ぶ。
ん?と思って見ると、なんとウッディ&ジェシーより手前にいきなりスティッチが!!!!!
しかも、日本では大人気者のスティッチなのに、一人(一匹?)でヒマそうにスキップなんかしてる!
突然いきなりしょっぱなでスティッチに会えると思っていなかった私と飼い主はもう大興奮でスティッチに向かって突進。
走りながら、リュックからスティッチカチューシャと手を出し装着。

ドキドキしながらスティッチに近づくと、スティッチも私に気づく。
全身スティッチの私に、本家スティッチはビックリ。
カチューシャとか手とか、日本だとまぁそれなりにいる格好なんだけど、香港ディズニーランドってごく普通の格好で歩いている人が多いので、キャラへのアピール力は日本より強いかもしれません。
一緒に写真を撮ってもらおうとすると、

スティッチグリ1

飼い主のカメラに近づくいたずらっ子スティッチ~!
サービス精神満点!
ちなみに左側にチラッと見える、耳&手を装着の奴はもちろん私です。



スティッチグリ2

キャラクターからサインをもらうのが好きな私達。
サイン帳はTDLに売ってるんですけど、これももう2冊目になりました。
キャラの特徴が出ていてとっても可愛いんです



スティッチグリ3

近い近い!スティッチと近い!!!
念願のスティッチサイン、ようやくゲット!!!
私もなんかヘンな角度で写りこんでるけど、幸か不幸か、たまたま実物とかけ離れた感じで写ってるからまあいいか。


この時は回りに誰もいなくてゆっくり触れ合え、いたずら好きで優しいスティッチは、こんなことをしてくれました

20080108212944

書きすぎスティッチ
サインだらけだー!!!
もう大サービスですよ、スティッチ。
大喜びの私と飼い主、この後スティッチと3ショット。
(キャラの側には常にキャストがいて、シャッター押してくれます)
当たり前だけどスティッチを独り占めするわけにいかないので去ろうと思ったけど、まだ回りには誰もいない。
そしたらスティッチ、今度は私の付けてた『スティッチ手』を取って
「コレボクノ」
とも言いたげな感じで抱えちゃったり、手に手でパンチして遊んだり。
予想以上にたっくさん遊んでくれて、大感激。
この時、多分人生で一番幸せな瞬間でした、本気で。
思い出すだけでも涙が出そう。
私はずーっと、
「アイラブスティッチ!アイラブスティッチ!」
って話しかけてました。

この後バイバイして少ししてから、スティッチは休憩?のために裏口へ。
裏口に向かう中でも、

スティッチグリ4

ポーズをとったり、



スティッチグリ5

ふふふ~んって鼻歌が聞こえてきそうな感じで腰フリフリして歩いてくれたり、サービス精神大満点なスティッチ。
写真だけでも萌えます・・・

いきなりスティッチとたくさん遊ぶという、予想もしていなかった出来事に興奮し、半分意識が飛んでる私。卒倒寸前。
TDLではスティッチグリに遭遇したことないし、遭遇してもきっと人気でゆっくり遊べないので、もう香港でスティッチに会えてホントに幸せ。
もちろん香港スティッチに会うのが目的で来た今回の香港旅行でしたが、実際にこんなにゆっくりスティッチと遊べると思ってもいなかったので、これが夢ではないかと恐いくらいでした。


この少し後に同じ場所を通ったら、またスティッチがグリしていました。
この時は列が出来ていて、なんだか嬉しかった。
私達はさっきたっくさん遊んでもらったから・・・とそのまま遠くで見るだけにして通りすぎようとしたら、
私を見つけたスティッチが、ジャンプしながら手を振ってくれましたー!!!やっぱりスティッチの格好していたから分かりやすかったんだと思います。
もうスティッチカチューシャとスティッチ手を持参したのは大正解中の大正解っ。
やっぱり普通の格好しているようは喜んでくれる、のかな。
こんなにスティッチと戯れることのできる瞬間、多分もう二度とないのでは・・・
本当に本当に嬉しかった。

TDLでは、園内で大人も子供もカチューシャ付けるのは普通ですけど、香港で付けてる人は、一日いてもホントに数える程度しかいませんでした。
カチューシャ、売ってることは売ってるんですけどね。
だからこそ余計にスティッチの印象に残れたのかな。

あとはHDLはグリーティング天国で、至るところでキャラやプリンセスがグリしている。
TDLはミッキーやプー以外のキャラは列ができていないことが多く、声かけるのも苦労しますけど、香港ではどのキャラでも列を作って待つので、しっかり触れ合うことができます。
しかも、意外・・・と言っては失礼だけど、みんなすごくマナーがいいので、きちんと待ってきちんとグリできる。
一生に一回と思っていたHDLだけど、また行きたくなってしまいました。


さて、いきなりのスティッチグリで大興奮の頭ながら、まだまだHDLは始まったばかりです。

まずは日本にもあるスペースマウンテン。
ハイスピードで宇宙を駆け回るんですけど、私達の前の前に、70歳はゆうに超えたおじいさんが一人並んでいました。
このおじいさん、この乗り物に乗るのはあまりにもあまりにもなのでは・・・とハラハラしていたら、結局最後の最後に乗るのをやめたのでホッとしました。
これとバズライトイヤーはTDLと同じような感じだったかな。
バズライトイヤー、光線銃で的に当てて点数を競うもの、これだけはいつも飼い主に勝利できるんですけど、ここでは負けました・・・

HDLはキャラグリ天国で、キャラがいっーぱい。
日本では超長蛇の列になるミッキーやプーからもサインゲット!
東京にはいない、ムーシュ(ムーランに出てくる赤い竜)からもサインもらえました。
ムーシュのサインは炎みたいになっていて、よくできています。
ムーランも本来はいると聞いていたけれど、この日は会えなくて残念。

ベルグリ

美女と野獣のベル
ちなみに、なんでたくさんグリしたくせにスティッチの他はベルしかないかというと、
他のキャラとはキャラ&私、キャラ&飼い主&私とで撮っているので載せられないけれど、
ベルだけはピンで撮ったからです。
で、どうしてベルだけピンであるかというと、
飼い主が美人なベルに惚れたからです。

飲茶レストラン内ベルビーストモニュメント

こちらは飲茶レストラン内のベル&野獣モニュメント。



坦々麺ディズニー内

坦々麺。
香港ディズニーランドでは、洋食はもちろん、寿司とかもありましたが、やはりここは中華料理で。


点心ディズニー内

点心。
ディズニーの食事、ぶっちゃけ昨日のツアーで行った観光客御用達のレストランより味は上でした



日本のディズニーと香港のディズニー、同じところもあれば似てるところもあれば違うところもあります。
たとえばジャングルクルーズ、

ジャングルクルーズ香港オリジナル演出炎



ジャングルクルーズ香港オリジナル演出水



ジャングルクルーズも、この後に書くスティッチエントランスも、
・北京語
・広東語
・英語
の3種類に分かれているのが興味深い。
私達はこの中なら英語にしたけど、ほとんど分からず

そのスティッチエントランスとは、シアターの中にいるスティッチが、ゲストとおしゃべりをするもの。
ホントに実際にゲストとコミュニケーションを取っていくので、2つと同じものは見られないとか。
これまた英語がわからずでしたが、画面のスティッチがめちゃくちゃ可愛くってよかったです
スティッチエンカウンター



HDLでは、ショーがものすごくハイレベルで充実していました。
『ミッキーのフィルハーマジック』、ミッキーと名が付きつつもドナルドが主役なんですけど、ドナルドが画面の中で縦横無尽に動き回る。
3Dメガネを付けて楽しむので、目の前で飛ぶ!跳ねる!踊る!
匂いがしたり揺れたり、五感でディズニー!


ディズニー映画の名シーンが次々に現れる『ゴールデンミッキー』もサイコーでした。
これは2回見ました。
美女と野獣、トイストーリー、そしてそして
ゴールデンミッキースティッチ1

リロ&スティッチ!
中国語リロの声、とっても可愛かったです。


ゴールデンミッキースティッチ2


ゴールデンミッキースティッチ3

こちらはラスト。みんなで踊るスティッチ。
私、スティッチが他のディズニーキャラと一緒にいるところを見るのが、何故かとっても好きなんです

香港鉄道に乗ってパークを一周。
途中で幸運にも、グリ中のキャラがなぜか集まっていて手を振ってくれて大興奮。

さて、のんびり楽しんだようでもあっという間にもう夜。
満足したので、ここらで帰ることにしました。

HDLエントランス

さよなら香港ディズニーランド、最高の思い出をありがとう

退園時点で、なんとまだ19時過ぎくらい。
いつも東京ディズニーリゾートに行く時は、3日間朝から晩まで通っても、最終日にはものすごく寂しい気持ちに襲われます。
でもこの香港ディズニーランドでは、ただただ満足感を抱え、寂しさはなかったかな。
いいんだけど、寂しくなるからまた行く、みたいなリピート欲は掻き立てられないかも・・・

ただ、今この記事を書いていて、HDLにまた行きたくて行きたくてたまらなくなりました。
どうせなら世界のいろんなディズニーを回るのが飼い主と私の夢なので、次に香港に行く機会があるかはわからないけど、いつの日かいつの日かまた行きたいな。
スティッチに会えてた
経営難と言われてるけど、夢の王国、心から頑張れー

さて、19時にHDLを出て、私達の香港の夜はまだまだ続きます。
後編に続く
2008-01-07 23:39 | カテゴリ:2007ふゆinほんこん
さて、昼食を食べ満足し、午後スタートです。

午後はツアーらしく土産店巡り。

その前に、香港で見かけて飼い主も私も(むしろ飼い主の方がより多く)気に入ったこちらのキャラ
北京オリンピックマスコット

北京オリンピックマスコットです
このキャラ、香港のいたるところで、旗になり看板になり、めちゃくちゃ多く見かけました。
ひとりひとり名前も付いていて、キャラ付けもしっかりしてる。
飼い主いわく「戦隊モノみたいでカッコいい」とのこと。
夜に飼い主がガイドさんに聞いていたけど、ぬいぐるみが手に入る場所を知ることはできませんでした。
でも最近、飼い主は地元・秋田の中華料理屋で飾られてるのを目にしたらしい。
今後日本でもどんどんメジャーになっていくのではないかな?
ちなみに、「北京オリンピック マスコット」でググったら情報がたくさん出てきましたよ
たとえばこちらのページ
『北京オリンピックのマスコット決まる』



土産店第一弾、まずは宝石屋。
宝石屋に行くあたり、いかにもツアーですね

宝石店では、お互いハナから買う気&宝石に興味がないので、ちょっと眺めただけの飼い主&ぷっく。
飼い主はともかく、そして例え買わなくてもキラキラ宝石に興味示すのが女の子らしい気もしますが、興味のないものは仕方ない
ちなみに私は4月生まれで誕生石がダイヤなんですけど、飼い主に
「ぷっくダイヤ、一番高級一番豪華
ってエバったら、
「自分の手柄でもないくせに、あたかも自分がすごいように振舞うぷっく哀れ
と言われました
まぁ、ダイヤって高価だから逆に誕生石として気軽にプレゼント~なんてしてもらえないし、眺めるのなら色が付いてないからつまんないし、個人的にはあんまり気に入ってはいないですけどね・・・ぶつぶつ。

お次はシルク店へ。
このお土産巡りでは何一つ買うつもりなかったのに、ここで思わずシルクを購入してしまいました・・・
購入したのはシルクのボディタオル。
お風呂で使うものですね。
ちょうど日本から持ってきたアカスリタオルが寿命を著しく超えていたのと、まぁシルクのボディタオルならある程度実用的だしいいだろうと。
買ってよかったーとも思わないけど、買わなきゃよかったーとも思わないのでいいかなって感じですかね。

次は漢方薬店へ向かう。
また、このあたりで、バスの中でオプションツアーの紙が配られる。
ツアーは午後4時くらいで解散で、あとは自由に行動するもよし、オプションツアーに申し込むもよし。
オプションツアーもたっくさんあり、マカオに行くものやディズニーランド送迎、食事プランなど色々。
私達は熟考の末、『夕食・四川料理&夜景&シンフォニーオブライツ』を選びました。
もちろんオプションツアーですから追加料金ですけど、これはかなりオトクな料金だった気がします。

オプションツアーに申し込み、バスは漢方薬店へ。
もうここは、観光客をカネ持ったカモ!って目で見てるのがアリアリの、押しの強ーい場所でしたね~。
まずはツアー客全員集まって、漢方薬の説明を受ける。
日本語堪能な店員さんが、日本語で効能の説明をします。
男性女性入り混じる観光客の中で、無表情で坦々とよく通る声で、プラスティックケースを高く掲げて
「これはヘビのペ○スです」
・・・これをうら若い女性にさせたら、もうそれだけで完全なる羞恥プレイでは・・・

ひとしきり説明が終わると、漢方薬を持った店員さんがぞろぞろ入ってきて、一組に一人、びったり密着、セールストーク(もちろん日本語)。
痩せ薬に多少興味を持った飼い主&ぷっくでしたが、結局買わず。
断っても断ってもなかなか離れず、店員さん
「ではこれに1週間分サービスします、他の売り子はしないよ、私だけだよ」
飼い主「ほんとに~?」なんて応えたので、私は内心
(んなはずないじゃん、飼い主信じたの!?)
とドキドキでしたが、後で聞いたらもちろん信じてないということで一安心。
最後まで断り続けると、最後は店員さんがもんのすごくムッとした顔で、無言で立ち去りました。
まぁ向こうも商売だから仕方ないけどね。。

ちなみに、説明書の紙の一部。
20080107221519

・・・・・・


さて、土産店巡りも終わり、ツアーもここでいったん解散です。
この時16時過ぎだったかな。
私達は夜のオプションツアーに申し込んだので、ツアーはまだまだ続きます。
っていうかここから本番だったと行ってもいいくらいです

オプションツアー開始まで1時間ほど時間があったので、周辺を散歩。
デパートのお土産コーナー、韓国ロッテホテルみたいなボリュームを想像して向かったけれども、予想に反して小じんまりとしていたので、早々に引き上げる。
喉が渇いたので、売店でポカリ調達。
韓国でも香港でもお世話になってます、ポカリスエット。

近くの広い公園を散歩。
のんびり満喫でホントに嬉しいっ。

集合時間になったので、待ち合わせ場所に戻る。
私達の他にもオプションツアーに参加する方が何組かいらっしゃったのですが、全員が時間5分前にキッチリ集合。
外国に来ると、なんだかとっても日本人らしさを感じます。

さて、香港に着いて2度目の食事
こちらももちろん、ツアー客御用達っぽいお店でしたね
そしてこちらのお茶も番茶・・・

夕食坦々麺

坦々麺。
坦々麺は日本のラーメン屋さんの方が好みかな。


夕食四川インゲン炒め

奥が豚肉をゆでたもの。タレが美味でした
そして手前のインゲン炒め、これが野菜の味がしっかりしてとてもおいしかった!
昼間のチンゲン菜でも思ったけど、香港の野菜料理はとてもグット
これは単なるインゲンを炒めたものだと思ったら、れっきとした四川料理の一種らしい。

2度目の香港料理に満足し(しかし香港料理の真髄を感じるのはまだまだこれから!)、お次は夜景を見に出発
朝から晩まで案内してくれるガイドさんにはホントに感謝感謝。
基本的には一人のガイドさんがずっと案内してくださいましたが、四川料理の時だけ一瞬別のガイドさん登場。
おじいちゃんでしたがカクシャクとしていて、とても陽気な人でした。

夜の香港、バスで通るだけでも美しい

写真に撮ってないけど、チャーリーブラウンカフェ発見。
シュルツさんの世界観が好きなので嬉しかったです。

昼にも行ったビクトリアピーク、夜景堪能しに向かいます。

ビクトリアピークからの眺め

これが昨日も載せたビクトリアピーク・昼の光景。


ビクトリアピークからの夜景

夜のビクトリアピーク!
写真じゃ伝わりにくいのが残念だけど、とってもとっても美しい夜景
いやーオプションツアーに参加してよかった

そして、昼も乗ったスターフェリーにまた乗る
香港の美しい景色を水の上から堪能っ。

そして午後20時、いいおいよ光のファンタジー・シンフォニーオブライツの時間です
シンフォニーオブライツとは、香港るるぶによると
『ヴィクトリアハーバーを股にかけ、ビルがサーチライトを放つ、光と音のファンタジーショー。
毎日夜20時から行われ、ギネスにも認定されている』
とか。

20時、いきなり始まる楽しい音楽
音楽を言葉で表すのは難しいけれど、そうですね、今にも
「とうきょーぅ ディズニーラーンド!」
と聞こえてきそうな、聞こえてもまったく違和感ないようなそんな感じ?

シンフォニーオブライツ

光を放つのが、観光用のビルとかじゃなくて、普通の銀行とかオフィスビルっていうのがこれまた底抜けのスケールですね~。
イベント時だけじゃないですからね、毎日ですからね毎日。
5分くらいで終わるのかなって思ってたら、もう15分は続いてました。
しつこいですが、このショーが毎日行われてるんだから、香港パワーを感じます。
光が音に合わせて瞬くのがこれまたすごい。

その後、香港スターの銅像や手形などを楽しみ、バスへ。
あとはホテルへ向かいます。
オプションツアーに参加していなかったら現地解散だったけれど、参加したおかげでホテルへの送迎付きでこれまた嬉しい。
ツアー参加者それぞれホテルが違うのでそれぞれ経由して向かうのですが、まばゆい豪華ホテルに泊まっていらっしゃる方ももちろんいました。
オラ達は安いツアーなのでそういうホテル♪
でも泊まったホテル、立地もいいし個人的にはなかなかでした。

一期一会の日本人の方にお別れを告げ、ホテルに降り立つ。
でももちろん香港の、そして私達の夜はこれからです、香港の街に繰り出す!
夜よりも明るく、広い道路の両側に大きく広がる露店の数々数々・・・・
韓国以上にパワフルで、日本にはないこの熱気!
さっき四川料理を食べたはずの私達は、それはそれこれはこれとして点心屋台で足を止める。
積まれたせいろの数々。
メニューを見るより中身を見せてもらった方が早い!と、指差しで中身を見せてもらって購入。

今回、「言葉がまったくわからない」という面で香港行きに不安のあった私ですが、旅行に限っては言葉わからなくてもなんとかなりましたねー。
もちろん、現地の人と深いコミュニケーションをとろうと思ったらそんなこと言ってちゃダメだけど、感謝の意を伝える、おいしいと伝える、楽しいと伝える・・・
韓国では言葉がわかるからこそ、異国でもそんな気持ちを伝えられると思いあがっていましたが、ここ香港に来て、あぁこんなコミュニケーションもあるんだなぁと感じたのは大きな収穫でしたね。

夜食屋台点心

外に簡易で置かれた椅子とテーブルに座って食べる。
ちなみに、私自身この写真見て仰天したのですが、奥にある血管の浮き出た手は男・飼い主のものでなく女・ワタクシの手です・・・
ちなみに今は浮いてないぞ・・・

安い点心なのですが、現地人気分も相まってとってもおいしかったです!
飼い主が食べたいと言っていたチマキにもここで出会えました。

さてさて、食街道はここで終わり、ではなく、最後に香港スイーツで締めです。
香港はスイーツの宝庫、とは今回旅行が決まって初めて知ったこと。
向かうは『許留山』(いまだに広東語読みはわかりません)という、チェーン店の香港デザート専門店。

香港スイーツについては、るるぶを熟読していて知っていたけど、実は期待半分、ドキドキ半分でした。
もし好みじゃなかったら寂しいなぁ、美味しくなかったら悲しいからあえて期待を抑えておこう、と。

そんな気持ちのストッパーは、お店に入って豊富なメニューを見た瞬間に一瞬で外れました。
マンゴーマンゴーマンゴーづくし♪もちろん他のフルーツも満載♪
生マンゴー、マンゴープリン、マンゴージュースにマンゴーアイス
店内も厨房も狭いのに、メニューの豊富なこと豊富なこと。
ここにはこの旅行中、最後の最後まで、予想を超えた頻度で通うことになります。

夜食許留山P

マンゴー!!
白いのはココナッツです。ココナッツ大好き!


夜食許留山 飼い主

飼い主注文。うー、見ているだけで今すぐに行きたくなる・・・
下のテーブルに写っているのがメニューです。
全部は写ってないけど豊富でしょ?
こうして写真入り&英語付記なので、日本語がなくても指差しで注文OK

・・・この写真見て、ふと
「ん?奥に写ってる私が食べてるもの、上にアップしたものと違うよね?写真の日付間違った?」
と考えて思い出した、

私達、ひとりひとつ注文して食べ終わった後に、もう一回別メニューを一品頼んだんだったー!!!!!

この時点で夜9時はとうに回ってたはずですからね、我ながらなんという・・・



許留山のデザートは見た目通りのサイコーのおいしさで、甘くて味が濃くて南国の味で、もう天国でした
飼い主は、「決めた、ここに毎日通う」宣言。
(そして実際公約通りにした私達である)
夕食の四川料理にはデザートが出なかったので、デザート超大満喫。
満腹のお腹を抱えホテルに戻り、充実の一日は満足のうちに終わりました


あぁ、午前午後と分けたのに果てしなく長い旅行記・・・
読んでくださった方、本当に本当にありがとうございます
まだまだ旅行記は続きますです
2008-01-06 21:40 | カテゴリ:2007ふゆinほんこん
(1/7 黄大仙について追記しました。追記箇所はオレンジ色にしてあります)


一日があまりにギッシリすぎて、もんのすごーく長くなりそうな香港旅行記
ということで、今日は前編(午前)・後編(午後~夜)と二度に分けて記事にします。

香港旅行2日目、といっても香港に到着したのは1日目の午後10時過ぎだったため、実質の香港は今日からスタートです!
この旅行はツアーで申し込み、今日は一日ガイドさん付きの市内観光。
韓国は往復チケットを買って行く、完全な個人スタイルのため、一日ツアーは初体験。

私、ほんとにごめんなさい、ツアーってどことなく距離を置いていたところがあったんですよ。
食堂も名所も、観光客向けの作られたところに行き、マージンのためお土産屋さんに連れていかれ、高いお土産をムリヤリ買わされる・・・みたいな。それなら自分で調べて行った方が思い出にも残るし楽しいじゃんっ、みたいな。

そういうトコももちろんあるだろうけど、今回ツアーに参加してみて、私の考えは間違いだったことがわかりましたねー。反省しました
すごくよい、今回のツアーでした。


さてさて、ツアーに参加のため、この日は7時に起きる。
前日寝たのが遅かったため、元気に起きれるか心配していたけれど、やっぱり楽しみが待っていますからね、元気に起きることができました

8時過ぎ、ガイドの方と落ち合う。
昨日の夜、空港からホテルへ連れて行ってくださったガイドさんです。
いつ寝ていつ起きたんでしょう?働くってすごいことだなぁ。

バスに乗り、他のホテルに泊まっていらっしゃる日本人の方へ挨拶をする。
香港の朝おはよう!
香港は確かにあったかくて半袖で過ごせるけれど、この時期は朝や夜、また建物の中は羽織物が必要でしたね。
寿命を過ぎてクタクタになった薄手のタウカンジャケットが大活躍でした。

バスから見る景色、テレビでよく見る香港の風景そのまんま、超香港だー!!
漢字で意味がわかるところもあって、でもやっぱりわからなくて、そしてもちろん全然読み方はわからない。

昨日コンビニでの「日本製品が並んでいる!」に続き驚いたのは、
「日本の車がたくさん走っている!」
こちらはお茶とかと違ってナンバーはもちろん香港仕様になっているけれど、車はまさに日本の車そのもの。
トヨタがほとんどで、あとはホンダ。
ダイハツの軽自動車もあったし、日産もマツダも見かけてもうビックリ。
あとでガイドさんが説明してくれたことによると、香港では日本製の物が品質がいいとして輸入されているんだとか。
車は70%くらい日本から輸入されたものとのこと。
香港で日本を感じることがあると思ってもなかったので、これまたビックリでしたね~。

食品とかも、中国製が安いけれど、やっぱり日本製の方が安心・安全とされていると。
最近の食品偽造で信用失墜問題って、私は日本国内だけの問題として考えていたけど、これって外国にまで強く影響を及ぼしかねないんだな・・・

今日はガイドさんの他に若いカメラマンさんが一緒でした。
カメラマンさんも日本語堪能。
このカメラマンさん、もちろん香港人なんですけど、なんか韓国の若い歌手っぽいカオをしている~


まず向かうはスターフェリー。

スターフェリー乗り場

いい天気

船は広くて気持ちいい~。

スターフェリーからの眺め

スターフェリーからの眺め。
いい景色です

私、「香港るるぶ」は購入したものの、食べ物のページのみ熟読して、香港の地理とか基礎知識とかエリアの特徴とかまっっったく把握せずに来てしまいました。
なので、ここで何故この船に乗ったかもまったくわからないまま景色を楽しむのみ。
香港って、九龍と香港島があるのね。で、今、この船で九龍から香港島に渡ったのね。ここはトンネルでも通れるのね。(←今るるぶで調べましたが、、、間違っていたら直します)

スターフェリーで香港島に上陸!
ビクトリアピークへ、バスで登ります。
香港らしい、高い建物がいっぱーい見える。
高層マンションはやっぱり家賃もすっごく高いそうな。


ビクトリアピークからの眺め

ビクトリアピークからの眺め。
う~ん、in the ホングコング!
周りでは絵を売ってる露店とか、色々あって楽しい~。
この日、夜にも同じところに行って夜景も堪能しました。
100万ドルの夜景って言葉がピッタリでしたよ~
夜景画像は次の記事で載せます



下りは登山鉄道のピークトラムで。
ピークトラム

この鉄道、最大傾度が23度もあるという(って、数字だとイマイチ分かりにくいですが・・・)、かなり急角度なもの。
降りながら横の景色を楽しむので、首が痛くなっちゃいました~。

この時点で11時は回っており、朝から何も食べていない&香港料理が待ちきれない私はお腹すいてフラフラ。(昨日も同じこと言ってたような・・・)

でもまだまだ食事にありつけるのは先、これからオープントップバスと路面電車に乗るのです。
食事までの道のりは果てしなく遠い

道路が混んでおり、バスがなかなか来ないっ。
それにしても香港のバス、よく写真で見る通り、細くて2階建て。
よく横転しないなぁ・・・と感心しきり。

やっと来た来たオープントップバス♪
オープントップバス

オープンです
ちなみにこの写真は他の車を写したもので、私達の乗ったものではありません。
天気もよかったので、すっごく気持ちいい~
寒い日本はもう忘却の彼方


国際金融中心二期ビル

形がエロいぞ(←追放!)、国際金融中心二期ビル



中国銀行ビル

中国銀行ビル。これが夜のシンフォニーオブライツでは素晴らしく美しく光ります!

オープントップバスでどこに降り立ったかは・・・分かりません(爆)
忘れたのでなく、現場でも分かっていません。すみません・・・

それにしてもこのツアー、老若男女、日本人が25人くらい?いたのですが、たくさん移動を繰り返しても一度も誰かはぐれることなく、いなくなることなく。
外国に来ると、日本人だなぁって実感しますねー。

乗り物巡りはまだまだ続く、次はセントラルからワンチャイまで路面電車に乗る。
この路面電車も2階建てで、幸いにも2階に乗ることができました。
当たり前だけど外国!って感じの町並みがとっても嬉しい。
ガイドさんは、香港で自家用車を持てるのは大金持ちだけとおっしゃっていましたが、そうするとここから見える車に乗ってる人はあの人もこの人もみんなお金持ちなのか、いいなー。

飼い主は、自分の乗ってる愛車と同じ車種の車を見つけて大喜び。
写真に撮ろうとするも、通りすぎるのでうまく撮れず。

次は黄大仙。
寺院なんですけど、お寺の色が日本と違ってハデ♂ハデ♂。
入れ物を振って、棒に書いてある番号で占いをするものがあり、振るだけなら無料だったので挑戦。
私は『94』、飼い主は『55』。
番号に対応する紙をもらうのは有料(かな?)だったけど、チラっと見る限り何が書いてあるか分からないのでもらいませんでした。
飼い主は
「俺はぷっくのアホに苦しめ(94)られているから、他の女にGOGO(55)って意味だよ」
とのたまっていました(怒)

ここではものすごい必死の形相で何かを祈っている人も数多くいて、形相から例えば家内安全とか誰かの健康を祈っている風ではなく、嫁の○○とか、夫の浮気相手を△△とか、そんな感じ・・・(注:あくまで推測・妄想です!)
大変失礼ながら、その御年で何をそんなに願いたい事がある・・・と眺めてしまいました。


さてさて、いよいよ昼食の飲茶レストランです
あぁ・・・この瞬間をどれだけ待ち望んだことか

連れて行ってもらったのは、やっぱりツアーらしい、地元の人がいない観光客向けっぽいレストラン
ツアーなので、自分で注文するのでなく、メニューはあらかじめ決められています。
さっきも書いたけど、るるぶの食べ物ページだけは熟読してきたので、お茶の種類から自分で選べるのね~と期待していたのはここではムリそう。
しかも、運ばれてきたお茶は
番茶・・・?
ジャスミン茶かプーアール茶が飲みたいんだけど、ここでは諦める。

昼食点心

点心です点心です点心です!
夢にまで見た点心、お腹がすいていたこともあり一気に食べつくす。
本場の点心、ほっぺが落ちそうなくらい美味
「私はお腹すいてるから」という身勝手な理由で、飼い主の分の点心も頂こうと企んだもののやはりあっさり拒否される。そりゃそうか。

点心の他にも料理が運ばれてきます。
写真がないのですが、焼きそば、チンゲン菜、揚げ物など。
中央の丸テーブルに大皿でドンと置く。
同じツアーの人でテーブル囲むのですが、食べ進むにつれ妙な空気に包まれるテーブル。
つまり・・・お味はあんまり・・・だったんですよね
点心はおいしかったけど、他の料理は味がなかったりなんだり。
「日本人の口には合わないな」とつぶやく隣のおじさま。
やっぱりツアーだとこういうこともありますね。
点心とチンゲン菜とデザートの杏仁豆腐には満足したので、私はわりとよかったです。

香港上陸から12時間以上過ぎたところで、やっとやっと香港料理にありつけ、満足したところでまだまだツアーは続きます。
香港旅行2日目・午後編に続くっ。
2008-01-05 12:33 | カテゴリ:2007ふゆinほんこん
飼い主と共に、香港旅行に行ってきました~!
もちろん私は初!香港。
広東語は勉強する前からあきらめてしまい、言葉はまったくわかりません。。


今までの私の外国体験といえば、
①中学生の時のグアムサイパン
②韓国
ザッツオール。

グアムサイパンは地方テレビ局主催の企画で、船で10日くらいかけて行くもの。
団体生活の大切さ(道徳?)とか学ぶようなもので、10日かけて現地滞在は数時間(!)
韓国の方は気候も変わらず時差もなく、言葉もなんとかなったせいか、初めて行く時から外国って感じが何故かしなかった。
よって実質、初の海外旅行!
いきなり気候も違う、時差もあるトコに行くのはどんな感じなんだろう♪

一日目、
朝は5時起き。
まだまっくらくらすけ。
ちなみに香港到着は夜10時過ぎです
早起きは全然平気なんで、準備して最後の荷物点検してアパート出る。
旅行慣れしたわけではないだろうけど、最近は荷造りもササッとできるようになりました。
コンビニで朝ごはん調達
バスで一人、東京へ向かいます。
飼い主とは東京で待ち合わせ。
食べたり読んだり聞いたり寝たり、そんな好きなことをしながら時間と景色の移り変わりを楽しめるから、長距離の乗り物に乗るのは大好き
運転してくださる方にはとっても感謝です。
もうここから旅行気分満開
でも外国に行く実感はまだない・・・

13時過ぎ、飼い主と落ち合う。
さぁ昼ごはんだー!朝早く起きてコンビニご飯だけだからお腹ペコペコだー!と張り切るも飼い主の無情な声、
「ご飯は空港に着いてから。昼飯にありつけるのはまだまだ先。あ、ちなみに今日香港に着くのは遅いから今日は香港料理食べないよ」

ナンデスト━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

ショックで崩れそうになるぷっくを飼い主は支えることなく、京成に乗って空港へ。
ボックス型の座席ではなく、横長の電車なので通勤っぽい。
それもあって、というわけではないかもだけど、まだ外国行く実感はない。
っていうかお腹すいてフラフラ

空港とうちゃーく!
そういえば成田空港も初です。
成田空港といえば、私のイメージは
『スター到着、群がる客達』
『動く歩道を歩く芸能人、横を走りながら矢継ぎ早に質問を浴びせる芸能レポーター』
でも実際の成田空港はとっても大きなだけで、スターもレポーターもいなくて残念。
チェックインもすませ身軽に。
私のもこもこコートを空港に預けるかどうしようか迷ったけど、どうせ香港に着いたらホテルに直行なので、ここは持って行くことに。
千円かかるしね。

それにしてもこの時点で午後3時過ぎ。
お腹がすいた。すいた。すいたったらすいた。
京成からずっと「ビビンバ食べたい」とうわごとのようにつぶやいていた私、広ーい成田空港で韓国料理屋を探す旅に出る。
しかし


ない


天下の成田空港に韓国料理屋がないなんてことがあるかー!!!
o(`o´)ノ
(探せなかったという説もあり)
オオゲサでなく朦朧としてくる頭。
私はお腹がすくとぐったりするので、いつも飼い主にはご迷惑かけております。。
結局大好きなネギトロ丼のあった、カツ丼「和幸」へ。
ちなみに和幸は新潟伊勢丹にもありますよ

やっとありつけたぜ
この時、すでに午後3時。
長かったよ、もう少しで、凍えそうで目を閉じてた~♪(by浜崎あゆみ)
注文して、1分後には
「まだ来ないの?」
という私に、飼い主は
「ぷっくうるさいから空港に置いていく」発言


和幸


さすが天下の和幸、どれもとってもおいしい
キャベツとご飯とみそ汁はおかわり自由だったので、私と飼い主(多分ほとんど私)はキャベツをたくさんおかわりし、もちろんきちんと完食しました

いや~生き返った生き返った!
まだまだ時間があるので、お土産屋さんでブラブラしたり、空港限定スティッチがないか物色したり。
ちなみに香港では、スティッチと素晴らしい出会いをするのですがそのことはまだ知らない1日目の私。

それと、時間があったので、用もないのにターミナルをつなぐシャトル電車(?)に乗って往復してみたり。
成田空港・・・激広ですね
我らが秋田空港はこじんまりして可愛いですよ~(と、なぜかアピール)

まだ時間はありますが出国します。
動く歩道も長い長い。
そして横の歩道を歩いた方が早い(笑)

さらにこの記事、まだやっと出国しただけなのにド長い長い。
これでまだ半分いくかいかないかかと・・・
休み休み読んでいただければと思います



荷物チェック受けて金属チェックのゲートくぐると、免税店の香水の匂い
この光景は、結構どこの空港でも変わりませんねー。
いつも思う、こんなに人がいるのに、ここは武器ひとつない、世界で一番安全な場所なんだなぁと。

キャセイパシフィック飛行機

私達の乗る、キャセイパシフィックです。
ちなみにこの名前はなかなか覚えられず、今も覚えられていません・・・
航空会社はJALとANAとコリアンエアーとアシアナしか分かりません・・・


いよいよ飛行機搭乗!
飛行機の感想は、一言で言うと


広!機能満載!


(あ、一言にならなかった)
3-4-3フォームで、席にはひとつひとつテレビが付いていて、好きなテレビが見られる!!
ひとりひとつテレビは初体験!!
飛行機に乗って、目の前のテレビを見るのが夢だったんです
飛行機ってすべてテレビが見られると思っていたんですけど、国内線の多くや日本-韓国間だと付いてない場合がほとんどですからねー。

手元のリモコンが椅子からビヨーンと伸びるのに驚き、リモコンで頭上のランプが入切できるのに驚き、テレビの角度まで変えられるのに驚き、驚きいっぱいの飛行機の中。アミューズメント気分っ。

飛行機のもうひとつの大きな楽しみが機内誌ですけど、こちらは中国語&英語だったのでキャントリード(←ルー)。
ちなみにJALとアシアナの機内誌が好きです。

飛行機に座ってすぐ、飼い主が
「もう時計を現地時間に合わせておいた方がいいよ」
と言う。
まだ離陸もしてないのに早すぎない?と思ったけど、時差ボケ防止にはいい手ですね。
っていっても1時間なのでさすがにボケることはありませんでしたが

外はもう真っ暗。
予定より遅れての離陸です。
飛行機も大好きなので、これまた嬉しい
今回は飛行機人生(ってほど乗ってもないがな・・・)初の窓際でない席でしたけど、それでも楽しいです。
テレビ番組はチャンネルがものすごくたくさんあって、その中で4番組くらいを繰り返し放送するのねフムフム。
それでも見たい番組はそんなに多くないし、限られた時間だからきちんと選んでみなくてはっ。
おんなじ番組でも中国語放送と英語放送があるのが興味深い。
韓国映画も放送されていたけど、内容が好みでなくて残念・・・
結局、スティッチアニメを楽しく見ました
あと私が好きなのは、今どこをどのくらいのスピードで飛んでいるかがわかるチャンネル。
ちなみに韓国行く時、コリアンエアーだと上にモニターが付いているけど、JALだとわからないんですよ。

そういえば、1年以上前に、飼い主に
「空の上は昼も夜もないからいつも明るいんだよ。夜に飛行機が飛んでも、上空に着いたら昼なんだよ」
と教えられ、私はそれをずっとずっと信じてきました。
8月の韓国旅行の帰り、仁川空港で飼い主とお別れし、一人コリアンエアーに乗り込む私。
上空に着いても真っ暗で、あれおかしいなぁと思っていました。
そのことを思い出し、そして今も上空が暗いので飼い主に聞いてみると
「当たり前じゃん、あれウソに決まってるじゃん、バカじゃねーの

こらー!!!!!  



そうこうしているうちに機内食です。
これが本日最後の食事、今日はやはり香港料理には出会えません。


機内食チキン

チキンバージョン。


機内食ビーフ

ビーフバージョン。横のチョコ、とてもおいしかったです。


機内食副菜

副菜。美味!


さすが長距離フライト(4時間はそんなに長距離でもないかもですが・・・)は機内食も豪華

そしてテレビを見たり寝たり話したりしてるうちに、ちょっと飛行機に飽きてきた
大好きな飛行機に飽きる自分が許せずショックを受けてみたり、いやいや飽きたのではなく香港到着が待ち遠しいのよー!と自分で自分に言い訳しているうちに、いよいよ到着だぜ香港
この時点で午後10時はとっくに回っていました。
ここからは現地時間で表記します

飛行機が広い分だけ乗客の方も多く、ここから入国までも時間かかる。
こんなに遅くまで働いている人がたくさんいるんだなぁと、なんだか感動。

今回はツアーでの申し込みなので、ガイドさんのお出迎えあり。
これまた初体験。
ガイドさんに会い、もう一組の方の到着を待ち、バスでホテルへ。
バスの中から見える香港の夜景、うわうわ香港だ外国だー!!!
ガイドさんが、香港の基礎知識を話してくださいます。
香港についてはまるで無知で来てしまったので、わかりやすい説明がとってもありがたい。

ホテル到着!
遅い時間なのに、超賑わっている夜の街!
安いツアーにしたので、ホテルは狭いけれどそれもまた楽しいっ。
もう日付も変わっていたけれど、飲み物は必要なのでコンビニに繰り出す。
韓国にも香港にもあるセブン♪

ここで驚く、香港のコンビニには日本のラーメン、お菓子、お茶がそのまんま売られていました。
そのまんま、というのは、パッケージに広東語付記とかされているわけでもない、ホントに日本で売っているものそのまんま!
外国製品専門のスーパーとかでもなんでもない、フツーのコンビニです。
韓国ではこういうのは見かけなかったので、すごくビックリでした。
価格はもちろん日本より高くて、それでも500mlペットで200円くらいかな?
私達はもちろん現地の飲み物を買います。
飼い主はポカリ(こちらは現地表示)と、私は「蜜」とか「参」とか「茶」とかの漢字が入ったお茶を。

ホテルに戻り飲んでみると、私のは「高麗人参にハチミツを入れたお茶」でした。
めちゃめちゃクセが強い~。
私は高麗人参もクセの強いお茶も大好きなのでおいしく飲めましたが、飼い主は匂いを嗅いだだけでダメでした

さてさてもう1時過ぎ(あんまり考えないようにしてるけど、日本では2時・・・ひぇ~)。
明日は一日ツアーでの香港観光、短い時間しっかり寝て明日に備えます。
本格的な香港堪能、何よりおいしい香港料理を夢見ておやすみなさい
2008-01-04 00:00 | カテゴリ:韓国映画・ドラマ
(予約投稿です。書いたのは去年)

ゲオの韓国ドラマDVDレンタルコーナーに行ってびっくり。
少し前までは、いわゆる韓流スターの出演作(彼らが出演さえしてるものなら、昔の作品だろうがチョイ役だろうがおかまいなし)ばかりだった韓ドラコーナー。
それがそれが、最近の作品が大量豊作になってる!!
それも日本で人気の人が出てるって理由でなく、普通にいろんな韓ドラが出てる。
いや~この多様化、いい仕事しますねぇ嬉しいですねぇ。
韓国語学習者、韓ドラファンにはとてもいい時代がいつの間にか到来してたんですねー。
分母が豊富でこそ、自分の好みも選びやすくなりますからね。

留学してた時に見ていた作品もちらほらあって、とても懐かしく嬉しかったです。
留学中に大好きで夢中になって見ていて、でも視聴率は伝説の「2%」で話題になった『秋の夕立(カウルソナギ)』まで!
なんたって2%だから絶対に日本に入ってこないだろう、もう一生会えないだろうと思ってた作品だから嬉しさもひとしおっ。
そのうち借りてきて見まくります♪
2008-01-03 13:04 | カテゴリ:ハッピー
200801031304452
20080103130445
珍しいものを食べたのでブログにアップ。
皮がパリパリッとしてて、豆乳クリームがとろりとしててとても美味♪
次回くらいからは、飼い主とのラブラブ全開な香港旅行記事をアップしていきます☆☆
2008-01-01 00:00 | カテゴリ:いろいろ
2008年初ブログ!
(っていっても予約投稿です)
初ブログらしく、今年の抱負でもつらつらと。

<韓国語↑↑↑>
もう留学もしない、そして実力はまぁもちろん、韓国語使った仕事をする気概も情熱もない私が韓国語を勉強する必然性はもはやないわけで、でも毎日韓国語に触れてしまう。
そんだけ好きな韓国語、2008年は韓国語力をガガガッとガッチリと伸ばしたいなー。
韓国語に関する記事も、今年は増やしたいです。

<月一ネイルサロン>
去年はとうとう、一回もネイルサロンに行かなかったことに気付き大ショック(。。;)
仕事的にも、ネイルサロンの位置的にも、月一くらいならギリで金銭的にもネイルサロン通いは問題ないのに。
行かなかったのは、ひとえに爪が薄く&ボンヤリ性に付き、爪が超欠けやすいため、
爪が伸びるのをひたすら待つ→少し伸びる→無惨に欠ける→仕方なく全部短く切る→こんな爪じゃネイルサロンに行けない→爪が伸びるのをひたすら待つ(以下エンドレス)
となるからです(涙)
一度伸ばしてネイルサロンでキレイに整えてもらえば、あとは維持に力を注ぐだけになるんで、お正月に切って2月中には2008年初ネイルサロンしたいと思います!

<仕事に飲まれない>
今の仕事が好きではないし、今後好きになる気もないので、
仕事は給料の対価としてきちんとこなすけど、それ以上は会社って組織には距離を置いて、いざとなったら会社なんかくそくらえ(←あいりゃ)くらいの気持ちでいたいと思います。

<毎日のちょこっとムダ遣い禁止>
ちょっと高価なものを考えてドーンと買うのはいいけれど、パッと目についたお菓子をすぐに買うとか、そういうのはなくさねば。
あとカップ麺の購入も禁止で。
ついでにダイエットにもなればなおいいな。

<ほぼ日手帳活用>
一年ってやっぱり長いから、毎日少しでも何か書くことで後の楽しみが増えると思う。
手帳が真っ白ってことは避けたいです。
ほぼ日サイトも活用しつつ、自分なりの手帳の使い方を見つけます。
手帳によって、毎日を丁寧に生きることにも繋がるのでは?との期待もありつつ。
ほぼ日記事もちょこちょこ書きたい。

抱負らしい抱負になってませんね(¨;)
フリーターや派遣社員として働いてて、自分が正社員になるなんて思いもしてなかった頃、正社員になったらきっと少しは真面目になるのか?と思ってたけど、
実際正社員になると仕事が大変で辛いこともあって、んでもって正社員って肩書だけでそれなりにいろんなことが有利に働くことを身を持って体感して、
今まで以上に自分に対して甘甘娘。になりましたね;
今年はとりあえず甘甘でいこうかな。。

良い年になるよう頑張ろう~!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。