-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-20 20:52 | カテゴリ:2010はるinかんこく
大量の旅記録は、インデックスで最終回を締めるのが私の恒例になりました。
どの記事にも、いつでもコメント大歓迎です!

今回のルート:
ソウル~論山~全州~鎮安~再び全州~錦山大田から東鶴寺へ儒城温泉公州扶余~再びソウル
赤字は初めて訪れた場所です、ってほとんど初めてですねぇ。

ちなみに前回のルート:
ソウル→光州→潭陽→淳昌→南原→求礼(華厳寺)→南原→晋州→南海→釜山→慶州→安東→聞慶→ソウル→江華島→ソウル



1日目(3/18)<ソウル>
韓国旅1日目 3分の1編~またまた韓国へ、そして戦利品♪~

韓国旅1日目 3分の2編~最初の食事、そしてロケ地を歩け歩け~

韓国旅1日目 3分の3編~夕食はもちろんハシゴです~

2日目(3/19)<論山、全州、鎮安、再び全州>
韓国旅2日目 6分の1編~論山までの道@KTX~

韓国旅2日目 6分の2編~寺巡りも奥が深い ってか長い!~

韓国旅2日目 6分の3編~登山前 黒豚屋さんで 腹ごしらえ~

韓国旅2日目 6分の4編~塔寺へ登山登山@馬耳山~

韓国旅2日目 6分の5編~マッコリタウンで飲んだくれ、ではなく食い倒れ~

韓国旅2日目 6分の6編~夕食2軒目は美味カルグクス~

3日目(3/20)<錦山、大田から東鶴寺へ、儒城温泉>
韓国旅3日目 5分の1編~全州名物朝ごはん、そして錦山へ~

韓国旅3日目 5分の2編~高麗人参一色!初の錦山人参巡り~

韓国旅3日目 5分の3編~尼寺・東鶴寺まではるばると~

韓国旅3日目 5分の4編~パンチャン完食!美味美味テジカルビ屋~

韓国旅3日目 5分の5編~温泉街でチムジルバン~

4日目(3/21)<公州、扶余、ソウル>
韓国旅4日目 5分の1編~古都巡りデー。午前は公州~

韓国旅4日目 5分の2編~公山城のお膝元でサムパプを満喫~

韓国旅4日目 5分の3編~歴史の旅。公州フォトギャラリー~

韓国旅4日目 5分の4編~扶余にて引き続き古都スリップ~

韓国旅4日目 5分の5編~アゲイン激辛冷麺、マートでお買い物♪~


5日目(3/22)<ソウル・帰国日>
韓国旅5日目(最終日) 6分の1編~ソウルの地元市場散策~

韓国旅5日目(最終日) 6分の2編~コピプリロケ地第一弾~

韓国旅5日目(最終日) 6分の3編~チャヂャンミョンLOVE@新村~

韓国旅5日目(最終日) 6分の4編~コピプリロケ地第二弾~

韓国旅5日目(最終日) 6分の5編~最後の食事、雪の空港~

韓国旅5日目(最終日) 6分の6編~飛行機缶詰!そして無事帰国~
スポンサーサイト
2010-05-14 20:00 | カテゴリ:2010はるinかんこく
18時、離陸予定時間。
「みんな乗せたし飛ぶんだね、よかった~」と飛行機の中で安心していましたが飛ぶ気配なし。


IMG_8586翼の上の雪
アナウンスによると「翼の上を溶かす機械を待っています、順番は3番目、10分で来ます」とのこと。
まぁ10分の遅延なら仕方ないなぁと思いつつ、待てど暮らせど来ない。
機長さんのアナウンスも「すぐ来ます」と言いつつ、1時間くらい経っても来ない。
しかも飛行機はソロソロ動いたり停まったりするから、「飛ぶかな?」って期待持つと飛ばなかったり。
最初から1時間なら1時間と言ってくれれば待てるけど、10分と言われて1時間は精神的にキツイ・・・
もちろん機長さんのせいでないし、広い空港の順番待ちだから仕方ないけどね。
こういう時に理不尽にCAさんとかにキレる人とかいると機内の空気がヤバくなるけど、幸いなことにみんなとても静かに待っていました。


IMG_8593雪を溶かす車両がやっときた
雪を溶かす機械参上!
遅延で座りっぱなしはちょっと辛いけど、この光景はめったに見られないからね。
(*離陸時ではないのでデジカメ撮影OKでした)


IMG_8595羽の外側からだんだんと
溶かしているのか吹き飛ばしているのか、音と振動が伝わってきます。


IMG_8604溶かしていく
頑張って~。
ちょうどいい位置の座席ですね、よく見える。


IMG_8605だんだんと機体側
だんだん機体側に迫ってきます。


IMG_8607雪を吹き飛ばす
目の前にするとすごい迫力!
そして機械は去り、やっと飛ぶ~と思ったものの順番待ちでなかなか飛ばず、アナウンスは「すぐ飛びます」を繰り返すので身体的にも精神的にも辛い。
健康な若者(?)の私ですらかなりぐったりしたので、お年寄りや子供に具合悪くする人がいなくて本当に良かったと思う。

そして飛行機に乗ってから1時間40分後、やっと、やっとやっと飛びました
雪の中、飛行機飛ばすために頑張ったすべての人に感謝です。
離陸してシートベルトサインが消えた瞬間、一斉にトイレに立つお客さん。


IMG_8615帰りの機内食
機内食。味は・・・ノーコメント。
あ、飛行機で待機の間に配られたジュースおいしかったです。


IMG_8618新潟空港到着
21:20、無事新潟空港へ到着!
雪ゼロですねぇ。


IMG_8622帰りの737-900
4泊5日の旅も無事終わりました。もちろん家に帰るまでが遠足です。

そして駅まで行く最終バスは既に出てしまい、タクシーで帰宅。
バスだと400円×2人分のところ、タクシー3千円くらいかかったのは一番痛かったです・・・韓国タクシーの安さを実感。
タクシー乗っている間、「新潟空港はタクシー足りないから集まって」みたいな無線アナウンスが入ってました。
そしてポスターをなくすことなく汚すことなく、私達も健康に帰宅しました


さてさて、韓国旅記も今回が最終回です。
今回は4泊5日と、いつもの9泊10日に比べれば短かったけれども地方旅もして中身の濃い旅でしたっ。
旅行記も予約投稿活用しながら2日に一回のペースできっちりあげられて満足。
この記事を書いている今日は4/18なので、ちょうど一カ月、私にしては超速です。

読んでくださった方々、ありがとうございました!
数日後にいつものようにインデックスをアップして完結になります。
早くもまた韓国に行きたい私でした
2010-05-12 20:00 | カテゴリ:2010はるinかんこく
IMG_8567AREX乗車
15:33、金浦空港から空港鉄道に乗ります。荷物頭乗せアジュンマキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
空港鉄道、私が留学時代にはなかったよな。
男性や小さい子供のカリアゲ率も少なくなったし、コピプリ系のカフェも少なかったし、私が韓国と触れてから5年の間、すごく韓国も変わった気がします。

電車はすぐ来たのでラッキー。
乗ってしばらくすると、
IMG_8568突然の雪
突然雪が降ってきました!
3月ももう下旬に入ったのに雪!?と驚く。

*この記事は予約投稿しているので書いているのは4/18なのですが、昨日東京で雪が降ったんですよね。今年はいつまで経ってもあったかくならなくてずーっと寒くて辛いです。もう寒いのは懲り懲りだよ~。
これがアップされる日にはあったかくなってますように・・・*



IMG_8569雪
見る見るうちに増えていく雪。
・・・飛行機飛ばなくなったらどうしよう・・・明日から仕事なのに・・・


IMG_8570雪
旅行中は天気に恵まれたのに、最後の最後にこれっすか。
鉄道なのに車輪が横滑りします(><)

16:15、仁川空港着。
とりあえずは鉄道が横転しなくてよかった・・・
案内板でも飛行機遅延の知らせなどはない。この雪でも飛ばしちゃうのがすごいです。
飼い主は「成田とか羽田なら運休していると思う」って言ってました。
私が新潟から秋田へ帰省する時に使う特急いなほも、ちょっとした風ですごくスピード緩めたり停まったりします。
以前あった横転事故を教訓にしているんだと思う。

とりあえず順調にチェックインをすませます。
17:20、韓国最後の食事は何にしましょうか。
IMG_8578フードコート
フードコートがありました。
ここ前もあったっけ??
このカウンターで一括注文を受け、渡された振動ベルがなったら何カ所かある該当のお店に取りに行く仕組みです。


IMG_8576フードコート
空港らしい、機能的なスペースですね。
注文システムも良いです。


IMG_8575空港内フードコート
注文したのは伝統ビビンバ、8000ウォン。
石焼きでないビビンバの方が好きな私達です。
基本がおさえられていていい感じのパンチャン。


IMG_8577ビビンバ
もちろん本場・全州にはかなわないけれど(って全州と比べるのはフードコートに酷です)、空港の食事なんてそれなりでしょって偏見を吹き飛ばす、レベルの高い味でした。
ビビンバ大好きです。今回は全州でビビンバ食べる機会がなかったのが残念だな。

ビビンバ食べて34番ゲートに行くと、もう搭乗開始してました。
もっとも列は長いので余裕はあります。

本来なら、あとは「飛行機に乗って無事日本に着きました、おしまい」でここで韓国旅記はラストなはずなんですが、ここまで来て帰国ハプニング発生。
なので次回で最終回です。


IMG_8579飛行機にも雪
さて、この突然の雪、私は無事帰れるのでしょうか・・・
2010-05-10 20:00 | カテゴリ:2010はるinかんこく
13:45、弘大(ホンデ)着。
いつもはホンデ=牛肉屋ポンガですが、今日はホンデらしい場所へ行きます。


IMG_8524コピプリ前の坂道
この坂道を登ると・・・


IMG_8525コピプリ
またまたカフェです。
そう、こちらは韓国ドラマ「コーヒープリンス一号店」の、まさにカフェです。
午前中に行ったカフェはドラマではハンソンの家として使われていましたが、こちらはそのまんまカフェとしてドラマに登場。


IMG_8527特徴のある丸い外壁
ドラマ見たらこの外壁が出てくるのかな?


IMG_8528コンサートをやった入り口前広場
ドラマではここでコンサートをやったとか。


IMG_8530玄関扉
扉にしっかり書いてあります「コーヒープリンス」


IMG_8533店内
先ほど行った「サンモトンイ」は、場所が分かりにくいためか時間が早かったためか、私達の他には韓国人家族のお客さん一組だけでした。
ここは撮影地を見に来た日本人のお客さんでいっぱい!撮影地目当てかわからないけど、中国人のお客さんもいました。

IMG_8534メニュー
日本語のメニューを持ってきてくれました。


IMG_8535店内
店内にはサインが並んでいます。


IMG_8537
ソンギュンssi。


IMG_8538
このサインは切ないですね。ドラマの後、交通事故で亡くなったイ・ハンさんです。


IMG_8540厨房
厨房。


IMG_8541入り口の黒板
なぜかクリスマスツリーな3月のカフェ。


IMG_8544メニューボード
メニューボード。


IMG_8546ディズプレイ
ディスプレイも、すごくカフェ!って感じ。
日本でもカフェに行かない私は何もかも新鮮です。


IMG_8548マロングラッセ
こちら、私のマロングラッセ。
模様が素敵!


IMG_8549マロングラッセ
オシャレだわ~!
こちら8000ウォンなり。飼い主のキャラメルマキアートは7000ウォンですが、写真撮ってないみたいです。
日本でも行きつけのカフェ作って休みの日とかのんびり過ごしてみたいけれど、オシャレじゃない私には遠い夢かなー。


IMG_8557厨房
厨房の横にもコピプリギャラリー。


IMG_8560ユジュが描いた壁画
こちらはユジュが描いた壁画、だそうです。


IMG_8562ユジュが描いた壁画
ちょうど入ってきた日本人女性3人組が、この壁画を見て歓声をあげてました。どんなシーンで出てくるんだろう、興味津々。


IMG_8563店内から外
天気に恵まれてきた今回の旅行ですが、ここに来て雨です。
あとは空港に向かうだけだからラッキーといえばラッキーだけど、大事なポスターが濡れないようにしなきゃ。


IMG_8565ワッフルを作る部屋
ワッフルを作る部屋。


IMG_8566ワッフル部屋入り口
ワッフル部屋の入り口。

帰り際、店員さんに、このお店はドラマの前から営業していたのか聞くと「そうです」とのこと。
でもドラマ前から「コーヒープリンス一号店」って名前だったのかは聞くの忘れちゃった。

荷物も重いし、雨も降っているのでってことで、ちょっと横着してここから地下鉄5号線「永登浦区庁(ヨンドンポクチョン)駅」まで一気にタクシー使っちゃいました。
店員さんの近くにいた芸術家風のアジョッシ(あれは誰だったんだろう?お客でも店員さんでもなく)が親切で、道のどっち側から乗ればいいか教えてくれたりしました。


コーヒープリンス名刺
店員のお姉さんも親切で、名刺くれました。
これはやっぱりコピプリ見なくては。

14:40、タクシーに乗るまで少女時代ポスターを雨に濡らさないように、服の中に入れるという怪しい格好で歩きます。
タクシーは初乗り2400ウォン、7500ウォンで着きました。

タクシーに乗る際、荷物があったので飼い主は荷物と一緒に後ろへ、私は助手席に乗りました。
私がシートベルトをかけて差し込もうとすると、見てはいけないものが目に入りました。

アジョッシ、シートベルトしていない・・・

しかも最初からしてないならまだしも(もちろん良くないけど)、身体にかけてるのに差し込んでないのです。
警察対策か?シートベルトがそんなに窮屈か?そこまで引っかけたなら差し込まない方がジャマくさいと思うけど?そもそもタクシー運転手がそれでいいのか?
数々の疑問を胸に抱えながら、タクシーは15時過ぎ、無事に地下鉄駅へ着きました。
ここから地下鉄に乗って金浦空港へ、そして空港鉄道にのり仁川空港へ向かいます。
続くっ。
2010-05-08 20:00 | カテゴリ:2010はるinかんこく
12:40、新村到着。
留学していた時に住んでいた街、私の大事な街。
あれももう5年も前になるのか!
その間、不定期ながらもブログをずっと続けている私もちょっとすごいかも!?

新村3番出口を出ると角にはマック。
それは変わっていなかったのですが、お店は総変わりしていてびっくり!
もちろんどこになんのお店があったかなんて全部覚えているわけではないけれど、印象としては総入れ替えと言いたくなるくらい変わってました。
弘益文庫という本屋はそのままでなんか安心。


IMG_8495新村のユニクロ
ユニクロ発見。
中に入ってないので値段見てないけど、高級ショップという位置づけではないですよね?
韓国アジュンマも、モンペチックな服よりもユニクロで揃えるだけでまだよくなるなのでは・・・と余計なお世話ですね

飼い主は、シンゲッチ(辛ラミョンにケラン(卵)とチーズを入れたラーメン)とチャヂャンミョンをハシゴする!との意気込み、付き合いまっせ!


IMG_8496シンゲッチラミョン
15:55、無事到着。
粉食屋に行けば食べられる辛ラミョンを専門店にしてしまった、そのお味たるやいかに!?


IMG_8497シンゲッチラミョンメニュー
メニュー。おや、ラミョン以外もありますね。


IMG_8499シンゲッチ看板
期待に胸を膨らませ入った、のですが・・・
入り口は空いているものの中には誰もいない。ラーメンの香りとかもしない。
?????
定休日なら外に書いてあるだろうし、空いてるはずがない。
つぶれたなら看板下げるんじゃあ・・・
・・・結局、謎は解けぬまま、シンゲッチを食べることなく退散しました。
今でもどうして営業していなかったのか謎です。わかる方がいらっしゃいましたら教えてください

まぁ気を取り直してチャヂャンミョン屋に向かいます。


IMG_8500中華料理福盛閣
13:05、中華料理福盛閣に到着。
ここは、チャヂャンミョン好きの飼い主に、ナツさんが教えてくれたお店です。
(このお店で合ってますよね?違ってたら大変


IMG_8514店内
店内はめちゃくちゃ大きかったです。
注文とってくれた店員さん、発音は完璧韓国人だったけど顔が日本人。留学生かな?
韓国語が上手で羨ましいっ。私も頑張る。


IMG_8501バンチャン
パンチャンはシンプルです。


IMG_8505チャジャンミョン
チャヂャンミョン大好き。韓国ドラマ「ファンタスティックカップル」を思い浮かべながら食べます。
チャヂャンミョン屋はある程度の当たり外れがあるのですが、ここのお店は本当に美味でした!しかも確か、これで3500ウォンなり!
ボリュームたっぷり、味もしっかり、麺もちょうどよくて本当においしかった~~
ナツさん紹介のお店って、ポンガ・梨大のタッカンマリ・新村のモクサル・そしてここのお店と、どこも私達のドツボにヒットする大当たりですカムサハムニダ

13時半、お腹いっぱい大満足でお店を出る。
IMG_8515ホットック屋台
すると目の前にはホットク屋台。
私が留学しているときからここにホットク屋台がありました。


IMG_8516ホットック屋台
お腹いっぱいだし、チャヂャンミョンもホットクも油たっぷりだから両方食べるのは危険・・・


IMG_8518ホットック
でも買わずにはいられないの。
留学時代は500ウォンだったホットクも、700ウォンに値上がりしていました。
大好物のホットク、やっぱり美味しいです~!

さて、満腹のお腹を抱えて次に向かうは隣の駅、ホンデ。
IMG_8520ぷんぷんい
地下鉄で見つけてしまったポスター。
「子供ミュージカル おなら大将プンプンイ」

さて、コピプリロケ地巡り第二弾です。続くっ。
2010-05-06 20:00 | カテゴリ:2010はるinかんこく
11時、タクシー乗っても迷いながら、到着したのはこちら。


IMG_8414サンモトゥンイ
カフェですが、普通のカフェではありません。(いや普通っていえば普通だけど・・・)


IMG_8415サンモトゥンイ
韓国ドラマ「コーヒープリンス1号店」でハンソンの家になったところです。
飼い主がコピプリを見て、来てみたかったとのこと。
飼い主の感想としては、まぁドラマは微妙だったらしいのですが
私はコピプリ見ていないのでせっかく撮影地に来てもよくわからないのが残念。


IMG_8418サンモトゥンイ入り口
入り口からしてカフェです!オシャレです!感が押し出されています。
黄色のビートル。


IMG_8424ビートルの中にはミッキー&ミニー
中にはミキミニ。


IMG_8419サンモトゥンイ入り口から庭へ降りる通路
韓洋折衷?
奥の自転車にはフランスパン(もちろん模型)が入っていました。


IMG_8425入り口には日本の郵便ポスト
郵便ポストは日本的。

中に入ります。
はい、ここからコピプリロケ地写真づくし!
IMG_8426四人の肖像画と、ドラマにも出てきたスピーカー人形
主要人物4人の肖像画。
下のスピーカー人形はドラマに出てきたとか。


IMG_8430みんなのサイン
サインがたくさん~。


IMG_8431ユンウネ
ユン・ウネちゃん。


IMG_8432コンユ
コン・ユ。
このドラマを見て、その後にコン・ユssiとハン・イェスルちゃんの「クリスマスに雪は降るの?」見たいかも。


IMG_8433記念写真
記念写真。
ユン・ウネちゃんかっこよくて可愛いなぁ。


IMG_8434二人の結婚写真
ドラマ見ていないのでわからない・・・やっぱり見たい。


IMG_8435メニュー
メニュー。
韓国のカフェって・・・高いよねぇ・・・ご飯一食分より高いこともザラなんだよねぇ・・・
まぁここは場所代雰囲気代オシャレ代。
それでも伝統茶があるのが面白い。
飼い主はキャラメルマキアート、私は柚子茶を注文。

サンモトゥンイお土産
お会計すると、このカードくれました~!


IMG_8436厨房カウンター
厨房。
お兄さんに聞いたところ、ここはドラマの前からカフェだったけど撮影中はハンソンの家として使って、撮影終了後にまたカフェに戻したそうです。
コピが出てくるまでの待ち時間にも撮影タイム!


IMG_8439ハンソンとユジュがじゃれ合ってた石
ドラマに出てきた、「ハンソンとユジュがじゃれあってた石」だそうです。


IMG_8439ハンソンとユジュが朝食を食べていた部屋
ハンソンとユジュがじゃれ合ってた部屋。


IMG_8440このシーン
写真ありました、このシーンです。
おぉ、雰囲気違いますね。


IMG_8444ホン社長:キム・チャンワン
ホン社長役、キム・チャンワン。


IMG_8445ハン・ユジュ:チェ・ジョンアン
ハン・ユジュ役、チェ・ジョンアン。


IMG_8446チェ・ハンソン:イ・ソンギュン
この家に住んでいた、チェ・ハンソン役のイ・ソンギュン。


IMG_8447スナップ写真
スナップ写真。
コピプリ一色!なカフェです。

さて、コピが出来上がりました。
二階も地下もあるとのこと、二階で飲むことにしましょうか。


IMG_8448キャラメルマキアート
ハートだ!
日本でもオシャレなカフェに行く機会は皆無の私、こういうコピは写真とかで見たことあっても実際に見るのは初めてなので興奮っ。


IMG_8449ゆず茶
左は私の柚子茶。


IMG_8449ゆず茶具がいっぱい
具が超た~っぷりでおいしかった、おいしかったけど、せっかくカフェに来たのに伝統茶頼まなくてもよかった気もする
コピ飲むと胸やけする体質なので普段はもっぱら紅茶派ですが、飲んで飲めないことないからね。

そしてこちら、どちらも7000ウォン。
カード請求確認すると1135円だったので、いっぱい567円とするとまぁカフェ価格としてはそんな感じだよね。


IMG_8450二階のハンソンの部屋
二階もザ・オシャレ力を感じます。


IMG_8451ハンソンの犬
コピプリ本編は見たことないけど、韓国語ジャーナルで少し音声聞いたことあるのでこの「モップちゃん」という犬は知ってます。


IMG_8456二階から入り口
二階からさっき通った入り口が見える~。


IMG_8457何故かルフィ
何故かルフィー。
「召し上がった後の空いたコップは必ず!片づけてください~」
ルフィー、言葉遣いが丁寧(笑)


IMG_8458二階から中庭
二階から眺める中庭。


IMG_8460近くの山に城壁が見えた
カフェ自体がすごく高い所にあるので、景色もすごいです。


IMG_8463ドラマでも使われていたソファー
ドラマでも使われていたらしい、ソファ。


IMG_8468日本語がすごくうまい標識
トイレまで面白かったです、このカフェ。
妙にこなれた(?)日本語。


IMG_8467
取っ手に書いてあったんだっけ?


IMG_8466トイレの蓋にハンギョル
極めつけはトイレの蓋に貼られていたこの写真!!


IMG_8469行き方は結構複雑
ここに来るのは大変でした。タクシーだったけど。


IMG_8470二階から一階へ下りる階段
飲み終わり、ルフィーに言われた通り食器を返しに行きます。


IMG_8471地下もありました
でも地下もあるとのこと、探検に行きました。


IMG_8476中庭
中庭も散策。


IMG_8480中庭
ドラマにどういう風に出てきたんだろう。見てみたいな。


IMG_8485中庭へ降りる階段
お店は軽く迷路みたいな造り。


IMG_8486店内至る所にスナップ写真
スナップ写真満載で楽しいです。

さて、コピも店内もたっぷり楽しみ、11:40、カペ(カフェ)を後にします。
せっかくロケ地に来たので、今からでもコピプリ見ようかな。
でも大体あらすじ知っていて自分の好みじゃないのが分かってるのでどうも手が伸びず・・・
でも写真載せていたら見たくなってきた。
ユン・ウネちゃん好きですが、キャラクターとして「男装している女の子」が主人公のものって苦手なんですよね。
苦手というか、私が綺麗な女の子が好きなので(爆)、ショートカットの女の子自体が苦手かも。
あ、リアル知り合いではショート・ロングで変わることないですよ、あくまで「ドラマの中の女の子」の話。
ホン姉妹脚本の「美男<イケメン>ですね」はそれでも楽しめるみたいなのでいつか見てみたいのですが。


IMG_8487店の前の坂道
お店の前はずーっと坂道。


IMG_8489店の前の坂道
ここはなかなか流しのタクシーがいないので、11:53、大通りに出てタクシーを拾いました。
地下鉄の乗り換えや時間の手間を考え、ちょっと贅沢ですがタクシーでホテルまで荷物を取りに戻ります。
それでも5100ウォンでした。
タクシーアジョッシに「地下鉄駅チョンノ3街の15番出口までお願いします」という。
チョンノ3街駅は広いので、別の入り口で降ろされると思いっきり歩かなくてはいけないのです。
ナビを操作するでもなくスルスル連れて行ってくれるアジョッシを見て、飼い主が
「ソウルの地下鉄駅、出口全部わかるのか聞いてみて」と私に命令。
アジョッシ、「다 알아(全部わかるよ)」と答えてくれました。すげー!!!

12:08、ホテルに戻り荷物受け取り、今度こそ本当にドロスホテルとおさらば。
さよならドロスホテル、また近いうちに来るからね!!

さて、荷物と少女時代のポスターを大事に抱え、次に向かうは私の思い出の土地、新村。
続くっ。
今回は写真を載せるのがとってもとっても大変でした~
でも楽しかったです。コピプリ見たい~
2010-05-04 20:00 | カテゴリ:2010はるinかんこく
3/22(月)

6時10分、私は一足先に起きてお風呂でゆっくり。
飼い主は6時50分に起きて荷造りです。
帰国日はいつも切ない気持ち。


IMG_8383最終日天気予報
天気予報。この日は最後の最後に天気に驚かされるのですが、この時はまだ分からず。
そして下にあるのはソニョシデ(少女時代)ポスターですね。
手持ちして、大事に大事に持ち帰ります。

7時40分、チェックアウト。荷物は預け、朝食でヨーグルトなどをもらい外出です。
IMG_8391シクタン外観
朝ごはんどこにしようか迷いましたが、近くの焼き魚屋へ。


IMG_8389シクタン店内
テレビでは朝ドラやってました。韓国の朝ドラって、日本の昼ドラ並みにドロドロなんです。


IMG_8388焼き魚シクタンサワラ定食
サワラ定食。6000ウォン。シンプルだけどおいしい!
でも昼間に来た方がパンチャンも多いかも。


IMG_8385焼き魚シクタンスンドゥブ
朝からスンドゥブも頼んでみました。4000ウォン。

8:40、地下鉄に乗ります。向かうはシンダン駅。9時過ぎ到着。
乗る時にT-moneyがちょっとひっかかったような気がしたけど改札は開いたのでそのまま乗ったら、降りる時にエラーがかかり、駅員さんに助けてもらいました。
さらに今日は美術館に行く予定だったのですが、ふと思いついて念のため観光案内所に電話して確認すると月曜お休みと諸々ハプニング続き。
気を取り直し外に出ます。目的地は中央市場。


IMG_8395ヤクルトおばさん
向かっていると、目の前に日本でもよく見る「ヤクルトおばさん」が!
日本だと自転車に積んでいるけれど、リアカーです。すっごく重そうでした。
会社の人から、日本のヤクルトおばさんは配達中でも少し多めに在庫持ってて声かけるとその場で売ってくれると聞いたことがあります。
韓国でもそうなのかわからないけど「ヤクルトください」と声かけたら普通に売ってもらえました!
興味があっただけで喉乾いているとかではなかったので1本でいいと思いましたが、値段聞いたら150ウォン(10円くらい!)
あまりの安さに1本買うのは申し訳なくて2本買いました、ってもっと買えばよかったかな?

今、日本のヤクルトHPみたら、このヤクルトは日本だと35円みたいです(多分・・・大きさ間違ってなければ・・・)
ヤクルトHP面白いです。


IMG_8393ヤクルト
ハングルでも「ヤクルト」って書いてあります。
韓国ではヤクルトのことを「ヨグルト(ヨーグルト)」って言うって何かで読んだことがある気がするけど・・・真相はよくわかりません。
味は日本のと同じ、おいしかったです~。


IMG_8405中部市場入り口
ヤクルトアジュンマに道を聞き、やってきました市場。


IMG_8398中央市場天井
天井にぶら下がっていたオブジェ。


IMG_8399中央市場
飼い主は市場・お寺大好き。
私は本屋・チムジルバン・食事大好き。


IMG_8400中央市場
一口に市場と言っても、観光客がたくさんの南大門市場とはまったく雰囲気違います。
地方旅行しまくってる私達にとってはこういう市場の方が馴染みがあるな。


IMG_8403中央市場トック
カラフルなトック!


IMG_8404中央市場コチュカル
コチュカル(唐辛子粉)
韓国を感じますねぇ。


IMG_8406中部市場大根
チョンガク大根かな?


IMG_8408中部市場スンデ
いまだに食べたことありません、スンデ。


IMG_8409中部市場マンドゥ
揚げマンドゥ。


IMG_8411中部市場豚や
うぅ、私は正視できません、豚の頭。
・・・また、この市場ではケコギ(犬肉)を売ってました。
私は犬食もその国の文化のひとつと思うし、犬はダメで豚・牛はいいっていうのも違うと思うのでそれは何も言いませんが、ただここでは犬肉のすぐ隣に普通の犬が・・・さすがに写真は撮れませんでした。
こういうのを見てしまうと、犬に限らず豚も牛も魚も、肉は断とう!って思ってしまいます。あんまり守れないけど・・・あ、今はダイエット中なので思いがけず肉断ちできてるかも。


IMG_8412中央市場ジョンや
ジョン屋。これも屋台の定番ですね。

写真撮るだけ撮って市場では何も買わず(爆)、10時、地下鉄に乗ります。
次に向かうはドラマの撮影地カフェです。
写真満載の次回に続くっ。
2010-05-02 20:00 | カテゴリ:2010はるinかんこく
IMG_8354南部バスターミナル
19:45、ソウル到着!
2時間ちょっとで着きました。早い!
ソウルのどのターミナルに着くかは事前に調べていないと微妙に分からない時もあるけれど、どこについても地下鉄に直結しているので無問題。ちなみにここは南部バスターミナル。
20時、地下鉄乗車。

さーてさて、晩ご飯はどうする?
私はミスターピザ食べたいけれど、飼い主はロッテリアで洋食気分が満たされてしまったらしい。
そして飼い主についていって20時半、到着したのは、


IMG_8365キッテボン外観
キッテボンだ~
前回行った時の記事はこちら
6段階の辛さから選べる冷麺・ビビン麺専門店です。
来たい来たい騒いでたんですよ。


IMG_8355キッテボンメニュー
メニュー。
1.辛い味・・・とてもたくさん辛いです
2.普通の味・・・たくさん辛いです(元祖の味)
3.辛さ控えめな味・・・少し辛いです
4.辛くない味・・・辛くなくてマイルドです
5.ほとんど辛くない味・・・とてもマイルドです
6.白い味・・・子どもが好きです


前回はビビン冷麺は元祖という「2.普通の味・・・たくさん辛いです」にして、水冷麺は「3.辛さ控えめな味・・・少し辛いです」を注文してとっても辛くて完食できなかったので、
今回はビビン麺は「3.辛さ控えめな味・・・少し辛いです」にして、救済措置も兼ねて水冷麺は白い味。
激辛ウリのお店で普通の冷麺は邪道な気がしますが許してください・・・


IMG_8357キッテボン店内
相変わらず、お客さんは途切れない店内。


IMG_8359キッテボン牛スープ
ユクスという、牛スープです。


IMG_8360キッテボン厨房
厨房。

そして運ばれてきました、一年ぶりのキッテボン!
IMG_8362キッテボン冷麺
こちらは普通の冷麺。


IMG_8361キッテボンビビンメン
ビビン麺キター
どうです、これが「辛さ控えめな味・・・少し辛いです」に見えますか?
・・・めっちゃ辛いです!ですよ!
いや~辛さ控えめを信じてたのに(いや信じてなかったかな)本当に辛い!
水はもちろん、救済措置なはずの水冷麺スープですら効かない!でも・・・おいしいから食べたい!!!
唇を超腫らしながら、それでもビビン麺は完食できず、辛いのに強い飼い主に食べてもらいました。
いや~相変わらず強烈だわ。
食べた直後は「満足したし懲りたからもう来なくていいや」と思うのに、また行きたくなる不思議なお店。

さて、明日が最終日なので、会社などにお土産買わなくてはいけません。もちろん自分たち用にもね。
今日のうちに買っておくと楽なので近くにマートがあるか店員さんに聞こうか、でもいいかな、と思いつつお店を出ると。


IMG_8374マート入り口
真向かいにあった(驚)
しかも店名が「ハイパーマート」です!沢尻エリカちゃんの旦那様が経営!?(違)


IMG_8375マート入り口
小さいマートなのですが、欲しいものは全部揃いました。


IMG_8367マート包み菜
包み菜コーナー。
マートって素の韓国が見られて楽しいです。


IMG_8368マート包み菜
サムパプ屋を思い出す。
そういえばサムパプ屋とマートって同じ日なんですね、今気づいた。
包み菜大好きです。


IMG_8369マート陳列棚
日本ではあまりメジャーではないかもしれないスパムがたくさん売られてます。
プテチゲに入れると最高。


IMG_8371マート肉売り場
肉コーナー。


IMG_8372マート韓菓売り場
韓菓たち。留学時代、一時ハマりました。


IMG_8373マート
お土産や食材はマートで買うのが安くて安心で好きです。

会社へのお土産は飴、同期へはチョコレートを買いました。
自分たち用に買ったものはこちら。
エゴマ粉とチャジャン
左がエゴマ粉、右がチャジャンのレトルト。
エゴマ大大大好きなんだけど、葉っぱは日本に持ち帰れないですよね。加工してある粉なら大丈夫。
この粉、前回ロッテマートで店員さんに聞いて探したのになかったんですよ~。それがここで発見するとは!
カムジャタンとかに入ってますよね。
実はこのブログを書いている時点エゴマ粉もチャジャンレトルトもまだ使っていないので、どんな感じかまだ未知です。



エゴマ油
どちらもエゴマ油。どれだけ好きなんだー!
日本では買えないからね。こちらも開封が楽しみです。

マートが楽しくて思わず長居をしてしまいました、21:45、地下鉄乗ってドロスホテルへ。
IMG_8377ホテル付近カムジャタン通り
ホテル近くのカムジャタン通り。行ってみたい行ってみたいと思いつつまだ未開拓。次回こそは!

22:10、ホテル到着~。
晴れているけれどとっても寒い日でした。

IMG_8378ドロス804
IMG_8382ドロス804
地方旅の終着点、このホテルに着くとホッとします。
明日は最終日。あっという間、もっともっと韓国にいたいな。
2010-04-30 20:00 | カテゴリ:2010はるinかんこく
14:20、扶余到着。
扶余も初めての場所です。


IMG_8287扶余山城入り口
歩いて到着したのは「扶余山城」
入場料2000ウォン払い、14:40、またまた登山的な扶余山城へGO!


IMG_8289扶余山城三忠祠
扶余山城三忠祠。


IMG_8294扶余山城半月楼
扶余山城半月楼。


IMG_8296扶余山城半月城からの眺め
半月楼からの眺め。
楼の上に登って河を見渡す、公州でもそうでしたがやっぱり晋州を思い出します。
暑い夏に行った時は楼の上って涼しくて気持ちいいのですが、この日は寒かったです・・・
そしてこの楼に来るまでも結構な坂道だったのに、ここにいたアジョッシアジュンマグループが「한잔 해야지(一杯やらなきゃ)」と言いながらペットボトルに移し替えてあるソジュ(焼酎)を出して紙コップを配り始めたのにはびっくり&大笑い!


IMG_8299扶余山城上り坂
日頃のwii fit plusのおかげで坂道も階段も絶壁も楽々来ましたが私の身体も無限ではないので、ここに来て足腰に疲れが


IMG_8302扶余山城百花亭
扶余山城百花亭。
そうだ、階段上り下りしている時に、前を歩いていたアジョッシハラボジグループが愉快な人で、「若いヤンバンに道を譲ってあげなきゃ」って冗談言いながら道を譲ってくれたのが面白かったです。


IMG_8303扶余山城百花亭
これは「落花岩(ラックァアム)」
百済滅亡の際、宮女達3000人が敵に穢されるよりも自らの命を絶つことを決意して、ここの絶壁から次々に飛び降りて身を投げたそうです。
宮女達のチマ(スカート)が、まるで花びらのようになって落ちて行ったということで、飛び降りた岩の名前が「落花岩」と名付けられたとか。
私だったら、穢されるじゃなくて男を手の平で転がすのよ!って意識を持って自害よりも敵側に行ってでも生きることを選ぶけどね(爆)


IMG_8309扶余山城百花亭からの眺め
この美しい景色を見ながら飛び降りたのでしょうか。
公州、扶余ブログ書いていたら韓国史劇を見たくなってしまう。


IMG_8311扶余山城皇蘭寺
扶余山城皇蘭寺。


IMG_8312扶余山城皇蘭寺
飼い主と一緒でなければ絶対来ないであろう、お寺たち。
知識がないのでコメント書けません。食べ物記事の語りっぷりと比べての落差、申し訳ないっす。


IMG_8314扶余山城船乗り場
扶余山城の登山も完了、15:45、船に乗りクドレまで向かいます。
1人3500ウォン。


IMG_8315扶余山城クドレ行き船
日本もそうかもしれないけれど、韓国の船って乗っている間中、演歌(韓国ではトロット)が流れるんですよね。


IMG_8317船内から扶余山城
でもこの船はずっと案内アナウンスで演歌が流れず残念。


IMG_8318白馬江と扶余山城
船内から見た、白馬江と扶余山城。
今日もよく歩いたなぁ。

15分間の乗船を終える。
船着き場にタクシーがなく、15分ほど徒歩でてくてく。
ロータリーに出ましたが、ここはさっき扶余山城に行く時に来た場所!
なるほど、船に乗らなければ歩いて来た道を戻らなければならなかったということね。
そしてそろそろ足も限界に近かったのですが、15分ほど歩いてやっとやっとタクシー発見。
飼い主に「このパンフレットの表紙見せて『ここに行ってください』といえば絶対わかる」と言われ、そんな乗り方したことないので驚くも見せたらあっさり大丈夫でした。
5分かからず到着し、初乗り2500ウォンの範囲内でした。


IMG_8321定林城址案内図
到着したのはこちら、定林城址。


IMG_8322定林城址池址
定林城址池址。


IMG_8324定林城址全景
定林城址全景。
日本の歴史とも関わる場所ですが、それについて語るのは割愛。


IMG_8325定林城址石塔
定林城址石塔。こちらがパンフレットの表紙になってました。


IMG_8329定林城址石仏座像
定林城址石仏座。独特のバランスが興味深く、前、左、後ろ、右 と四面から撮影。
ついでに私もここの前で四面撮影してもらいました。


IMG_8340定林城址博物館
ここにも入場無料の博物館。
撮影もフラッシュなければOKです。


IMG_8341定林城址博物館館内
公州の展示物もいいけれど、個人的にはこういう模型が好きです。


IMG_8342定林城址博物館館内
クレーンなんかない時代、こうして人力で造りあげたんですね。


さて、17:05、博物館を出て、今度は徒歩でバスターミナルに向かいます。
地方旅もいよいよ終わり、それからソウルに向かいます!
夜ごはんはどうしようか、ミスターピザにしようか?
とりあえずバスに乗っている時間も長そうだからおやつ買おうか、と話しながら、10分ほどでバスターミナル到着。
ソウルまでは10500ウォンです。

粉食屋があれば一番良かったけど見当たらないので、向かいにあったロッテリアへ。
ロッテリアはすごーーーく混み混みでした。
自分たちがロッテリアに行っておいてなんだけど、韓国は安くておいしくて身体にいい韓国料理がたっくさんあるのに、どうしてファストフードがいつもお客さんたくさんなんだろう。

バーガーはテイクアウトしてバスターミナルへ戻る。
17:40、バス出発!
3日間の地方旅だったけどすっごく濃かったなぁ。
4泊5日でも地方をこんなに回れるというのは新鮮な発見でした。


IMG_8346ロッテリアチキンバーガー
ロッテリアのチキンバーガー、2700ウォン。


IMG_8347ロッテリア海老アボカドバーガー
こちらは海老アボカドバーガー、4000ウォン。
ジャンクフードは普段食べないけど、こうしてたまに食べるとおいしいねぇ。


IMG_8349バス給油GS
18:25、バスがガソリンスタンドに入りました。
意外となかなかない経験なので、おもしろくて激写。


IMG_8350バス給油中
バス給油中~

さて、次回はソウル編をお届けします。
2010-04-28 20:00 | カテゴリ:2010はるinかんこく
IMG_8239煉瓦のアーチ
街中にこういう煉瓦のアーチがあるのは洒落てて素敵。


IMG_8240煉瓦のアーチ
徒歩でてくてく、次の目的地は。


IMG_8243武寧王稜案内図
11:50、武寧王稜宋山里古墳群模型館着。
案内所みたいなところで、ここと博物館への行き先を聞きました。
・・・えーっとごめんなさい、何の知識もないのでコメント書けません。


IMG_8244武寧王稜入り口
王稜入り口。


IMG_8245武寧王稜宋山里古墳群模型館
模型館入り口。


IMG_8246武寧王稜石室の文様
壁はこんな感じの文様。


IMG_8251武寧王稜古墳群
古墳群。


IMG_8253武寧王稜古墳群
古墳にサンパプ、古都。
慶州を連想します。


IMG_8256武寧王稜古墳群
思わず登りたくなるけど、もちろん我慢。

次の目的地は公州国立博物館。
この時点で、私はサムパプ効果か?トイレに行きたかったんですよね
博物館にはすぐに到着するだろうと思っていたら、予想以上に遠いっ。


IMG_8261国立公州博物館
12:35、博物館前のトイレ、じゃなかった博物館に到着。


IMG_8262国立公州博物館
大きな博物館ですが、入場無料です。


IMG_8263博物館内
館内は写真撮影OKでした。
飼い主はこういうのが好きなので結構写真残ってます。
写真にコメント付けられるほどの知識とかないので、ひたすらアップしますね(汗)


IMG_8264展示物

IMG_8265展示物

IMG_8267展示物

IMG_8268展示物

IMG_8272展示物

IMG_8273展示物
IMG_8274展示物
これはすごいです。
縦糸だけで構成されていますが、金色と銀色だけで大仏様(??)が浮かび上がっています。


IMG_8275展示物
公州といえば百済、百済といえば韓国ドラマ「ソドンヨ」ですかね。
韓国史劇に興味はあるがお金がないので、見るとしてもチュモンで精一杯だなぁ。。。
向こう5年間はDVD買わない、と決めたんです。

さて、博物館の見学が終わり、受付で聞いた通り、13:18発、1200ウォンのバスに乗る。
5分前に来たバス、運転手アジョッシとの会話です。

ぷ「このバスは市外バスターミナルに行きますか?」
運「どこに行くの?」
ぷ「扶余(プヨ)です」
運「・・・(何故か不機嫌そうな沈黙)乗って」

私、悪いクセだとは思うんだけど、こういう態度とられるのって日本とか韓国とか関係なく本当に苦手で、ちょっとでもこういう態度されるともういいよ、ってそれ以上聞くのを放棄しちゃいます。
友達とかなら不機嫌な態度とかでもなんかあったのかなって全然許せるけどね。
社会的付き合いなんだから社会性持とうよって思っちゃう。
一人でいるならもう口きかないでなんとでもすればいいけど、飼い主との旅行なんでそういうわけにもいかず、嫌だったけどもうひと押し。申し訳ないけど市外バスターミナルに着いたら教えてほしいと頼むと、
バスターミナルまで行かなくても途中で降ろしてあげるから、そしたらバス停留所が近くにあるからそこから乗りな、とのこと。
相変わらず不機嫌だけど、教えてもらったことには感謝。

13時半、運転手がバスを停めて「ここまっすぐ行けばスーパーがあって、その前が停留所だからそこから乗ると扶余だよ」とのこと。
不機嫌アジョッシありがとう!

バスターミナル以外から乗るのは初めて。
不安を感じつつまっすぐ行くとありました停留所!


IMG_8283市外バス停
どっから見ても単なる小売店前(笑)


IMG_8286市外バス停
これです、「市外バス停留所」と書かれてます。
この看板が妙に気に行ってね~。
ハングル読めないと、文字だけだから予想つかないしなんか不気味にしか見えないけど、ここから意味がとれたのが嬉しい。って、もう何年も勉強しているのにこんなちっぽけなことで喜んでしまいます


IMG_8282市外バス停
バス停の横ではハルモニが路上販売。


IMG_8284市外バス停時刻表
時刻表。
ここからソウルにも行けるなんて!


IMG_8285市外バス停
バス停横の食堂。
中が全然見えないのでどんなもんか非常に気になる。

チケットはバス停前の小売店で販売。3800ウォン、35分くらいで着くそうです。
13:46、バス到着。
お次は扶余編です。地方旅のラストを飾ります!
2010-04-26 20:00 | カテゴリ:2010はるinかんこく
そもそも私達の韓国旅といえば、私は方向音痴なうえに地理把握もできない・食べ物にしか興味ないという薄ーい奴なので、飼い主がプランをたて、私は通訳に徹するのがパターンです。
事前に食べたいものだけは伝えておくと大体網羅してくれるし、このパターンに満足はしているのですが、問題は飼い主が行き先を一切教えてくれないこと!


IMG_8236コマナルドルサムパプ外観
この時も飼い主は急に「ここのお店もうやっているか聞いて」とのこと。
なんのお店だろう?


IMG_8235コマナルドルサムパプ入り口
あ、サムパプ(包みご飯)のお店だ!
包み菜はこのドアを囲んでいる葉っぱではない・・・と思う。多分・・・

朝10時を回ったばかりですが、中に入るともう営業していました。
私はてっきりどこかに行った後にまた来るのかなと思いましたが、飼い主はそのまま入店。
おぉいきなりご飯かいっ、胃の準備ができてないぞー。


IMG_8211コマナルドルサムパプメニュー2
メニュー。
「コマナルドルサムパプ」というチェーン店なんですね。
サンパプは2005年12月の初地方旅の慶州で1回、そして仁寺洞で1回食べただけですが、好きな韓国料理のかなり上位に入ります。
仁寺洞のは正直微妙だったけど慶州はさすが名物だけあっておいしいし、サンチュでいろんな具を包んで食べるのが大好きなんです~。


IMG_8210コマナルドルサムパプメニュー1
メニューにはアヒル肉もあります。
トルソッパプ(釜ご飯)とのセットはどうやらスユク(豚肉のゆでたもの)らしいけど、それよりもプルコギがいいな。
メニューをパッと見た感じでは普通のご飯とプルコギの組み合わせみたいだけど、店員さんに聞くと12000ウォンメニューの「トルソッパプ+プルコギ」が可能とのこと、お願いしました。
今メニューみたらちゃんと交替可能って書いてありますね。


IMG_8212コマナルドルサムパプ店内
店内。
韓国らしさが出ていて落ちつけて、いい感じです。


IMG_8216コマナルドルサムパプ店内
私の席の隣にはこうして果物漬け?や薬草っぽい瓶がたくさん。

まずは包み菜の登場。


IMG_8215コマナルドルサムパプ包み菜
包み菜。
何種類あるか数えてみようと試みましたが途中で断念。
10種類は軽く超えてました。


IMG_8232コマナルドルサムパプ野菜の下にまだ野菜
だってほら、野菜の下からまた野菜が掘り出されるのよ。

いきなり入ったので胃の準備ができてない~と言いましたが、あっという間に私のお腹は準備完了。
おかずよ早く来い来ーい。

IMG_8218コマナルドルサムパププルコギ
先に運ばれてきたプルコギ鍋。
煮えるのを待ちます。


IMG_8221コマナルドルサムパププルコギ
煮えました!
しかーし、主役はこのプルコギ鍋ではないんだな。
私は上に載せた包み菜が主役と思っていますが、おかずの量も半端ないんです。


IMG_8223コマナルドルサムパプバンチャン
サンパプの真髄、たっくさんのおかず!


IMG_8224コマナルドルサムパプバンチャン
好きなおかずを、好きな葉っぱでくるんで食べます。最高。


IMG_8228コマナルドルサムパプトルソッパ
トルソッパプも、いかにも「ザ・健康!」って感じのビジュアル。


IMG_8230コマナルドルサムパプALL
こちらがサンパプの全容です。
立ち上がらないと写真が撮れません~。

どれもこれもおいしくって、葉っぱもいろんな味があってもう嬉しすぎまる。
I love サンパプです。本気です。
しかもおかわりまでできちゃうから実質食べ放題ですね。

ここでは、隣に座った一人食事のアジョッシが出てきた釜飯にいきなりドバーっとお茶をぶっかけてて驚いたり、さらに隣の席には韓国人大家族が来て、少し遅れてきたハルモニが「アイグ~ ウリ アドゥリヤ~(私の息子よ~)」って言ったら息子さん(30代か40代)が「オモニ オレンマニエヨ(お母さん お久しぶりです)」って言ってガッシリと抱き合うという韓国な光景を見られたり、さらに日本人観光客の団体が来てたり、細かい楽しいエピソードがありました。

超お腹いっぱいになり大満足して11:20、お店を後にします。
最後に入ったトイレでは、和式の目の前に葉っぱの種類と説明書きのパネルがありました。


IMG_8237公州城のすぐ前
コマナルドルサムパプは公山城のふもとだよ。
さて、また徒歩の旅は続きます。
2010-04-24 20:00 | カテゴリ:2010はるinかんこく
3/21(日)

6時、私は一足先に起きてお風呂入って髪を洗う。
昨日のチムジルバンにシャンプーリンスがなかったのと、帰りが遅かったのでそのまま寝るしかなかったんですー。
その後またベットに入るも7時、起床。
外は晴れています。恒例の天気予報チェック。
黄砂は過ぎたけどまた新しい黄砂が来る、今日は晴れるとのこと。

7:45、モテルを後にします。
外は少し冷えるけど晴れています。
そういえば、しょって来た傘は結局この地方旅で使うことはありませんでした。

8時、儒城(ユソン)バスターミナル到着。
次の目的地、公州(コンジュ)行きチケットを買います。2700ウォン。
公州行きのバス時間を聞くと、「십분마다 있어요~(10分ごとにあります)」と言われました。


IMG_8176儒城バスターミナル
バスから撮ったユソンバスターミナル。
さよならユソン、まったく知らない地名だったけど、昨日のテジカルビとチムジルバンのおかげで好きな街になったよユソン(←なぜ上から目線)

バスアジョッシに、公山城に行くことを話す。
このアジョッシがとっても良い方で、降り場を教えてくれただけでなく、降りた後に私達がきょろきょろしているとバスを減速させてドアを開けて「こっちの方に1Kmくらい歩くとあるよ!」と教えてくれました。


IMG_8179運転手が親切だった公州行きのバス
このバスです。
アジョッシ コマウォヨ~

10分ほど歩くと公山城の入り口に到着。9時から、1200ウォンと書いてあり、まだ8:50だったので切符売り場には誰もいない。
入り口に柵とかあるわけではないので、今入場したら1200ウォン×2人分を払わなくていいかもイヒヒという悪な考えがよぎる。
しかし、飼い主が近くの公衆トイレに行ってる間に切符売り場のお姉さん出勤。
飼い主の膀○を心の中で恨むも、まぁ悪いことはしちゃいけないよねと切符売り場に近づくと、9時前の入場は無料とのこと!
この時8:54。早起きは3文の得って本当だね。
しかも城内地図のパンフレットくださいました!


IMG_8180公州城
さて、城を攻め入るぞ(違)


IMG_8182公州城
坂がとっても急です。おまけにすぐ横は絶壁。
かなりキツイ坂を登って登って登ります。
でもWii fitを3週間やっただけの身体、びっくりするほど楽々と登れます。自分でもびっくり。
今の私なら水原の華城もちょろいのかな。


IMG_8187公州城塀を修理中
敵に攻め入られて壊された塀(嘘)を修理中でした。


IMG_8190公州城井戸蓮池
昔「騙し絵」でよくありましたよね、登っても登っても登り続ける階段。
それを連想させるこちらは蓮池。
ここに来る時だったかな、地図を見ていたら通りかかった散歩中っぽいアジョッシが「どこに行きたいの?」と聞いてくれて場所を教えてくれました。
なんか「公山城のことは俺がなんでも知っている!」という、自信に満ちたオーラが最高に素敵でした。


IMG_8194公州城井戸蓮池
1980年代に発掘・整備されたらしいです。
こういうのが3つあったらしいけど現在発掘されているのは2つだとか。
あ、これは私が側にあった看板を読んで仕入れた情報ですが、解釈が合っているかは定かでないのでよろしくです。


IMG_8195公州城挽河楼
挽河楼から見渡す川。
私達の大好きな晋州城を思い出します。


IMG_8198錦河
いい景色だな~。
近くにこういう場所があったら毎日散歩に行きたいかも。


IMG_8201公州城旗1
旗。これを見ると、図柄は全然違うのにチュモンを思い出します。


IMG_8202公州城旗2
絵柄もちょっとずつ違いました。


IMG_8203公州城急な階段
ありえない坂道!
でもダイエット、フィットネスと思えばへっちゃらさ。
ちなみに、こんな坂道をたっくさんたっくさん歩いたにも関わらず、帰国後は2Kgくらい増えていたので私は暴れました。
飼い主いわく、あんだけ食べたでしょってことだけど、こういう道をたくさん歩いたのに太ったことはショックでしたねー。
今は戻りましたけど。


IMG_8204錦河2
先ほどの河を、もっと高い位置から撮影。
公州(공주、コンジュ)は韓国語で「姫」っていう意味のコンジュと同じ文字なので来る前から好感を持っていた街ですが、こういう景色を見るとますます好きになっちゃいます。

1時間かけて公山城を一周しました。
観光案内所で王稜の場所を聞く。徒歩15分。
さぁ王稜(って何があるのかまったく知らないけれど)に出発!と思ったら、向かったのは別の場所!?
突然の食事タイムです!
続くっ。
2010-04-22 20:00 | カテゴリ:2010はるinかんこく
IMG_8172チンジルバン入り口
20:55、到着したのはチムジルバン。
20時過ぎているので夜間料金、それでも8000ウォンです。
ここに泊まればよかったかなっていう考えもちらっと浮かびましたが、どうやらここは朝5時過ぎると追加料金取られるみたいだし、シャンプーリンスもなかったし、何より私はともかく繊細な飼い主は床が硬くて騒がしいチムジルバンでは眠れないと思うのでモテル泊まりで正解です。


IMG_8149チンジルバン
東鶴寺観光案内所の方は小さなチムジルバンですよ、っておっしゃってましたがなかなかどうして広いです!


IMG_8161塩の部屋
こちらは粒の大きな塩が敷き詰められた「塩の部屋」
飼い主、大きな塩を寝ている私の鼻に詰めて遊んでました(怒)


IMG_8166ハンジュンマク
こちらは温度の高いハンジュンマク。

他にも黄土&宝石バン、氷の部屋などなど。
私は氷の部屋や水風呂がとても苦手なので入れません。ハンジュンマクは大丈夫なんだけどね。
チムジルバンでは水分補給が重要、とポカリ買ったり豆乳買ったり。どちらも1500ウォンでした。


IMG_8150ドクターフィッシュ
このハングル読んで、「ダクトピシュィって何」ってつぶやくと、下の英語を見た飼い主が
「ドクターフィッシュだ!一度やってみたかった」って大喜び。
あぁダクトピシュィがドクターフィッシュね・・・なるほど・・・
英語ハングルは今でもよくわかりません。
私はあんまり乗り気じゃなかったけど、30分3000ウォンという値段では日本だとなかなかできないらしいし、思いがけずここで初体験ですダクトピシュィ、じゃなかったドクターフィッシュ。

足を入れると寄ってくるくる魚たち。
も、ものすごくくすぐったい~~~~~
悶絶する私達。


IMG_8159飼い主の脚
飼い主のセクシーショット(爆)
私のおみ足画像は自粛します。


IMG_8160ドクターフィッシュをやる韓国人
ドクターフィッシュる韓国人カップルを激写。

角質が取れた感はあまりよくわからなかったけど楽しい体験でしたっ。

さて、チムジルバンといえばパッピンスや燻製卵ですよね~。
IMG_8165シクタン
飼い主は辛ラミョンを食べたがりましたが、さすがにお腹いっぱいなので自粛。


IMG_8167ぱっピンスと卵
とか言いつつこんなの食べる私達ですが(爆)
パッピンス3000ウォン。すごいボリュームだね。
燻製卵は2つで1000ウォン。3つで1000ウォンバージョンもあるけれど3つは食べれないし、プチ贅沢(笑)
パッピンス、トッピングがたくさんでキナコもかかっていてチムジルバンで火照った身体を冷やしてくれて、冷えた身体をまたチムジルバンであっためるのが心地いいんです。

そして燻製卵を手にすると、飼い主の目は光ります。
私のオデコで卵を割ろうとする飼い主です(怒)
いつも痛いわりにはなかなか割れないのですが、よくドラマではヤンモリ(羊巻き)にしたオデコで割っていることをふと思い出す。
で、タオル巻いてたらいきなり不意打ちでオデコ使われました(怒怒)


IMG_8171デコ割り燻製卵
燻製卵は香ばしくて、チムジルバンではやっぱり定番です。

最後はお風呂に入って、大満足してチムジルバンを後にします。
お風呂には「100%천연온천(100%天然温泉)」と書かれていました。さすが温泉街。
そして、さらには韓国語はハングル読める&食材の名前は分かるレベルの飼い主もこのハングルで「天然温泉って書いてあった」と分かったのがびっくり。
やっぱり漢字語は日本人の強い味方ですね。

23:55チムジルバンを出て、5分ちょっとでモテル着。
今日は夜が特に冷え込んだけど、雨には降られずよかったです。

IMG_8173儒城温泉夜景
ユソン温泉の夜景。
明日はどんな旅になるのかな。
続くっ。
2010-04-20 20:00 | カテゴリ:2010はるinかんこく
ここは儒城(ユソン)温泉という街です。
飼い主がガイドブックを見て目を付けていた「シネマ2モテル」へ。


IMG_8174シネマ2モテル外観
外観。
パッと見はラ○゛ホだけど中身は普通な韓国のモテルです。
値段を聞くと一泊50000ウォン。韓国モテルの宿泊にしては高いので、もっと安い部屋はないか聞くと40000ウォンとのこと。
ちょっと部屋を見せてくださいというと、アジュンマは露骨に嫌な顔をしてキーをドンと置いたのでかなりムッとしましたが、まぁこういうこともあるか。


IMG_8133儒城温泉シネマ2モテル
部屋はこんな感じ。
アジュンマの態度は気に入らないけど、この値段でこの部屋だとまぁ普通だし、外がめちゃくちゃ寒いのでこれ以上モテル巡りも大変ってことでこちらへ泊まることへ。


IMG_8134シネマ2モテル
今回泊まった2つのモテル、どちらもパジャマがありませんでした。
地方旅行の荷物は軽く!が鉄則なのでパジャマなんて持ってきてない。
仕方なくTシャツで寝ましたが、次回からは考えなくっちゃ。


IMG_8135シネマ2モテル
ネットこそないものの、テレビも冷蔵庫もあってオンドルで快適だったかな。

19:15、さぁ夜ごはん!とモテルを出る。
フロントのアジュンマが先ほどと違ったので、観光案内所でも聞いたけど近くにチムジルバンがないか聞いてみる。でもないとのこと、実際はあったので知らなかったみたい。

さてさて、晩ご飯ですが、儒城(ユソン)温泉の名物もよくわからないし食堂街も微妙に分からない。
彷徨い歩き、名物感はないですが19時半、目についたこちらの焼肉屋に入りました。


IMG_8148シクタン外観
「ユソン 本当の炭 生肉(って直訳しすぎ)」
これが店名っていうのもすごいな。


IMG_8136儒城温泉シクタンメニュー
メニュー。
テジカルビ7000ウォン×2人前を注文しました。
他のテーブルはガスコンロを使用していたので、「店名に炭ってあるのに炭火焼きじゃないのかな?」って心配になったけどちゃんとアッツアツの炭が運ばれてきました。


IMG_8138バンチャン
こちら、パンチャン。
このパンチャンがねー、基本をきっちりと押さえていながらもすっごくレベルが高くてうまいのなんの!
普通パンチャンってどれか一種類くらいは好みじゃなくて食べれないものがあったりするけど、ここのはどれもこれもおいしくておいしくて、パンチャン完食してしまいました。
飼い主命令で、肉を切りに来てくれた店員さんに「パンチャンおいしいですね~」って言わされましたぜ
あー、書いてたらまた行きたくなってきた。


IMG_8137テジカルビ
もちろん本命のテジカルビも忘れちゃいません。


IMG_8141テジカルビ
韓国では肉の塊がどーんと出て来ることもあってか、乗せたり切ったりは店員さんがやってくださることが多いのですが、鉄板が熱くならないうちから肉が乗るんだよね。


IMG_8144焼き上がり
まぁ、できあがりよければすべてよし。
パンチャンと同じく、基本通りで目新しさはないけれどレベルの高いおいしさでした!大満足です。

飼い主が「テンジャンチゲ食べたい」と言いますがメニューには載っていない様子。
焼肉屋さんによってはパンチャンの一環として出てくるところもあるけどねぇ、なんて言ってたら。


IMG_8143テンジャンチゲ
テンジャンチゲキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
身体があったまる。ますます満足。
これでひとり7000ウォンはすごすぎですよ韓国。

私は肉がなくなってもサンチュにキムチとか巻いて食べたりしてパンチャンごと完食。
大満足・・・なのですがなのですが。


IMG_8146冷麺
冷麺が食べたくて追加注文。4000ウォン。
この焼肉屋さんの冷麺がね、冷麺専門店よりもおいしかったの!!!
甘い梨が乗ってて、スープのすっぱさ味の濃さもちょうどよくて、黒い麺の歯ごたえも最高で。
いやーお腹いっぱいめだったけど頼んで本当に本当によかった。
ふらっと入ったお店でこの感動。韓国の底力をまたひとつ見せつけられた感じです。

1時間かけてゆっくりご飯食べました、20時半、お店を出ます。
思い返せばこの夜は食い倒れの日でしたね、夜はまだまだ続きます。ここはユソン「温泉」だからね。
2010-04-18 20:00 | カテゴリ:2010はるinかんこく
14時、大田着。
ここでポツポツだけど雨が降ってきました。
降ろされたところから道路挟んで反対側がバスターミナル。
別のバスでは、乗客アジュンマと運転手アジョッシが大声でケンカしてます。荷物の出し入れが原因みたい?


IMG_8104大田東バスターミナル
大田は大きな街だけあって、バスターミナルも超でかい。


IMG_8105大田東バスターミナル
たくさんの人です。

目的地・東鶴寺(トンハクサ)への行き方がいまいちわからず戸惑いましたが、バスが分からず一旦タクシーで大田駅まで行って観光案内所で聞いてバス停までてくてくありて、15:20にやっとバス乗れました。
16時半、東鶴寺着!
もう雨は上がっていて一安心。
バス降り場のお店や観光案内所で帰りのバス時間確認。
飼い主はこのまま公州に行けたらと思ってたみたいですが、最終バスが17:10なので諦めました。結果的に、この日に公州行けなかったことで翌日も充実した旅程になりました。
こういうリュックひとつでの旅、その日どこに泊まってもいい、こんな気ままな旅行が楽しめる韓国地方旅が大好きです。


IMG_8109東寺入り口
入り口。


IMG_8112東寺シクタン街
食堂街。
アジュンマの客引きがすごかった~。
食べるとしても帰りだね、とスルーしてお寺へGO。


IMG_8114東寺山門
山門。
ここから本堂までの道が長いのです。拝観料2000ウォン。


IMG_8117東寺参道
山道までの坂道の脇には渓流。
少し寒いけれど歩くにはいい感じかも。


IMG_8116東寺参道
めちゃくちゃ水が澄んでますね。


IMG_8118東寺
40分かけてテクテク歩き、17:10、東鶴寺の本堂に到着。
東鶴寺は尼寺なので、女性がたくさんいました。


IMG_8119東寺
坂道の後の階段も、今の私にはへっちゃらです。


IMG_8120東寺
雰囲気が落ち着いていて、なんだか癒しの効果がある、そんなお寺です。


IMG_8121東寺
尼さんが勉強している空間なので立入はご遠慮していただければありがたいです、みたいな看板が多くて入れない場所が多かったのが残念。


IMG_8122東寺
いい感じ。


IMG_8124東寺
何人もの尼さんとすれ違いましたが、若い人もたくさんいました。
恋愛できないのは辛くないのかなとか、やっぱり女性ならではの派閥みたいなのは尼界にも存在するんだろうかとか、生理はどうしているんだろうとか、俗人の私はそんな雑念ばかり浮かびます。


IMG_8128東寺
美しいですねぇ。


IMG_8129東寺
遠い道のりでしたが来てよかったです。

お寺を見た後、下山。
ここで食事を済ませるか、街に戻ってからするか考えた結果、街へ行くことにしました。
まだ18時前だしね。
客引きアジュンマに「パルガン カバン アガッシー(赤いカバンのお嬢さん~)」とピンポイントで声をかけられ苦笑いしながらも客引きを振り切り、先ほどの観光案内所にまた立ち寄る。
私は地理も行き先もまったく把握していないので、飼い主の質問を通訳するだけ
どうやら飼い主の次の目的には「ユソン温泉」らしい。
ユソン温泉にはチムジルバンはあるか、どのバス停で降りればいいか、確認しお礼を言いバス停へ戻る。
18時過ぎにはバスが来たのですが、バス運転手アジョッシは入り口に鍵をかけて降り場の売店でコーヒーブレイク・・・
私達の他にもお客さんが数人いたし、もうすっかりとっても冷えてきていたのにアジョッシはマイペースというかヒドイというか・・・
10分くらい外で待たされたかしら、18:20やっとバスに乗れました。
2人で2900ウォンと行きと微妙に値段が違う?
バスのアナウンスと路線図を照らし合わせながら乗りこさないように気をつけ、18:40、リベラホテル前という停留所で降ります。
バス停の名前になるような高級ホテルはもちろん私達の泊まり先ではありませんっ。
まずは今日の宿泊場所を探しましょう。
続くっ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。