-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-08-07 06:00 | カテゴリ:2013なつinかんこく
7/3(水)

あっという間に最終日。
DSC_0676.jpg
昨日の雨が嘘のように晴れ渡っています。
お昼にはまたまた飼い主チングと会う約束をしているので、それまでフリー。
飼い主は出かけてきていいと言うけど、暑いし朝から行きたいところもないしテレビ見てるのが贅沢な時間で満足なのだ。

ハン・ヘジンさんとキ・ソンヨン選手のことが芸能ニュースで特集されてました。
スター達のおめでとうコメントがずっと続いてて、大体みんな同じようなこと言うのでわかりやすい。

その中で、ハン・ヘジンさんと女優さん?のトーク番組も流されてて、お互いの呼び方の話になった時、女優さんが
「彼氏にタルスギって呼ばれてるの」ってのろけ、周りはタルスギって何?って不思議そうな顔で聞き返す。
韓国語学習者にとって、知らない単語があるとそれが私の知識不足なのかマイナー単語なのか俗語なのか造語なのかわからないですよね。
タルスギとは、「탈콤한 스타 자기(タルコマン スター チャギ=甘いスターの君)」を縮訳した2人だけの造語らしい。

常々韓国ひとり旅をしたいと思っている私ですが、きっと一人で来たらチムジルバンか本屋に入り浸り、ホテルに泊まるとしたらずっとテレビ見て過ごしてそうな予感満載。
楽しければいいけどね。


IMG_1111.jpg
これ、グーグルロゴをタッチしたら出てきた検索画面。
韓国にいるとハングルで自動的に検索されるのが面白くて写メってしまった。


11:45、チェックアウト。
12時出発のホテル宿泊者用リムジンバスで明洞に向かいます。
昨日念のためホテルマンの方に聞いたら、乗るのに予約は必要ないけど10分前くらいに来ていただいた方がいいですよ~とのこと。
確かに、マイクロバスでそんなに大きくはないバスなので早めに来てよかったです。
外は真夏の暑さ。
韓国来る前は天気予報見て心配してたけど、ほぼ天気に恵まれた今回の旅行でした。

12:10には明洞着。
昨日の夜、徒歩でやってきた明洞です。
明洞駅5番出口で飼い主チングと待ち合わせ。


DSC_0685.jpg
地下鉄5番出口のすぐ近くにはリアルヘチの銅像がありました。


09へち
最近人気のキャラクターとしてのヘチはこっち。
うーんやっぱりこっちがいいわ・・・

で、飼い主チング・・・来ない・・・
私はすれ違わないように5番出口と6番出口に間を行ったり来たり。
ギリギリWi-Fi拾うのでLINEで電話したりしても連絡とれず、ちょっと心配。
結局20分くらい待って諦めて、飼い主と2人で昼ごはん食べに向かうことに。
そのあと連絡が入って寝坊してしまった~とのこと。無事でよかった。
昼ごはんは2人で食べることにして、ソウル駅で待ち合わせることにしました。

飼い主チング、日本語授業が早朝にあったので一仕事終えてアパートに戻って仮眠とってたら寝過ごしてしまったとのこと。
授業はサラリーマンの方の出勤前や退勤後にあるので時間が一定していないそうです。
韓国の方の勉強熱が高いことは知ってましたが、教師の側もそのライフサイクルに合わせる必要がありますよね。
忙しい中時間作ってもらい逆に申し訳なかったけど、チングに会えて嬉しかった。

で、昼ごはんはこちら。
DSC_0692.jpg
全州中央会館。
有名店の中の有名店ですよね。
ガイドブックにもほとんど載っているでしょう。
ツアーでもここに案内されたりもするみたいです。
私の中では、味で有名というより対日本人に有名なイメージで逆に足が遠のきがちなんですけど、飼い主がこのお店大好きで韓国に来るたびに来たがってて、でもなかなか足を運ぶ機会がありませんでした。
いきがってる留学生って、日本人観光客で賑わうところなんか行かないわ!みたいな間違った方向に走っちゃうことがあるんですよね。私のことだけど。


DSC_0686.jpg
パンチャン。
種類は少ないけれどどれも美味しい。


DSC_0688.jpg
最近は日本の韓国料理屋でも焼かないピビンパプを注文してるので、石焼きって久しぶり!
これがね、どうせ観光客向けでしょって思ってたらすごく美味しくて感激。
先入観を持ってると損しますね、難しいけど素直が一番です。
今回行った全州のソンミダンより美味しい・・・
ってか今回のソンミダンは本来の味ではなくて絶対に何かの間違いだったはず。
これで10000ウォンですからね、多少観光地価格でも許せます。


DSC_0687.jpg
こちらは飼い主注文のサムゲタン、12000ウォン。
明洞のピピンパプ屋さんでサムゲタン、専門店ではないから期待はしてなかったけどこれまた美味しかった!
心の中でお店に謝りながらいただきます。

13:25、飼い主も私も大満足してお店を出る。
全州で買ったレインボー傘は絶対に置き忘れてはいけないので非常に神経使います。
一回も使ってない傘忘れたら泣く。
そう思いながら駅に向かいふと気づく、キャリーケース全州中央会館に置き忘れた!
珍しく飼い主ではなく私の方が気づき、飼い主はその場で待っててもらって私だけ走って戻り、無事荷物ありました。
地下鉄乗る前でよかった・・・
ひとつひとつ指差し確認しないといけないよな、忘れ物って一番テンション下がるしなって思いながら飼い主がいるところに向かうと今度は飼い主がいない。
駅に向かえばいるだろうと思うけど明洞駅に着いてもおらず、すわ今度は飼い主置き忘れ!?って焦ったら後ろにいた。
私が飼い主の姿に気づかずに追い越したらしい・・・

気を取り直して地下鉄4号線乗りソウル駅へ。
13:45、今度は無事飼い主チングと会えましたー!
飼い主は昨日塩を買い忘れたとのことでちょっとだけロッテマートに寄り道。


DSC_0694.jpg
ペペロじゃなくてポッキーっていうのが珍しい。

無事塩もゲットして、近くのデザート屋さん「ビーンズ&ベリーズ」に入る。
DSC_0695.jpg
好きな味のアイスを選んで自分で器に入れる。
トッピングもあって、全部盛った後に1g30ウォン(うろ覚え)でお会計。


DSC_0700.jpg
自分でやる縁日みたいで楽しい。


DSC_0701.jpg
トッピングを載せたところ。

会計するまで値段わからないってドキドキするねーなんて呑気に話してたら、2万ウォン超えで真っ青になりました。
3人で食べるとはいえ、さっきのピビンパプより高い・・・
今後は怖くて注文できませんが、味は良いのでよかったらぜひお試しを。
こちらは飼い主チングが払ってくださったので、ドリンクをこちらが払う韓国方式で。

1時間以上おしゃべりしてもまだまだ話してたいけど、そろそろ空港に向かわなくてはいけません。
15:20、空港鉄道に乗り、飼い主チングはホンデ入口駅で降りてお別れ。
日本ででも韓国ででもいいからまた会いたいな~。

空港鉄道のモニターでは、「꽃보다 할배(花よりじいさん)」というバラエティ番組の制作発表会が行われていました。観たいな~。

しばらく乗ってると、向かいに座っていた韓国人の若い男の人が「Excuse me」と話しかけてきてスマホの画面を見せてくれました。
そこには翻訳アプリを使って打ってくれた文章で、日本語で「この電車は終点の仁川空港まで行きません、コマム駅で降りて次の電車に乗ってください」と書いてありました。
キャリーケース持っていかにも空港に向かう感じの見ず知らずの日本人に、わざわざ文章打って教えてくれたのです。
突然受けた親切に大感激して何度もお礼を言いました。
彼は手前の駅で爽やかに降りていきました。
ニュースでは日本と韓国の関係についていろんなネガティブ報道されがちだけど、こんな親切な人がちゃんといるって知ってほしいです。
私が逆の立場で、言葉も分からない国の外国人が近くに座ってたらここまでしてあげるかな・・・スルーして降りちゃうかもしれない・・・と身を振り返って反省。
もしいつか同じことがあったら今度は自分が誰かに親切を渡そう。
・・・身も蓋もないこと言うと、実は案内板を見て仁川空港まで行かないのは知ってたけど、それは知らなかったふりをして親切を受け取りました。彼の気持ちが嬉しかったから。

彼のアドバイス通り、검암駅でいったん降りて少し待つ。
DSC_0703.jpg
空港鉄道が停まる駅だとけっこう栄えた場所なのかな。


DSC_0706.jpg
コマム駅ホーム。
桂陽駅や雲西駅など、空港鉄道が停車する駅では結構乗り降りする人がいるけど観光客にはどういう場所なのかわからないな。

16:25、空港着。
チェックインカウンターは混んでましたが、セルフチェックインの機械を使うよう勧められ、そこでも職員の方が操作してくれたのでかなりスムーズでした。
席隣同士にしてくださいと話したくらいかな。

あとは荷物預ける時に、傘は手持ちできるか聞いたけどちょっと曖昧な返事。
セキュリティチェックの方に断られたら持ってきてくださいって言われておいおいって思ったけど職員さんが優しそうでかっこよかったからいいや。
結局傘は機内持ち込みできたけどさ、これいざとなったら武器になるから危ないよねぇ。
100ml以上の洗顔フォームや爪切りは駄目で傘がいいって基準も、テロ対策を重点的にしてるのはわかるけどなんかな~。

飼い主が仁川からバリ島へ行く時に見つけた穴場の場所でちょっと休憩するけど意外と時間が余ってなくて、結構すぐに搭乗しました。
18時、フライト。


IMG_5918.jpg
機内食。
機内食いらないから安くしてくれればいいのに・・・って多分何回も書いてると思うけどまた書いちゃう。


IMG_5<br />920.jpg

19:45、無事新潟空港に到着!
新潟空港、便がそんなに多いわけでもないのに飛行機とリムジンバスの時間の連携があまりよくなくて、手荷物が出てくるタイミングによっては結構待たされます。
新潟駅に着いたらもうそこは自分の日常。
数時間前まで異国にいたのが信じられないくらいです。

さて、旅行記はこれで最終回です。
自分としてはいつものように楽しかったけど、今回はホテルの中や韓屋の中で過ごすことも多く、それに地方旅も全州だけなのでかなり内容薄いですね・・・
しかも年々ブログ文章が下手くそになっていってるし・・・
また韓国または他の外国に行った時は旅行記書くので、文章が読むに耐えなかったら写真だけでも見てくださいな。

さてやっと旅行記も終わったので10/20の韓国語能力試験に向けて頑張ろう~!
2013-08-05 06:00 | カテゴリ:2013なつinかんこく
小雨の中、なんとか全州で買ったレインボー傘は使わずに14:50チェックイン。
初日は943号室、今日は942号室。
DSC_0656.jpg
普通にツインで予約したのにまたまたなぜかトリプルにアップグレード。


DSC_0660.jpg
今度こそちゃんと使うぞコーヒーメーカー。


DSC_0657.jpg
ベランダには椅子とテーブルも設置されてます。
外が暑いから一度も使わなかったけど。
その代わり、飼い主の中で定番になってるベランダ締め出しプレイを今回もされました怒

出かけようかなと思ったところで大雨。
外からスピーカーを使った大きな声が聞こえてきたので下を覗いてみると、大雨の中カッパを来てデモ行進。
DSC_0669.jpg
残念ながらなんのデモかはわかりませんでした・・・

大雨ですが外出。
どうやら飼い主は焼き魚定食を食べたいらしい。
お腹壊してるのに?全州でコンナムルクッパプ食べなかったのに?と思いましたが、ソウルにいればトイレが近いから大丈夫だそうです。

15:10、外出。
徒歩で東大門近くの焼き魚通りに向かいます。
ここはタッカルビ通りとしても有名。

雨なので飼い主がバリ島で履いてた草履型サンダルを借りてきたけど、草履は慣れてないので親指と人差し指の間が違和感。
ホテル出る時は大雨でしたが少しずつやんできました。
ホテルから傘を借りてきているので絶対になくさないようにしないと。

製菓の箱などが並んでるような市場を見学した後、魚屋通りへ。
一通り歩き、魚だけでなくプルコギもメニューにあったお店にしました。
私は魚より肉の方が好きなので、飼い主が珍しく気を使ってくれたらしいです。
동대문광릉불고기というお店でした。
15:55、入店。

IMG_5909.jpg
魚はお店の外で炭火で焼かれています。
いつも泊まってる鍾路のドロスホテル近くにも焼き魚通りはあるのでなじみはある。


IMG_5899.jpg
庶民的なお店ですが、場所柄かメニューは日本語・中国語・英語でも書かれていて国際的。

よく「韓国に旅行に行きたいけど、韓国語わからなくても大丈夫?」と聞かれることがあります。
実はこれ私にとって難しい質問。
「大丈夫だよ!」と答えてあげれば簡単だし実際大丈夫なのはわかります。
私たちも中国語全然わからないのに台湾や香港に行って楽しく旅行してるし。
でも私は韓国語がわかるので、言葉がわかるならではの+αな旅行や知的好奇心を満たす旅を楽しんでるし、せめてハングル文字が読めるようになるだけでも違うんだよーもっと旅行が深くなるよーと言いたいけどそこまでの回答は求められてないのがわかるからね。
「私は韓国語ができるから韓国語ができない状態での旅行についてはわからない」なんて空気の読めない答えは絶対に言えないのでここに書く。笑

ここでも、メニュー以外は韓国語なので情報が拾える楽しみがあるんだよね。
例えば、別の壁に韓国語で「絶対に~禁煙!時代の流れをご理解ください^^」とか「焼酎は一人一本まで」とか書いてあるのが面白くて飼い主に教えてあげたり。


IMG_5907.jpg
サワラ定食、6500ウォン。
魚より肉派だけどサワラは好き。
炭火でじっくり焼かれているので美味しい~。


IMG_5902_2013080308121596c.jpg
パンチャン。
魚にわさび醤油をつけて食べます。


IMG_5901.jpg
私はプルコギ+ピビンパプ定食、6500ウォン。
半人前ずつやってきます。
野菜が入ったボウル。
ここにご飯入れて好きな具を入れて混ぜる半セルフピビンパプ方式。
これがまた絶品。
あまり大きな声では言えないけど、今回全州で食べたピビンパプ屋さんより美味しい・・・


IMG_5904.jpg
テンジャンチゲとプルコギとピビンパプ♪
初日と二日目に会った日本語教師の飼い主チングは、一番好きな料理がテンジャンチゲだそうです。


IMG_5903.jpg
写真撮り忘れたけど、サンチュとエゴマの葉っぱも付いてくるのでプルコギを包んで食べる。
まさか焼き魚屋さんでお肉を食べられるとは!
特に今回は飼い主のお腹の都合でもう肉は食べられないと思ってたから喜び倍増。


IMG_5900.jpg
半分くらい食べ終わったところで飼い主から悪魔の囁き、追加プルコギ6000ウォンも注文することを勧められる。
いやいやお腹いっぱいだしそれは贅沢だし・・・


IMG_5908.jpg
結局注文。
プルコギも外で炭火焼きしてます。
おまけにご飯ももう一膳付いてきた。
隣でまかない食べてるアジュンマ達によく食べるねみたいな顔でニコニコと見られてちょいと恥ずかしい。
サンチュとエゴマを「ちょっとだけ追加ください、ちょっとだけ!」と強調したのにたっぷり追加されちゃった。
そしてご飯もう一膳食べる?と聞かれたのでさすがに断る。
フレンドリーで素敵なアジュンマアジョッシでした。

はちきれそうなお腹を抱えて16:45、お店を出ます。
IMG_5912.jpg
新潟県三条市のブランド、スノーピークを見つけてテンションアップ!


少し歩いていると飼い主から
「ぷっくニンニク臭い!」
と指摘を受ける・・・
さっきプルコギ食べる時に生にんにくがあったから一緒に包んで食べまくったんですよね。
焼肉屋さんならにんにくは一緒に網にのせて焼いてホクホクにしてから食べるけど、今のお店は肉を焼いてきてくれて提供するスタイルだったからね・・・

なるべく息をするなという無茶な指令の元、地下鉄に乗ってやってきたのはソウル駅のロッテマート。
自分用や会社用にお土産を買います。
飼い主は地下鉄に乗ってる時にまたもやバリ腹発動で、ロッテマートに着くなりトイレに駆け込む。

会社用、いつもはコーヒースティックにしてますが、趣向変えてゆず茶の液体が個包装されてるものにしてみた。
あとは母に頼まれた瓶のゆず茶とマッコリ。
本当はシッケやスジョンガなども買いたかったけど今回は我慢。
飼い主待たせてるので慌ただしく買い物。。。
ソウル駅のロッテマートは初めて来たけど、私はEマートの方が好きかな。


IMG_1107.jpg
でもロッテマートの看板娘が大好きなソシだったから嬉しい♪

お腹壊してるはずの飼い主がパッピンスを食べたいってことで、17:55、ロッテリアに入ります。
IMG_5913.jpg
4000ウォンのパッピンス。
味は微妙でした汗

18時半、地下鉄4号線でホテルに戻ります。
ホテルPJはいろんな地下鉄駅からちょうど真ん中くらいの位置にあって便利。

ホテルに着き、韓国最後の夜の日程はこれで終了、雨なので今日はもうホテルで休む・・・
でも私はなんか不完全燃焼。
今回の旅行、なんか内容が薄いぞ!
とは言っても外は雨だし飼い主お腹壊してるしさっき早い時間とはいえお腹いっぱい食べた。
だけど私はもう一食だけ、明洞で食べたいメニューがあるのです。
行くべきかー行かざるべきかーと悩んだ末、20時過ぎでやっぱりこのまま日本に帰ったら後悔する!と支度を始める私。
飼い主はもうまったりモードなので、一人で出かけますよ。
全州でひとり朝ごはんした私はレベルアップ(なんの?)してるのだ。

飼い主に明洞までの歩き方を教えてもらい、20:10外出。
ホテル出てから地図持ってくるの忘れたことに気づくけどもういいや。

PJホテルから明洞まではほぼ一本道。
でも、ソウルの繁華街・明洞と言えば夜でも明るくて怪しい日本語看板があるスポットなはずなのに、道中に日本語も見当たらないし道も暗くて不安な中を歩き続ける。
道路上でところどころ不安定にWi-Fiは繋がるけどスポット的でマップ表示させながら歩くのも難しい。
でも教えられた道をひたすら歩くとちゃんと明洞に出ました♪

やってきたのは明洞餃子。
何度か来たことがあるから、無理に今回一人で来る必要はなかったけど・・・どうしても食べたかったの。
日本人も多そうなお店にひとりで入るのは、むしろ全州の時よりドキドキしますがここまで来たからには勇気を出す。
中は意外にも一人用の席(4人がけテーブルを十字に仕切りが置いてある)もあり、韓国人の女性も一人で来店しててなんとなく安心。


IMG_1110.jpg
会いたかったよ明洞餃子のニンニクたっぷりカルグクス&ニンニクたっぷりキムチ!
同じカルグクスという名前でもこのカルグクスと全州ベテランカルグクスは別の料理ですね。
どっちも好き!
正直お腹はすいてないけどどうしても食べたかった。もちろん完食。
ただでさえニンニク臭いのにパワーアップしちゃったよ・・・
明後日から会社だから、明日中にニンニク抜きをしないと!

21時、お店を出て飼い主にポカリ買って21:30にはホテルに無事到着。
一日に2回もひとり食事をした今回の韓国旅。
いい思い出ではあるけど、飼い主と一緒に美味しいものを食べたかった気もするな~。
明日は帰国です。続く。
2013-08-03 07:31 | カテゴリ:2013なつinかんこく
7/2(火)

7:40、私起床。
韓屋で迎える朝って気持ちがいい。
今日も泊まりたいけど、やっぱりソウルに戻らなければいけません。
地方旅が1日だけは短すぎる~。

全州の朝といえばコンナムルクッパプ。
もちろん食べに行く気満々ですが、昨日いったん快方に向かってるかと思われた飼い主のバリ腹もピビンパプを食べたらぶり返したらしい。
午前中にはバスに3時間も乗ってソウルに戻るので、今何か食べるのは危険が大きいってことで飼い主は朝ごはんパス。なんてもったいない。
ということで、私が一人で食べに行くことにしました。

起床して顔洗って髪とかして着替えて、起床して10分で出るという女性とは思えない行動をとる私。
もちろんノーメイク。
帰って来てからゆっくりやるからいいの。

いつもはガイドブックに載ってるお店に行きますが、道が分からない。
徒歩で行ける範囲にコンナムルクッパプ通りがあることを昨日の散歩で飼い主から教えてもらってたので、今回はそっちに飛び込みで入ります。
韓国では同じメニューの食堂がずらーっと並ぶ通り(トッポキ通りとかカンジャンケジャン通りとかタッカルビ通りとか)をよく見かけます。
なんでこんなに同じお店をまとめるのかがいつも不思議。
そしてたいていのお店に「元祖」とついているのがもっと不思議。
といってもここのコンナムルクッパプ通りは「本当にここが通り?」っていうくらい地味というか、お店が数件ちらほら点在しているだけでした。
最初に通った時は気づかなかったくらい。

韓屋からコンナムルクッパプ通りまでは徒歩15分くらい。
曇りだけど寒くなくて気持ちのいい天気、でもツイッター情報によるとソウルは大雨らしい。

どのお店がいいか迷ったけど、それなりに人が入ってて、表に出てる看板にコンナムルクッパプ5000ウォンって書いてあるお店を選びました。
他のところだと6000ウォンって書いてあるところ、あと外からだと値段のわからないところも多かったです。
昔は3500ウォンとかだったのに、やっぱり来るたびに値上がりするイメージ。


IMG_1103.jpg
このお店。
見えづらいけど下にある看板に値段と日本語・英語も書いてありました。
コンナムルクッパプのお店ってたいてい24時間営業だけど、やっぱり朝ごはんのイメージが強いかな。

中に入ると広い店内には数組のお客、アジョッシばかり。
日本でもひとりで食堂に入れないタイプの私は一瞬だけ気後れしましたが、でも思ってたより平気。
知り合いに会うことは100%ないしね。

IMG_1100.jpg
ひとりなのに充実したパンチャンが出てきて感激!
さすが全州、キムチも他のパンチャンもおいしい~。
なぜか海苔が二袋付いてきました。


IMG_1102.jpg
見えづらい写真ですが・・・上はテレビです。
テレビが見やすい位置に座ったので、韓国ドラマ見ながら食事。
外国にいると、こういう日常的なことまで贅沢な環境に感じるんですよね。
下の右側には「追加のパンチャン(おかず)はセルフ」と書いてある。
私は十分足りたので追加しなかったけど、これはお店にも客にもいいシステムですよね。


IMG_1101.jpg
スープはにんにくがとってもきいてて美味!
さっと食べてさっと帰ろうと思ってたけど、アツアツなのでゆっくりしか食べることができず。
掘っても掘ってもコンナムル(豆もやし)が出てくるこの幸せ!
コンナムルクッパプやサムゲタンなどの汁物にはカクテギが付いてくるのが定番。
私はスープの味を楽しみたいのであんまりガッツリは入れず、カクテギはカクテギとして楽しみたい。
特にこのお店、スープの味が完成されているので食べ終わるのがもったいなく感じる。
適当に入ったお店だけどやっぱり全州はレベルが高い!
昨日のピビンパプより美味しいのは嬉しいような悲しいような。

今まで気づかなかったけど、メニューはちゃんと「무주(母酒モジュ)」もありました。
二日酔いにいいと言われるコンナムルクッパプ&迎え酒モジュ。
昨日飲んだからいいかなって思って注文しなかったけど、やっぱりここで飲めば良かったって今になって思います。
あとは시래기국ってメニューもあって、調べると干葉汁らしい。

このお店はなんと無料Wi-Fiが飛んでたので、韓屋で寝てる飼い主にLINEで連絡。
日本にいる時だと、1対1でLINEを使うメリットがいまだにピンと来なくてメール派ですが、外国にいる時は便利極まりないですね。

8:45、お店を出る。
行きは道に迷わないか心配だったけど帰りは大丈夫。
方向感覚はないので、曲がり角でしっかり意識して景色を覚えるのがポイント。


IMG_1105.jpg
道で見かけた壁のデザインが綺麗だったので激写。

部屋に戻り荷造り。
11時だか12時(忘れた)チェックアウトだからぎりぎりまでいたいけど、9:20チェックアウト。
チェックインの時のアジュンマがいらっしゃらなかったので、まだパジャマ姿のアジョッシにお礼を言って韓屋を出る。
全州には韓屋が多くて泊まるところを探すのは難しくありませんが、飼い主はここが気に入ったので次回もここに泊まりたいらしい。
私も、雰囲気もアジョッシアジュンマも値段も良かったのでまた泊まりたいけど他に冒険したい気もするし迷うところ。

外は曇りだけど寒くない。
ちょうどいいタイミングで来たタクシーに乗って高速バスターミナルへ。
DSC_0639.jpg
薬局あるけど、昨日ソウルで買った酔い止めを半分残してたのでここでは買いませんでした。
でも私は韓国酔い止めファンなので、ここでも買っておけばよかったかな。


DSC_0640.jpg
バスターミナル、ここから手軽にどこにでも行けるワクワク感が大好き。


DSC_0642.jpg
一番早く出るバスが優等だったので優等バスチケット買っちゃった。
優等バスは18900ウォン、一般バスが12800ウォン。
優等は席も広々しているし椅子も豪華だけど、移動時間が変わるわけではないので選べるなら一般の方がいいかな~。
この写真でもちらっと見える通り、シートが豪華でふかふかです。


DSC_0644.jpg
韓国全土で一日何百台のバスが走っているんだろう。

9:50、バス出発。
たった一日の地方旅だったけど楽しかった!
11時くらいにまた정안휴게소(チョンアン休憩所)に立ち寄り、12時半に無事ソウル到着!

お昼ご飯は飼い主の希望でお粥。
うろうろしてたらターミナル駅内にちょうどお粥屋さんがあったので入りました。
確か「현죽」って名前だった。


DSC_0645.jpg
見にくいけどメニュー。
お粥2杯分で全州に行くこともできるよね・・・と考えてしまう地方旅バス帰り脳。


DSC_0651.jpg
飼い主注文、かに粥。8000ウォン。
蟹のお粥は初めて食べたかも。
お腹を壊している飼い主が今一番望んでいた食事らしい。


DSC_0652.jpg
私はかぼちゃ粥。7000ウォン。
甘くて、食事というよりおやつ感覚です。
これって自宅でも作れるのかな?
飛び込みで入ったお店だけどおいしい!


DSC_0653.jpg
パンチャン。
好きなのに意外とお目にかかることのない水キムチ!


DSC_0648.jpg
「化学調味料を使用しない名品粥」と書かれてます。
(写真では粥の部分は見切れてますが)
飼い主はパンチャン食べて化学調味料の味がすると言ってました(^_^;)
まあ、粥には化学調味料使ってないって書いてあるんだから別に嘘じゃないですもんね。
一休さんを彷彿とさせますが。

お粥食べ終わり、13;25、地下鉄乗って一日目に泊まったホテルPJに戻ります。
続く。
2013-07-25 06:00 | カテゴリ:2013なつinかんこく
DSC_0627.jpg
部屋から見た夜の庭。
昼間美しいものは夜見ても美しい。

相変わらずバリ腹な飼い主。
ちょっとよくなったと思ってたら、ピビンパプでぶり返したらしくトイレから出たり入ったり。
ビローな話で恐縮ですが、泊まってる韓屋は部屋とトイレの間に距離がないから、お腹壊してると音が丸聞こえなんだよね。
これ付き合い初めのカップルとかだとかなりキツイと思う。
特に女の子の方がお腹壊したらもう恥ずかしくて泣いちゃいますよ。
私だってもしお腹壊したら恥ずかしいと思うけど、飼い主は私に音聞かれるのは別に平気らしい。
変なところで2人の歴史を感じつつ、私はのんびり読書したりテレビを見たりします。

20:30、飼い主のお腹も落ち着いたようなので夜の全州散歩に向かいます。
DSC_0628.jpg
この丸いの、全州でよく見かける。


DSC_0629.jpg
食堂の庭。
宿泊している韓屋にもある壷。
中身を観たい衝動にかられます。


DSC_0632.jpg
東屋もライトアップされている。
中は靴さえ脱げば誰でも自由に入ることができます。
私たちは入らなかったけど、中ではたくさんの人がのんびりくつろいでました。


DSC_0633.jpg
全州は何度も来てますが、川のあるところまで散歩に来たのは初めて。
川とか海の側が大好きな私、こんな場所があるならもっと早く来たかった~。


DSC_0634.jpg
コンナムルクッパプのお店サンベクチプ、7月中オープン予定。
移転ではなくチェーン店のような形だと思われる。多分。


DSC_0635.jpg
夏の夜っていいですねぇ。
そして韓国は地方旅のハードルが低いところがやっぱり良いです。


DSC_0637.jpg
この個人商店で、今の飼い主にとっての命綱であるポカリスエットを買う。
500mlで2000ウォンもしたよ(汗)

21時過ぎには韓屋に戻ります。
明日にはもうソウルに戻るなんて寂しいな。
続く。
2013-07-23 06:00 | カテゴリ:2013なつinかんこく
16時半過ぎ、まだまだ明るく暑い全州の街。
繁華街に向かいます。
目的は傘!
よく韓国で見かける虹色の傘が最近急に欲しくなったのです。
明日は雨の予報だしちょうどいいかな。
全州では、以前の韓国旅でも紐付きミトンを買った思い出あり。

しかし、傘っていざ探そうと思うとどこに売ってるのか分からない。
韓国では雨が降るとどこからともなく路上に傘売りが現れるからね。

とりあえず雑貨屋っぽいところ覗いてみる。
お目当ての傘はなかったけど、文房具が可愛くて当初の目的を忘れて夢中になってたら飼い主に怒られたぜ。

別のお店では傘発見したけど8千ウォンだったので保留にして何も買わずに出ようとしたらなぜか出口のゲートがピーピー鳴って店員さんがすっ飛んできたり、3千ウォンって書いてあるお店があったのでおおっと思って入ったら虹傘は1万ウォンだったり。
レインボー傘は一種類じゃないらしく、1万ウォンのものはさっき見たのよりがっしりしてて取っ手部分もストレートでした。
もうさっきの8千ウォンのお店でいいかなと思った矢先、ダイソーの店頭で5千ウォンで売られているの発見!


ムジゲウサン
こちらがレインボー傘!韓国語だと무지개 우산(ムジゲウサン)!
今回の旅、この傘とハングルハンコを手に入れられただけで大満足です。
傘は置き忘れやすいので、この瞬間から旅の終わりまでかなり神経使って持ち帰りました。
日本に帰ってきてからまだ2回くらいしか使ってないけど、安いわりに丈夫だし、自分の前に来る色を変えるのが楽しくて周りに人がいない時は傘をくるくる回したりしてます。

傘を買ってるうちに飼い主のお腹がまたヤバくなり、トイレも見つからず、17:40、ちょっと早いですが夕ご飯。
DSC_0601.jpg
全州ピビンパプの名店、盛味堂(ソンミダン)です。
全州は何度か来てますが、盛味堂(ソンミダン)は2005年以来2回目。
いつも家族会館の方に行ってました。

飼い主は食堂に入るなりトイレに直行、私は主人が戻ってきてから注文しますと店員さんに伝える。
DSC_0602.jpg
メニュー。
飼い主が来たので、ユッケピビンパプ13000ウォンと全州ピビンパプ11000ウォン注文。
やっぱり値上がりしてますね。


DSC_0605.jpg
パンチャン。
全州にしては少ないような・・・
家族会館ではここにふわふわのケランチムが付きますが、ここではこのパンチャンでフィニッシュでした。


DSC_0606.jpg
DSC_0607.jpg
ピビンパプ到着。
最初はテンション上がり、いつものように一心不乱にかき混ぜる。
ここのピビンパプは、最初からご飯にコチュジャンとごま油が混ぜられていて、軽くかき混ぜるだけでいいのが特徴。


DSC_0608.jpg
このようになってからが食べごろです。
しかし・・・
このブログは一番の目的は自分の覚え書きですが(だから役に立たないような細かい出来事も書いて冗長になる)
それでも旅行記や韓国情報を探していてここにたどり着いてくださる方もいると思うので、ネガティブなことや営業妨害になりかねないことは基本的に回避してるので書こうか迷ったけど・・・
この旅で一番いまいちだったのがこのピビンパプでした。。。
ご飯と混ぜられているコチュジャンが多すぎて辛くて素材の味がわかりづらいのが原因かな。
韓国全都で名を轟かせている全州ピビンパプ、しかも有名店、コリアンフードコラムニストの八田靖史さんも絶賛してたお店なのにそんなはずはないと言い聞かせながらもやっぱり微妙。まずくはないけどね。
前回は美味しく食べた記憶があるので、きっとたまたまなんかタイミングが悪かったんだと思う。
ユッケの部分は美味しかったし。
同じく微妙な顔をしている飼い主には「ぷっくが盛味堂に行きたいって行ったから来たのに」と八つ当たりされる始末。
飼い主はもうこのお店は付き合ってくれなそうなので、いつか一人旅してもう一度味を確かめに来るぞ!
ちなみに2005年に来た時の記事はこちら
パンチャンの種類やお皿が違う。

18:25、お店を出ます。
ピビンパプはもちろん完食しましたよ。

全州の街をぶらぶら散歩。
来るたびに道が洗練されていく気がする。

いつも全州に来る度に泊まっていたスマンモテルが無事かどうか見に行くことにしました。
いくら来ても道が覚えられず飼い主に付いていく。
私は基本的に方向音痴ですが、傾向と対策は知っているのだ。
道を3Dで捉えることが出来ないんであって、地図を見ながらとか地図をしっかり頭に入れれば覚えることは可能。
で、ここらへんの詳細な地図を持ってないだけ。

スマンモテルのある場所に到着しましたが、
DSC_0611.jpg
スマンモテルの名前が별빛마루(星の光の棟)に変わってる!


DSC_0612.jpg
字体もポップだし、しかもモテルではなくゲストハウスって書いてるし・・・
リニューアルオープンであればいいけど、いつもいらっしゃった素敵なアジョッシがいなくなってたらと思うと心配になる。
で、泊まる予定がないのに申し訳ないのですが、中に入って聞いてみることに。(というか飼い主に聞くように命じられた)
オーナーのアジョッシがモテル業をやめたので、買い取ってリニューアルオープンしたらしい。
アジョッシは別の場所で別の仕事をしているとのことで一安心。
内装もリニューアルしているか気になるので次回の全州旅行では泊まってみようかな。
でも韓屋のよさも知ってしまったし迷うな~。


DSC_0613.jpg
外観。
ちなみにこの記事にスマンモテル時代の写真が載ってます。
看板と入口だけは新しくなっているけど外壁はそのままかな。
ブログもこんだけ長くやってると歴史が残って面白い。

全州散歩は続く。
DSC_0614.jpg
家庭菜園?


DSC_0615.jpg
今年はやってないけど、以前にエゴマの種を韓国ダイソーで買って育てたことがあります。
水をあげてるだけなのにもんのすごくたっっっくさん生えてきて幸せだったな~。


DSC_0616.jpg
この道もよく歩くところ。
空気がとっても気持ちよくてお気に入り。


IMG_5897.jpg
東屋ってなごむよね。


IMG_5896.jpg
韓国でショートパンツが流行ってるようで、綺麗な脚を出した女性をたくさん見かけた今回の旅。
私も欲しいけどこの脚出して歩いても平気かしら。


DSC_0617.jpg
ハルモニがおしゃべりしている前を通る。この光景好き。


DSC_0618.jpg
岩の上で猫ちゃんが休憩中。
通りかがりの人がみんな夢中になって呼ぶけど、マイペースな猫ちゃんは動きません。
動物を可愛がる気持ちって万国共通なんだなって思うと嬉しくなります。


DSC_0621.jpg
謎のナンバーを付けたバイク発見。


DSC_0623.jpg
これ、全州に来たら飲んでみたいと思っていた무주(モジュ、母酒)
テレビハングル講座で存在を知ったお酒。それまで知らなかったからスルーしてたんだよね。
マッコリにシナモンや韓薬の材料を入れたもので、お酒と言ってもアルコール度数1%程度。
迎え酒としても知られていて、コンナムルクッパプのお店でも飲めるらしい。
そういえばさっきのピビンパプ店のメニューにもあった。

この路面店でモジュを買おうとしたら、なぜかマッコリとモジュの試飲をさせてくれました。
モジュ、思ってた以上に好みの味!
ほんのり甘くて、アルコールを感じさせません。
写真の一番右、カップで2000ウォンのモジュを買って飲みながら歩く。
暑い中の散歩、氷の入ったモジュがとっても染み渡る。
本当にジュース感覚です。
これが本当に美味しくて、一瓶買って帰って来なかったことを後悔してます。


DSC_0624.jpg
こういう休憩処が至るところにあって、しかも建物が伝統的なのも素敵。


DSC_0625.jpg
19:18、韓屋に戻ってきました。
この時期、日本よりも日が長いので得な気分になります。
続く。
2013-07-21 06:00 | カテゴリ:2013なつinかんこく
DSC_0581.jpg
全州は観光名所だけあって、外国人(って私たちもだけど)の姿をたくさん見かけました。
あとは韓国人の観光客もたくさんいた気がする。
言葉だけでは観光客かジモティかわからないけど、雰囲気からなんとなく観光客っぽかった。

いつもはスマンモテルを定宿にしてますが、せっかくの全州、たまには贅沢して韓屋(ハノク)に泊まることにします。
韓屋は2009年春にソウル北村で泊まったことはあるけど、向こうは高級で敷居が高い感じ、こっちは素朴というか地に根付いている感じ。


観光案内所のハラボジにで韓屋の場所と相場を聞く。
大体6~7千ウォンくらいとのこと。
具体的な場所聞こうとすると、韓国語でどの国から来られましたか?と聞かれるので日本人というと超ペラペラの日本語で場所説明してくれました。
「ず」の発音も完璧。

飼い主は「この暑さでエアコンがないなら韓屋は無理!」と言ってますがとりあえず探してみましょう。
観光案内所で韓屋の名刺もらったけど、ここ全州には韓屋がたくさんあるのでゆっくり探したい・・・けどやっぱり暑すぎて早く休みたい気もしてきた。
最初に入っていった韓屋は宿の主人が外出中で、ここに電話してくださいみたいな看板があったけど諦めて別を探す。


DSC_0598.jpg
韓屋村。


DSC_0582.jpg
風情のある家と奥に見えるビルのコラボがいい感じ。


DSC_0588.jpg
そして14:20、この韓屋が素敵だったので入ってみる。


IMG_5886.jpg
上には「韓屋宿泊体験館」と書いてます。


DSC_0589.jpg
とても美しく手入れされた庭。
鉢で作られた人形が可愛すぎる!

中に入って値段を聞くと、最初は一番大きな部屋に通してもらって、10万ウォンだけど9万ウォンでいいよ、朝食付きでなければ8万ウォンでいいよ、とのこと。
2人なので一番小さい部屋をお願いすると6万ウォンの部屋を5万ウォンにしてくれると。
平日なので宿泊者も少ないみたい。
エアコンもテレビもあるし、部屋の中には驚くことにWi-FiID&パスワードが書かれたパネルが貼られてて便利そうだし、アジュンマがとっても素敵だったのでここに決定!
この部屋は朝食は付かないそうですが、全州にいれば朝ごはんはコンナムルクッパプのお店があるので大丈夫。


DSC_0590.jpg
庭から眺める部屋。


DSC_0586.jpg
部屋から眺める庭。
部屋は入口からみて真正面なので、道行く人が見えるのもなんか楽しい。



DSC_0583.jpg
お部屋はこんな感じ。
インテリアがそそるわ~。


DSC_0591.jpg
韓国でよく見かける造形の人形。
お部屋にオブジェがあるといいですね。


IMG_5889.jpg
隅々まで手の行き届いた全州らしいインテリア。
全州でWi-Fi付きの韓屋に泊まれるとは思ってなかったよ。


IMG_5882.jpg
この部屋で一晩過ごせるなんて夢のようだ。
できることなら何泊もしたいよ。
入口はこんな風に二重になっているので、昼間はエアコン効かせながら外の景色を堪能できるし、夜は扉を閉めて安心。


DSC_0587.jpg
湯船はないけどシャンプーリンスが付いてるのが助かる。


DSC_0594.jpg
やっぱりコチュジャンとか入ってるのかな。


DSC_0595.jpg
オーナーのアジョッシがずっと手入れをしてました。
改めて写真で見ても美しい庭だ。
部屋は全部で5つあるそうです。


DSC_0597.jpg
庭や外の景色は飼い主が撮影に行き、私は荷物整理やさっきポジャンしてもらったコングクススープを冷蔵庫に入れる。
ビニールに入ってるのどうやって飲もうか困ってたけど、この庭にコーヒーが飲める機械があったので紙コップひとついただきました。


DSC_0596.jpg
この日の宿泊客は今のところ私たち一組だけ。
外は炎天下だし部屋が快適すぎるので、2時間以上部屋でまったり過ごす。
飼い主は昼寝、私は何してたかな、スマホ使ったり読書したり。
普段は仕事している時間っていうのがまた贅沢感を増幅させます。
貴重な夏休み。

部屋でのんびりしてたら、韓国人アジュンマ4人組が来て広い部屋を見て値段聞いていったんいなくなって、その後にまた戻ってきて朝食なくていいから少し安くしてもらえませんかって来てた。
飼い主はその度に昼寝から起こされて眉間に皺寄せてました。

16:40、そろそろ全州観光しに出かけます。
続く。
2013-07-19 07:26 | カテゴリ:2013なつinかんこく
7/1(月)

この旅唯一の地方旅デー。
といっても事前計画は何もなく、昨日の夜にガイドブック見ながらどこに行こうか考えてました。
一応昨日寝る段階では全州に行くと決めたけど、飼い主のバリ腹次第では変更の可能性もあるので気が抜けません。
7時起床予定が、まだ眠い飼い主に合わせ結局8時起床。
旅行前に見た天気予報だと今日から雨だったけど、改めて見直すとどうやら今日は大丈夫そう。

8:30、ホテルの無料朝食を食べに行きます。
IMG_5872.jpg
ジュースやトースト、コーヒーなどの簡単な食事がセルフで食べられます。
ここにはお粥があると聞いて楽しみにしてたのですが・・・なんと月曜はお粥お休みと書いてあるΣ(゚д゚;)
事前に知ってたならともかく、ここまで来て初めて知ったのでショック・・・
特にお腹を壊している飼い主にとってお粥は救世主だったのに~。
私も、お粥屋さんではカボチャとかアズキとか甘いものを注文するタイプで、ここで食べられたであろう食事系お粥はあんまり好きじゃなかったのですが、食べられないと知ると食べたくなるものです。
このホテルに泊まるのは今日が最後なので、まぁ次回の旅行に期待しておきましょう。


IMG_5873.jpg
食事は洋食風(?)ですが部屋の中には韓国チックな絵画。


IMG_5874.jpg
こちらも博物館みたいなディスプレイが可愛い。

お粥ないなら仕方ないので、お茶だけ飲んで部屋を出ます。
すれ違った日本人家族、小学生くらいの女の子が「お粥楽しみー」と嬉しそうな声を上げながら食事処に向かって行く。
この後のガッカリ感を味わうことになると思うと胸が痛い。
教えてあげようかと思ったけど既に廊下を曲がって走って行ってしまったので私達はそのまま部屋に戻る。

キャリーケースは昨日泊まったホテルPJに預けてあるので荷造りは楽。
9時チェックアウト。
カウンターのお兄さんにチェックアウトお願いすると、韓国語でご不便なことはありませんでしたか?と聞かれる。
最初は아뇨,아주 편했어요(いいえとっても楽でした)と言ったけどふと思い直して、근데 월요일난은 죽이 없어서 안타까웠어요(でも月曜日はお粥がなくて残念でした)と付け加えました。
안타깝다が残念でしたってニュアンスで使う言葉のチョイスとしてぴったりなのかはちょっとよくわからないけど・・・


DSC_0560.jpg
鍾路ビズ、高級感はないけど立地もいいし過ごしやすいホテルです。

ホテルから徒歩2分程度のところにある鍾路3街駅の地下鉄5番出口に入ります。
この駅は1・3・5号線が乗り合ってて広い。
途中まで歩いて飼い主、「3号線乗るならこの中歩かないで地上で別の入口から入った方が近かったと思う」との発言。
私は地上の道がよく分からないし、中に入ればたくさん歩くとはいえ道案内がすごくわかりやすいし、何より地上は暑いから地下が快適だけど・・・確かに距離的には地上の方が近かったかも。

T-moneyをチャージ。
私の持ってるT-moneyは2005年の留学時代から使っていたもので結構古い。
普通に使う分には問題ないけど、コンビニや機械によってはチャージができないこともある。
新しいのに買い換えればいいんだけど、デポジットじゃないしまだ使えるのに2500ウォン出して買い換えるのはもったいない。
この駅では機械でチャージできて一安心。

9:15、地下鉄に乗ります。
わりと混んでるけど数駅過ぎたら私も飼い主も座れました。
席は2つくらい離れたけど別に構わない。
・・・って降りる駅の打ち合わせを全然してない!
これから地方に行くんだから多分高速バスターミナル駅だよね!?

地下鉄の中はWi-Fi入らないけど地下鉄駅を表示できるアプリを入れてたのであと何駅かチェック。
ドアの上にある路線図は遠くて見えないので、アプリには救われました。
指で降りる駅教えたりアイコンタクトしたりする。
江南地域はアウェイなので、地下鉄とは言え通るだけでちょっとドキドキします。
9:40、無事到着!

駅からバス乗り場までは少々歩きます。
ホナム線とかセントラルシティとかの方に向かえばいいって知ってたから迷わずバス乗り場までたどり着けたけど、そうでないとちょっと戸惑うかも。

全州までは12800ウォン。
ここでは日本のクレジットカードが機械上エラーになったらしくて使用できず現金払。
小さな食堂でも問題なく使えるのにちょっと意外でした。
切符を買う時、似た地名がたくさんあるのでいつも伝わるかどうかドキドキします。
出発時間は10:10。
30分弱ありますが、朝食食べたり酔い止め買ったりするにはちょうどいい感じ。


DSC_0561.jpg
韓国で初めて見かけたモスバーガー!
ソウルには現在4箇所にモスバーガーがあり、そのうちの3箇所が江南地域だそうです。
ちなみに江北地域の残り1箇所は新村。
韓国でもちょっと高級なバーガーって位置付けなのかな?

DSC_0564.jpg
値段は日本より高い。
味はどうなのか知りたい気持ちもあるけど、この値段でバーガー食べるのは高級な部類に入るので見てるだけ。


DSC_0565.jpg
m25発見!
東京に遊びに行くと、これ系をゲットするのが楽しみだったりする田舎者です。


DSC_0562.jpg
隣側に目を移すと薬局。
長距離バス旅行前は必ず酔い止めを購入します。
飲まなくてもいい体質の飼い主が羨ましい。
でも薬局ごとに置いてある酔い止めの種類が違うので、どんなものに出会えるかが楽しみのひとつだったりもする。
日本のドラックストアだと色々並んでいる中から自分で

いつものように멀미약 주세요(酔い止めください)って言うと、なんか言われた。
いつもなら黙って出してくれるので自分に質問されてると思わずボーッとしているともう一度言われる、누가 드실레요?(どなたがお飲みになりますか?)
言葉は理解できたけど、いつも買う時にそんなこと聞かれたことがないのでびっくりして、とっさに元気よく手を挙げてしまった。
まあ意思は通じたからいいけど、普通に저요(私です)でいいのにね。
じゃあ成人ですね、と言われて錠剤4つと大きめの瓶のセットを出してくる。初めて見る酔い止めだ。
小さい瓶タイプが一番好きなのでそれは置いてないか聞くけど、こっちの方が聞きますと言われ飲み方の説明開始。
たまには違うのでもいいかってことでこっち購入。
3000ウォン。
少し時間を空けたうえで半分ずつ飲むように言われるけど、1回で飲むのはもったいないと思ったので、この時は半分だけ飲んで残りは翌日ソウルに戻る前用に残しておきました。

私の隣に並んでいた男性はうおのめの治療薬を買いに来てた。
薬局では風邪薬と酔い止めしか買ったことないけど、会話の練習にもなるし韓国の薬はよく効くし、次回は別の薬にも挑戦してみようかな。
それよりも韓医院に行ってオーダーメードの韓方薬処方もしてみたいな。

酔い止めを買ったからには何か食べてから飲まなくてはいけません。
韓国内での長距離旅といえばキムパプ。
ということでキムパプ屋を探すけど、なんかどこも超高い。
お腹もすいてないし、食の都・全州で美味しいもの食べたいから今は腹の足し程度でいいんだけど、
それに1本3000ウォンのキムパプはちょっと出せぬ。

ということで困った時のコンビニ♪
DSC_0567.jpg
mini stop発見。
キムパプ買って、店のレンジであっためて。
半年前の旅行でもコンビニキムパプ買ったけど、あの時はあっためるの忘れて真冬に冷えたキムパプ食べたんだった。


DSC_0568.jpg
ツナキムチキムパプ。
これで1000ウォンです。非常に助かる値段設定。


DSC_0569.jpg
あんましツナ感は感じなかったけど美味しかった。
1本全部だと多く感じるけど、お腹壊している飼い主が一口も食べようとしないので頑張って完食。
飼い主は食欲はあるけど食べるとすぐに出ちゃうらしいので、これから3時間もバスに乗ることを見据え朝食抜き。
バリ島の水、恐ろしい。


DSC_0566.jpg
空港とか駅とかバスターミナルとか、たくさんの人がいろんなところに向かおうとしている場所が好き。
みんなどういう目的で動いているのかなとか考えながら人の流れを見ているとワクワクする。
日本にいると気軽に思いつきで地方旅行できないから、韓国バスの発達網には感謝感謝です。
まあ日本でもやろうと思えばできるけど、交通費も宿泊場所も高いしね。
でも青春18きっぷと漫喫泊まりのコラボでなんとかなるかしら。


DSC_0570.jpg
一般バスと優等バスがあり、行きは一般バスでした。
一般の方が安い。
どっちに乗るか選べるけど、時間によって一般の運行か優等か決まってるから何も言わないと一番早く出発する切符をうってくれます。
この時期、全州までは無料シャトルバスが運行されてるらしいけどタイミングが合わなかった。
交通費がちょっと痛いけど仕方ないか。


DSC_0572.jpg
こちら切符。
座席番号が指定されてます。
番号通りに乗らない人もたまにいますが、ここでは韓国人同士で「この席は私のなんですけど・・・」みたいなやり取りがされてました。


DSC_0573.jpg
こちら酔い止めセット。
半分飲んで、もうこれで安心!
瓶の中身は高麗人参の味や匂いが強烈にしました。
私は好きな匂いだけど、飼い主は苦手らしく顔をしかめてました。

10:10、バス出発!
天気にも恵まれて気持ちいい。
バスの中ではKBSチャンネル放送中。
音量はほぼゼロなので画面見てるしかない。
この時は豆乳特集みたいな感じで、豆乳の効果とか豆乳にバナナ入れるとこういう効能がありますなどの内容でした。多分。
두유(豆乳)に一緒に入れて飲むといいものとして바나나(バナナ)とか깨(ゴマ)はわかったけど、마って出てきたのがわからなかった。
今調べたら長芋のことをマって言うらしいけど、豆乳に長芋入れて飲めるのかな。

せっかく酔い止め飲んだから景色やテレビ番組を堪能したいのになんとなく眠いなって思ってるうちに飼い主にラリホーかけられてつい寝ちゃった。私はドラクエの敵か!

11:30過ぎ、バスは정안休憩所に入ります。
出発時間は運転手さんが韓国語で叫ぶのみ。
旅行していると結構数字って大事だなって感じる場面が多いので、固有数詞・漢数詞問わず強くなっておくと便利です。
休憩所で飼い主に起こされたけど、トイレ行きたくないし荷物番として私は車内に残る。

テレビは바른 말,고운 말(パルンマル コウンマル/正しい言葉、美しい言葉)という番組をやっています。
韓国語ジャーナルでも記事がありました、正しいスペルや使い方などを学ぶ番組。
日本語ネイティブが文法的に間違った使い方や漢字を使っても通じちゃうように(「全然大丈夫」とか、「意思」と「意志」の使い分けとかね)韓国語も結構そういうことがあるようです。
この番組、難しいようですが、韓国語を外国語として学んでる立場にとっては勉強になるし、「これ普通に知ってる!」と嬉しくなることも多くて結構好き。

この日は腕を組むという意味の발짱을 끼다と발장을 끼다 はどちらが正しいか?とか
(これは知ってた、발짱!)
으름장と으름짱とか
(この言葉自体知らなかった、脅し・威嚇・脅迫だそうです。으름장が正しい)
韓国のテレビ番組面白い~。

12;55、全州着!
すぐにタクシーに乗ってお目当ての食堂に向かいます。
カルグクスのベテランってお店って言えば運転手さんは絶対わかるから、という飼い主。
食堂の名前でわかるのかなと心配したけど一発で大丈夫でした。
ちなみにベテランっていうのはお店の名前ね。

13:08、ベテラン到着!
タクシー代は5000ウォン。

ベテランは地球の歩き方に載ってた全州特集でわりとひっそり載ってたお店。
2010年春の旅以来、2回目です。
全州に来たのはここのコングクスを食べるためと言ってもいいくらい。
コングクスは夏の食べ物なので、前回は食べられませんでした。


DSC_0575.jpg
建物がリニューアルされてる!
以前は小さな街食堂って感じでした。
多分建て直しじゃなくて外壁と看板のみ新しくしたのかな。
ちなみに初訪問の記事はこちら
写真も載ってるよ。
今自分のブログ読み返して、「今度は夏に来て、コングクスも食べたいです。」と書いてあるのに気づく。
願いが叶うのって嬉しいねぇ。


中に入ると椅子席が満席だったけど、「こっちの方にどうぞ」と言われ厨房側を通ると広い座敷席が現れる。
それでもほぼ満席!


DSC_0576.jpg
韓国人のお客さんが「メニュー表ください」って店員さんに声かけたら壁を指さされてました。
メニューはこちらの6種類。
カルグクスとパッピンスは夏限定です。
カルグクス、前回の4000ウォンから値上がりして5000ウォンになってる。
コングクスは6000ウォン。
1つずつ注文します。
前払いですがカードも使えました。
ククスのお店に前払い式が多いのって、やっぱり回転が早いからかな?

ちなみに写真の下に書いてある文字は、
「コングクスに砂糖を希望しない方は注文時あらかじめ申し出てください-豆スープお持ち帰りできます-」
ここ全州のコングクスは、蕎麦の麺を使うことと砂糖が入ることが特徴。
飼い主が砂糖を希望しなかったので、砂糖抜きで注文。
韓国語読めるとこういう時に便利でしょ~と飼い主に自慢するもスルーくらう。


DSC_0577.jpg
懐かしいビジュアル!
麺が柔らかくて、スープもふわふわのほっこりなごむお味。
ここでしか味わえないカルグクスです。
唐辛子粉がたくさん見えるわりにはそんなに辛くなく、飼い主もお腹に優しいメニューに大喜び。

ちなみに茶色い粉はエゴマの粉末。
エゴマの葉っぱは大好きなのに、これがエゴマだってまったく気づかなかった私。
帰国後に飼い主が夕食にうどんを作ってくれて、そこにエゴマの粉を入れて出してくれてそこでやっと気づきました。遅すぎる。
エゴマ粉が入るだけで懐かしのこの味に近くなります!
韓国のスーパーで売ってますので、興味のある方はぜひどうぞ。


DSC_0578.jpg
こちらはカルグクス以上に楽しみにしていたコングクス。
運ばれてきた瞬間に歓声を上げそうになりました。
パッピンスのようにたっぷり乗った氷、きなこ、そして氷があっても全然薄くならないであろう濃厚なスープ。
旅行前からコングクス食べるのを楽しみにしてましたが、こんな名店で出会えると思ってなかった~。


IMG_5878.jpg
どうですかこの濃厚さ!
蕎麦のような麺にもよく絡んで美味しい。
確かに砂糖が入ってもおやつみたいで合うと思う。
そしてこのスープが大好きなのにいつもお腹いっぱいで飲みきれないので、残ったスープをお持ち帰りできるこの韓国らしいシステムが嬉しい。
もちろん食事後はお持ち帰りお願いしました。
どういう感じで出てくるのかと思ったら、スーパーで会計後に商品を袋に入れる棚にあるくるくる丸まってる袋のようなものに入って口を縛って出てきました。


DSC_0580.jpg
13:45、お店を出ます。
この時間でもまだたくさんの人がいる。
週末だと列もできるとか。
それも納得の美味しさです。全州はレベルが高い!

外に出るとめちゃくちゃ暑い!
まずは今夜の宿を探さないと。
続く。
2013-07-14 06:00 | カテゴリ:2013なつinかんこく
14:15、今夜の宿は2年前に初めて泊まったチョンノビズです。
昨日ネットで急遽予約したわりには2人で5千円弱となかなかお得な値段。


IMG_5864.jpg
狭いけれど快適な部屋です。
このチョンノビズもWi-Fiが使えるので超便利!!
韓国、半年前に来た時よりも確実にWi-Fi環境がよくなっている気がする。


IMG_5865.jpg
韓国のテレビ番組LOVE。
一晩中でも見ていたいくらいです。
飼い主が「別のチャンネルのまま消しても、テレビ付けるたびにアニメチャンネルになってるけどデフォなの?」と不思議がってましたが私がアニメチャンネルを主に見てるからです・・・
アニヲタではないのですが、とにかくクレヨンしんちゃん一択。
だって言葉わかりやすいし1話完結だから見やすいんだもの。
でもクレヨンしんちゃんがやってない時間はドラマチャンネルを見てました。
新潟のアパートはケーブル入れてないので、いろんなドラマに触れる機会がない。
もっとも、韓国にいてつまみ食いならぬつまみ見するドラマって、試食と同じでちょっとだけ見てるからおいしく見えるだけで、実際に見られる環境になったとしてもチョイスするかわからないよね。
というのはケーブル入れられない貧乏家庭の言い訳です。

この日はMBCのドラマ専門チャンネルで구가의 서というドラマをやってましたがこれどういう意味?旧家の書?多分違うよね??
・・・ホームページ調べたら九家の書という意味でした。意味でしたって、ますますわかんないけど。
日本でも人気のイ・スンギssiが主演だからそのうち日本でも放送するかな。


IMG_5866.jpg
バスタブもあるよ。

飼い主は体調も良くないのでホテルで休む。
出かけてきていいと言われますが、暑いからホテルでダラダラでいいや。

テレビ見たいけど飼い主が昼寝しているので付けるわけにいかず、昨日買った本読んだりしているうちに17:30。
韓国はまだまだ日が高いけど、やっぱり私は一人で出かけます。
目的地は昨日に続き教保文庫。
やっぱりハングルハンコが諦めきれないので、もう一度探しに行くことにしました。
リュックで行ったら狭い通路で邪魔になってしまった昨日の教訓を生かし、今日は手提げバックで行きます。
手提げバックは飼い主がバリ島で使う為に持参していたもの。

チョンノビズから教保文庫までの道なら地図がなくても楽勝楽勝。
徒歩15~20分くらいですが、地下鉄乗っても所要時間は多分変わらないので歩きます。
半年前、母と一緒に歩いた時に必死に地図見ながら覚えた道だからね。
やっぱ経験は力だわ。


IMG_1091.jpg
ついさっき、飼い主チングにMV見せてもらったイ・スンチョルssiだ。

2日連続教保文庫に到着!
今日も賑わっています。
さっそくハンココーナーに向かいますが、結構人気あるみたいでなかなか近寄れず。
他の場所をうろうろします。
文具コーナーって見てるだけで楽しいよね。
スマホのイヤホンジャックアクセサリコーナーには韓服を来た可愛い女の子シリーズがあって、ちょっと迷ったけど購入しませんでした。
これからますます円安になりそうだし、買っておけばよかった・・・

やっと人がいなくなったのでハンココーナーに行くことができます。
昨日の今日で品揃えなんか変わってるわけなく、やっぱりお目当てのハングルスタンプがない・・・とがっかりしながら棚の下に目を移すと。

ハングルスタンプキタ---(゚∀゚)---

想像していたのよりずっと小さかったので目に付きませんでした。
やったーやったーやったー
小躍りしそうになる気持ちを必死に抑える。

himeさんブログに書かれていた通り、フォントも2つあります。
どっちも好みで、今度はどちらにしようかの悩み。
すっごく悩んで、でもさすが2つは買えなくて、結局ちょっと字が太めだったのでhimeさんのとは違うタイプの方にしました。
どうせなら可愛い色のインク、できればラメ入りのインクとか欲しいけどこちらは日本でも当然売ってるし、ここに売ってるのは一番小さいのでも4400ウォンでちょっと高かったのでハンコだけにしました。

そうだ、こことは別に、オリジナルハンコが作れる小さいブースがあったけど今回は断念しました。
職人さんがいて、見本を参考に注文すると15分くらいで彫ってくれるらしい。
いつか自分専用のハンコが欲しいけど、日本語の名前ってハングルにするとなんか見た目が抜けてる感じがして、でもアンニョンとかサランヘとかいう普通のメッセージならあえてオリジナルで作らなくてもいいし。

ハンコ持ってレジに並びながら、嬉しすぎてハンコをガン見。
顔は冷静を装ってますが心の中は大騒ぎです。

「カナダラマバサ(※日本語のあかさなたに当たる、ハングルの並び)・・・おお丁寧に濃音用のハンコもあるんだ、アジャチャカタパハ・・・アヤオ・・・オがない!オの次がいきなり唇を横に引く方のウまで飛んでる!」と一瞬焦るけどすぐにわかった、考えたらハンコだからㅏを180度ひっくり返せばㅓに、90度回転させればㅗやㅜとして使えるってことなんですね。ㅡもㅣになると。
他の言語だとなかなかこうはいかないですよね。
ハングルをパソコンで打つ時も主に右手が母音、左手が子音でとっても打ちやすいんだけどハンコになる時もこういうメリットがあるなんて!
ハングルを創った世宗大王ってやっぱりすげー!
教保文庫から世宗大王の像までは歩いてすぐなのでお礼を言いに行けばよかった。
この時は浮かれすぎて、お礼どころか飼い主に頼まれてたポカリスエットまで買って帰るのを忘れた。


IMG_1094.jpg
こちらが戦利品
自分ではこんな可愛い字は書けないから嬉しい。
後で訪れた明洞の永豊文庫にも同じものが売ってたので、それなりにどこでも見つけられるかも。

ところで、このカナダラの順番ですが、韓国語を長く学習している人でもうろ覚えだったりまたはまったく覚えてない場合も多いという記事を最近読んで驚愕しました。
そりゃ考えてみれば電子辞書全盛の時代だし、カナダラなんて紙の辞書引くときにしか役に立たないかもしれないけど・・・韓国語やハングルを愛する者としては、せっかく韓国語と巡りあったのに基本ともいえるカナダラを知らないなんてなんだか悲しい。
ラジオ講座でも、講師によってはカナダラにほとんど触れてない場合がありますよね。
発音器官から作られているハングルの子音、この並び順も結構芸術的なんだけどな。

旅行中にすぐにでも使ってみたかったのですが当然インクがないので無理。
自宅に帰ってきてから家の中を探すと水色のインクが見つかったので、現在手帳にペタペタ押して遊んでおります。
誤算だったのが、可愛い字体があれば可愛くなるんじゃなくて押すバランスが大事だったこと。
私が押すとセンスがないのかなんなのか不格好になります(´;ω;`)
でも練習してたら少しずつうまくなってきたので頑張る!
そして使ってるうちにㄱとㄴもどっちがどっちかわからなくなってきたのでしまうときに混乱。
どっち使ってもいいっちゃいいんだけどさ。
写真撮っておいてよかった・・・
ハンコの上の方に点とかつけてわかるようにしておくと便利かもしれない。

18:20、ホテルに戻って飼い主にハンコ自慢するけど興味のない人にはピンと来ないブツらしく大した反応も返ってこない。いいんだ自己満足だから。


18:55、今度は飼い主と一緒に外へ出ます。
DSC_0542.jpg
果物露天。
鮮やかだなぁ。

両替のために明洞まで行くので、ご飯はどこで食べようか。
飼い主がお腹に爆弾抱えてるような状態(食欲はあるけど食べるとお腹壊す)だからなぁ。

とりあえず、あんまりお腹には優しくなさそうだけど私がずっと行きたい行きたい騒いでいた冷麺のお店にします。
2011年の韓国旅で一番感動した「サムデプルコギネンミョン」
ホテルから徒歩2~3分。
暑い日だったこともあって、斜め向かいのユクサムネンミョンと共にお客さんたくさん入ってる。
ほぼ満席の店内、窓際の席に座ります。

注文する時、「ムルハナ、ピビンハナジュセヨ」と冷麺の部分を省略して注文するのが慣れてるっぽく見せかけられて好き。(ハナはひとつという意味)
ちなみにカルグクスもカルハナと注文している人がいます。
調子乗ってユッケピビンパプのお店でユッケハナとやると普通のユッケが出てきかねないので注意。


DSC_0546.jpg
DSC_0545.jpg
水冷麺とピビン冷麺、どっちも捨てがたいのでもちろん両方注文。
もっとも飼い主はお腹の為に主に水冷麺を食べています。
冷麺なら晩御飯ハシゴできるかな~って思ってたけど、実際食べると意外と結構なボリュームがあるのでお腹いっぱいになります。
ちなみに、前回は水冷麺5000ウォン、ピビン冷麺5500ウォンでしたが、今回はどちらも5500ウォンにでした。


DSC_0543.jpg
これが冷麺と一緒に付いてくるプルコギ。
ちょっと甘めの味付けがおいしい。
この値段で肉セットは、たとえ水冷麺が値上がりしててもそれでもお得です。

冷麺のお味、もちろん美味しかったけど・・・でも前回食べたほどの感動は感じなかったのが残念。
味が変わったのか私の味覚が慣れちゃったのかはわからない。
いやでもやっぱりこのお店は好き。
2012年の母との韓国旅ではユクサムネンミョンの方に行ったけれど、私はこっちのサムデプルコギが好みかな?
でもユクサムネンミョンは冬に食べただけだから一概に比べられないかな。

冷麺でお腹いっぱいになり19:30、改めて明洞に向かう。
ホテルから徒歩で移動できる距離です。

DSC_0548.jpg
こちらはこの旅でしょっちゅう見かけたコンビニ。
今まで目にすることのなかった看板なのでどうして急に増えたのかなって思ってたら、これ元ファミリーマートだそうです。契約の関係などでCUにブランド名変更。
なぜか飼い主がその情報を先に持ってたのが悔しいっ。


DSC_0552.jpg
これはまた別の店舗ね。


DSC_0551.jpg
市民の憩いの場、清渓川。
今回は下に降りなかったけど、上から見てるだけでも和みます。

明洞到着!

DSC_0553.jpg
こちらは明洞の一角に現れた休憩場所。
ハングルの子音や母音をかたちどって作られています。
今日はハングルづいている日だな。

DSC_0554.jpg
「ハングルハングル 美しく 詩になったハングル 消息(ニュース?)になったハングル 知識になったハングル そして休んでいけるハングルがこの場所にあります」と書かれてる。(その下は写真で見えにくいので省略)

19:55、セブンイレブンで両替。
店員さんが日本語で「私は岡山の小学校を卒業しました」と言ってくれました。
これからますます円安進みそうなので1万円両替し大事に使います。

DSC_0555.jpg
明洞なのに、日曜の夜だからなのか、人が少なく感じる。
そして見た目にもはっきりわかるくらい減ってる日本人旅行者。
この日たまたまなのかもしれないけど、でもニュースを見ると円安や昨今のさまざまな情勢によって日本人旅行者は確かに減ってるみたい。
今回の旅行でも、円安と韓国の物価上昇で、日本と比較してのお得感を前ほど感じない場面が多々ありました。
でもやっぱり韓国や韓国語からは離れられないので、色々勉強しつつまた近いうちに韓国行きたいです。

街中をウキウキと歩く私に、飼い主がニヤニヤしながら「ぷっく、俺すごいことに気がついちゃった」と言いながら私の写真を前から後ろから撮る。
私がそんなに可愛いか・・・と思いながらなんか違和感を感じてよく見ると、Tシャツを後ろ前に来てた・・・
本屋から帰ってから一度着替えたとはいえ、この格好で冷麺食べて明洞まで歩いてきたなんて。
近くにH&Mがあったので試着室借りようかと思ったけど混んでるし申し訳ないので、トイレに行ってささっと直す。
個室は満席だったんで人が来ないのを見計らって手洗い場で急いで着替えたけどちょっと見られたかもしれぬ。
下にキャミ来てるからいいんだけどさ・・・

この建物は地下に永豊文庫があったので、10分だけ時間もらい散策。
いつからここに本屋ができたんだろう?
ここにも同じハングルスタンプが売ってました。

特に目的もなくお腹もいっぱいなので、のんびり散歩だけして帰ります。
DSC_0558.jpg
夜の清渓川~。

21:10、帰宅。
文章は無駄に長いけど、かなりまったり過ごした2日目。
明日は地方旅行に行こうかどうしようか、まだ白紙状態です。
(ネタバレすると全州に行きます)
続く。
2013-07-11 06:00 | カテゴリ:2013なつinかんこく
6/30(日)

この日も一日ソウルで過ごしました。
飼い主が前半のバリ島一人旅の影響でずっとお腹を壊してたので、本当にまったりな旅行です。

8:30起床。
外はかなり暑そう。

夏に飼い主と旅行すると、体感温度の違いで結構大変です。
飼い主は暑がりで寝る時もクーラーを軽く付けながらでないと寝られないタイプ、一方私は寒がりでどんな熱帯夜でも快適に寝られる。
むしろ熱帯夜でもしっかり掛け布団が必要なので飼い主に不気味がられます・・・

私は朝風呂を楽しみます。
このホテルPJはお湯の温度も調節しやすくて優秀でした。
ガウンもあるので寝る時の服にも困らなかったし。
韓国のホテルやモテルはパジャマなどが置いてないことが多いです。
旅行にわざわざパジャマ持参したくないから今まではTシャツで寝て洗濯とかしてたんだけど、次回からは快適な睡眠のためにも持ち込もうかな。

12時に安国で飼い主チングと待ち合わせしているので、それまではフリー。
飼い主からは、せっかく韓国来ているんだから一人で出かけてきていいよと言われるけど、昨日の散歩で満足したし朝から行きたいところもないし、テレビが面白いので部屋で十分。
クレヨンしんちゃんは鉄板だし、地上波オンリーの自宅では絶対に見ることができないような長編ドラマも見放題。
前後のストーリーは分からないけど、だからこそ今やってるストーリーに集中して楽しめる。
だから部屋にいると話す私に、「いつも一人で韓国行きたいって騒いでるくせに実際来ても行きたいところもなく部屋でダラダラしてることになるのがわかったでしょ~」と得意気に言われる。
いやもし一人で来たら朝一で地方に旅行に行きますよ!

昨日も書きましたが、飼い主にコーヒー入れてと頼まれた私は、コーヒーメーカーには目がいかずに普通にインスタントコーヒーのように粉をコップに入れてお湯をティファールで沸かし始める。


IMG_1086.jpg
こんなに懇切丁寧な説明書も完備されてるのにねーコーヒーメーカーなんて見たことなかったからねー・・・
カプセルは図の通り手で開けるところが見当たらず(当然だ)、爪でこじ開けたからねー・・・
幸い、犠牲になったカプセルはひとつだけだったので、もうひとつのカプセルで無事エスプレッソを入れてもらいました。
コップにそのまま入れちゃった粉はもったいないのでお湯注いできちんと飲みましたよ。
ちなみにこのカプセル、人数分をあらかじめサービスで置いてあり、追加が欲しい場合は2000ウォンで頼むことができます。
2000ウォン払うならコンビニでバナナウユとか買いたいかな。


IMG_1085.jpg
無事にエスプレッソができました。

今回は一泊目のホテルPJ以外はホテル予約せずに韓国に来てます。
このホテルが気に入った飼い主、本当は今夜も泊まりたかったらしいけど空き室がなかったらしく、それでもネットで最終日もここに泊まるように予約したらしい。
ということでキャリーケースに必要のない荷物を詰めて最終日まで預けることにしました。

11:30、最終日の予約が入っているか確認してチェックアウト。
ホテルで過ごすのも楽しいんだけど、もう半日過ぎちゃったっていうのがちょっともったいない気持ちではあったり。

昼は飼い主チングと食事を一緒する約束をしています。
このホテルはいろんな地下鉄駅のちょうど真ん中くらいにあるので便利。
乙支路3街駅から3号線で安国駅へ。
飼い主は別の場所と勘違いしてたらしく、地下鉄でたった2駅だったことに驚いてました。

IMG_1088.jpg
私が撮ったので激しくピンボケですが・・・安国駅構内。
画家さんでしょうか、とても美しい絵が貼られていてうっとり。
韓国の地下鉄って詩が飾られていたりこういう芸術があって素敵。


IMG_1089.jpg
うっとりしてしまう。
こんな絵が書けたら楽しいだろうなぁ。
飼い主は「毎日ここに来て貼るだけで1時間くらいかかるよね」と言ってましたが、やっぱり毎日毎日貼っては取って持ち帰りってしてるのかな。

「6番出口の下」で待ち合わせしてましたが広くてちょっと手間取ったけど12時、無事合流!
地下鉄駅では使えるWi-Fiが入らなかったからね。

昼ごはんは、飼い主の「今まで食べたことのないものを食べたい」との希望でポッサムにしました。
昨日タッカンマリを食べながら食事内容だけは決めて、お店はホテルに戻ってきてからセレクト。
どこに行くかは知らされてなかった私ですが、そのお店が仁寺洞にあることをお店決めた飼い主が気づいてなくて驚いている。
この日もとっても暑くて、お店に着く頃には汗だくでした。


DSC_0534.jpg
少し路地裏に入ったところにある、黒豆腐ポッサム専門店「오수オス」
最初地図が示してる場所がなぜか伝統茶院のところで少し迷ったけど、12:20、到着!
ソウルナビの記事はこちら

DSC_0524.jpg
左の上から3番目、黒豆腐ポッサムの中35000ウォンを注文。
右側の「홍어」とはエイの刺身のことです。
これはアンモニア臭がする珍味。
地方旅行した時に、飼い主に無理やり食べさせられたことがあります・・・


DSC_0525.jpg
もう一品、右の一番下、ランチタイムメニューも注文。
チョングクチャンかスンドゥブを選べます。この日はスンドゥブを注文。


DSC_0529.jpg
どどーんと登場!
牡蠣も上がっていますが、バリ腹飼い主&カキのノロウイルスに当たったことのある私は遠慮します。
チングもカキに当たった経験がある(しかも韓国で!)にも関わらずカキは平気なようでもりもり食べてます。すごい。
牡蠣にあたるって韓国語でなんというんだろう?と話題したけど、식중동(食中毒)で伝わるんじゃないかな~と。
今調べたら、一応「あたる」に相当する맞다も使えるけど、もっと素直に식중동에 걸리다(食中毒にかかった) 중독되다(中毒になる)で十分みたい。
牡蠣の下にある大根キムチは食べたいので、牡蠣に触れないよう慎重に取り出します。


DSC_0528.jpg
石焼テンジャンがポッサムに深みを与えます。


DSC_0531.jpg
ポッサムは好きに巻いて食べればいいんでしょ、と思ってたけどチングが店員さんに食べ方を聞いてくれたところによると、豆腐の方はサンチュでなく海苔に巻いて食べるとおいしいらしい。
この黒豆腐は味が濃くて、確かに海苔の方がお互いの味を引き立てました。

初ポッサムですが、今までも定食のパンチャンで似たようなものはよく出ること、肉を包んで食べるというのは韓国料理の定番ともいえるので、意外と目新しさは感じなかったです(汗)
それでも専門店だけあって黒豆腐の美味しさはずば抜けてる。
正直、3人で食べているとはいえ、これで35000ウォンって高すぎだな、仁寺洞価格かなとも思ったけど、でもソウルナビとか見ると黒豆腐に手間かかってるみたいなので納得かな。


DSC_0532.jpg
石焼が嬉しい、ごはん。
途中でお湯を入れてもらって누룽지(おこげ)にして2度楽しめます。
以前、旅行中に、最初からお湯をどばどば入れてるアジョッシを見かけたことがあります・・・

飼い主チングは嫌いな韓国料理はないとのこと。
でもあんまり地方回ったりしてないそうなので、次回は一緒に地方旅したいな~。

チングは人徳の高い方で男性にも女性にも好かれます。
ちょっとフェミニンな感じがあるのでそっち系と思われてるらしく、飼い主も
「こっちにいいナムジャいないの?」と突っ込んでる。
ナムジャとは韓国語で男子という意味。
飼い主は意外なところで単語を知っているので油断なりません。
ちなみに女子はなんていうか知らないらしい。さては男好きだな。

13:10、お店を出ます。
お店の前で飼い主チングと私と肩を組み合って記念撮影。
チングは不倫と思われないか心配してたけど、シャッターを押してるのが夫だから大丈夫。

さて、お次は徒歩でデザートを食べに向かいます。
暑い中20分くらい歩き、到着したのはこちらのお店。
DSC_0537.jpg
外観は韓国風ですが、こちらはマカオに本店のあるエッグタルトのお店。
アンドリューエッグタルトです。

マカオで食べてとってもおいしかったエッグタルト。
飼い主が日本でも食べられるお店がないか調べてみて、日本だと関西方面にしか支店がないけどここソウル安国にあることを発見。


DSC_0540.jpg
本場マカオではノーマルなエッグタルトだけでしたが、韓国らしくコグマ(さつまいも)タルトやタンホバク(かぼちゃ)タルト、あとはサグァ(りんご)タルトもありました。
3人ともスタンダードなエッグタルト注文したけど、さつまいもにすればよかったなー。


DSC_0541.jpg
まあでも、せっかく来たなら名物を食べるべきか。
でも2~3個買って食べればよかったか・・・
でも1個2200ウォンもするからそんなにバクバク食べるものじゃないか。

ちょうどお店前のベンチが空いたので座ります。
DSC_0539.jpg
左を見るとポップなオブジェ。
韓国らしいこの色使い好き。


DSC_0538.jpg
エッグタルトは本場マカオと変わらぬ味で卵部分がプルプルしてておいしい~。
このタルトは1人1個買ったのですが、そのうちの一つに小さな虫が付いてたんですね。
で、食べる前だったので私が取り替えてもらいにお店に入る。
あんまりこういう場面が得意じゃない私、テンパって「이거 벌레가 붙어 있어요(これ虫がついています)」まではよかったものの「좀 바꿔 주시겠어요?(ちょっと取り変えてもらえませんか?)」を、「좀 바꿔 드릴까요?(ちょっと取り変えてさしあげましょうか?)」と言ってしまった。
挙動不審だよお前誰だよいつから店員になってんだよイミフだよと心の中は一瞬で大騒ぎですがどうしようもない。
店員さんはちょっと不機嫌そうな顔をしながらも交換してもらえました。

エッグタルト食べながら、飼い主チングが一押しのヒットソングMVをスマホで見せてもらいました。
이승철(イ・スンチョル)のMy Loveという曲です。
オーディションで選ばれた一般人の男性がサプライズプロポーズするまでの準備過程や本番をドキュメンタリー風に追った作品です。
この企画でプロポーズされた女性、素晴らしい思い出になるだろうな~。
私だったらプロポーズされる側よりもサプライズを仕掛ける方の裏方をやりたい。
チングはこれを見て涙するらしい。

今歌詞を知りたくなって、サボって日本語訳探したけど見当たらないんで韓国語歌詞で読んでみたけど、意外にもプロポーズソングって感じよりむしろ深読みすると別れちゃったのか?と思えるような歌詞だった。

さらに調べたら、イ・スンチョルssiってあの少女時代がカバーした「少女時代」(ややこしい)を歌っていた方なんですね!!!
びっくりした~。

14時から別の用事があるチングとは安国スタバ前でお別れ。
仕事に勉強に、さらに友達も多いのでいろんな約束でとっても忙しいチングですが、最終日の帰国直前にも会えることになりました。

地下鉄で今夜の宿に向かいます。
続く。
2013-07-09 06:00 | カテゴリ:2013なつinかんこく
16時には教保文庫到着!
活字中毒の私にとって、留学時代からの天国だった教保文庫。
いつも飼い主と一緒に来ると、待たせてるのが申し訳なくて気が焦るけど今日は飼い主はホテルで休んでて一人なので存分にうろうろします。
しかし今回のお目当ては珍しく本ではなく文具です。

GW前後にhimeさんという方のブログを知り、すっかりファンになっている私。
とにかく情報量が半端なく、それも自身の体験を通してわかりやすく愛情を持って書かれています。

そのhimeさんのブログに載ってたハングルスタンプ記事に一目惚れ。
韓国語勉強し始めた時は文字が読めるようになるのに一生懸命で、読めるようになった後もなんとなくハングル文字と私の間には「学習」という透明な壁を感じていたものでした。
いつの頃からか可愛いデザインや芸能人などの手書き文字の個性に惹かれるようになり、昔作られた文字であるハングルがPCで打つ時にめちゃくちゃわかりやすいことに驚いたり、今ではハングル文字が大好き。

地下鉄から直結している入口から入ってすぐ左に文具屋さんがあったので嬉々として入ってみるもなんか違う。
ごくごく普通の文具しかない・・・もちろんハングルハンコなんかどこにもない・・・なんでだろう・・・
と悲しくなりながら一度お店を出てふとみると、少し離れたところの右側に「디자인문구(デザイン文具)」の文字発見!
ノーマル文具とデザイン文具売り場が違うとは、さすが大型書店。
気を取り直して見に行くと、確かに可愛い文具がたくさん♪♪

しかし文具売り場は通路が狭く、リュックしょってきたのは失敗でした。
場所とって後ろの方に邪魔になっちゃうし、前に持ってるのも不自然だし。
なるべく人が通らない時に見てみるけど集中できず。
しかもわりとすぐにハンコ売り場発見するも、上のhimeさんブログに載ってた私の欲しい可愛いフォントのは見当たらず、こちらもhimeさんブログに載ってた大きなハングルスタンプと、横にはそれより少し小さいけどゴシック体のスタンプのみ。
念のため店員さんに聞いてみるもこの売り場に並んでるものしかないです、とのこと。
一番大きいのはさすがに使いづらいし、ハンコは欲しくてたまらないけどゴシック体に妥協するのはどうしても無理・・・ってことで泣く泣く購入断念。
ちなみに、実は翌日にどうしても諦められず再度ここを訪れ、無事欲しいスタンプを発見し購入に至るのですが、それはまたその時の記事で。
(実は探してた棚の下にちゃんとありましたがこの日は私が見つけられなかった)

他にも売り場うろうろしてみたけど、シールは使ったらなくなるのがもったいなくてしまいっぱなしにしちゃう自分の性分をわかっているので購入せず。
そのまま本屋をゆっくり物色。
土曜日だけあってたくさんの人がいます。
私はさすがに床に座って本を読む勇気はありませんが、結構日常の光景。
もうひとつ驚くのは飲み物を持って本屋を歩く人が多いこと。
蓋はされてるけどこぼしちゃったらどうするんだろうとヒヤヒヤ。
もっとも、ダンキンドーナツやバスキンロビンスが併設されているから自然なことなのかもしれない。

今回の旅行では、円安だし地元図書館で韓国語書籍借りられるし前に買った本も読みきれてないし本は購入するつもりはありませんでした。
しかし、本屋を回っていたらどうしても欲しい本があったので衝動買い。


私たちの言葉の秘密
우리말의 비밀「韓国語の秘密」
実はまだほとんど読んでないのですが、韓国語について書かれた本(多分・・・)だし、薄くて読みやすそうだし、1万ウォンだったので思い切って購入。
店員さんが日本語で袋いりますか?と聞いてくれたので、韓国語でそのままで大丈夫です、と答える。

まだ時間に余裕はあるけど、満足しちゃったし買った本も早く読みたいしリュックが邪魔になって集中できないのでホテルに戻ります。
飼い主に頼まれてた1.5リットルのポカリが売ってないので代わりにビタを買って帰る。

地下鉄降りてホテルに戻る途中、自分が帽子をかぶってないことに気づき焦る。
この帽子は以前新村の八色サムギョプサル屋に忘れ、そのまま地方旅に出てしまい旅先から電話をして帰りに取りに行ったことがあるものです。
よく忘れ物をするので人一倍気をつけてはいるのですが、帽子脱いだ記憶がどこにもない。
こんなに暑いんだからホテル出る時は確かにかぶっていたはずなのに・・・
半泣きになりながら18時、ホテル戻ると、帽子は部屋に普通にありました。
最初からかぶって出かけなかったのになくしたと思って焦る私ってパボ過ぎ・・・

本読んだりテレビ見たりしたいけど、私がバタバタと入ってきたことで昼寝を邪魔された飼い主が顔をしかめてる。
静かにしてようっと、とりあえずでかける時間の20時に目覚ましかけて・・・と布団に入った途端に寝てしまった私。
瞬寝は特技のひとつです。
目覚ましが鳴る20時までの2時間も昼寝(夕寝?)しちゃったよ旅行中なのに(T T)

20時になってもまだ明るい韓国に驚きつつ、15分で支度。
地下鉄2号線で新村に向かいます。
留学時代住んでいた新村。
懐かしいし、留学してた時に色々やり残したような気持ちも年々大きくなる特別な場所、新村。
今日はここ新村に住んで日本語教師をしている、飼い主の高校時代の同級生に会う日です。
私は初対面ですが飼い主facebookで顔は拝見してたし、facebookの本文やメールなどを翻訳してあげたりしてたので初めて会う気がしない。
逆に向こうが私の顔を知らないんだってことを忘れてたくらい。
同級生の方はもちろん日本人ですが、事前に「韓国語の勉強になるので、私と話す時は日本語禁止にしてほしい」とお願いしてました。

新村待ち合わせ場所のメッカ、現代百貨店前で待ち合わせです。
ここって留学時代からメッカだったけど、当時はなんかお店があって留学中に潰れた記憶がうっすらと。
でも何があったか覚えてない・・・情報求む!

20:45、飼い主チングと合流!
彼のことをブログでなんて書けばいいか迷いますが、飼い主チング(友達)なんで略して(?)チングにします。
日本語教師だからソンセンニム(先生)って書いてもいいんだけどなんか距離感じちゃうし、自分的に「こころかよ!夏目漱石かよ!」って突っ込んじゃうんで。

晩ご飯はお腹壊している飼い主に合わせていくつか候補出して、最終的にタッカンマリにしました。
飼い主に韓国語で話しかけるチング、ぽかんとする飼い主、翻訳してあげる私。
私とチングが韓国語で話してそれを飼い主に翻訳したり、日本人3人なのにカオスです。
飼い主はすぐに「俺と話す時は日本語でいいから!」と釘を刺します。

タッカンマリは新村と梨大の間くらいにあるお店が行きつけ。
お昼に行ったポンガもこのタッカンマリも、ブログ通じて知り合ったナツオンニから教えてもらったお店です。
お店の場所がうろ覚えだったうえ少し新村寄りに移転したという情報も得ていて、途中に看板の似た別のタッカンマリ屋があったこともあり一瞬こっちのお店でもいい?と思ったものの頑張ってお目当てのお店を探すことにしました。
途中で私の下宿の場所の近くも通って懐かしい。
しかし下宿の周り、改めてモテルだらけだな。
留学中の息子娘に会いに来る親御さんはさぞ心配するのではないだろうか。
住んでいる分には全然気にならなかったけど。

IMG_5846.jpg
공릉닭한마리、無事発見!
私、今の今まで공릉を恐竜って意味だと思い込んでた。
念のため調べたら恐竜は공룡だった・・・
確かに용산(龍山、地名)って書くもんね。(語頭にㄹは来ないのでㅇになる)
さっきのお店よりずっとたくさん人が入ってる、やっぱりこっちに来てよかった。


IMG_5841.jpg
専門店なのでメニューはタッカンマリのみ。
タッカンマリ(鶏一羽)タッカンマリパン(鶏一羽半)タクトゥマリ(鶏二羽)という感じで注文します。
私たちは3人いるけど二次会の可能性もあるし飼い主のお腹も考えて一羽注文。
韓国料理はすぐに出てくるのが嬉しい。
アジュンマ、「십분!(10分)」と行って去って行く。
10分ほど煮えるのを待ちます。
きのこサリとか追加しようと思ったけど、既に入ってるのでこのまま食べる。
トックも嬉しい。


IMG_5845.jpg
パンチャン♪
にんにくは鍋に投入しちゃって一緒に煮込むのが好き。

隣の席には日本人の女の子が3人。
会話は当然聞いてないけど、なんとなくだけど、旅行者ではなく留学生の雰囲気を感じました。
いいないいな。

このお店のタッカンマリ、とにかくスープが美味!!
チングは煮える前からスプーン入れて飲んでました。
この鶏ガラスープのおいしさは自宅では真似できないわ~。
これは韓国に来た時だけ味わえる感じだね。

お店はたくさんの人で賑わってますが、タバコの臭いがしないのも快適。
私たちは元々タバコ吸わないので禁煙だったのかたまたまなのか分からないけど、最近は韓国の食堂でも禁煙の文字を見かけることが多くなりました。

日本語教師をしている飼い主チングの話はとっても興味深くて楽しい。
初対面でも韓国っていう共通点があるから結構話ができます。
私、初めましてだと基本的に何話していいかわからなくてあんまり喋らない時も多いけど、チングとは自然に会話を楽しめました。
人柄も最高に素敵で頭がよくて優しいチング。
ホテルに戻ってから飼い主に
「あの人と結婚して韓国に住みたい」と訴えてみました。
飼い主、ぷっくから解放される~と喜ぶ。
変な夫婦だ。

最後はククス(麺)を投入。これがまたスープと合いすぎる。
3回目のこのお店、場所は変わっていても美味しさは変わらずでした!
ただ、1回目に食べた時が一番感動はしたけど・・・それは仕方ないね。

タッカンマリ1回目の記事はこちら
タッカンマリ2回目の記事はこちら
おまけ・東大門タッカンマリ通りで食べた記事

チングとは明日のお昼も会う約束をしてます。嬉しい♪
食事はお腹壊している飼い主基準でチョイス。
サムゲタン食べたかったらしいけどタッカンマリで鶏分は満足したらしく、色々考えてます。
ポッサムが有力だけどとりあえずホテル戻ってから考えましょう。

22:15、お店を出る。
二次会ってわけじゃないけど、向かうはチングお勧めのパッピンスのお店。
他にも美味しいところはあるらしいけど時間が遅いので閉店したらしい。
約5分で到着!
飼い主のお腹が心配ですが、本人が食べたがっているので大丈夫でしょう。


IMG_5850.jpg
ベリーがたっぷりで見た目通りとっても美味!
しかしこの入れ物だとかき混ぜられない・・・

このお店では、もんのすごーーーくイチャイチャしてるカップルがいて、パッピンスよりむしろそっちに釘付け。
抱き合うは激しいキスするわ、ここはホテルでしたっけ?くらいの勢い。
今回はいつもに増してベタベタカップルをよく見かけた気がする。
お店の二階で食べてたのですが、お客さんが少ないとはいえ私たちの席からばっちり見える角度。
このカップルとは席を立つ時間も一緒、私と飼い主は帰りの地下鉄車両まで一緒。
私たちの方が先に降りたのですが、その間一瞬の間も空くことなくいちゃいちゃし続けたカップルに幸あれ。

帰りはコンビニでポカリを買う。
バリ腹飼い主にとってポカリは点滴にも近い救世主らしい。
バリ島でもポカリが売っていて、同じ味に大きな安心感を覚えていたそうです。
私も昔ノロウイルスでりんごのすりおろしすら食べることができなかった時にポカリに救われたもんな~。
コンビニでは、エスニック系の顔をしている英語を話すイケメンな男子が、レジで
「T-money please」
と言って出したカードがホテルのカードキーで、店員さんもナチュラルに韓国語で
「이거 T-money 아니잖아요(これT-moneyじゃないじゃないですか)」
と返されて、Oh my mistake!sorryと顔を真っ赤にしている青年がとても可愛かった。


23時過ぎ、ホテルに無事帰宅!
明日の予定も決まってないけれど、韓国にいるだけで幸せ~。

お腹を壊しているはずの飼い主は、コンビニで買ってきた辛ラミョンを食べる。
食べると痛くなるのはわかるけど食欲はあるそうな。


DSC_0519.jpg
夜景と呼べるものではないかもしれないけれど、ソウル江北エリアの景色が大好き。


IMG_5839.jpg
こっちは昼間の景色。


DSC_0520.jpg
ソウルタワーも美しいです。
ずっとホテル住まいしたいよー。
とは言ってもたった4泊5日の韓国滞在です。
続く。
2013-07-07 14:42 | カテゴリ:2013なつinかんこく
約半年ぶりに韓国へ行ってまいりました~!
今回は6/29~7/3の4泊5日。
といっても飼い主がお腹を壊していたこともあり、天気に恵まれたわりにはいつものように地方旅行三昧もできず行ったのは全州のみ、ホテルで過ごす時間も多かった為にいつもよりだいぶ薄い旅行記になっています。
近々リベンジ訪問せねば!
それでも現地で飼い主の友達に会ったりずっと欲しかったグッズをいくつか購入したりと、やっぱり韓国で過ごす時間は充実してました。

飼い主は6/21からバリ島に一人旅に行ってます。
新潟からバリ島に行くには韓国仁川空港経由になるので、飼い主帰国の時に仁川で合流して韓国旅行するスケジュール。

飼い主がバリに行ってる間の約1週間、私の晩御飯は自宅でナムルピビンパプか丸亀製麺の二択で、常にお腹をすかせておりました。
今の時代、スマホやアプリを使えば遠くバリ島にいる飼い主と、メールは当然ながら顔を見ながらの電話も無料で(←ここポイント)できちゃうんですよね。

というわけで韓国に到着するまでは一人旅。
前日は会社から帰ってきてから私とは思えないほどのテキパキっぷりで炊事洗濯などの家事を終わらせ、荷造り最終点検。
9時半には寝て明日は5時半に起きるぞー!と思ってたけど眠れないー。
一人でいる時にはいつも韓国語ジャーナルのCDをかけながら寝るのですが、CDが一周しても目が冴えまくり。
結局寝たのは0時過ぎでした。

6/29(土)
5:20には目が覚めちゃう。
夏はこの時間から明るいのが嬉しい。
新潟の天気は曇り。リムジンバス乗り場まで傘を差して行くのはあまりにも不便なのでまずは安心。
そしてiPhoneの韓国天気予報アプリをチェック。
日本も韓国もここまでずっと空梅雨だったのに、天気予報によると明後日月曜から雨らしい・・・
そして폭염주의보の文字があって、「ポギョム注意報?ポギョムって何?」と想像がつかずに調べたら「暴炎」でした。超暑い注意報。初めて知った~!

まだ時間に余裕があるので朝シャワー。
冬なら無理ポ。やっぱ夏っていいな~。
本当は旅行前に美容院行ってさっぱりしたかったけど、韓国で飼い主チングに会うことになってて、初対面なのに万が一へんてこりんな髪型にされちゃったら困るのでやめときました。

土曜6時からのテレビハングル講座を追っかけ再生視聴。
半日後にはこの国に到着してるんだ!

そして前回の韓国旅行で買って来た酔い止め飲んで6:50、出発!
リムジンバス乗り場である新潟駅までは徒歩圏内。
いつも旅行数日前になると楽しみで待ちきれなくて突然超ドキドキしたりすることがあるのですが、当日になると逆に落ち着いて実感わかないんですよね。
今回初めて気づいたのが、そのドキドキって楽しみってだけじゃなくて今怪我したり病気になったらどうしようって心配の気持ちも混ざっているのではないかと。

駅に到着!
空港リムジンバスは最近Suicaも使えるようになったので便利!

7:10、リムジンバス乗車し7:35に順調に空港に到着。
出発が土曜日なこともあってか、結構並んでる。
私のすぐ前に並んでた人達が結構なDQN一家だったんで、飛行機の中で何か起きないか勝手にドキドキ。
(何も起きませんでした)

7:50にはもうチェックイン終了し、ラウンジで一休み。
本当はもう一本遅いバスでも余裕で間に合うのですが、私はギリギリに焦って行動するのが苦手なので早め早めに行動しちゃいます。
しかし、図書館とか空港ラウンジは一人でも全然平気なのに、あと一人モスバーガーとか一人丸亀製麺も行けるのに、一人ラーメンとなると突然上がるハードルは何なんだろう。

1時間くらいラウンジでのんびり読書したり、既に仁川空港に無事着いたというLINEで飼い主と連絡とったり。本当に便利な世の中だ。
わずか数年前には思いPCをせっせと担いで韓国に行ってたことが信じられない。

そして9:30、無事離陸!
いつもは飼い主に奪われる窓側の席に座れたことでテンションアップ。
3人がけで、すぐ隣は空席でした。といってもほぼ満席。
機内食は結構見慣れた肉御飯に野菜が少し。あとはオレンジゼリーとチェジュの水。
意外とまあまあな味。
でも、本当は新潟―韓国間なんて機内食いらないからその分安くしてほしい・・・
トレイを下げてもらって、足りない睡眠時間を補うためにさっそく寝る。
たまに自分が口を開けて寝てることに気づき目が覚め、また寝て目が覚めの繰り返し。

そして11:17、無事着陸!
着陸してからもずいぶんぐるぐる回るのですぐ降りられるわけではありません。
そのうちに携帯電話の電源を入れても大丈夫ですというアナウンスが流れましたが、これ韓国語オンリーでその後に英語も日本語も続かない。
すぐに飼い主に連絡とりたいところですが、周りは日本人だらけで、電源入れたところで無用なトラブルになるのも面倒くさいんであと数分我慢。

11:30、ようやく降りて、入国審査前のゲートで待ち合わせ。
最初に飼い主から指定されたゲートへの行き方がわからず飼い主に来てもらったり、入国審査は前の人がものすごく時間かかってたので並び直したりしてるうちに時間がかかり、荷物レーンに来た時にはレーンが回るのが終了していて私の荷物は端っこに虚しく寄せられてました。

とにかく無事に再会できたのはいいのですが、バリ腹の飼い主はテンション最悪に暗い。
韓国最初の食事は焼肉と前々から決めてたのに、お粥がいいとか言われる・・・
とりあえずポカリ買って市内に出ましょう。


IMG_5832.jpg
こちらは飼い主がバリから韓国に来る機内の中で配られたという機内食。
緑茶粥、初めて見た!
パンかお粥から選べたそうです。


IMG_5833.jpg
・・・でもこれ、緑茶粥っていうかお粥にお茶漬けかけただけだよね!?

12:20、空港鉄道に乗ります。
飼い主にとっては2年ぶりの韓国ですが、私は半年ぶり。
もう馴染みまくりです。

50分ほどでホンデ入口に着き、13:20には韓国最初の食事処・ポンガにやってきましたー!
ポンガポンガポンガ!
東のポンガ、西のトックサムシデというくらいポンガは私の中で横綱級のお店です。
相撲で例えてることは突っ込まないでください

ポンガ1回目の記事はこちら
ポンガ2回目の記事はこちら
ポンガ3回目の記事はこちら

4回目のポンガです~。
ってか約4年ぶり!?
旅行前は何度も何度もポンガについての記事を読んだり自分のブログを読み直してました。


IMG_5835.jpg
4年ぶりでもこの野菜の量は変わりません!


DSC_0506.jpg
これこれこれ、この量が韓国ですよー!!
ほぼ変わってないパンチャンの種類、涙が出るほど懐かしくて嬉しい。
そして味も最高。
お腹を壊している飼い主もおいしいので箸が進んでる。

お店はほぼ満席で賑わっている。
お店の移り変わりが激しい韓国ですが、これだけ流行っていればしばらくは安心していいかな。
ホンデ店以外は行ったことないけどチェーンとして他の場所にもあるらしい。
ガイドブックに載ってないことも多いけど、韓国に行きたいって言われたらこのお店は必ず勧めています。
空港鉄道のおかげで、到着してすぐ寄るのにも便利なんですよね。



IMG_5834.jpg
お肉は9000ウォンから11000ウォンに値上がりしてました。
肉2人前。薄いので少しずつ載せて都度食べるのがコツ。
少なく見えますが、たくさんのパンチャンが付いていて、葉っぱで包んで食べるので満腹になります。
しかし、隣の席にいた韓国人男性2人組はほとんど包み菜を使わずにそのまま食べてました。
なんてもったいない・・・


DSC_0508.jpg
これも絶対に絶対に外せません、テンジャンチゲ!
テンジャンチゲは意外とお店ごとの個性が出る料理。
ここのは辛みと牛肉が入っているのが特徴。
さらにこれを頼むと野菜の入ったボウルと御飯がついてくるのでピピンパプにして食べます。

夢中になって食べていたら、包み菜から垂れてきた汁をトップスとハーフパンツにこぼしてしまいました。
トップスはともかくハーフパンツは一着だけなのに!
この後、ホテルで洗濯しましたが肉の油も染み付いてたので完全にはとれず、旅行中ずっとシミが付いた服で過ごすハメになりました涙

お腹いっぱい食べて、肉11000ウォン×2+テンジャンチゲ5000ウォン=27000ウォン。
何度も書くけど大好きな野菜がたくさん食べられるのが最高に嬉しい韓国焼肉。

14:30、お店を出てホテルに向かう。
途中で後ろから若い男の人が笑顔で追いかけてきてくれて、「시계(時計)・・・」と。
なぜか腕から外れて落ちた時計を拾ってくれたのです。ありがたい。

今回のホテルは初めて泊まるホテルPJ。
今まで泊まっていたドロスホテルが今回ちょっと高かったことと、交通の便がよさそうなのでこちらにしました。
日本人御用達ってかいてあるサイトもあるくらいで、ホテルの方は日本語堪能らしい。
でもそんな時こそ韓国語で頑張りたい!

間違って裏道に入っちゃってちょっと迷いましたが、本来は最寄り地下鉄駅も何本かあって主要な観光場所には徒歩で行けるとっても便利な場所にあるホテルです。
15時、無事チェックイン。
ツインルーム予約してましたが、なんかの手違いがあったのか、ダブルベット&シングルベットのトリプルルームに!

DSC_0510.jpg
広いー!
両手を広げて「わーっ、わーっ」と喜びの声をあげながら部屋の隅から隅まで走る儀式を行います。


DSC_0513.jpg
どのチャンネルで何を放送しているか、一覧表があったのも超高ポイント!
時間があればドラマチャンネルかアニメチャンネルを見てました。
アニメはもちろんクレヨンしんちゃんね。
留学時代から、韓国で放送されるクレヨンしんちゃんは最大のお気に入りです。DVDほしい。


DSC_0512.jpg
水回りも綺麗。
アメニティは、歯ブラシはないもののザクロのシートパックがありました。


DSC_0511.jpg
こっちは220Vのコンセントだけですが、反対側のベットにはなんと110V用まで完備!
Wi-Fi(韓国語の発音だとワイパイ)も普通に入ります。
街中のWi-Fi環境も、半年前に来た時よりさらにパワーアップしている感じを受けました。世の中ってすごい。


IMG_5840_20130707102459.jpg
エスプレッソマシーンまであります。
そんな高級なものと縁がない私は、翌日、説明書も読まずにこれがコーヒーメーカーだと気づかないままにコーヒーの粉をそのまんまコップに入れてお湯注いでインスタントコーヒーと同じように飲もうとして飼い主に超怒られた。


IMG_5838.jpg
景色もソウルっぽくて好き。


IMG_5839.jpg
ソウルタワーも見えるよ。

飼い主はバリでお腹を壊し、それでなくても約8時間のフライト&約3時間仁川で待機してたので疲労困憊。
夜はソウル在住の飼い主チングと会う約束をしているので、それまではゆっくり部屋で休むらしい。
もっとも私は元気だしソウルにいることで身体がうずうずしているので、ひとりフリー行動をします。
飼い主に「一人で買い物してくるけど、予算オーマヌォンでいいよね?」としれっと確認すると、一拍置いて
「駄目!5千円ってことでしょ!」と怒られた。
오만원(オーマヌォン、5万ウォン=大体5千円)部分を韓国語で言って煙に巻く作戦だったのに、なんで飼い主聞き取れちゃったの((((;゚Д゚))))

16:30、私一人で外出開始!
目的地の教保文庫までは、地図を使えばなんとか徒歩でも行けそうですが、暑いのでちょっと贅沢に地下鉄を使います。
ホテルマンの方に、地下鉄駅の場所を韓国語で聞いて、5号線乗りたいことも伝えて。
未だに韓国に着いてすぐの時に韓国語話すのは通じるかどうか心配になりますが、なんの問題もなく会話ができて一安心。


IMG_1082.jpg
これは地下鉄5号線のドア上に貼ってあったステッカーです。
ピンボケですが、「5号線紫色の象徴は皇帝です。5号線を利用なさったお客様はソウル都市鉄道公社の皇帝でいらっしゃいます」と書かれています。
1050ウォンで皇帝になれた。
6・7・8号線の象徴が何かものすごーーーく気になるのですが、残念ながら今回の旅行では乗る機会がありませんでした。知ってる方どうか教えてください~。
続く。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。