-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-03-15 06:00 | カテゴリ:2013ふゆinほんこん
大量の旅行記は、いつものようにインデックスで本当の最終回。
旅行記は自分達の備忘録のような役割があるので、インデックスは重宝します。
どの記事にも、いつでもコメント大歓迎です♪

前々日・前日(11/29・11/30)<移動日・東京>
香港旅前々日・前日~移動だけの結婚記念日・何故か東京満喫の日~

1日目(12/1)
香港旅1日目 前編~3回目の香港!ホテルまでの道~

香港旅1日目 後編~香港グルメ デジャヴでデリシャス!~

2日目(12/2)
香港旅2日目 5分の1編~糖い(あまい)朝と仲直り・赤い柱のヨーロッパへGO~

香港旅2日目 5分の2編~赤柱(スタンレー)旅フォト前編。ヨーロピアジアン~

香港旅2日目 5分の3編~赤柱(スタンレー)旅フォト後編。超宝物素敵花文字購入~

香港旅2日目 5分の4編~おときそロケ地巡り第1弾!そして猫ねこぬこ萌え~

香港旅2日目 5分の5編~担担麺ハシゴの夜!~

3日目(12/3)<香港ディズニーランドHDL>
香港旅3日目 前編~恒例!香港ディズニーランド満喫~

香港旅3日目 後編~お初づくし!客家料理に亀ゼリー。行列釜飯は見学のみ~

4日目(12/4)<長洲島>
香港旅4日目 3分の1編~香港サブウェイ体験・今日は長洲島へ~

香港旅4日目 3分の2編~ナイスおばちゃんの元、長洲島海鮮グルメ~

香港旅4日目 3分の3編~雪蛤膏と超行列釜飯の秘密に迫る~

5日目(12/5)<川龍村・大嶼島(ランタオ島)・大澳漁村>
香港旅5日目 9分の1編~山の飲茶「端記茶樓」 大特集!~

香港旅5日目 9分の2編~のんびり散歩 川龍村フォト~

香港旅5日目 9分の3編~お初!ではないランタオ島。昂坪苦行を乗り越えろ~

香港旅5日目 9分の4編~大澳(タイオウ)漁村で香港原風景に出会う~

香港旅5日目 9分の5編~らんらんねこねこらんねねこランタオ島~

香港旅5日目 9分の6編~お初の下午茶。海と夕陽と猫に萌え萌え~

香港旅5日目 9分の7編~夕暮れの大澳と寄り添う猫親子~

香港旅5日目 9分の8編~大澳マジックアワー~

香港旅5日目 9分の9編~ラーメン(四川)・イケメン(スター)・僕花メン(マンゴー)~

6日目(12/6)
香港旅6日目 4分の1編~今日も朝飲茶!お初の店で好食好食~

香港旅6日目 4分の2編~香港公園でカメカメハパラダイス(カメハメハじゃないよ)~

香港旅6日目 4分の3編~のんびりぐるりてくてくビクトリアピーク~

香港旅6日目 4分の4編~奶茶と光と広東と 最後の夜は混沌と~

7日目(12/7)
香港旅7日目 3分の1編~考えるな、感じろ!全身で麺粥パンの美味しさを!~

香港旅7日目 3分の2編~~5年ぶりの金・花・鳥~

香港旅7日目 3分の3編~空港グルメは小龍包小龍包小龍包!~

おまけ
香港旅おまけ~帰宅までと旅行総括~
スポンサーサイト
2014-03-14 06:00 | カテゴリ:2013ふゆinほんこん
旅行翌日。
風邪気味だったことと午前中の予定がなかったので、11時過ぎまで布団でダラダラしてました。
旅行中は早くから行動が基本だからね。
明日からは仕事だし、今日一日しか休息ないし、その中で新潟まで戻らなきゃいけないんだし・・・って言い訳はいくらでも並べられるぞ。

東京駅でそれぞれ気に入ったお弁当を買って、15:12の新幹線で新潟へ。
IMG_4839.jpg
飼い主の買ったお弁当。立派だ。


IMG_4841.jpg
中身。
正統派なお弁当を好む飼い主です。


IMG_4840.jpg
私のは韓流!
おいしかったな~。

17時過ぎ、無事新潟駅に到着です。
家に戻る前に、本屋で香港ガイドブックをチェック。
花文字のジョナサンさんが載っているのを見て嬉しくなる。
旅行本コーナーにいる私達の後ろを若いカップルが通っていきましたが、その時の会話が
女の子「北海道行きたーい」
男「金かかりそうだなー」
女の子「あー沖縄も行きたーい」
男「金かかりそうだなー」
女の子「・・・(無言になる)」
このカップルが旅行に行ける日を祈ってます・・・

さてさて、香港旅行記最終回!!
今回は天気に恵まれたのがとにかく大きかったな。
これはもうその時にならないとわからないことだけど、12月上旬は晴れも多くベストシーズンみたいです。
花文字もゲットできたし、おときそロケ地もかなり巡ったし充実してました。
ねこにもたくさん会えたしね。
辛かったのはとにかく円安。
香港の食事代が日本より高いのは覚悟しているけど、円安によってさらに負担が増えました。
次に海外旅行行くまでにはなんとかなってるとありがたいけど難しそうだなぁ。
今年は日本旅行しようかなと計画中です。
非日常を楽しむために、日常の節約や仕事はマストだねぇ。
あとは広東語か北京語も頑張ります!
ではでは、これにて旅行記完結!!

2014-03-13 06:00 | カテゴリ:2013ふゆinほんこん
12時。
割引券のある店舗の許留山に開店時間と同時に駆け込んだけど、店員のおばちゃんにダメダメ!みたいな態度をされる。
まだ営業時間前なのか、言葉ができないのでわからない。
仕方なく近くの店舗で12:15、ドリンク購入。
IMG_4818.jpg
カエルの卵で懲りたので、冒険はせずに好きなココナッツ&マンゴー&アロエ。
飼い主はマンゴーたっぷりのドリンクです。ふたつで58ドル。
今回は許留山にほとんど行けなかったのが心残り~。
ドリンクしか頼んでないぞ。
その代わり他のデザート屋さんに行けたけどね。
あとは飲茶も2回だけ。
客家料理とか広東料理とか初体験できたのはよかったかな。

12:25、ホテルに荷物ピックアップしに戻りました。
今度こそ本当に香港の街とさよならです。

ホテル横のリムジンバス乗り場でバスを待ちながらドリンクを飲む。
IMG_4819.jpg
バスが来るまでに飲み終わり、公共ゴミ箱に入れ物を捨てる。
ゴミ箱にもお世話になったよ便利だったよ。

12:40、リムジンバスが無事やってきました。
15分ほどで九龍駅に着く。
この九龍駅にはチェックインカウンターがあって、荷物を預けることができるのです。
これは便利。
ただしエアポートエクスプレス(空港鉄道)に乗る人のみが利用できるので、あらかじめ切符を買わなくてはいけません。
IMG_4820.jpg
2人用だと割安。

荷物は1.5kg増えて11.5kgでした。
思いつくようなお土産といえば花文字くらいで、あれは小さい額縁なので重さなんていくらでもない。
今回、お土産も食料も買ってないのにどうして荷物増えたんだろうか不思議。

空港鉄道も韓国と違い乗り場が浅くて楽でした。
トイレに行った飼い主、最後の最後でジーンズに軽くひっかけたらしいw

13:25、香港国際空港に到着!
荷物も九龍駅で預けてるから身軽で快適。
そして直行したのはこちら。
IMG_4828.jpg
翡翠拉麺小龍包!
前回の香港旅行でもラストフードはここ。
多分次回香港に行った時もここにするでしょう。


IMG_4826.jpg
メニュー。
空港なので英語も日本語も載ってます。

担担麺1つと、小龍包3つ注文。
店員さんがびっくりして、「スリー!?」と声をあげました・・・。
ひとつの蒸籠に4つ入ってると親切に説明してくれる。
間違いなく3セイロ頼むのです。

注文待ってる間に空港wi-fi使用。
お店混んでるから、食べ終わったらスマホ触ってる間もなくすぐ出なきゃいけないしね。


IMG_4822.jpg
担担麺♪
前回ここで食べた時よりさらに辛くさらに美味しくなってた気がする。
めちゃくちゃ辛いけど美味しい!
ここは私の中で北角の担担麺屋と1・2を争うな。


IMG_4825.jpg
来ました小龍包3セイロ。
隣のお客さんがぎょっとしてこっちを見るけど気にしない。
ってか1セイロ4つ×3だけど2人で分けるからひとり6個だよ。大したことない。


IMG_4823.jpg
「翡翠拉麺小龍包」って店名で、小龍包は大大大好物なのに何故か前回は注文しなかったんですよ。


IMG_4824.jpg
間違いない美味しさ!!
皮は薄くて、でも破れない絶妙さ。
スープたっぷり。当然味も完璧。三位一体のバランス最高です。
食べ終わるのが惜しいくらいすっごくおいしい。
担担麺2つと小龍包にしようか迷ったけどこっちの組み合わせで大正解。
ってかもう2セイロくらいいけた。

14:05、お店を出ます。
ちょうど200ドルだったかな。

隣の許留山で、現金を使い切る目的もあり、最後の最後、デザート食べようとする飼い主ですが
4ドル(50円くらい!)足りず・・・
円安じゃなければきっと足りてたんだよ。うぅ~。

オクトパスカード、前回はデポジットしたけど今回はそのまま持ち帰ることに。
だってまた絶対来るもの!

時間に少し余裕があるので空港内を歩く。
ディズニーストアがあり、欲しいものあったけど飼い主に阻止された。


IMG_4829.jpg
さすが国際空港。


14:44、手荷物検査をして中に入ります。
IMG_4831.jpg
もうすぐあの飛行機に乗って機上の人になる。

15:40、無事離陸。
1週間ありがとう香港。


IMG_4832.jpg
1週間、ずっと晴れてて気温も暑すぎず寒すぎずちょうどよかった。
こんなに快適な気温も珍しいくらい。


IMG_4834.jpg
機内食。
行きの空弁に比べるとごく普通の機内食^^;


IMG_4835.jpg
妙に具だくさん。
意外と・・・というと失礼だけどおいしかったよ。


IMG_4836.jpg
肉!


IMG_4837.jpg
帰りもデザートにハーゲンダッツがつきました!
あったかいお茶も配られるから最高ですね。

香港時間19:10、日本時間20:10。
無事羽田空港に到着しました。
思ったほど東京の寒さは身体にこたえなかったのは安心しました。
香港があくまでちょうどいい気温であって、日差し強くて暑かったわけじゃないからかな。
wi-fi環境気にすることなく携帯が使える母国はやっぱり便利だ。
旅行は無事に帰ってこそ楽しい旅行です。

22:20、今夜の宿泊場所・飼い主妹さんの家に到着しました。
妹さんご主人はお仕事でまだ帰ってきてない。
・・・にも関わらず、私、人様の家だから戸締りはしっかりしないと!と張り切りすぎてチェーンロックをかけ、家の主人を締め出しプレイしました・・・
翌日になってその話を聞いて青くなりました。
幸い、別の家族に携帯が繋がって開けてもらったらしいけど。
なんという嫁でしょう。本っ当にごめんなさい。

旅行記はこれで終わり~!
次回は家に着くまでと、ちょろっと総括して最終回です。
2014-03-12 06:00 | カテゴリ:2013ふゆinほんこん
10:30、最後の香港散歩は続く。
IMG_4782.jpg
ここの花園、テーブルにデフォで囲碁?麻雀?の模様が描かれていました。
なのに「厳禁賭博」って書いてあるのも面白い。


IMG_4783.jpg
一番最初に来た時に泊まったホテルが見えます。
暗くて狭い部屋だったけど、その頃より香港に詳しくなった今となっては、一番便利な場所にあったんだなっていうのがよくわかる。


IMG_4785.jpg
この旅で何度廟を見たかな。


IMG_4786.jpg
うーん、やっぱりこの線香いいな。


IMG_4787.jpg
無事帰宅できることを祈ります・・・って、廟は本来そういうところじゃないかもだけど。


IMG_4788.jpg
THE香港!
帰る前からまた来たい。


IMG_4789.jpg
露店の昼はこんな感じ。


IMG_4791.jpg
歩いていたら、飼い主の大好きな「かつや」が現れてびっくり!
次回の旅行では必ず入ろう。


IMG_4795.jpg
亀~!!
昨日の香港公園を思い出す。
しかしこの亀たち、甲羅にそれぞれ個性あるなぁ。

さて、金魚街やバードガーデンにやってきました。
ここは2008年の初香港旅行でも散歩しました。
5年前のことでもよく覚えています。
あんまり変わってない感じが嬉しいな。


IMG_4798.jpg
金魚街。
金魚通りというべきか、延々と金魚を売る店が並んでるの。


IMG_4799.jpg
実演販売中!
平仮名の「の」率が高い台湾・香港です。


IMG_4800.jpg
金魚の次はお花、フラワーマーケットロード。
華やかなお花たちの中に見え隠れするリラックマ、コリラックマ、アンパンマン。


IMG_4801.jpg
連なってるお花屋さん。上がアパート。


IMG_4802.jpg
バードガーデン!
5年前と同じ景色にほっこり。


IMG_4805.jpg
山の飲茶屋さんで見た鳥かごを思い出す。


IMG_4806.jpg
絵の具塗ったの?ってくらいカラフルな鳥。
可愛いけど狭い籠にたくさんいるとちょっと怖いな。


IMG_4808.jpg
鳥や鳥かごに継続的に需要があるっていうのがすごいな。


IMG_4809.jpg
鳥を愛でるのって女の子のイメージだけど、ここ香港はおじさんがいっぱい!


IMG_4810.jpg
籠だらけのお店。
ここ、毎日通ってる人たくさんいそうだな。


IMG_4811.jpg
鳥のエサ屋さん・・・
ミミズとか動いてるので、私は直視できませんでした。


IMG_4812.jpg
うわぁぁぁぁぁ


IMG_4815.jpg
お口直し・・・じゃないけど、クリスマスの花、ポインセチア。
飼い主はこのお花が大好きです。

さて、香港ぶらり旅もそろそろおしまい。
11:53、太子駅から地下鉄で佐敦へ戻ります。

地下鉄駅で、よくダウンジャケットの広告を見たけど香港でそもそもダウンって需要あるのかなーって不思議だったけど、1月2月は10度くらいになる時も多いそうです。
そのわりに暖房設備はあまりなさそうなのが寒がりな私としては気になるところ。

次回が香港旅行本編の最終回です。


IMG_4816.jpg
おまけ:香港の灯油の値段。
今のレートだと1.3~1.4倍かな?
2014-03-11 06:00 | カテゴリ:2013ふゆinほんこん
12/7(土)

どんなに長く旅行をしても、それはあくまで旅行であって滞在ではない。
だからやってきてしまう最終日。
今夜には自分がもう香港にいないなんて信じられない。
旅行だから楽しいんだっていうのは重々承知のうえでそれでも寂しい。
でも普段の生活があってこその非日常を楽しむのが旅行だからね。

8:15、私起床。
飼い主はちょっと前に起きて準備してたみたい。
1週間ずっと同じホテルで同じ部屋だったから、キャリーケースとかはずっと置きっぱなしでした。
それを綺麗に整理してここを出て行かなければいけないなんていやだー。
旅行最終日は絶対にこの拒否反応が出ますねぇ。
私は基本的に先の嫌なことは考えない派なので、いわゆるサザエさん症候群にも陥ることはないんだけど
それでも帰国の時は悲しいな~。

チェックアウト時間は12時。
いったん出てまた帰ってきてから正式にチェックアウトすることももちろん可能だし、そうしたら部屋で休めるんだけど
飼い主の情報によるとチェックアウト時間はフロントがめちゃくちゃ混むらしい。
確かに、毎日どのくらいの人チェックアウトするのかはわからないけど、20階以上ある大きなホテルのわりには
フロントに常時4人くらいしかいないからね。

9時過ぎ、部屋を出ます。
もう戻ってこないのね・・・

9:10、チェックアウト。
ルームナンバーを聞かれ、とっさに数字をまとめて言えなくて
トゥートゥートゥーワンと答えちゃった。
昨日たまたま通りかかった時、他の欧米人の方は二桁ずつ区切って言ってたからなるほどーって思ったんだけどね。

フロントには天気予報の電光パネル。
ずっと晴れだったから後半はあまり真剣にチェックしてなかったけど、今日はかえってなんとなく見入っちゃう。

キャリーケースだけ預けて外出。
空港には12時過ぎに向かえば間に合うので、ギリギリまで香港を楽しむ!


IMG_4762.jpg
何の列かはわかんないけど、朝から長蛇!


IMG_4765.jpg
そして9:30、着いたのはここ。
飼い主に「ここわかる?」と聞かれて一瞬「?」ってなったけどわかったよ、おとなの基礎英語ロケ地!
美佳ちゃんがカンフーを習った場所!
もちろんここの前で美佳ちゃんごっこするのはお約束。


IMG_4767.jpg
ドラマでは美佳ちゃんがカンフーの先生に駅への道を聞いた時、「Don't think feel!」って言われて元気にこっちの方を行ったらwrong wayだったってオチだったんだよね。
実際の設定は美佳ちゃんが歩いた方が正しい道なんだけど、この反対側はすぐ行き止まりで撮影に向いてないんだ。


IMG_4770.jpg
朝ご飯はここのすぐ近くにあった『彌敦粥麺家』
お店は激混みで待つしかない。
でも、先に並んでた男の人たちが私たちより先に座る・・・のは当然だけど、後でたくさん人が来るので場所取りに来てたみたいで注文しない。
それなら後回しにすればいいのに・・・と思うけどそういう風習なら仕方ない。
お店が混むわりにはあんまり効率とか人さばきとか気にしないお店が多くて、それはいいところでも悪いところでもありますね。

10分以上は待ったかな。
順番ならいいけど席が空いてるのに案内されないのは精神的にちょっと辛いけどしょうがないね。
相席でやっと座れたら、店員さんが日本語付きメニューを持ってきてくれました。


IMG_4771.jpg
ピータンは前回食べて懲りたな~。


IMG_4772.jpg
ワンタン麺を頼んだんだけど、ジャージャー麺にしてみてもよかったかな。
人さばきはうーんってところもあったけど、実際混んでる理由は納得できるくらいおいしかったし、こうしてメニュー見てるとここ再訪したくなります。


IMG_4774.jpg
茹で野菜のカキソースかけ。
これは何回でも頼んじゃいます。


IMG_4775.jpg
店内大賑わい。


IMG_4778.jpg
飼い主注文のおかゆ。


IMG_4773.jpg
揚げパン。
これ、店内のほとんどの人が頼んでました。
むしろ全員じゃないかと思うくらい。
このままだと冷めちゃってたんだけど、これをお粥に入れると奇跡の復活!
パンがふんわりして、ちょっと甘いのがまたお粥に合うの。
このコラボ素晴らしかった。


IMG_4777.jpg
エビ入りワンタン麺。
飼い主には昨日も食べたから今回別にすれば?と言われたけど、お店違うと同じメニューでも違うもんね。


IMG_4776.jpg
どっちのお店も美味しくて比べられないな。
このお店はどちらかというとお粥が有名らしいけど、私はこれ注文してよかったです。
あ、でも次はお粥頼んで揚げパンコラボをたっぷり楽しみたい。

10:19、お店を出ます。トータル86ドル。
IMG_4779.jpg
そしたらびっくり、入った時より列が長くなってる!
1時間前に入った時に、かなり待たされそうと思ったから、飼い主に
「いったん出てここらへん観光してまた後で来ようよ」って提案して却下されてたんですね。
もしいったん出てたら逆にもっと待つことになってたわ。


IMG_4780.jpg
見てるうちにも列伸びていくし。
また飼い主に鼻を明かされてしまった。悔しい~

ま、気を取り直して?最後の香港観光。
タイムリミットが刻々と近付いていますが、最後の瞬間まで楽しむぞ!
続く。
2014-03-10 06:00 | カテゴリ:2013ふゆinほんこん
16:20、金鐘から地下鉄に乗り、10分弱で油麻地へ到着。
地下鉄はかなり混んでました。
徒歩で向かったのはこちらのお店。


IMG_4742.jpg
美都餐室
歴史のある喫茶店。かなり有名だそうです。
「どのガイドブックでここ知ったの?」って飼い主に聞くと、どれにでも載ってるよと。
確かに後で見てみたら超有名店だった。
スイーツのページは読んでも、カフェは見てなかった。盲点だった。
16:35、入店。
席は2階です。空いてたので、もちろん窓際に座る。


IMG_4744.jpg
窓から見える景色。天后廟です。
香港は都会ですが、こういう憩いの場も街のいたるところにある。
ちなみに、こういうところは「広場」でなく「花園」と書いてありました。
そしてどんなに小さい花園でも見取り図のパネルがあるのも面白かったな。


IMG_4751.jpg
店内。
レトロな感じがいいですね。
マニアにはたまらないのかも。

私のお目当ては、奶茶(ミルクティー)
IMG_7011.jpg
濃いめのミルクティーが美味しい!
カップとソーサーの可愛らしさにも惹かれる。
私はあんまり器にこだわらないタイプだけど、そんな私でも結構夢中にさせられました。


IMG_4747.jpg
本当はミルクティーだけでよかったんだけど、ひとり20ドル以上注文してくださいって注意書きがあったのでフレンチトーストとハムエッグ注文。
ミルクティー15ドル、ハムエッグとフレンチトーストは20ドルだったかな。
ミルクティーを20ドルに設定してくれてた方がありがたいけど、そしたらセットで注文する人が少なくなるのか。
商売上手だなー。
ハムエッグもフレンチトーストもおいしかったけど、香港ならではってものではないので・・・


IMG_7013.jpg
窓から入ってくる風が心地よい。
実はこの店、一番最初に香港に来た時に泊まったホテルのすぐ裏です。
それならその時も来たかった~。
雰囲気もいいし、また来たいな。

IMG_4754.jpg
階段上にはこんな置物も。
壁のタイルのレトロ感もいいな。
私は感性が高くないからよくわかんないけど、女子力高い娘さんにはめちゃくちゃ夢中になりそう。

17:10、お店を出ます。
メモにはトータル68ドルって書いてあるけど、ミルクティー15ドル×2+フレンチトースト20+ハムエッグ20だと70ドルじゃないのかな。どっかで間違えたかな。


IMG_4755.jpg
リピートしたい。
水曜日は定休日だったのでご注意を。
(2013年12月現在の情報です)

日が暮れそうだ。
香港の夜を見られるのは今日が最後。切ない!

隣の天后廟にも足を運ぶ。
IMG_4756.jpg
韓国でも見かける、囲碁かなんかをやってるおじさんとそれを取り巻く野次馬?たち。
なんかツボなんだよな~。

この近くにある占いテントの列、そこも多分おとなの基礎英語ロケ地。
でも美佳ちゃんが占ってもらってた、生瀬さん似の占い師さんはいなかった。

明日帰国ですが、手持ちの現金はもう20ドルしかないらしい。
全部カード使えればなんとかなるけど、意外と使えないところも多い。
廟で「お金が足りますように」と祈る。
こんな願いかけられても神様困るよな・・・
結局、5千円両替しました。レート0.752。


IMG_4757.jpg
知足常楽。足のマッサージ屋さん。


IMG_4758.jpg
ここもまたおとなの基礎英語ロケ地です!
看板の日本語は画面では消されてた気がするけど。
マッサージしてもらいたかったけど、意外と足が疲れてないのと飼い主がフットリフレクソロジーがあまり好きでないので今回はやめました。
今回はっていうか、一回も香港でマッサージしてもらったことないや。
マッサージ大好きなんだけどね。

IMG_4759.jpg
メニューと値段表。
日本語の意味不明さが・・・
でもせっかくならやってもらえばよかったな~。

九龍公園でwi-fiを5分くらいやって、17:50、いったんホテルに戻る。
エレベーターで日本人ビジネスマン2人組と一緒になったんですが、その方、エレベーターのボタンを押す時に、近くにいた私に「エクスキューズミー」って言ったんですね。
あ、この人私のこと日本人じゃないと思ってると気づく。
ユニクロとはいえピンクのパーカー着てたからかしら。
ガイドブック類もカバンの中だったし。
ここで日本人って明かしちゃうとこの方が恥ずかしい思いするだろう、人様に無駄に恥をかかせてはいけない、と謎の武士魂が芽生えた私はエレベーターの中で日本人じゃないフリをすることに。
って言っても何も言わず黙って立ってただけですが。
飼い主に心の中で「今話しかけるな、絶対に話しかけるな無言でいてくれ」オーラを送る。
念が通じたわけではないでしょうが無事無言のままビジネスマンのうちの一人が降りる。
開ボタン押してたら「多謝(ドゥーチェ)」と言ってくれたけど、どういたしましてみたいな広東語が言えるわけでもなく、黙って頭を下げました。
もう一人の方は階が違ったみたいなのでそのまま乗ってて、今度は私達の方が先に降りる。
エレベーターが閉まったのを十分確認してから飼い主に確認すると、やっぱり私が日本人じゃないふりをしてた変な親切がバレててなんか恥ずかしい。

テレビをつけるとBSプレミアムでちゅらさん放送してる。
56回か59回だったかな、お医者さんに「看護婦さんになりたいんです」って言ってるシーン。
えりぃの中の人、あんま変わってないと思ったけどこうしてみるとやっぱ若いな。
でも今は大人の綺麗さが加わったよね。

18:15、飼い主が夕寝。
私はガイドブック読むけど18:50、やっぱり寝ることに。
そして19:15アラーム。
うぅ中途半端に寝たから起きるのが辛い。飼い主と一緒に寝るかずっと起きてるかにすればよかったー。
でも今日は香港で過ごす最後の夜。
支度して19:25に出る。
慌てたらデジカメ部屋に忘れてきた・・・
iphoneあるからブログ記事はなんとかなるけど、飼い主テンション下がる。


IMG_7035.jpg
お目当てはもちろん、20時からのシンフォニー・オブ・ライツ(光のシンフォニー)
毎日やってるのに、人がたくさんいる。
初めての香港旅行の時に見て以来かな?
隣にいたのは、今日香港に着いたっぽい会話をしている日本人カップル。
何泊するのかは分からないけど、明日帰る私にとっては本当に羨ましい。


で、光のシンフォニーですが・・・レーザー光線のような感じでピカピカ光ってるけど・・・あれ期待してたほど面白くない・・・
初めて見た時はもう少し感動した気がするんだけどな。
日本人カップルさんも「もう少ししたらすごくなるんじゃない?」と言ってるけど、なんかこのまま終わりそうだったので、15分くらいのショーですが8分くらい見て私たちは退散しちゃいました^^;

飼い主はSOGOに入り、反対側に渡る通路を探すけどなかなか見当たらない。
諦めて地上に出て普通に渡りました。


IMG_7037.jpg
12月上旬だったのに、思った以上にクリスマス色が強かった今回の香港。
クリスマス当日もいたかったな~。


IMG_7038.jpg
ラグジュアリーホテル、ザ・ペニンシュラ。
ここに泊まれば、部屋から光のシンフォニーが見られるね。
こういう高級ホテルに泊まれる身分になってみたい気もするけど、旅行中は基本的に朝から晩まで動き回るんだよね。
1泊だけ泊まってみるっていうのもアリだけど移動が面倒だし、それよりなら島のホテルに泊まりたいし・・・
お金に糸目つけないってのは無理ポだ~。


IMG_7049_2014022219030829c.jpg
1881ヘリテージ。
明日もここはこんな風に賑わうでしょう。でもその頃私たちは日本なんだよね。

21:12、尖沙咀から地下鉄乗って3駅目の旺角へ。
最後の夜、食事は広東料理『大興餐廳』
いつも四川料理と飲茶がメインなので、本格的な広東料理はお初?

21:32、入店。
満席でナンバー渡されたけど、2分くらいで席につけました。
メニュー(写真撮り忘れた)は豊富だけど何を食べればいいかいまいちわからない・・・
散々迷って注文。
IMG_7053.jpg
甘い味付けが美味しいんだよね。


IMG_7056.jpg
これが一番美味しかった!!
野菜鍋はテッパンだね。
これだけでもよかったかも・・・


IMG_7052.jpg
エビとトマトとたまご。
まあ、普通においしかったかな。
今回の旅、この食事に限らずどうも注文しすぎて食べきれなかった時が多かったかな。


IMG_7050_20140222195402448.jpg
金柑ジュース。
台湾の露店で飲んだ絶品フレッシュ金柑ジュースをイメージして頼んだら全然別物だった。
なんか漢方っぽい味がした(涙)


22:37、お店を出ます。223ドル。
日本戻ったらとにかく節約節約だなこりゃ。

近くにあったスーパー「恵康welcome」でお水とか買い出し。
いつもホテル近くのところに行ってるけど、ホテル戻るころには閉店してそうだったので。
今回の旅、このスーパーにも足繁く通いました。
飼い主は常に店内に流れてた音楽が頭から離れなくなって困ってたくらい。
でも帰国してしばらくしたらメロディ忘れちゃって、今度は残念な思いをしてる。
私はその音楽に「買いにー来てねたくさんー ウェエルカムに デデデデ♪」って歌詞載せて歌ってたんだけど、音痴すぎてこの歌じゃ曲を思い出す手掛かりにはならないそうです。

最後の夜、廟街散歩。
IMG_7058_20140222195407718.jpg
毎日毎日夕方にお店組み立てて細かい商品を並べて、夜中には撤去して、本当に頭が下がります。
サラリーマンとは根本的に仕事って物に対する考えが違うんだと思う。
もちろんどっちがいい悪いじゃなくてね。


IMG_7059.jpg
スマホカバーやスマホアクセサリーなど、商品のラインナップは来るたびに変遷しているけど、
この勢いは5年前も今も変わらない。


IMG_7062.jpg


セブンイレブンのwi-fiを使ってネット。
そして最後の夜に絶対行きたかったのが許留山。
割引券もらってた店舗でドリンク買いたかったけど、店の前を通ったのに私が気づかず、飼い主も教えてくれないまま23:50ホテルに戻ってきてしまいました。
しかもどうしても飲みたいので0時、私ひとりでお店に向かったのに着いたら閉店してた・・・
チェーン店といってもお店ごとに多少営業時間異なり、1時までだと思ってたら0時だったの。
あの時教えてくれてれば買ったのにー!悔しいー!
最後の夜に悲しい無駄足になったけど、それでも時間は過ぎていきます。
明日は帰国!
2014-03-09 06:00 | カテゴリ:2013ふゆinほんこん
IMG_4712.jpg
13:40、ヴィクトリアピーク到着!
頂上ではサンタペンギンと、身体のバランスがどう見ても面白い白クマが迎えてくれました。
雪の積もらない香港で、こういうオブジェって現地の人とか違和感感じないのか不思議だったけど、
日本でも冬に雪降らない場所もあるしと考え納得することにしました。


IMG_4711.jpg
有料の展望台。
今回は下から見上げるだけにします。
シンガポールに似たような形の天空プールなかったけ・・・と思って検索すると別に似てなかった。
ちなみに、20時から行われる光のシンフォニーもここから見ると素敵らしい。

さてさて、そろそろ昼ごはんの時間。
標高が高いところは値段も高いのがデフォですが、どんなお店あるかな。
IMG_4715.jpg
麥ガン記雲呑麺世家。
外に貼られていたメニューです。日本語が嬉しい。
チェーン店だそうですが、私は初めて。
他にもいくつかお店があるけどここおいしそうだし値段も手ごろ!
サービス料とらないのも珍しいな。
13:47、入店。
混み合っているので相席です。


IMG_4714.jpg
やっぱり野菜はおいしいよね。
普段はソースあんまり使わないけど、香港のこのさらっとしたソースは好き。


IMG_4713.jpg
これおいしかった!
麺の食感や弾力も好みだし、スープもあっさりなのにエビのダシがしっかり効いていてうまみあるし、ワンタンもぷりぷり♪
ただ、普通のラーメンどんぶりじゃなくてお茶碗サイズで小さいです。
朝飲茶のおかげでそこまでお腹すいてなかったからいいけど、ペコペコ状態だったらこれだけだと足りないと思う。

14:10、お店を出る。
トータル106ドル。
このお店リピートしたい。
香港の麺系はスープはどこもおいしいけど麺が素麺系で残念に思うことも多い中、この食感はヒットでした。


IMG_4717.jpg
ビクトリアピークの景色。
初めて香港に来た時もツアーで来たっけ。
あれが2008年か。5年前!?ひえ~。
でも、ビクトリアピークのピーク(つまり頂上)は実際は通信施設などで一般人は入れないらしい。
で、ピークタワーから道が出ていて、ピークの周りを歩けるようになっているそうです。


IMG_4732.jpg
こんな感じ。ぐるっと周ると3.2km。
いやーな予感がして飼い主を見ると、既に決意の表情。
はいはいトレッキングしたいんですね私は嫌です絶対にノーです。
なんならここで待ってます。


IMG_4718.jpg
・・・やっぱり無理やりトレッキングさせられる(´Д`)


IMG_4720.jpg
もっとも、どんどん頂上に向かって行く道なのかと思ってたらそうではなく、同じ高さで環状になって道が整備されているので、終わってみれば山登りではなかったしましてやトレッキングどころか散歩でした。


IMG_4721.jpg
適度な日かげもあり気温もちょうどいいから歩きやすい。


IMG_4722.jpg
ところどころにパネルがあって、木や鳥などの説明が書かれている。
歩く前はめんどくさいーと思ったけど全然疲れないし楽しいじゃん。
小さい頃から体育が大嫌いでインドア派だった私がこうして長距離を平気で歩けるようになったり、夏には登山とかしてるんだから不思議なもんです。
あ、走るのは変わらずに嫌いだし球技もなにひとつできないので運動ができるようになったっていうのとは全然違うんですけどね。


IMG_4723.jpg
超高層ビルを眼下に望む。
香港に来てよかった。幸せ。
でも、今当たり前のようにいてのんびり散歩してるけど、ここにいられるのもあと約24時間・・・


IMG_4727.jpg
ビクトリアピークにこんな整備された道があるなんてちっとも知らなかったよ。


IMG_4733.jpg
個性的な形だな~。
展望台には行かなかったけど、徒歩で巡るビクトリアピークも心地よかったです。
雨が降らないっていうのはこんなに快適なのか。
降ったら降ったで当然諦めるしかないけど、ずっと天気に恵まれる旅行っていうのも珍しいので今回貴重でした。


15:30、元の広場に戻ってきました!
3.2km、1時間も歩いたとは思えないくらい全然疲れてないのにびっくり。
道もずっとフラットだったし気温もちょうどよかったしね。

飼い主がトイレに行ってる間、近くで待っていると隣にビジネスマン風の韓国人アジョッシ2人がいました。
少し耳に入ってくる韓国語が聞き取れるのが嬉しい。


IMG_4735.jpg
15:39、帰りこそはピークトラム。
行きに比べて人が分散されるのか、すぐに乗ることができました。
なんか混みそうだったから次の待ってればすぐ座れるんじゃない?と飼い主に進言してみたけど却下される。
実際乗ったら座れちゃったので、飼い主からまた上から目線された。

15:41、ピークトラム出発!
IMG_4736.jpg
車内はこんな感じ。
ふもとと頂上を繋ぐだけでなく、途中にも駅があって停車します。


IMG_4739.jpg
急な斜面をわりとスピード出して下っていく。


8分くらいでふもとに到着。
バスだと40分くらいかかったのに^^;


IMG_4740.jpg
やっぱりふもとの方が気温が高いのを肌で感じます。
そうそう、このピークトラムふもともビクトリアピークも「おとなの基礎英語」ロケ地ですよ。

次の目的に行く前に、また香港公園に寄って亀さん達にご挨拶。
IMG_4741.jpg
午後の日差しの中、相変わらず混み合ってます。
ボスっぽい亀もいました。
元気でね!!!
続く。
2014-03-08 06:00 | カテゴリ:2013ふゆinほんこん
IMG_4682.jpg
大好きなトラムに乗り10:50、やってきたのは香港公園。
トラムは最初満席だったけどどんどん空いていった。

IMG_4685.jpg
前回の旅行で来た時は霧がかかってたけど今日はいい天気!
っていうかこの旅行中ずっといい天気だったな~。

この公園に来た目的、それは亀。
前回、口がへの字に曲がった亀さんを見かけて、それが妙に気に入った私達。
この旅行前日に行った東京の亀戸天神社でも亀に会えずに不完全燃焼だったし。
ということで池に近づき亀を探すもほとんどいない。


IMG_4686.jpg
かろうじて、2匹が甲羅干ししているのを見て和む。
顔の模様?がほっぺが赤くなっているように見えて可愛いぞ。


IMG_4687.jpg
お花で作られたアヒルさんはいた。
よく見るとすごい大作だ。


IMG_4683.jpg
サンタさんの顔ハメからサンタさんが顔を出してる!斬新!
ここはまだ製作中なのか周りが囲まれていて入ることはできませんでした。

亀が少なくてがっかりしていると、奥の方にもうひとつ池がある。
そこに行ってみると。
IMG_4688.jpg
亀さんいたー!!


さらにちょっとだけ離れたところには、
IMG_4689.jpg
ここにいらっしゃいましたか!
こんなにたくさんの亀さんを一度に見る機会ってなかなかない。
もちろん池にもたくさん泳いでます。


IMG_4693.jpg
じっくり時間をかけて甲羅干し。
ってか池から上がってきてどのくらい時間経ってるのかわかんないけど、数十分程度じゃこんなにカラッカラにならないよね?


IMG_4691.jpg
昨日のランタオ島が猫天国なら、ここは亀パラダイスだ。

IMG_4694.jpg
でもここまで来るとカオス。
石に登る目的って甲羅干しだと思うのだが、他の亀に乗られて、もはや干せてない亀あり。
亀にも個性があって、池から登ってきても途中で「混んでるなー、やーめた」と池の中に戻っていく亀あり、他人(他亀?)にお構いなく他の亀の上に上がって甲羅干しし始める亀あり、わざとか偶然かわからないけど他の亀を突き落す亀あり。
突き落された亀は池の中でお腹出してひっくり返りましたが、すぐにくるっと元に戻ってゆっくりと泳いでいきました。
ヤバいー楽しすぎるここ。

すぐそばにベンチがあり、いい具合にwi-fiが入ったので亀好きの飼い主友達の奥さんにLINEで写真送ったり。
(実際は奥さんはウミガメ好きだったようで反応は普通でしたが)

通りかかる人たちも、国籍なんか問わずみんな亀見て笑ったり写真撮ったり。
欧米人の方が、見かけた瞬間にびっくりして「Turtles!」って叫んだのを聞いて、ほうほうこれくらいとっさな時でもネイティブの方はちゃんと複数形のsが付くのねと思った。


IMG_4696.jpg
こっちではずーーーっと睨み合ってる亀。
亀と人間、時間の流れ方が絶対違うな。


IMG_4697.jpg
どっかで見たことあるぞこのポーズ・・・と思ってよく考えると、
香港ディズニーで見たライオンキングじゃん!
よく思い出したな自分。

あんまり動かないのにずっと見てても飽きない亀たち。
でも貴重な旅行時間を亀だけで使うわけにもいかないので一旦離れます。
なんだかんだで1時間くらい経ってる。

IMG_4698.jpg
婚姻登記処。
サザエさんとマスオさん?


香港公園内にある鳥園。
入場無料!
IMG_4700.jpg
鳥さんおしゃべり中。


IMG_4701.jpg
南国色をまとった鳥。


IMG_4702.jpg
エサもちゃんとあるよ。


IMG_4703.jpg
太陽の光もちゃんと浴びられるようになってる。


IMG_4704.jpg
1日に4回消毒。


IMG_4706.jpg
出口です。
鳥が出ていかないようになってる。

12:20、ピークトラムに乗ろうとチケット売り場にちょっと並んだけど、30分待ちと書いてあるから断念。
また亀さんに会いたくなってちょっと公園に戻ると、甲羅干し亀はさらに増えてカオスになっとりました。
飼い主は次の予定を迷っているようなので、とりあえず亀を愛でてます。

12:57、どうやらピークトラムではなくバスでビクトリアピークに行くことにしたらしい飼い主。
バス停に並びます。
15番バスに乗るらしい。
表示がよくわからなくてバスがいつ来るか心配だったけど、3分くらい待ったらすぐ来ました。
15分に1本あるらしい。

ヴィクトリアピークまでノンストップかと思ったけど、こまめにバス停がある。
13:40、到着!
到着時間が変わらないならピークトラムの列に並んでてもよかったんじゃ・・・と飼い主が言うけど、まぁ仕方ないべ。
ビクトリアピーク編に続く。


IMG_4707.jpg
おまけ:香港公園とビクトリアピーク、どっちで撮ったか忘れたけどてんとう虫。
可愛いな。


IMG_4710.jpg
おまけ2:これもどっちで撮ったか不明ですが、もはや何がどうなってるのかわからない転び方してる小心地滑。
2014-03-07 06:00 | カテゴリ:2013ふゆinほんこん
12/6(金)

前の日に7:30から23:30近くまで歩き回ったので、さすがに今日は朝ゆっくりめ。
それでも8時起床です。
といっても、2時頃飼い主のイビキで目が覚めて、我慢してたけどさすがにうるさくて起こしに行った。
もっとも私も唸ってたらしいけど。
風邪で喉の通りが悪い時って寝ながら唸ったりしてるらしい・・・
唸ってたのはわからないけど、自分が咳をしまくってたのは覚えてます。
旅行中に風邪を引くとは思ってもみなかったが、動けないタイプの風邪じゃなくてよかった。

8:47、ホテルを出ます。
明日の夕方に帰国なので、香港に丸一日いられるのは今日が最後。
悲しいというか信じられないけど事実です。

地下鉄で上環駅へ。
またまたオクトパスカードチャージです。
チャージしすぎると現金足りなくなるし、チャージしてないと何度も並ばなきゃいけないし、なかなか難しい。

9:30、朝ご飯を食べるお店に到着。
IMG_4670.jpg
蓮香居。
昨日に引き続き朝飲茶です!

平日だし、9:30だし、さすがに混んでないだろうと思ったら甘かった!
IMG_4678.jpg
この奥にもたくさん椅子があるのに満席で座るところがない!
旅行者より地元民が多いように見えたけど、皆さん何の仕事をしていてこの時間にこんなに食事できているんだろう。
私たちの前にいたカップルが入口すぐの2人掛けの席に案内されてたので、奥まで行ってみるけどまさかの席ゼロ。
困ったけど待ってるかと思ったら、さっきカップルが案内されたはずの席が空いてる。
カップルはなぜか帰ったみたい。
と、私達は思ってたけど飼い主によるとカップルは奥の席に行ってたらしい。気づかなかった。
他の席とちょっと離れてて寂しいしワゴン回ってくるの時間かかりそうな席だけど座れるだけありがたいのでここにします。


IMG_4680.jpg
ワゴン式だよ。
回ってきたら中身を見せてもらって、欲しいものをいただきます。


IMG_4671.jpg
チャーシュー饅頭。
ちょっと甘めの肉がおいしい。


IMG_4672.jpg
餃子。
ジューシーです。
初めて来たけど混んでるだけあってさすがおいしい。

ワゴンは飲茶の運搬だけでなく調理器具も備えています。
トッポキみたいな形の腸粉を作っているワゴンがあって、なかなか回ってこなかったので点心の清算票(飲茶頼むごとに値段に応じたスタンプが押されて、最後にその用紙で会計する)を持って声をかけると広東語で話しかけられるけどひとつもわからない・・・
そのうちに時計を指さして清算票の番号を確認してくれたので、ああまだ調理途中だからちょっと待って、できたら持っていくから、って意味みたいだと推測。
やっぱり言葉がわからないっていうのは不便だな。
今まで韓国以外の外国(香港・台湾・バリ)は言葉まったくわからずともなんとかなったけど、そしてなんとかなるけど、なんとかなるの向こう側の世界に行きたい。
韓国ではそのなんとかなるの向こうの世界を韓国語によって行くことができているのでなおさら。


IMG_4674.jpg
飼い主はちまきが大好き。
私も好きだけど、優先順位としては点心系が上なので自分では頼まないかも。
ご飯でお腹いっぱいになっちゃって、他のが入らなくなるから。


IMG_4675.jpg
シューマイ。

残念ながら一番有名なエビ入り蒸し餃子には出会えず。


IMG_4673.jpg
こちらはトッポキ型腸粉とはまた別の腸粉です。
このツルツル感がたまらない。
米粉をとかして蒸したものです。おいしかったー。


IMG_4677.jpg
値段表。
セイロの中身見て食べたいの決めるので、値段表はあまり意識しないです。

トッポキ型腸粉アジュンマが近づいてきて何か話しかけてくれます。
腸粉できあがったけど食べるか?って意味なのが分かりましたが、無念なことにお腹いっぱい。
ジェスチャーで謝ると、この上の腸粉皿を指さしてニコニコしながら去っていきました。
こっちの腸粉食べてるからいらないんだよね、みたいな感じか。
一連の流れを見ていた飼い主に、なんで意思疎通できてるのって笑われました。
心のコンパスさ。
でもここの出来事で、広東語勉強しよう!って決意しました。
韓国語と違って旅行会話だけできればいいからね。
広東語で「おいしい」は「好食ホウセク」というとガイドブックでチェックしたのに、とうとう店員さん達に言えなかった。次回は絶対言うぞ!
でも今は、次の旅行は台湾を予定してるので広東語でなく北京語にしようか悩み中。
北京語の方が教材も多いしテレビ講座もあるんだよね。


平均的に、香港の人たちは飲茶食べに来た時に一度にどのくらい点心食べるんだろう。
(飲茶を食べるっていうのも違和感ある表現ですが)
好きな量だけ食べるはずなのに食べすぎちゃう摩訶不思議な飲茶なり。
この日はトータル118ドルでした。

妙にご機嫌なお会計のおばちゃんにこっちも楽しくなりながら、10:25、お店を出ます。
IMG_4681.jpg
いろんな飲茶屋さんに行ってるけど、どこも甲乙つけがたいおいしさ。
ここも気に入っちゃったよ。

目の前を走っているトラムに乗り、次の目的地・香港公園に出かけます。
公園写真はけっこう豊富なので、短いですが続く。
2014-03-06 06:00 | カテゴリ:2013ふゆinほんこん
IMG_4615.jpg
19:08に梅窩到着。
中環行きの次のフェリーは19:30。
中環までは1時間くらいかかるらしい。
このフェリーを逃すと次は21:30!
タイミングよかった~。
20:30から高速フェリー?が出るようですが、料金がずいぶん違うみたいだから19:30に乗れてよかった。

そういえば、今回の旅中、どっかのフェリー乗り場の待合室で、飼い主に
「ここは待合室じゃなくて実は船内なんだよ、時間になれば切り離してこのまま出発するんだよ」と教えられて香港スゲー!と思ったら当然嘘だったことがありました怒

IMG_4616.jpg
バス停とマンション。


IMG_4617.jpg
大澳の猫ちゃん達は元気かな。波音を聞きながらすやすや寝てるかな。


IMG_4620.jpg
「普通」と「豪華」に分かれてるようですがもちろん普通。
広東語が1ミリもわかんないのに漢字文化って素晴らしい。

19:30、フェリー出発です。
風が心地いい。

どんどん見慣れた場所に景色が移り変わっていく。
場所だけじゃなく、時代までタイムトリップしてきた感覚。


IMG_4622.jpg
ガイドブックでも肉眼でも見慣れた高層ビルのネオンだけど、香港の原風景を見てきた直後に見ると一層感慨深くて眩しいな。


IMG_4623.jpg
残念ながら、毎晩20時からの光のシンフォニーは終わってました。
船上から見られると良かったんだけど。
そういえば、今回の旅でまだ一回も本格的に光のシンフォニーを見ていないぞ。
ホテルの窓から見たのなんて見たうちに入らないし!
しかも気が付くと明日が香港最後の夜。
見られるかな。


IMG_4627.jpg
クリスマスカラーやサンタさんモチーフのライトアップも。
なんとなく一年中同じかと思ってたから意外。
ここに広告を出せるのって超金持ち企業だと思うけど、実は来るたびに結構企業名変わってたりするんだよね。
今回はH&Mの広告がドーンとあったのが印象的でした。

20:21、中環フェリーターミナルに到着。
そのまま20:28にスターフェリーに乗り、10分で九龍島に到着。
光のシンフォニーが終わったばかりだからかとっても人が多い。
そういえば、ここのヴィクトリア湾に剃って、香港映画スターの手形や像が並ぶアベニューオブスターズがあります。
実はここも「おとなの基礎英語」ロケ地。
ということで突然ロケ地巡り第二弾。
まあ、メジャーすぎるくらいメジャーな場所なのでロケ地巡りって感じはしないけど。
ちなみに一日目のロケ地巡り記事はこちら


IMG_4638.jpg
誰の手形だっけ。

途中で、女の子グループから英語でシャッターを押してくださいと声をかけられる。
私たちは安全に見えるのか、結構シャッター頼まれました。
デジカメよりスマホを渡されることが多かったな。


IMG_4640.jpg
ブルースリー。
さすがに人気で周りは人だかり、なかなか銅像単独で撮るのは難しい。
しかもみんな同じポーズで写ろうとしてる。
世界中のから人が集まる香港でも、みんなやりたいことは同じです。
銅像とかと同じポーズで写真撮るのって、なんでこんなに楽しいんだろうねぇ。


IMG_4646.jpg
なぜか豚ちゃん。こちらも大人気。


IMG_4649.jpg
地元民か観光客か分からないけど、平日の21時頃なのに人がいっぱい。
・・・って、都会だと当たり前ですかね。東京も21時なんてそんな感じだよね。

さて、ディナーの時間です。
21:15、やって来たのは四川料理「面譜 京川料理」
ここは前回来て担担麺がとってもおいしかったお店!
前回、もう一回来たいと思ってたけど来るタイミングがなかったんだよね。
1年半の時を経て再訪の願いが叶う幸せ。
また来たいね、また来ようねって思うことは多くてもなかなかそうならないことも多いから、こういう願いが叶うと感動する。
一方で新しく行きたいところもたくさんあるんだよね。

このお店はおいしいのに、時間の関係かずいぶん空いていてびっくり。


IMG_4650.jpg
メニュー。


IMG_4651.jpg
日本語はないけど、英語と写真のおかげでわりとわかります。


IMG_4653.jpg
お通し。
ちなみに20ドル。
安くないので全部食べる。笑


IMG_4652.jpg
会いたかったよこのお店のたん・たん・めーん!
他のお店と違って、麺が素麺じゃなくラーメンっぽいところが嬉しいんだ。
IMG_4654.jpg
面譜というお店の名前通り、店内はお面がたくさん。
韓国の安東を連想させます。
照明が落とされていてシックで高級感のある店内。
でも店員さんがサンタクロースの帽子をかぶってて、そのギャップが面白かった。


IMG_4656.jpg
メニューを写メしといてよかった。
どうしてこれ頼んだんだっけかわかんないけどおいしかった。


IMG_4658.jpg
前回の旅行で一番印象に残っていたのがこの担担麺。
相変わらず美味しい。
担担麺って一口に言ってもスープの味はお店によって全然違うよね。
でも、実は今回の旅でこのお店を超える担担麺、北角の濰京坊に出会っちゃってたんだよね。
ちょっと複雑な気分。
でもこのお店は雰囲気も合わせて好きなので、振り返るとやっぱり甲乙付け難いかも。

お茶のポットにお湯がなくなった時は、蓋をずらしておけばお湯を入れてくれます。
ありがとうは広東語で「ンゴーイ」
この頃になるとだいぶ慣れて、自然に言えるようになってました。
言われる方にとってはこっちが慣れてる慣れてないなんて知らないし、現地語でありがとうって言われて嫌な思いをする人はまずいないだろうから、到着した一発目から堂々と言えるようになりたいです。


このお店にいたのは21:15から22:04くらい。
旅行中はただでさえたくさん食べて夜遅くなりがち。
しかもなるべく考えないようにしてるけど、時差があるから日本では+1時間。
22時過ぎにこの量の料理を食べてるって考え・・・ない考えない。

おいしく食べ終わって、お会計。
香港では伝票を持ってレジに行くよりも、テーブルで「マイタン!(お会計)」と店員さんを呼んで明細票を持って来てもらうスタイルが多い。
店員さんを席で待ってる間に私がトイレに行って、帰ってくると飼い主が
「店員さんがこれくれた!」
とお面のついたストラップを見せてくれました。
日本語で「コレ、プレゼント」と言ってくれたらしい。
嬉しい反面、私が席にいたら2つもらえたのかな~それとも一グループひとつなのかな~もらうところ見たかったなとちょっと残念。
飼い主は店員さんが自分を気に入ったからくれたんだと主張してます・・・

ちなみに、ストラップとかキーホルダーってもらった時は嬉しいけどその後にどこに使おうか迷う時ありますよね。
このストラップは、赤柱(スタンレー)で書いてもらった花文字の下に付けてトイレに飾りました。


面ストラップ
香港の最強コラボ。
上にちらっと見えるのが花文字の額縁です。


IMG_4659.jpg
22:04、お店を出ます。
さすがに暑くはないけど寒くもなくこの時間でもちょうどいい気温。
お茶が28ドル、お通し20ドル、トータル290ドル。
食事は日本より高いしサービス料もかかるし円安だし、この旅ではお金に羽が生えて飛んでいくのが見える気がしました汗

お店を出て、近くの公園通ります。
一瞬だけ猫ちゃん見たよ。
この時間に大人が公園で遊んでてびっくり。
ラブラブいちゃいちゃしているって意味じゃなく、普通にブランコこいだりして楽しそう。
それより子どもも遊んでます・・・
繰り返しますが22時過ぎです。
香港にいて思いましたが、全体的に治安いいです。
海外に行く、香港に行くというとそれだけで心配してくれたりする人も多いですけど、来てみなきゃわからないことって多いよね。
もちろんきちんと自己防衛をするのは当然だけど。


22:24、食後のデザート!
IMG_4669.jpg
沛公甜品。
いつも許留山一途だったからここは初めて。

狭めとはいえ、この時間に店内はお客さんでぎっしり!
私たちはタイミングよく入れましたが、席は常に満席で待ったりしている人もいました。
この時間にこの賑わい、日本だと考えられないな。
でも太っている人はあんまりいないんだよね。
初めての香港旅行の時に、プーアール茶を飲んでるからとガイドさんが言ってましたが、それだけでこの時間にデザート食べてもいいのか?


IMG_4661.jpg
メニュー。
日本語なくてもかなりわかりやすい。


IMG_4662.jpg
店内。
老若男女が集っているのがすごいよね。


IMG_4667.jpg
ミルクレープ。
マンゴーたっぷりで美味~。


IMG_4664.jpg
でも圧倒されるのはこちらのマンゴーのお花!
美しいですね~。
下にはマンゴークレープ生地で包まれたマンゴープリン。
その上にフレッシュマンゴーを薔薇の形に。
味はマンゴーそのものだから当然美味しいとして、この美しさは食べるのがもったいないくらい。
よくよく見ると構造は難しくないから、家に大量買いして常備してるドライマンゴーで再現しようと思ってるけどまだ試してないや。
ちなみに、ドライマンゴーをプレーンヨーグルトに突っ込んで半日以上置くと、ヨーグルトの水分を吸ってドライマンゴーがぷるぷるのフレッシュマンゴーになるのでお試しあれ。



22:42、お店を出ます。
こちらは2つで74ドルなり。
遅くまでやってるデザート屋さんがある香港が羨ましい気もするし、実際に近所にあったら悩ましい気もするし。

徒歩で帰宅、九龍公園でwi-fi。
香港の夜も今日と明日で最後だけど、そんなことは今考えないのだ!

ホテルに戻る前にお水買いたいけどスーパーの閉店時間も迫ってたのでコンビニサークルKで買います。
10.5ドル。スーパーの方がやっぱり少し安いです。

23:20、ホテルに戻ってきました。
この日は朝7:30過ぎに出て、山の飲茶行ってランタオ島行ってケーブルカー乗って漁村で猫に萌えてと、行動範囲がとっても広くて中身ぎっしりの一日でした。
旅行記もさすがに写真たっぷりすぎてまさかの9分割。
書き終えることができてほっとしてます^^;
でも旅はまだ終わらないぞ!
続く。
2014-03-05 06:00 | カテゴリ:2013ふゆinほんこん
IMG_4582.jpg
「新基大橋」
右から左に書かれた文字が年季を感じます。
この橋の近くで、パーティドレスにスニーカー、ヒールのついた靴は手持ちしている女性とタキシード来た男性、付添い?の男性を見かけました。
この時間からここで結婚式やるには中途半端だし、よくある新郎新婦さんのウェディングフォトするには暗くなり始めてるし、なんかパーティーあるにしては静かすぎるし、不思議でした。


IMG_4581.jpg
少しずつ明かりが付き始めました。


IMG_4583.jpg
橋からの景色。
船は商売道具かな?


IMG_4584.jpg
橋の下には黙々と仕事をする海の男。


IMG_4585.jpg
なんだか素敵で、しばらく見ていました。


IMG_4587.jpg
舟は大事な商売道具。


IMG_4592.jpg
バスの時間に注意しつつ、もう少しだけ散歩続けます。


IMG_4593.jpg
結構外れの方に公衆トイレとゴミ箱と広場。
ありがたいものが揃っております。


IMG_4595.jpg
これからバスに少し乗るだけで高層ビルの世界に戻るとは信じられないな。


IMG_4598.jpg
観光客も多く訪れる有名な島ですが、この時間この場所には他に人影がない。
でも街灯はきちんと付いていて、悪いこともしてないのにドキドキしちゃう。


IMG_4600.jpg
お月様と一番星。
さっきの猫ちゃん達も見てるかにゃ~。


IMG_4601.jpg
有名な「100万ドルの夜景」もいいけどこの景色も素敵。


IMG_4603.jpg
私たちの影~。
3年目の結婚記念日に楽しく旅行ができて嬉しいのだ。
このあたりは少しだけ一瞬ねこ見たけど写真には撮れず。


IMG_4604.jpg
カメラの感度がいいから街灯で明るめに撮れているけど、実際はかなり暗いんです。
超珍しいことに飼い主の方から手をつないでくるけど、私は知ってる。
暗いから私を守ろうとかラブラブな気持ちになったからとかじゃない、
ただ飼い主自身がこの暗さ怖いから手を繋いできたんだヾ(○`ω´○)ノ゙
何かあれば、飼い主は私を守るどころか、ドラクエのごとく
「飼い主は ぷっくの盾 を使った!」ってやるに決まってるんだ。

でもいくら人影のないところだからってごく普通の住宅街、別に危なくはない。
それより住民の皆さんにとっては、いくら観光島だからってこの時間に外国人(私達ね)が外をうろうろしてることの方が怖いのではないだろうか。

商店街で商売を終えて帰ってきたっぽいおばあさん、お母さんと小学生くらいの女の子と会ったりするけど基本は人通りのないこの場所。
ところどころ家の中が見えたりしますが、家の中も暗い。
雰囲気じゃなくて物理的に電気が暗い。
例えるなら蛍光灯1本しかついてないような暗さ。
私なら気が滅入っちゃいそうというか、真っ暗の方がまだいい気がするけどこれに慣れててデフォなのかもしれない。


IMG_4605.jpg
商店街はちょっと明るいかな。
でも、真夜中でもガンガンに明るい九龍島の露店街とは別世界です。


IMG_4606.jpg
数時間の滞在の中で何回通っただろうかこの橋。
香港ナビにこの橋について記載ありました。
「大澳涌行人橋」は1996年に完成した大澳でも一番新しい橋で、渡ったところが町のメインストリート街市街です。ここにも海産物を売るお店が並び、この通りから横に伸びる吉慶街、吉慶後街にも小さな商店がぽつぽつとあります。


IMG_4611.jpg
橋の上から。
住宅の中が丸見えだけど気にならないのかな。


IMG_4610.jpg
さっき夕陽が沈んだ海にはお月様が浮かんでいます。
名残惜しいけど戻ることにします。
思った以上に長居しちゃった大澳。
また来たい。


IMG_4612.jpg
18:19、バス停に到着しました。
住宅街とか歩いてた時は観光客の方はほぼ見かけなかったけど、バス停には結構並んでました。
18:33、梅窩行きのバスが来て無事座れました。
足腰が痛かった~座れて一安心。
18:35、バスは時間通りに出発。
歩いた割には疲れてないけど、酔い防止も兼ねて寝る。
うとうとしていると飼い主にいきなり起こされて、
「おまえ、前の人の携帯の着信音に合わせて歌ってる!」と注意を受ける。
小声だったので周りには聞こえなかったらしいけど
てれれんれん てれれんれん てれれんれんれん♪みたいに口ずさんで笑っていたらしい。
怖い。

19:08、バスは無事梅窩に到着!
戻ってきました香港!って、さっきまでいたところだって当然香港だけど。
本土の夜のギラギラ感を感じます。
続く。
2014-03-04 06:00 | カテゴリ:2013ふゆinほんこん
IMG_4552.jpg
日が暮れかけてますが、大澳散策は続きます。


IMG_4553.jpg
今回はマカオに行ってないけど、THE香港な九龍・香港島、ヨーロッパの雰囲気たっぷりの赤柱(スタンレー)、そして昔ながらのアジア原風景のここ大澳漁村とまったく違う景色を見てなんだかお得な気分。


IMG_4554.jpg
ここは通り道ではなくあくまで住居に繫がる橋なのですが趣があって素敵なので歩いてみる。
生活の場だがら遠慮がちに。


IMG_4556.jpg
ここに住むっていうのは、観光客目線でお気楽に言っちゃえばのどかでいいなって思っちゃうけど実際は厳しいよね。


IMG_4557.jpg
これは家が建ってたところが崩れたのかな。


IMG_4558.jpg
ここ最近雨は降ってないので、ぬかるんでるのはやっぱり干潮だからなのかな?


IMG_4559.jpg
もろに生活空間なので足を踏み入れるのはドキドキ。
っていうか普通にあるいているだけで家の中が丸見え。


IMG_4561.jpg
自分がまったく知らなかった世界がここにある。
ここで生まれ育ったら、今とは全然違う世界観になるんだろうな。


IMG_4562.jpg
新しい施設建設中。
このあたりでは猫ちゃん見かけなかったな。
猫にも縄張りがあるのかな?


IMG_4563.jpg
映画のロケ地にもなりそう。


IMG_4564.jpg
自然と共に、っていうか自然と直に暮らす生活。
旅行者目線では簡単に語れない。


IMG_4565.jpg
美しい夕陽。
この景色を見られて嬉しい反面、太陽が完全に見えなくなって空が少しずつ暗くなるのは切ない気持ちにもなります。
欲を言えば私は海に沈む夕陽じゃなくて海から昇る朝陽が見たい。
だってずっと日本海側住みの私、日常で海と太陽のコラボを見ようとしたら朝陽は無理なんだもん。
中学生の時にSMAPの「朝日を見に行こうよ」の歌が発売されてヘビロテして、ふとここ秋田ではこの歌の歌詞
「僕とこの先の海へ♪朝日を見に行こうよ」がムリなんだと気づいた時は愕然としましたねぇ。


IMG_4568.jpg
商店街は乾物屋さんも多いのにここらへんではあんまり猫を見かけなかった不思議。
たまたまかな?


IMG_4569.jpg
高層ビルもネオンもないけど、この景色も香港が確かに持つ魅力的な光景。


IMG_4570.jpg
飼い主はこの島が気に入ったみたいで、気が付くと写真がいっぱい。
載せるのは楽しいけど大変。似た写真も多くてすみません・・・


IMG_4571.jpg
突如現れたパネル!
頭にはインディアンっぽい飾り、ピースして親指立てて、なんか妙に立派な時計して、スタイル良くない一方で巨乳だけど垂れ乳で、パネルを留めてるロープはフラフープをかたどりたいのかよくわかんなくて、表情は笑顔なのにとても怖くて・・・
もう少し暗くなってから初めてこれ見たら泣く。


IMG_4574.jpg
美しすぎる風景。
来てよかった~!


IMG_4577.jpg
別の道もあてどなく歩いてみる。
そしてまたいたよ猫ちゃん!!


IMG_4578.jpg
寄り添っていればあったかいにゃ~。
大澳漁村、最後のねこ写真です。
実際は暗くなってからちょっと見かけたけど走ってたり暗すぎだったりで撮れませんでした。
親ねこと子ねこ2匹います!
大きい猫もデブ猫も目つきの悪い猫も大好きで、子猫って特に写真集だど狙いすぎてあざとい時があるけど、
やっぱり本物の子猫は可愛すぎますね~。
この島に産まれた猫は幸せだと思う。


IMG_4579.jpg
一匹だけ目を覚ましてじっとこっちを見てくれました。
他の猫を起こさないように、子猫ちゃんもびっくりさせないように触りたいけど我慢してそっと撮影。
私たちの後ろから来たカップルも同じように静かに撮影してました。


IMG_4580.jpg
この橋を渡ってきた突き当たりに猫親子いたよ。

17:50のバスに乗るのは間に合わなそうなので、もう少し散歩続けます。
次が大澳漁村ラスト記事です。
2014-03-03 06:00 | カテゴリ:2013ふゆinほんこん
IMG_4510.jpg
レストラン。


IMG_4511.jpg
テラスもあるみたい。


IMG_4512.jpg
時間は16時、微妙な時間だからかお客さんはいない。
私たちが食事している間に数組入ってきました。


IMG_4513.jpg
セットメニュー。
これだとちょっと多いかな。


IMG_4514.jpg
アラカルトもあるよ。


IMG_4515.jpg
店内はこんな感じ。
クリスマス色が強くて華やか!


IMG_4516.jpg
まさか島に来てこんなオサレレストランに入ろうとは。


IMG_4518.jpg
今回、洋食系を多く食べてる気がする。
香港は元イギリス領なのでアフタヌーンティー文化もあるのです。


IMG_4523.jpg
チャーハン!
インディカ米はやっぱりチャーハンと合います。
でも、香港ならではって感じが少なくてそれは残念だったかな。


IMG_4519.jpg
ケーキ。
うーんと、これも普通だったかな?汗
これとお茶がついて190ドルです。

途中で入ってきたお客さん達も、店内や料理をスマホで撮影している。
ほんの数年前にはなかった光景がもう世界中で普通になってるってなんか不思議。


IMG_4524.jpg
撮影したくなる光景だもんねぇ。

16:48、お店を出る。
IMG_4525.jpg
入り口横にトイレがあったので拝借。
私が出ると、すぐにレストランに団体さんが来てトイレは長蛇の列に!
タッチの差だった・・・
団体さん、コースに含まれていたのかレストランに入っていきました。
レストランのカウンターにたっくさんグラスが並べられてたのはこのためかな?

そろそろ日が傾いてきました。
天気がいいから綺麗な夕焼けが見られそうです。


IMG_4528.jpg
白い壁が夕陽に染まっていく。


IMG_4529.jpg
思いがけず、香港で海に沈む夕陽が見られそうです!


IMG_4530.jpg
うわ~嬉しい。
天気とタイミングが良くないと見られませんからね。

でも元来た道を戻ろうとすると夕陽に背を向けることになるのさ・・・
振り返りながら歩くと、なんか尋常じゃないほどの猫の大合唱が聞こえる。
ちょっと小道に入ると、なんかの建物の中で猫ちゃんたちがエサをもらっていたみたいでした。
扉が閉まってたので中は撮れなかった。


IMG_4531.jpg
エサをくわえてるネコ発見。
ねこ萌え再び!
ちょっと近づくと、エサ食べてる時は野生化するのか
「あげにゃいニャー!」って感じで前足ちょこっと上げて威嚇されました。
ごめん、威嚇してる姿も可愛すぎるんだ。
エサはとらないから安心しておくれ。


IMG_4538.jpg
模様が洒落てる。
ねこってどうしてこんなに人を萌えさせるの。


IMG_4534.jpg
ツーショット♪
この島ねこだらけで最高~。
どこかの民家か個人商店か、よくわからないけどおじちゃんおばちゃんが軒先でエサやミルクあげてて猫が集まったりしてました。
野良猫っていうより、島全体で飼ってる感じにみえた。


IMG_4537.jpg
私がねこなら絶対この大澳漁村に住みたい!!!

猫撮影しながら歩いてると、こんなポスターもありました。
IMG_4533.jpg
写真撮ったんですよ、本物をこんなに近づいて撮る勇気はないですよ。
飼い主はこの2人が喧嘩しているっていうけど、私にはBLに見えるのだが。


IMG_4539.jpg
先ほどのところに戻ってきました。
ピンクドルフィンツアーはさすがにそろそろ店じまいみたい。


IMG_4540.jpg
橋アゲイン。
ここから海に沈む夕陽が見える!
スマホだけじゃなく、立派なカメラを持って撮影している人もいっぱい。


IMG_4541.jpg
漁村から見る海に沈む夕陽~。
本格的な写真を撮りたいならさっきのレストラン前の海の方が穴場なのでは・・・と三脚立ててる人に教えてあげたくなるけど、私はここで知らない人同士、国も言葉も違うのに同じ夕陽に感動している空間がたまらなくよかったです。
飼い主も珍しく夕陽バックに2人のセルフショット撮ってくれたし。


IMG_4549.jpg
ここで本土に戻ってもよかったけど、もう少しこの島の散策続けることにしました。


IMG_4550.jpg
この日は写真がたくさんすぎてどこで記事更新していいかわからない。
それだけこの島は撮りがいがありました。
中途半端だけど続く。
2014-03-02 06:00 | カテゴリ:2013ふゆinほんこん
IMG_4472.jpg
青いビニールシートの中に猫ちゃん!


IMG_4473.jpg
喜んで、でも猫を驚かさないようにそっと写真撮ってると近くにいた地元のおじちゃんがニコニコ笑ってました。
やっと島で猫に会えたよ~。
これはほんの序の口でした。

ちょっと歩いてふと右を見ると。
「うわ~あ(ハート)」と小さく歓声をあげる私、2・3歩遅れて歩いてた飼い主「いきなりなんだよ!」と言うけど
来てみたら飼い主だって私と同じテンションに。


IMG_4476.jpg
だって見てくださいこの猫パラダイス!
フレームの外、屋根の上にももう一匹いたんだよ。
視界に一度にこんなにぬこがいることってないよ。
しかもこのだらーんとしたくつろぎっぷり。


IMG_4477.jpg
べろーん。
ねこの身体の柔らかさって、笑いと感嘆を誘います。


IMG_4478.jpg
ひなたぼっこしながらお昼寝にゃ~。
ちなみに右側で目を覚ましてる猫は、


IMG_4481.jpg
日陰に移動してまた寝始めたよ。


IMG_4480.jpg
肉球肉球肉球肉球!
おさわりしてお昼寝のジャマをするのは申し訳ないのでそっと見守ります。
今回の旅行記、写真はすべてサムネイルであげているからちょっと小さいけどクリックしたらおおきくなるからぬこを堪能してね!

今回の旅で、おそきそロケ地のアパート近く露店山の飲茶で何回か猫に会い、
(※山の飲茶だけはリンク貼ったけど文章だけで猫写真ありません)
その度に勝手に名前を付けて愛でてきましたが、こんだけいたらもう名前付けられない。
よし、君たちみーんなまとめて「らんねこ」だ!ランタオ島の猫だかららんねこ!

もうずーっとここにいたい、この先散歩しなくていいから猫をずっと見ていたい・・・けどそうもいかないし、また猫ちゃんいるかもしれないので足を進めます。
今回の旅もたくさんの思い出ができたけど、光景として一番頭に残ってるのはここです。


IMG_4483.jpg
ちょっとわかりづらいけど、真ん中に猫。


IMG_4482.jpg
素敵な天然の日よけ、思わず激写。


IMG_4484.jpg
天日干しっていいよね。
太陽の恵みが猫にもここにも降り注ぐ。


IMG_4485.jpg
景色を楽しむというより、ウォーリーを探せならぬ猫を探せしながら歩いてました。
いや、もちろん景色も見てるけどね。


IMG_4486.jpg
工事中のようなので近づいてみる。


IMG_4487.jpg
竹の足場、香港本土でもよくみかけるけどこうしてぐるっと囲っているとまた圧巻ですねぇ。


IMG_4488.jpg
干潮の時間だったみたいで、かなり水が引いている。
満潮の時も見てみたい。

IMG_4491.jpg
広い家庭菜園。
香港は地価がめちゃくちゃ高くて高層ビルの家賃とかとんでもないらしいけど、島だとどうなんだろうか。
こっちの生活も、高層ビルとはまた違った種類の豊かさがありますよね。


IMG_4492.jpg
なかなか珍しい光景が現れた!
近づきたいけど靴がぐちゃぐちゃになりそうなので断念。


IMG_4493.jpg
高床式。水が満ちてくるのかな?
何の建物かはわからないや。


IMG_4494.jpg
通ってきたところが見えるくらい小さな島だけどここ気に入った!


IMG_4496.jpg
ここにはいないけど、この島、ちょっと気を抜くとこういうところの上も猫が歩いてたり寝てたりするから楽しすぎるんだ。


IMG_4497.jpg
猫だけじゃないわん。犬もいるんだわん。


IMG_4498.jpg
そしてなぜかお犬様をおがむおじいさん。


IMG_4499.jpg
ほぼ一本道を歩いてきたら、突き当たりにホテル!
この島にホテルがあるとは思わずびっくり。


IMG_4500.jpg
結構広大です。


IMG_4501.jpg
白い建物の中にベンチがあったので、15:45、ちょっと休憩。
スタート地点で帰りのバス時間いくつかメモったけど、予想外にというか予想通りというか、島滞在はのんびりになっちゃいます。


IMG_4502.jpg
朝に飲茶食べてから実は何も食べてませぬ。
旅行中に一食抜くなんてありえない!


IMG_4503.jpg
ホテルの中にレストランがあって、アフタヌーンティータイムみたい。


IMG_4504.jpg
海に面したこのホテルに泊まって早朝散歩とかしてみたいな~。


IMG_4505.jpg
こんな外れにあるから営業してるのかなって思ったけど、ちゃんとクリスマースリースが飾られています。


IMG_4507.jpg
アフタヌーンティーセット。


IMG_4509.jpg
ここにいた時は猫のことで頭がいっぱいだったけど、こうして改めて写真見るといいホテルだねぇ。
本当に泊まりたくなってきた。

さて、急遽ランタオ島レストランに入ることにしました。
続く。
2014-03-01 06:00 | カテゴリ:2013ふゆinほんこん
14:42、バスに乗ります。
この時はどこに向かうか聞いてなかったけど、大澳(タイオウ)という漁村に向かったのです。
大澳については香港ナビに記事がありました。こちら

バスの値段は平日6.6、假日14ドルと書いてある。
假日、こうして並んでると文脈で休日のことだってわかる。
2倍も違うんですね。
この日は木曜、もちろん平日なので6.6ドルです。

バスは14:45に出発して14:57には到着。
早い!
IMG_4453.jpg
今まで自動車道路もないような小さな島に行ってたから、バスで乗り付けられる村ってなんか新鮮。
帰りもここからバスに乗って帰るらしいので、バス時間をいくつかメモします。
1555.1630.1710.1750.1835。


IMG_4455.jpg
香港といえば、「100万ドルの夜景」とも称されるように、超高層ビルやキラキラしたライトアップ、道に突き出した看板が有名。
実際、私も香港についてこの景色を見るたびに香港に来たー!って実感しますが、実際ところ、昔は漁船だったらしいです。この村は香港の原風景を留めているそうな。


IMG_4457.jpg
バスがあると言っても、ほんのちょっと歩くだけでこののんびりした雰囲気になる。
たまんないわ~。
ピンクのイルカに会える短時間の船ツアーもあるようですが、この12月に見えるのかなって疑問もあったのと、今回は島をのんびり歩きたかったので参加しませんでした。


IMG_4456.jpg
乾物屋さん。
スルーしちゃったけど、次回来た時は買ってみたいな。


IMG_4459.jpg
水上家屋!
実際に人が住んでいます。
今の香港には、水上家屋はここ大澳にしかないそうです。


IMG_4460.jpg
この木だけで家を支えていて、ここで生活をしている漁師さん達。
洪水が来たらどうするんだろうとか部外者は心配しちゃうけど、余計なお世話ですね。


IMG_4462.jpg
山と水の共存する世界。
船がカラフルなのはやっぱり香港らしいな。


IMG_4461.jpg
乾物作成中?


IMG_4465.jpg
この橋何度も通りました。
水平線が遠くに見えて美しいの。
後で夕陽が沈む写真も載せます♪


IMG_4463.jpg
水上家屋はこんな風に支えられています。


IMG_4466.jpg
別の角度から。


IMG_4467.jpg
ヒトデ5元?
安いと思うけど、これ購入してどう使うんだろう?鑑賞?食糧?


IMG_4468.jpg
水辺を離れ、大澳を散策してみます。
この旅の間、ずーっと同じような天気・同じような気温でとにかく過ごしやすかったな。
天気には逆らえないので雨降ったらもう諦めるしかないけど、天気がいいってこんなにも快適なものだったのか!って実感しました。


IMG_4469.jpg
地図もないのでとりあえずぷらぷらとあてもなく歩きます。


IMG_4471.jpg
高層ビルが立ち並ぶ場所にも、水上家屋な島にも、山にも海にも、安定の小心地滑。

島といえば猫だけど、今回の旅で行った長洲島でも1匹くらいしか猫に会わなかったなー。
猫いないかなー。と思いつつ歩くと。

呼んだかにゃ?

ってことで、中途半端ですが続く
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。