-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-30 23:59 | カテゴリ:2007なつinかんこく
スポンサーサイト
2007-09-30 19:09 | カテゴリ:2007なつinかんこく
韓国旅行記に、一部デジカメで撮った画像を追加しました
過去記事、最新記事問わずいつでもコメント大歓迎です



1日目旅行記へcoldtoneアイス、タワー画像追加こちら


5日目旅行記へ冬ソナ並木道、タッカルビ、マッククス、春川明洞通り、チムヂルバンでの定食、及びビビン麺画像追加(文章追記もあり、韓国で見た日本のプロ野球について)こちら


6日目旅行記へキムチチゲ画像追加こちら


7日目旅行記へ宮廷料理、モクサル画像追加こちら


8日目旅行記へサムパプ葉、飛行機画像追加こちら




おいしそうな画像のオンパレードに、今すぐまた韓国に行きたくなりました
2007-09-29 09:27 | カテゴリ:2007なつinかんこく
9/1(土)

泣いてもわめいても、今日が韓国旅行最終日です。
7泊8日の日程で韓国に旅行できる幸せは十分理解しつつも、まだ帰りたくないまだいたいー。

外は雨
せっかくの最終日ではありますが、お昼過ぎまでホテルでのんびり。
さよなら韓国語をしゃべるドラえもん、さよならシン チャング(クレヨンしんちゃんアニメ版のしんちゃん韓国語名)

とうとうチェックアウト。
素敵なホテルに泊まれたおかげで、旅行が何倍も楽しくなりました


外は相変わらずの大雨
韓国のカップルって、もんのすごくくっついて歩くんですけど(お互いの肩や腰に手を回し合ったり、エスカレーター乗ってる時なんか後ろから抱きしめたりね・・・)、それは雨が降っていても例外ではありません。
むしろ韓国カップル、ほぼ100%アイアイガサ。で、肩を組み合う。(組むじゃなくて組み合う)
傘が買えないほど貧乏では絶対にないんです。くっつきたいんです。
で、それはたとえ折りたたみ傘でももちろん例外でないから、カップル達はたとえ肩を組み合っていてもカラダ半分雨に当たってます。
それでもアイアイガサ。断固として傘はひとつ。

一方の私達、飼い主&ぷっくカップル。
もちろん傘はひとりひとつ!だって雨に濡れたくないもん!
そして横に並ばず縦に歩く!だって傘がぶつかっちゃうもん!

・・・・・・・・

・・・・・・・・

カップルどころか連れにも見えんヽ(`Д´)ノ


そうして最後の食事、サムパプ(葉っぱ包みご飯)屋さんへ到着。
20070921210005


サムパプ葉

9/30画像追加
愛想の悪いおばちゃんから聞き出したのですが、17種類くらいの葉っぱがあるとか。


おいしかったけど、ここはお店の人の感じが・・・・・・でした。
まだまだ食べ足りないし全然飽きてないけど、これで韓国料理は終了。
留学中も一度も日本料理を恋しくならなかった私(例外:日本のラーメン)、旅行から帰ってきてからは逆に韓国料理食べたい中毒が抜けませんでした。
(ま、慢性韓国料理熱望中毒だけど・・・)

そうだ、私達、この7泊8日の旅行を通して、1回もお酒飲みませんでした
元々お互いそんなに好きでない(私はお酒好きな周期と嫌いな周期が交互におとずれるんですけど、ここ何ヶ月も飲まない周期です)のと、私は旅行中に酔って気持ち悪くなるのはもったいないと思ったので。
サムゲタン屋で食前酒として高麗人参酒が小さなおちょこ?で出てきたのを飲んだのが唯一の例外くらいかな。あれも飼い主は飲まなかったし。

あと、お店に迷惑かかるといけないのでどこのお店かはちょっと書けないけど、今回の旅行中、
あるお店で食事中に、店員さんが間違って私にお水をこぼしちゃったんですね。
ジーンズがかなり濡れたけど、ただの水だから歩いてればそのうちそのまま乾くし、ケガしたわけでもないから全然平気。
店員さんは何度も謝ってくださったけど、普通に「大丈夫ですよ、水だから気にしないでください」って言いました。
飼い主は逆に嬉しそうに(水をこぼされたぷっくの図が面白かったらしい)「ケンチャナヨケンチャナヨ」と言う。
自分達で言うのもなんだけど、店員さんがお水こぼしちゃった相手が私でよかったなぁと(笑)
ちょっとタチの悪いお客だったら、怒鳴ったり食事タダにしろって言ったりしかねないから。。。

いったんホテルに戻り、預けたスーツケースを取りに行く。
これで本当にこのホテルとも最後
絶対またここに泊まります
お世話になったフロントのお姉さんと最後に写真を撮った時、自然に腕を組んでくれたのが韓国らしくて嬉しかったです

14時ホテル発。
バスに乗って仁川空港へ。
行きは金浦空港から地下鉄で入ったので空港バスは今回の旅行で初乗り。
空港バス、酔って気持ち悪くなるからニガテなんです。。。
普通のバスだと酔わないのにな。
単に乗ってる距離が長いからかな?
なので最後の景色、もったいないけど寝て過ごしました。

とうとう空港に到着。
雨の中、myパスポート放り投げて帰国不可能にしてやろうかとちらっと思ったけど、そんなことをして困るのは誰?only me なのでやめました。

雨でジーンズが濡れたのでトイレで着替えて搭乗手続き。
飼い主はここから関空経由で秋田へ、私は新潟空港へ。
混んでたため、私の搭乗手続きが時間とってしまったけど無事終了。
ここでも最初日本語で話しかけられたけど韓国語で通したら韓国語になってくれました

手荷物検査&身体検査(?)
ここでは私、ベルトが引っかからなかったんですよね。行き(というか秋田-東京間)では同じベルトが引っかかったのに

あとは飛行機に乗るだけ。
まだ時間があるので、最後の食事はバーガーキング(何故だー)

帰りたくないーと言っても時間は来てしまうもので。
私は初韓国が留学だったので、純粋な旅行での韓国は今回が初めて。
(ってか一度も来たことのない韓国に留学を決めた私、そして自分の金ならいいよとあっさり許したウリ家族も今考えると無謀)
韓国旅行に来てよかった。本当によかった、楽しかった!!!


私のフライトが30分くらい早かったので飼い主に見送ってもらう。
新潟好きの飼い主、「ここにいる人達ってみんな新潟に関係ある人なんだよね。『アルービレックス!』って叫んだら反応あるかな」と言い出す

コリアンエアー

9/30画像追加
飼い主が撮った、私が乗った飛行機。


さて飛行機に乗り込み、ここからは私ひとりです。
行きはJALだったけど、帰りはコリアンエアー。
コリアンエアーは乗り場の近くに新聞置いてあって好きなのもらうことできるし、モニタで今どこを何kmで飛んでいるか分かるから好き。
で、私は迷わず韓国の新聞を手に取りました。
そして席に着いて、カバンから金田一少年の事件簿のコミックを出して読みふける。
後ろに座った韓国人の若い女の子(見てないので声からの推定ですが)が、フライト前にお母さんに電話して「お母さん、飛行機乗ったよ。もう出発するよ。着いたらまたかけるね(ぷっく訳)」って話していて、留学かな?と思いドキドキしてました。

16時25分発の予定だったけど少し遅れて離陸。
飛行機は3列で私は窓際だったのですが、私の横2席は誰も座らず。
韓国の新聞と韓国語コミックを持ってる私に、美人の客室乗務員さんは当然のように韓国語で接客してくださる。
聞き取りはできるからいいけど、「カムサハムニダ」はもちろん、「ネー(はい)」の一言でも発すると日本人だとバレるので、お礼はすべて頭を下げて行った私は今考えると滑稽である。
いや別にバレてもどってことないんだけどさ、せっかく韓国語で話しかけてもらってるんだから韓国語聞きたかったんだと思う。
途中で見たことない用紙が配られたなと思ったら、「日本に入国する外国人が書く用の用紙」だったし

出発は予定時刻より遅れたけど、到着は逆に予定より早く着きました。
地元に帰っていたから、2週間ぶりの新潟です。
家に帰るまでが遠足です、タクシーでアパートに無事到着。
(日本のタクシー高い
2ヵ月以上前から計画していて、とっても楽しみにしていた韓国旅行もこれですべて無事終了。
そして旅行から1ヵ月たち旅行記も完成しました。
旅行記は最終回です。
旅行記を書いている間も旅行が続いてるようで楽しかったです
旅行記の他にも書きたいネタはたくさんたまっているので、また通常運行でブログ更新していきたいと思います。
次回は旅行で買った戦利品たちの感想書きます(結局まだ続くんかいっ
2007-09-26 21:27 | カテゴリ:2007なつinかんこく
8/31(金)

前日の水原華城歩きと大重量買い物で疲れ果て、ものすごくぐっすり眠った私は8時にスッキリ起床。
私は相当疲れまくってたらしく、飼い主が「ぷっく死んだかと思った」というくらい動きもせずに寝ていたみたい。

朝食食べてのんびりして、10時30分、ホテル発。
向かうは永豊文庫。
マンガ『金田一少年の事件簿』をもう少し買い足すためです(笑)
1,2冊買うつもりだったんですけど、結局5冊お買い上げ。
まだ朝なのに、重い本を持って歩くハメになりましたが、嬉しい買い物なので平気です。

その後、前日にナツさんから伺った、「三清洞」というエリアへ向かう。
ここは観光名所ではないんだけど、日本でいえば代官山?シモキタ?(はい、行ったこともない田舎者のイメージです)のようなオシャレなエリア。
ここではモデルさんの撮影がそこかしこで行われていていました。
JJとかVIVIとか、そんな感じの雑誌に出るような撮影
いうまでもなく、細い!キレイ!
1時間弱歩いただけで、4箇所くらいでの撮影に遭遇しました。
ソウルってエリアごとの特色がハッキリしてるのが魅力だと思うんですけど、またひとつ違った魅力を発見して嬉しかったです

さて次は本日のメイン!?宮廷料理を食べに行きます!!!
私達が向かったのは、紫霞門(チャハムン)というところ。
韓定食は食べたことありますが、宮廷料理は初めて。
チャングムにハマったため、期待度も超高いです。


 宮廷料理や韓定食についてはこちら

紫霞門(チャハムン)についてはこちら



20070921204754

店構えからして高級

韓定食だと、注文するとすべてのメニューが一気に出てきて一瞬でテーブルが埋まりますが、ここは一品ずつ少しずつ出してくれます。
今回私達が食べたかったのは、クジョルパンとシンソルロ。
私達の注文したコースには、クジョルパンは付いてるけどシンソルロはなし。
単品で注文できるものの、25000ウォンとお高い。
何人前ですか?と聞いたところ、大体3人前ですとのお答え、コースにプラスしてそれじゃ食べれないだろう・・・と(この時は)判断し、コース2人前のみ注文。



200709212047546

憧れのクジョルパン。



200709212047548

クジョルパンアップ。
真ん中のは薄いクレープのような生地で、周りの野菜をくるんで食べます。
とてもとてもとても量は少なかったけど(笑)、おいしかったです



200709212047544

白いスープ。




200709212047542

フェ(刺身)




200709212034008

ジョン。チヂミです。



200709212034006

肉たち。
左下のピンクな肉、最初は色が微妙で箸を付けなかったのですが、なんとこれ
「鯨の肉」
だそうです
私鯨の肉って生まれて初めて見るーーー!!!
貴重なので、色の微妙さにもマケズ完食しました。
なかなかおいしかったです。

・・・このあたりから、私と飼い主は協議に入りました。
「この量ならいけそうじゃね?」
「でも3人前って言ってたよ。それに25000ウォンって激高・・・」
「でもめったに宮廷料理なんて食べないし、せっかくだよ」
「・・・いっちゃう?」
「いっちゃう」



はい、シンソルロ単品で追加注文~
店員さんに素でビックリされました

200709212034004

ジャジャーン
韓国来る前に写真で見ていて、
「味の想像がつかないものNO.1」だったシンソルロ。
薄味で、でも海鮮のダシがしっかり出ていて、上品な味でとてもとても美味でした。
多分一生に一度だろうし、思い切って注文してよかったです。




200709212034002

チゲ。



宮廷料理

9/30画像追加



20070921203400

最後まで楽しませていただきます、伝統茶とお菓子。
お茶はスジョンガかな~と思ったけど、なんだか不思議な味で美味でした。
もちろん今回の旅行で一番高かった今回の昼食だけど、それでも来てよかった!
あ、でも美味しかったけど、1回食べれば満足かな(笑)

1時間半ノンビリ食事を楽しみ、今度はまたタクシーで戻って昌徳宮などを巡り、16時ホテル着、少し休憩。
この時は、あー明日はもう帰国なんだーって考えて、すごくすごく寂しかったです。。。
7泊8日なんて全っ然足りないー。もっともっといたいー。

昨日お会いさせていただいたナツさんにご連絡し、今日も夕食をご一緒させていただくことに
(ナツさん、貴重な時間を使って会っていただき、本当にありがとうございました&ごめんなさいです・・・)

今日はナツさんオススメのモクサル(豚の首肉)のお店へ。
観光客向けじゃなく地元向けって感じのお店で、店構えもごくごく普通のトコなんですけど、ここがもうホンットにホンットに美味しかった!!!
モクサルとテジカルビを注文したんですけど、これが絶品
特に飼い主はサムギョプサルがあまり好きではないので、このモクサルにハマってました。
パンチャン(おかず)も、水キムチとかニンニクとか、基本的でシンプルなものなんですけどどれもこれもおいしい!!
宮廷料理よりも感動度が高かった焼肉屋(笑)
ナツさんおいしいお店ありがとうございました

モクサル

9/30画像追加

あとは、ナツさんがお店のアジュンマ(おばさん)と仲良しだったのが、なんかすごくいいな~と思いました。

ナツさんと別れ、今日も近くの新村チムジルバンへ。
日本のスーパー銭湯だと2時間弱もいればもう満足なのに、韓国のチムジルバンは何時間いてもいいですね~。
この時は3時間45分くらいいたけど、もっともっともっといても平気

そして23時50分、ホテルに戻ります。
明日はもう帰国。
現実に戻りたくないぞー。
今こうしてブログを書いていても心が痛くなるくらい(笑)、この時は寂しくて悲しかったですね~。

1時過ぎ、就寝。
明日の今頃にはもう新潟です


今回、旅行記が遅くなってしまったのは、忙しかったのもあるけど、最後の旅行記を書ききってしまいたくなかったからだって今気づきました。
すでに旅行から帰ってきて1ヵ月がたとうとしてるけど、こうして記事を書いてる間は旅行が続いてるような感覚で楽しかったんですよね。
次回は旅行記最終回です!
2007-09-19 23:05 | カテゴリ:2007なつinかんこく
8/30(木)
今日は、今回の旅行2回目の水原に行く日です!
韓国旅行3日目~水原な一日~はこちら

もちろん旅行前は2回も水原に行く予定はなかったのですが、華城にいけなかったのが心残りだったので急遽リベンジ!!

ちょっと遅めで10時ホテル発。
お昼頃に水原に着く。
腹が減っては戦が出来ぬ、華城に行く前に昼食です。
2人でピザ屋を探す(笑)
日本のピザ屋はテイクアウト専門のようなところが多いですが、韓国ではお店の中で食べれる形式がほとんどで、ピザ屋のチェーン店も多いです。

テキトーに歩き回っていただけで発見しましたミスターピザ
席に着き、メニューを吟味。
奥では店員さんが記事をクルクル作ってます。

私は韓国のピザの中で、コグマ(=さつまいも)ピザが大好物。
しかし飼い主は普通の甘くないピザが食べたいとのことで、ノーマルなピザを頼む。
コグマにありつけなかったのが今回の旅でちょっと心残りかも。。。

注文すると、店員さん
シボーブンチョンド キダリョジュセヨ(シボー分くらいお待ちください」
飼い主に「4,5分で出来るって。早いね」と得意気に通訳。
そして10分くらい待っても出てこない。
「4,5分って言ったのに、いい加減な」と飼い主。
「ホントだねぇ」って答えながら私の頭に稲妻が走りました。

シボー分は4,5分じゃなくて15分のことだ

「・・・ごめん、通訳間違えた、店員さん4,5分じゃなくて15分って言ってた・・・」
「・・・・・・」

ピザはほとんどきっかり15分後に出てきました。
店員さんごめんなさい

200709182132308

出来立てホヤホヤのピザ。
これがまぁ、ホントにホントにおいしかった!!!
韓国は韓国料理がおいしい代わりに(?)、洋食はイマイチ・・・ってイメージあるのですが、ピザだけはむしろ日本よりおいしい気がする。
飼い主はこの時「日本に帰って、韓国で何が一番おいしかったか聞かれたらピザって答える」とまで言い出す始末。
いや確かにおいしいけど、ピザって答えてほしくはないような・・・

そして店内でピザを堪能していると、聞き覚えのある曲が流れてきました。

ナーナ ナナナ ナナナ ナナナ

OZMAキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

いやホントはOZMAじゃなく、この歌の原曲なんですけどね。
OZMAは韓国の歌をカバーして歌ってるんです。
この曲聞くと反射的に踊ってしまう体質なので、抑えるのに苦労しました。

ピザに大満足し、いざ華城へ!!!
華城は、まず階段を延々延々と登っていかなくてはなりません。
登っても登っても続く階段。意識が遠くなる。
飼い主は平気な顔で登り続けてニクタラシイ。
救いだったのは曇ってたことかな。


やーっとのことで登りきる。

200709182132306

世界文化遺産。

登ってゴールではありません、これから一周して回るのです。
結構おばあちゃんとかもいて、みんなあの階段を登ってきたなんてすごい・・・と思いました。

苦労して登った甲斐あって、広がる景色はやっぱり壮観。

200709182132304


200709182132302


もう一回水原に来て、こうして登ってよかった
私が一人で韓国旅行に来たら、食事か本屋かしか行かず、観光はしないと思うので、こうして色々連れてきてくれる飼い主には感謝です。

1時間50分くらい歩き、4分の3周くらいだけどここで終了。
帰りは龍の顔の列車で入口まで行くことにしました。

20070918213230

このデザイン好みー!!!
乗り込んでから出発までの間、栗売りさんが来て、乗客ひとりひとりに栗を1粒ずつ試食で配ってくださいました。
美味しかった買わなかったけど・・・

スピード出せば10分くらいで着くところ、30分くらいかけ、歩くような速度で動く列車。
途中で「左手に見えるのは○○で、歴史が・・・」と自動音声が流れます。
でも韓国語、英語、日本語で流れるので、多分日本語で聞こえる頃には通り過ぎていたと思います。

15時30分、列車着。
この距離をよく歩いた、私!!!

水原駅までバスで戻り、新村へ向かう。
ブログを通してお知り合いになったナツさんと初めて会う日です。

地下鉄1号線から2号線に乗り換える時、飼い主がめちゃくちゃ可愛い女の子を見つけ大喜び。
それまでも足のキレイな人を見つけたら目で追っていた飼い主ですが(被害に遭われた足のキレイな方ごめんなさい)、「可愛いコがいない・・・」とずっと言っていました。
そしてここに来てようやっと会えた可愛いコ。
色が白くて肌がキレイで、お人形さんみたいな女の子でした。
でも男連れ(笑)
飼い主は「あの男は単なる友達」と勝手に断定(おい)
結局、新村駅のひとつ手前、弘大で女の子は降りて行きました。
弘大は芸術大学が多いところだから、あのコももしかして芸術系の分野に通ってるのかな?
ホントに可愛かったです
飼い主ズルい。私は韓国でカッコイイ男の人に会ってないのに(そっち?)
あ、でもソルロンタンの店聞いた観光案内所のお兄さんはイケメンだったか。



新村に着き、ナツさんに電話。
地下鉄の階段下の椅子で待ち合わせ。
隣のコがDSでマリオカートらしきものをやっています。
ものすごいスピード感

ナツさんがいらっしゃって初めてのご対面
美人~&女ヂカラ満点
オイラみたいなイモに会ってくださってありがとうございます

新村は留学時代に住んでいた街。
3番出口のマックが変わってなくて嬉しい
でもお店はさすがにものすごく変化してたような気がする。

チヂミを食べながら留学のことを色々お話して、とってもとっても楽しかったです
おいしいお店を聞いたり、いいチムジルバン(日本でいうスーパー銭湯のようなもの)を聞いたり。
チムジルバンの時は、その場でお友達に電話して聞いてくださって感激しました。
あとはやっぱり韓国語、ナツさんの韓国語の流れるような素晴らしさにドキドキしましたっ。
これはナツさんの努力の賜物です。
私も頑張ろう
貴重な時間を割いて会っていただき、本当にありがとうございました!!!

ナツさんと別れて、向かうは龍山駅。
DSソフト物色&チムヂルバン目当てです。
龍山駅に着き、まずはDSソフト。

200709021028456.jpg

今毎日やってるんですけどね、面白いですよ~!!!
これに関しては旅行記終了後に記事にします

お店を出たのは8時ギリギリ。
8時過ぎると値段の上がるチムジルバンが多いので、走る走る。
大体の場所は聞いていたものの、わからなくなり尋ねる。
飼い主:「金が絡むと恥もなく道聞けるんだね」
・・・2,3分の差で数百円×2取られるのは悔しいじゃないか~。

で、チムヂルバンを発見し、8時には間に合ったものの、
基本料金が高くて入りませんでした
ナツさんごめんなさい。。

で、さっき夕食食べたばかりなのに食堂を探す私達。
通りかがりの超庶民的な食堂に入る。
私の場合、韓国以外の国だと、多分庶民的な食堂には気後れして入れないと思うので、やっぱり自分韓国に馴染んでるんだな~。
ちょうど韓国人人質のニュースをやっていた時期で、食堂のおばちゃんは食い入るように見ていました。
そしてここで注文したキムチチゲ&スンドゥブチゲ(やわらか豆腐が入った辛いチゲ)が絶品!!!
龍山定食

9/30画像追加


満足して食堂出て、近くにあったEマートへ。
おみやげ購入です。
コチュジャンとかゆず茶の瓶とか、いろいろいろいろ大量購入。
2人で1万円近くという大量買いしました。
この重い重い数キロ単位の荷物を抱え、地下鉄でホテルまで戻らなくてはなりません・・・
この段階で、もう一歩も動けないくらい疲弊していたため、意識が遠くなりながら歩く。
やっとの、やっとの、やっとのことでホテルにたどり着き、何も考えられないままシャワー浴び(浴びた記憶がないけど多分浴びた)、泥のように眠りました

水原の階段と大量の荷物で疲れきってしまったけど、その他はとっても楽しい一日でした
水原、階段さえ登らなくていいならまた行きたいなぁ・・・
2007-09-16 23:35 | カテゴリ:2007なつinかんこく
8/29(水)

はい、今日は冬ソナの撮影地、ナミソムとチュンチョンに行く日です~
ナミソム(南怡島)についてはこちら
チュンチョン(春川)についてはこちら
冬ソナっていうか、私はタッカルビがメイン

この日は雨だったため、春川行きを延期するかと話し合い。
結果、決行することにしました。

7時、ホテル発。
今日は地下鉄でなくムグンファ号という鉄道での旅。
鉄道といえばもちろんキムパプ=韓国海苔巻きは絶対絶対欠かせないでしょう!!!俺の思い込み。(長井秀和)

キムパプ天国でキムパプを買って地下鉄で清涼里駅へ。そこから国鉄ムグンファに乗り換え、加平駅下車。ナミソム行きの場所までタクシーです。
ナミソムはソム=島なので、船で島へ行きます。10分くらい。

島に降り、あとは自由に散策。
あの並木道もそのままのがありましたよー!

並木道

9/30画像追加


ファーストキスのところには、黒ずんだ雪だるまの模型?もきちんとありました。

※この日はなぜか携帯で写真をほとんど撮っていないので、画像が全然なくてごめんなさい
デジカメでは撮ったので、後ほど画像追加するかもしれません。追加したら最近記事にその旨書きます。

9/30 画像追記しました。


冬ソナの像もありました!!

200709152212224


・・・ブームを感じますね・・・



200709152212222

ユジンアップ。似てないような・・・


20070915221222

チュンサン=ミニョンアップ。こちらはまぁ似てる・・・かな?

冬ソナは言葉がキレイで聞き取りやすいので、学習には向いてると思います。
私は音楽スキ
ストーリーは、ユジンが主体性なく揺れすぎなのと、サンヒョクがちょっと・・・なのが好みじゃなかったかも。
サンヒョク、ユジンに冷たくされたからって倒れて病院に運ばれましたからね・・・。
チェ・ジウさんやパク・ヨンハさんは好きです

ナミソムには結局1時間くらいの滞在でした。
来てよかったけど、1回で満足かも

また加平駅に戻り、11時15分加平駅発11時50分南春川駅着。
雨ざぁざぁ~
水原で買った傘を差し、南春川駅へ行くタクシー乗り場を観光案内の方に聞く。
「タッカルビ食べに行かれるんですか?」と聞かれてしまいました
その通り、春川名物タッカルビ
タクシーの運転手さんには、行き先をミョンドンタッカルビコリイプク(明洞タッカルビ通り入口)と伝えてください、と教えていただく。

タクシー乗り場には長蛇の列、タクシーも列を作って順番に乗っていくシステム?です。
私達が乗り込んだ途端、「アンニョンハセヨ!」と大きく元気な声の運転手さん。
この旅初めての、そして以後も出会うことなかった女性の運転手さんです。
観光案内の方に教えてもらった通り、「ミョンドンタッカルビコリイプク(明洞タッカルビ通り入口)ロ カジュセヨ」と言うと、韓国語で
「タッカルビ通りはね、昔はおいしかったけど今は味がすごく落ちたよ。1970年(←数字ちゃんと聞き取れてるか自信なし)くらいまではおいしかったんだけどね。おいしい店知ってるから連れて行ってあげましょうか?」と。
飼い主に通訳すると、「明洞歩いてみたいから明洞に行く」とのことでそれを伝えると「OK!」とまた元気な声。
途中でガムをサービスでくださったり、元気な感じでとても楽しかったです。
「イェップシネヨ」と言ってくださり、飼い主に「可愛いって言われた」と伝えたら、飼い主は苦虫を噛み潰したような顔をしました
ふん。

雨の中、明洞タッカルビ通りに到着!
韓国では、タッカルビ通りならタッカルビ通り、トッポキ通りならトッポキ通りなどと、ある箇所に同じ食べ物を出すお店が
ズラ~~~ッッッ
と固まって並んでいるのがとても多いのです。
こんなに同じお店ばっかり並んでて儲けられるのだろうか?と不思議に思うくらい。
タッカルビ通りもご多分に漏れず、タッカルビのお店だけがずーっと並んでいます。
お目当てのお店は決めず、決め手は「お客さんがたくさん入っているところ」に入るつもりで通りを歩く。
お店によっては客引きもしてきます。
ある程度歩いたところで(雨も降っていたため、通りの最後までは歩きませんでした)、他のお店と比べて明らかにお客さんの数が違ったお店が1件だけあったので戻ってそこに入る。

席についた後、「お店の名前なんていうの?」と飼い主に聞かれ(飼い主もハングル読めることは読めるのですが、メンドくさがって私に聞いてきます)、「明洞1番地タッカルビだって」と伝えると、
「このお店有名だから、旅行計画表に名前書いてきたところだ」
すごい偶然!と一瞬思ったけど偶然でもなく、それだけおいしいトコだからお客さんも入って色々載るんだなーと思い、期待膨らむっ。

タッカルビとマッククス(冷麺に似た食べ物。タッカルビと並び、春川名物です)を注文。

タッカルビ

9/30画像追加

マッククス

9/30画像追加

ソウルナビにもお店の紹介&画像が載ってるのでどうぞ明洞1番地タッカルビ

留学中に一度だけソウルでタッカルビ食べたことがあるんですが、モロに私好みの味
おいしくてボリュームたっぷりで、大満足!!!
タッカルビ、日本で食べれないもんなぁ。。。

途中でお腹いっぱいになってきたけど、結局完食。
満足してお店を出る。
雨ということもあり、観光できなかったのが残念だったけど来てよかったです

春川明洞

9/30画像追加


春川は一日がかりになるかなーと思ったけど、南春川駅に着いたのは13時15分でした。
またまたムグンファ号でソウルへ。
のどかな景色が心地いいです。

15時30分、戻ってきました清涼里駅。
ここで、おととい作ったオーダーメイドの靴屋さんに電話。
予定では明日か明後日取りに行くことにしてあったのですが、今日もし出来上がってたら今取りに行けたらなぁと。
お店に電話して韓国語で一生懸命話したところ、店員さんに
「日本語できますから日本語でどうぞ」
と言われたことは今でもショックです・・・

靴は早くもできていたので取りに行く。
履いてみるとさすがオーダーメイド、私のデカくて広い足にもピッタリ、しかも履いているとデカくて広くみえない
いや~感謝感激、救世主です。

17時、ホテル着。
ここで飼い主は、私の買ったDSソフト「ボンバーマン」にハマる。
ハマりにハマって、その後の旅でも帰国後でも延々とやっていました。
私はこの手のゲームはわりと得意で、どちらかというと飼い主は苦手な方らしい。
なので旅の途中では何度も何度も何度もゲームオーバーになっており、私はかなり優越感にひたっていた・・・のですが、その後飼い主はめきめき腕を上げ、帰国後ですが私の記録越されました

これ以上ソフト持ってるとやりすぎてしまうとのことで、他の荷物と一緒に新潟へ送ってくれたので、これからは私が記録塗り替えます

19時半、ホテル近くのチムジルバン(日本でいうスーパー銭湯のようなところ。お風呂のほかに、服を着て入る男女共用低温サウナがある)へ。
ここにもDS持参でボンバーマンの飼い主。
もちろんサウナの中には持ち込みませんよ~、休憩室でですよ~
私は金田一のマンガを読む。

※9/30追記:忘れてたけど、ここでは巨人vsヤクルト戦を放送してました。
イ・スンヨプ選手が巨人にいるからだと思うんですけど、結構ビックリ&嬉しかった!


ちなみに、晩ご飯はチムジルバンの食堂で食べました。
飼い主はワカメスープ定食、私はビビン麺。
チムジルバンにはワカメスープ定食が多いと思います。ミネラル補給かな?
飼い主は韓国のワカメスープに大満足。
大好きな豆モヤシもおかずでついていて嬉しい
ビビン麺も専門店でないのにとってもおいしかったです♪

チンヂル定食

9/30画像追加

チンヂルビビン麺

9/30画像追加


チムジルバンってどうしても長居しちゃうもので、19時半に来て帰りは22時45分でした。
お腹も心も満足な一日、飼い主はホテルに戻ってもボンバーマン、私はテレビでやってたアニメのドラえもんで締めました。
(どーゆーカップルやねんっ)
2007-09-14 22:10 | カテゴリ:2007なつinかんこく
8/28(火)

旅行中日。
中日と言ってもこの日は火曜日、まだ土曜日まで韓国にいられます!
(羨ましいぜ、この時の自分・・・)
連日早起きして歩き回っていたので、この日はのんびりしようと飼い主。

外国旅行に来てのんびりするのって、ゼイタクにお金をパーッと使うのと同じくらいゼイタクに感じるのは、オイラが貧乏性だから?
私は元気だったので動き回れたけど、とりあえず飼い主計画に任せる。

「ちょっとまったりしようぜ」と言って部屋に連れ込み、ちゃっかりまったりどころかがっつり・・・っていうのはよくある話(そうか?)ですが、私達の場合はのんびりっていったら本当にのんびりです
朝ごはんが無料で出るホテルだったので、朝ごはん食べるために起きて、その後飼い主は朝寝。
夜に寝て、さらによくそんなにぐっすり寝られるなぁと思いつつ、私はパソコンや金田一韓国語版やDSでのんびり。

10時55分、お昼ご飯を食べるため外出。
向かったのはパプサンモリというお店です。
ここはしゃぶしゃぶとオーギョプサル(豚の五枚肉)が二大メインのお店。
このお店は今回は行く予定がなかったのですが、ソウルナビの口コミ見てたらお昼限定の定食があるとかで急遽行くことに。
飼い主が韓国のワカメスープを食べたがっていたんですけど、どうやらワカメスープがついてるらしい。
ワカメスープ、前回済州(チェジュ)島へ行った時に食べた味が忘れられない飼い主。
確かにあのワカメスープはおいしかったです

ということで、私はしゃぶしゃぶ、飼い主は定食を注文。
定食の写真を撮り忘れてしまいましたが、飼い主いわく「ワカメスープはおいしいけど日本と変わらない味かも」

200709132214024

しゃぶしゃぶ。
奥のサンチュの中に入ってるのは一口大のおにぎり。
数の子とカニカマが入っています。
しゃぶしゃぶしたお肉をこのおにぎり入りサンチュでくるんで食べる。
ハーモニーがたまらなくおいしいです
韓国のしゃぶしゃぶがすべてこうなっているのでなく、この形式はこのお店オリジナル。
あっという間に食べつくしちゃいました。

その後は歩いて教保文庫へ。
お目当てはリロ&スティッチの韓国語版DVDです。
韓国は結構露店でもDVDが売っているので、見かけるたびにリロスティ物色してたけどなかったんですよね。
他のディズニーDVDはわりとあるのですが。
露店DVDはやっぱりちょっと不安なので見かけても買わなかったかもしれないけど・・・

教保文庫でDVD探すと、
スティッチキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
200709021117502.jpg

20070902111750.jpg


興奮しながらお買い上げ。
元々は1巻だけ買おうと思ってたけど、セットになってたら2つ買わずにいられようか、いやいられない。
その後は本屋を少しだけ見て回る。
1日目に別の本屋を見た時に飼い主を置き去りにして怒られた前科があるため、今回は飼い主と一緒に見て回る。
中学生用の英語の教科書を手にとって見てみたけど、いややっぱりさすが韓国、中1用とは思えないくらいの難易度でした。
ここではもう欲しい本はなかったためにそのまま帰る。
日本人作家の本を何かほしかったけど、なかなかピンと来るものがなくって残念。

そしてDVDゲットでホクホクしながら次に向かうは伝統茶院。

200709132214022

飼い主注文、夏限定の五味子花茶。
写真ブレてますが、五味子茶にスイカが入ってます。
甘くてすっぱくて、とてもとてもおいしいです。
このお店は日本人が多かったけど、ほとんどの人がこれ頼んでました。



私はなつめ茶にしようかカリン茶にしようか他のにしようかずいぶん迷った末、こちらを注文。
20070913221402

高麗人参茶。
飼い主に「よくそんな臭いの飲むね・・・」と言われましたが(失敬な!)、ハチミツが入っているので甘くておいしかったですよ。

ちなみに、高麗人参茶6000ウォン、五味子花茶7000ウォン。
昼に食べた食事(定食5000ウォン、しゃぶしゃぶ6000ウォン)より高いんですよ
ただやっぱりその分おいしくて(まぁ場所代も含まれてますが)、私がスーパーで自分土産に買ってきたスティックティーとは比べ物にならないおいしさだけど。当たり前ですが

伝統茶院を出ると、飼い主が
「ソルロンタン食べたい」

・・・今ですか!?
11時半に食事して、今13時半ですよ!?
・・・私もお腹すいてるので異論ナシ!

有名なソルロンタンのお店、シンソンソルロンタン
明洞にあるのは知ってたけど、この近くにもあるらしい。

ソルロンタンについてはこちら
『ソルロンタンは牛の足の骨や臀部の肉、あばら骨、足の筋肉、牛舌、肺、脾臓、その他さまざまな肉を鍋に入れて煮立て、ダシをとったスープ。なのでソルロンタンは家で少しだけ作ろうと思っても本来の味が出せず、外の専門店で食べた方がずっとおいしい(ソウルナビより)』

場所が分からず、近くにあった観光案内所でソルロンタンのお店を聞く。
どの観光案内所に行ってもそうだけど、皆さんホントに色んなことに詳しい!
ちなみにここにいたお兄さんはエキゾチックな顔立ちのイケメンだったことをここに特筆いたします。

実は私、本物のソルロンタンは未体験。
留学時代、下宿で何度かソルロンタンもどきが出た時があったけど、
ほとんど味のないスープって感じだったんですね。
決してキライな味じゃないけど、特に食べたいと思いませんでした。
日本から飼い主の友達が来た時、朝食にシンソンソルロンタン食べておいしかったと聞いた時もスルーしてしまってました。
ところがところが!!!

200709132205172

やっぱり汁物にはカクテギ

200709132205174

ソルロンタン。

一口食べて二口食べて、びっくり!
とってもとってもクリーミー
えーっ、ソルロンタンってこんなに味のあるものだったの!?
カルチャーショーック!!!
下宿が悪いっていうんじゃなく、やっぱりこれは専門店でないと出せない味なんですね。
「クリーミー」「クリーミー」連呼しながら食べ続ける怪しい日本人・ぷっく。
いやーホンッッットにおいしくて感動しました。
また食べたい。今食べたい。すぐ食べたい。
実は今回の旅行を通し、最も思い出深いのはこのソルロンタンだったりします。
(飼い主、知ってた?)

ソルロンタンショックで興奮したまま、14時45分にホテル着。
ここから結局17時40分までまたホテルにいました。
飼い主が持参したモバイルPCはもう使わないのでリージョンコード変えてもいいとのことで、スティッチDVD再生してみる。
ミレタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
声にも違和感ないし、元々日本語で何度も見てるものだから安心してみられる。
でもスティッチの声は山ちゃん(山寺宏一さん)が世界一だと主張します。

この休憩で何してたっけっかな、飼い主はまたも昼寝してた気がする
私は貧乏性なせいか、昼寝ってなかなかできないんですよね。。。
いやするけど、心おきなくできないというか。もったいないー。

17時40分、清渓川付近を散歩。
いつ行ってもたくさんの市民がいて、いい空間です。
でも草伸びすぎです。川が見えません。。。

そしてまたホテルへ戻り、飼い主と真剣協議。
テーマ:「晩ご飯は何にするか」
色々な案が出て、最後に落ち着いたのがプテチゲ。
徒歩で向かいます。
今回は有名店、ノルブプテチゲへ。
日本料理の並ぶ通りで、飼い主の「Sanuki Boreを食べよう」との誘いを振り切りプテチゲへ入る。

20070913220517

煮える前のプテチゲ。煮えた後は撮り忘れました

コンビニでバナナ牛乳を買い、20時にはホテル戻る。


こうして一日振り返ると、この日はホントにのんびりだらだら過ごしてますねぇ。
でも満足度の高い日でした
地下鉄やバス、タクシーなどは一切使わずにずっと徒歩移動。
ホテルの立地がいいってのもあるけど、歩ける距離でこんなに楽しめるのもソウルの魅力ですね
2007-09-12 21:35 | カテゴリ:2007なつinかんこく
8/27(月)

今日は華城とカルビと民俗村の水原(スウォン)へ行く日です。
水原についてはこちら

関係ないけど、新潟には「水原(すいばら)」という地名があるんですよね。
あと、江南区もあって嬉しいです(笑)

水原といえば、留学中にブログを通して知り合ったsakochiさんと行ったのが思い出深いです。

朝食では、昨日の夜にポジャン(お持ち帰り)したキムパプも一緒に食べる。
8時35分にホテルを出て地下鉄に乗り、9時55分に水原着。
時間はまぁかかるけど、地下鉄一本だからラクだし、確か寝てたから(爆)あっという間だったような。
この日は雨でした。
旅行中に雨降ったら傘買えばいい、ということで持ってきてなかったんです。
ここ韓国では、雨が降ったらどこからともなく傘売りさんが路上に現れることを留学中の経験で知っていたので無問題。
案の定、駅の改札口を出た瞬間にいました傘売りさん。
3000ウォンで傘ゲット。

観光案内所で、華城まで行くバスの番号を聞く。
韓国の地下鉄に韓国のバス、好きな乗り物に乗れて嬉しいな♪

昨日のチャングムテーマパーク行きバスはアナウンスなかったけど、水原のバスは次の停留所とその次の停留所のアナウンスが一度に流れるのでハラハラすることなく降りることができました。

本家(?)華城一周の前に、華城行宮へ向かう。
・・・まぁ、普通でした(爆)
さて、この後華城巡るか水原名物カルビに行くか迷った結果、カルビを食べに行くことに。
私たちが行ったのはカポジョンカルビ。
カルビは一人前3万ウォンくらいと結構高いけど、ランチメニューはそこまでではないので、ランチ狙いで行きました。
ただ、肉が大きいのが水原カルビの売り?なんですけど、ランチだと肉はそんなに大きくないんですよね。
私はむしろ、肉よりもたくさん並ぶおかずとその豪華さに圧倒されました。

200709120835528


全部写ってなくてごめんなさい
さっきもリンクしたのと同じページだけど、ここに乗っているのとほぼ同じおかずです。
初体験のヤンニョムケジャン(蟹の薬味漬け)、これは高級品だから普通の焼肉屋さんではめったに出てこないおかずなんですよね。
甘い蟹の身が美味でした

それとここのお店の店員さん、アジュンマ(おばさん)達は多くの人がパーマなしのすっきりショートカットでした。
韓国アジュンマ定番の、『あの』パーマよりもスッキリしていてとってもとってもよかったと思いました。

私達はランチメニューだから肉は大きくなかったけど、隣の隣のテーブルではレギュラーメニューの肉を頼んでいたようで、その肉のデカさに驚き、人様が食べてるところから目が離せませんでした(笑)
4人で4人前頼んだのか分からないけど、あの量、いくら4人でも食べきれるのかい?

食後、とりあえず今日は華城巡りはやめて民俗村に行こう、となり駅へ戻る。
駅から無料シャトルバスで民俗村へ。
無料なのは嬉しいけど、本数が少ないのがちょっと不便だった・・・かな?

民俗村へ到着したのは14時。帰りのバスは17時発。
3時間もあれば・・・って思ったけど、中は本当に広くて、駆け足で回ってしまいました。
200709120835526


200709120835524


もし水原に行かれる予定の方がいらっしゃいましたら、民俗村で1日、華城巡りに一日かけるのがいいと思います。

民俗村に関してはこちら

水原といえばカルビ、しか頭になかった私ですが、民俗村巡りは思った以上に楽しかったです。
飼い主は世界遺産だったり文化財巡りが好きなので、飼い主と旅行すると自分じゃノーマークしていたところを見ることができ、そしてまたそれが面白かったりします

華城はこの日回れず、次にいつか韓国来た時に来ようね、と話していたのですが、数日後、また水原を訪れることになります。その話はまた後日

駆け足になってしまったものの、一日たっぷり水原を楽しみ地下鉄でソウルへ帰る。

晩ご飯は日本人旅行者らしく、もはや定番中の定番、全州中央会館へ。

200709120835522

20070912083552


ビビンバや冷麺はもちろん、付いて来た豆もやしスープがニンニクがすごく利いていて美味でした

帰ってきてからお洗濯をして就寝。
今日の旅行記はアッサリになったけど(っていうか1日目2日目がコッテリしすぎ?)、この日も韓国漬けで楽しかったです
しかし、行きの地下鉄でも帰りの地下鉄でも、民俗村のバスの中でも眠りこけていた記憶が・・・
2007-09-10 21:32 | カテゴリ:2007なつinかんこく
8/26(月)

この日の午前中は『チャングムテーマパーク』へ。
チャングムには飼い主が先にハマり、BSから録画してくれた完全版を見て私もハマってしまいました。
チャングムテーマパークまではちょっと遠いけど、ツアーでなく完全個人で行きました。
行き方を調べてくださったのは全部飼い主

9時20分、地下鉄へ乗りジュネ駅まで。
10時5分までかかりました。
この日に限らず、今回の旅行では地下鉄に長く乗る機会が多かったのですが、韓国の地下鉄といえば物売りさん!
どこからともなく現われ、
一人の物売りさんが持ってる商品は一種類なのですが、これがまたその時によってバラエティ豊かで面白く、立て板に水のような口上も楽しい。
ペットボトルカバー、靴下、アカスリタオルetc。たいていが1000ウォンかな。
面白いのが、きゅうりを薄く切るやつ(きゅうり持参)
これを売るのを見たのは、留学時代に1回、今回の旅行で一回。
何が面白いって、これを売る時のセールスポイントが
「こんなに薄く切れます」
でなく
「顔に貼っても落ちません!」なんだよね(爆笑)
しかも実際にきゅうりを顔に貼りながら売り歩きます!!!

そんなこんなで10時5分、ジュネ駅着。
結構乗ったのに、この地下鉄はずっと満員でした。
登山の格好をしたお客さんが多かったです。
すごく暑い日なのに、韓国のアジョッシアジュンマ(おじさんおばさん)はすごいなぁ。

駅を出ると、お目当てのバスが横断歩道の向こう側に見える。
でも一番右の路線にいないから出発したばかりなのね・・・と思いつつ向かって行くと、ドアが開いていて無事乗れました

ホッとしたのもつかの間、相変わらず素敵な猛スピードに素敵な曲がり方に素敵な車間距離
リアルジェットコースターです。
そして気づく、このバス、停車場案内(次は○○で止まります)っていうのがまったく流れない
乗客は乗り慣れてるのか的確にボタン押して降りて行く。
仕方ないので運転手さんに
「アジョッシー、MBCムナチョン アペソ セウォジュセヨー(おじさん=運転手さん。キサニムの方が本当は丁寧かも)MBC文化村前で止めてください」と叫ぶ。
実は私、こういうところが好きなんだけどね、韓国バス。

そして無事降りることができましたっ。
サイトでは駅からここまでバスで25分と書いてあったそうですが、10分で着いちゃったぜ。

帰りのバス停チェックするもイマイチわからず、もうとりあえずチャングムテーマパークへ向かう。

テーマパークと言っても特になにかある、というわけでなく、チャングムを撮影した王宮がそのまま残ってる感じ。
ここではこのシーンが撮影されましたみたいなパネルがあったり、ところどころでテレビ置いてあってDVD流してるくらいかな。
その分自由度はすごく高いです。
あとはアルバイトだと思うんですけど(笑)若くてイケメンの兄ちゃんが王様の服を着て、お客さんと一緒に写真を撮ってました。
みんなが日本語で韓国語で「王様と一緒に写真撮ってもらおう」「ほら王様だよ」って言ってるのがツボでした。


200709092120448

このパネルと並んで写真を撮るおじさん達は、何も書いてないのにみんな判で押したようにイヨンエと肩組んで嬉しそ~うな笑顔で写っているのが印象的でした。



200709092120442

うちの婆は、テレビでこの男性の現代姿を見て「サムライ姿の方がかっこいい」と申しておりました。
サムライじゃないけどね。



200709092120446

チャングムやハン尚宮などが閉じ込められた牢屋。
中に入ってみるたびに、飼い主に外から鍵をかけられました(怒)



200709092120444

ドラマを見た方ならわかるかな?
酢の入っていた壷です。
こんな壷まで、特に看板とか立つこともなくひっそりと埋まっているあたりがなんだか嬉しい。



20070909212044

クミョンが逃がした鶏は、食べられることなく生き延びて繁殖しました(嘘)
別の場所には、鶏の檻もありましたよ。


暑い中、2時間かけてゆっくり見て回り、チャングムの世界を堪能しました。
ここで試飲した五味子茶も冷たくておいしかった!!

帰りのバス乗り場とバス番号についてチケット売り場のお兄さんに聞く。
「35分に来ます、番号は2-4です」
と教えてもらいバス停でバスを待つものの、韓国のバス時間があてになるか分からず、バス停にもこのバスの番号書いてないし、この暑い中どのくらい待つのだろう・・・と不安になりながらバスを待つこと10分、
なんと時間通りにバスが来ました
こうして無事にジュネ駅へ戻ることができました。

今振り返ると、私としては、後日水原に行ったときより春川に行ったときより、この時が一番交通の面ではドキドキしました。

午後はイテウォンというところへ。
『戦利品たち!』でも書いたように、オーダーメイドの靴を作りに行くため。

イテウォンに着いたのは14時過ぎ。
お腹すいてるけど、イテウォンにはなかなか食堂がない。
結局『ボゴキン=バーガーキング』つまりマックやロッテリアと同じハンバーガー屋さん
7泊8日もいるから、全部韓国料理じゃなくて洋食とかも食べるよ、と飼い主は言ってたものの、まさか2日目にしてハンバーガーとは
ちなみに、飼い主は韓国料理大好きだけど、3食毎日毎日毎日韓国料理、というのは食べれないそうです。
私は3食毎日韓国料理だったら卒倒しそうなくらい嬉しいタイプ。そのために留学したんやから(←?)。
留学中も、特に日本の料理が恋しくなったりしなかったなぁ。
ただひとつ、日本のラーメンだけは食べたかったくらい。(この感覚、留学した方ならわかっていただけるのではないかと・・・)

で、ハンバーガー屋さんで、私が頼んだのは
パッピンス

200709092133006

韓国語版かき氷。氷にアイスに果物にあずきに、とっても豪華!
韓国のハンバーガー屋では、夏はどこもパッピンスを売ります。
日本のファーストフードでも売ればいいのにっていつも思います。

今回【食べるものリスト】にはもちろんパッピンスも載っており、
アイスベリーっていうパッピンス専門店で食べるつもりだったけど。
ボゴキンのパッピンスでパッピンス欲が満たされ、結局この旅で専門店には行きませんでした。

食欲が満たされた後靴屋さんへ行く。
オーダーメイドの色やデザインについては、私は分からないので全面的は飼い主に任せてました。
(普通逆だよねぇ)
お店には一年半前の私の足型、しっかり残ってました
でももちろん今回もしっかりお店の方に足型を取っていただき、飼い主は私の足型を爆笑したがら撮る(怒)

たっぷり時間をかけて靴を注文。
月曜に注文して、水曜にはできあがるので木曜か金曜に来てくださいとのこと。早い!

イテウォンを15時40分に出発し、次の目的地へ出発。
遅いお昼ご飯の後は、早い晩ご飯です(爆)
お昼ご飯がバーガーだったため、というわけではないけれど、晩ご飯はばっちり王道な韓国料理参鶏湯(サムゲタン)です。
サムゲタンの有名店、『土俗村』

すごく混むお店なので、16時10分というとっても中途半端な時間にあえて選んだのに、店内は席がたーーーくさんあるのに、それでもものすごい賑わいっぷり、席の埋まりっぷりにビックリ!
それも韓国人の方がとっても多く、話題性とかではない、このお店が本当においしいんだっていうのが感じられました。

200709092133004

ここのキムチがよく漬かってて、これまたおいしい!
サムゲタンとかソルロンタンとか、汁物のお店のキムチは深漬けが多い気がします。
右下のは高麗人参酒。
食前に出てきます。
飼い主は高麗人参が得意ではないので、私が2杯、ありがたくいただきました。
そういえば、この旅を通してアルコールってこの時の人参酒だけでした。しかもこれおちょこサイズだから酔うとかなかったし。
私も飼い主も飲まないので、食事に集中しておりました(笑)

200709092133002

サムゲタン~

前回、冬に某サムゲタン屋で食べた時にあまりおいしくなかった記憶が残ってたけど、やっぱり本格専門店は違うね!
スープがとにかくおいしかったです。
真冬に食べたらあったまりそうだぁ。

お腹いっぱいになって満足してお店出る。
店内は相変わらず途切れることなく混んでいます。
いったんホテルに戻り2時間弱も休憩。
休憩、っつってもご休憩ラブラブアハ~ンっていうんじゃなく、飼い主は昼寝したり私は金田一読んだり(また読む漫画が色気ないな・・・)とまったり空気

休憩後はチョンゲチョン(川です)とかをブラブラ散歩。
振り返ると、ホント海外旅行にしてはのんびりしてますねぇ。
しかしこの川、草が元気に生え放題伸び放題で、川が見えないところも多々あるんですけど、、誰か刈ろうよー

そして20時15分、
遅い昼ご飯、早い晩ご飯に続き
これは何?晩ご飯か夜食か、また粉食屋に入る。
この粉食屋には私が旅行で絶対食べたいと思っていた韓国の夏限定メニュー
コングクスが!
コングクスとは大豆をすった冷たいスープに麺が入ったもの。
よく豆乳麺と訳されますが、豆乳のサラサラ感とは全然違う、大豆!って感じの濃いスープ。
ずっと食べたかったけど、でもせっかくのコングクスだから専門店で食べたいよな、おいしくなかったら悲しいなーと思いつつ、まぁ専門店より安いし食べてみようとお店に入る。

お店に入るとおばちゃん達が席で食事している。
このおばちゃんが店員さんかお客さんか見分けがつかないワタシはまだまだ・・・
飼い主はキムパプ(海苔巻き)、ワタシはコングクス。

20070909213300

出てきた瞬間、思った以上に見た目がよくてビックリ。
きなこがかかったコングクスは初めて見ました。

恐る恐る一口。





うまい
すみません、専門店じゃないからって期待しなかった自分が悪かったです、ホントにおいしい!!
それは専門店ほどコッテリ濃くはないけど、逆にこれくらいの方がちょうどいいかも。
飼い主にも一度コングクスを体験してほしいと思ってたため食べてもらう。
なんとなく、飼い主は苦手な味なのかなって思ってたけど、そんなこともなく食べてくれました。
でも第一声は「味がない」(笑)
韓国料理には、自分で塩入れて味を調整するものが結構多いです。
この大豆の味が好きで、私は塩もキムチも入れず食べます。
後半なるとさすがに味に変化をつけるために入れるけどね。

この日は、ファーストフードでパッピンス、粉食屋でコングクスと、専門店で食べようと計画していたものを成り行きで食べ、そしてそれが思いがけずおいしかったという体験を1日に2度もした楽しい日でした
2007-09-08 21:05 | カテゴリ:2007なつinかんこく
8/25(土)

朝5時15分起床。
羽田空港8時20分発の飛行機のため、早起きです。
今日の午前中にはもう韓国だなんて、まだ信じられません
大きなスーツケースをガラガラと引っさげて、6時20分フロントへ。
私達の泊まったビジネスホテルは、羽田空港までの無料シャトルバスサービスがありました。
これがホントに便利でありがたかった!!
重いスーツケースを持って駅へ行って電車で空港へ・・・というのはやっぱり大変。

空港着、朝から人がたくさんいてビックリ!(←田舎者)
今度はチケットにも身体検査にも手荷物検査にも引っかからず無事出国

飛行機の中では、やっとこれから韓国だ~!って実感がわき、ずっとずっと落ち着かなくてソワソワしっぱなし。
いつも旅行に行く時は綿密な計画を立てるのですが(←飼い主が)
、今回は絶対食べたいもの・行きたいところを羅列しておき、その時の気分で行く方式に。
私は旅行期間の間に食べたいものを制覇できればよいので、その日に何を食べるかを決めるのは全面的に飼い主にお任せ。
なので飼い主が「昼に何を食べるかは着いてからの気分で決める」と行ってるのに、「今日のお昼ご飯何?」「今日のお昼ご飯何?」「今日の(以下エンドレス)」と聞きまくってました

あとは羽田-金浦の短時間フライトにも関わらず、朝のためか?機内食、冷やし中華が出ました。
私は韓国料理に全力を尽くしたいため、冷やし中華は食べないでおこう・・・と思ったのですが、
結局全部おいしく完食いたしました。

そして10時15分、いよいよ無事に韓国到着
仁川空港からだとリムジンバスを使うのですが、金浦空港からは地下鉄が直通しているのでとっても便利
地下鉄5号線金浦空港駅で、1年半ぶりのT-moneyをチャージ。
T-moneyは、日本でいうスイカみたいなカードなのですが、これが日本以上に便利!
カードだと交通費が割引、地下鉄でもバスでも使え、しかも地下鉄⇔バスを乗り継ぐ場合、2つめの乗り継ぎは無料になります
機械でチャージしようと思ったところうまく行かず、その場にいたおじさん(職員さんか一般の方かはわかりません)が「新札は機械で使えませんよ」みたいなことを教えてくださり、その方に窓口を尋ねて無事たどり着く。
1年半も使っていなかったカード、チャージできなかったらどうしよう・・・って少し不安だったけれど何の問題もなくチャージできました
久しぶりの韓国、久しぶりの地下鉄、でも不思議と久しぶりって感じは全然しない。

私達がお世話になったホテルは、最寄り駅が地下鉄1・3・5号線の乗り換え駅、チョンノサンガ(鍾路3街)駅から徒歩5分のドロスホテル
ここはお初だったのですが、とってもとってもいいホテルだったので、常宿にしようと飼い主と話しました
お部屋も従業員さんもとても感じがよく、またアクセス的にもとっても便利。
明洞も仁寺洞も徒歩で行けます。

ホテルに到着したのが12時20分頃、チェックインは14時からと聞いていたため、荷物だけ預けようと思っていたのですが、チェックイン可能ですとのことで30分だけ休憩。

お昼ごはんは結局、鍾路の『トクサムシデ』というサムギョプサル(豚の三枚肉)屋さんへ。
私このお店がものすごーく好きなので大興奮
トクとはお餅のことで、お肉を薄い餅にくるんで食べるお店です。
詳しくはこちらトクサムシデ(ソウルナビより)

200709042114456


お店の方が鉄板にこのように載せてくれます。
鉄板は右の方が傾いていて、お肉の油が流れる仕組み。
お肉から余分な油が出てカリッと仕上がり、キムチにはお肉の油が乗ってうまみが出て、さらに余分な油は落ちてくれる、簡単ながら素晴らしいシステムです。
留学当時とまったく変わらない並べ方に嬉しくなる。

200709042114454


奥の半月型のものがお餅。
水キムチ大好き!!!

私達の席はなぜか火が弱くて、何度も店員さんに「火が弱いんですけど・・・」と訴えなければならない羽目に
店員さんも他の店員さんを呼びにいったりガスを開けてくれたりと色々してくださりなんとか復活したものの、食べれる状態になるまで時間かかってしまいました。

200709042114452


切った状態。このお肉をサンチュだったりお餅だったりにくるんで食べます。
やっぱりもう最っっ高にうまい
サンチュの他に、エゴマというちょっとクセのある葉っぱも用意されていて、エゴマLOVEの私は1年半ぶりの味に涙が出そうなくらいでしたっ。
飼い主は途中で「俺もういいや」とのことで、結局私は1.3人前くらいを難なく完食。
もっと食べれたけど

・・・ただ、その後飼い主から「今日食べてわかったけど、俺そんなにサムギョプは好きじゃないかも、嫌いじゃないけど」と衝撃の告白を受け驚愕Σ( ̄ロ ̄|||)
すいません、世の中にサムギョプサルを苦手とする人がいるという、考えてみれば当然のことにちっとも思いを馳せなかったワタシ・・・
その後、カルビやモクサルなどを食べた時は満足していらっしゃったので良かったです。
私はトクサムシデが大好物だーーー!!!(おたけび)

その後、さっそく本屋へ。
鍾閣駅3番出口の下にある本屋さんで『金田一少年の事件簿―獄門塾殺人事件 (上) (下)』とNANA1巻を購入し、同じく鍾閣駅に直結している永豊文庫へ。
『文庫』という店名ではありますが、ものすごーーーく広い本屋さんです。
私は本屋や図書館の類が大好きで、さらに好きな韓国語が並んでいる本屋さんにやっとやっと来れたーという嬉しさで我を忘れて本選びに奔走。
金田一少年特別編は6冊出ていましたが、短編集ということで6巻目だけお買い上げ。
(数日後、1~5巻までも買いますが)
日本の小説の韓国語翻訳版も見たけどいまいちピンとくるものがなく、前から欲しかったハリポタ韓国語版を選び、ほくほくしながら飼い主を探すと

いない

いないっていうか、私が放置して本探しに走ってしまったのですが。。。
広い本屋で飼い主を探しに探し、やっと見つける。
当然ながら怒っている飼い主。
そりゃそうですよね、携帯という連絡手段もない中で、言葉の分からない広い本屋でひとり置かれたら怒りますよね・・・
私は本を目の前にすると興奮して他のことが目に入らなくなる傾向があるので、反省です

飼い主に謝りつつ、仁寺洞の観光案内所でパンフレットを集める。
そして飼い主の提案で『コールドストーンアイス』へ行くことへ。
日本ではすっごい並ばないと入れないと聞いているコールドストーンアイス、ここ韓国ではごく普通の待ち時間で買えました
歌は歌ってはいなかったですけど、アイスおいしかったです
ここでは店員さんの若い女の子が優しかったです。
注文などはすべて私の担当で、韓国語は話せるものの一発で日本人とバレる発音の私
店員さんに飼い主のことを「彼氏さんは韓国人ですよね?」と聞かれ、「いいえ、日本人ですよ」と言ったらものすごく驚かれ、側にいた別の店員さんに「この方日本人なんだって、韓国人に見えるね」みたいなことを話してました。
アイスを買って席についてから飼い主に店員さんの話を通訳すると、
飼い主は先ほどの本屋でも2回ほど韓国語で話しかけられたそうです。
その度に
「チョヌン イルボンサラミムニダ(私は日本人です)」
と言って切り抜けたとか。
放置してしまった私は笑える立場ではないのですが、笑ってしまいました。
ちなみに飼い主は4月から韓国語習ってるんです。
といっても文字がゆっくり読めるくらいだそうですが、でも文字が読めるだけでも結構違うんじゃないかな?

coldstone

9/30追記画像

その後一度ホテルに戻る。
朝早かったので少し昼寝したり、私はさっそく買ったマンガ読んだりテレビ見たり。
貴重な旅行時間ではあるけれど、今回は7泊8日の日程だったため、キツキツな日程でなく少しゆったりとできてました。

テレビはケーブルも入るので60局くらい入って嬉しい限り。
相変わらず「クレヨンしんちゃん」やっています。
あと、私が留学中は見かけたことなかったのですが、今回の滞在中に「ドラえもん」を何度も見かけました。
しかも私世代に嬉しい大山のぶ代さん時代の絵柄のドラえもん!
もちろん韓国語吹き替えなのですが、私今のドラえもんの作画にどうしても馴染めない旧世代なので嬉しかったです。
アニメは言葉が易しく、また日本でおなじみなので基礎的な設定は当然よく知ってるために見やすい。

さて晩御飯は何にしようか・・・と話していて、飼い主が「お粥が食べたい」と。
韓国のお粥は日本と違って種類がとても豊富で、粥専門店もたくさんあります。
私も旅行期間中にお粥は食べたいけど、一日目だからもう少しコッテリ系でもいい気もするけど、、と言うも「俺オヤジだから」とのこと
そして歩いて明洞のコンジーハウス』という粥専門店へ。
明洞までも歩いて行ける立地が改めて嬉しいっ。

20070904211445


飼い主の頼んだアワビ粥。
私はまぐろ(ツナ)と野菜のお粥を注文しました。
日本のシンプルなお粥とは違い、具の味がしっかりしてとてもおいしかったです。
お昼の豚肉ではお腹いっぱいにならなかった私ですが、お粥で苦しいくらいお腹いっぱいになりビックリ。

満足した気持ちと、ふくらんだお腹を抱えお店を出て明洞散歩。
土曜日だったけど、思ったよりは人いなかったかな?
韓国の匂いがあちらこちらから漂ってきて、ホントに嬉しくて懐かしい。

そして、簡易書きしてきたメモ見ると、
「1900 コンジーハウス発
 1945 キムパプ(※日本の海苔巻き)」
って書いてあるんですけど、、、なんで超満腹になった45分後にキムパプ食べたのか不明。
キムパプの他にラミョン(ラーメン)まで食べてるし

20070904211444

↑ゴマ油が塗ってあっておいしい

韓国は、「粉食屋(プンシクヤ)」と言って、こういう海苔巻きやラーメン、ビビンバやキムチチゲなどが気軽に食べれるお店がチェーン店でたくさんあるので、小腹がすいた時には困りません。そしてほとんどたいていのお店が24時間営業。
日本でもあるといいのになー。

ソウルタワー

9/30追記画像


コンビニでポカリなどを買って、20時半くらいにはホテルに戻る。
ホテルを探検して、23時前には就寝。
おいしかったサムギョプサルの夢を見るかと思ったけどそんなこともなく、ゆっくりぐっすり眠りました


旅行記、思った以上に長くなってしまいました。
しかも読んでくださってる方に面白いと思ってもらえるような文章力がなくて申し訳ありません
2日に1記事のペースで旅行記を書いていきたいと思っております
2007-09-04 23:06 | カテゴリ:2007なつinかんこく
((このテンプレート、長いタイトルだと途中で切れてしまいます・・・
タイトルのところにマウスを当てると見られます^^)

朝に目を覚ますたび、家に帰ってくるたび、部屋が韓モノで溢れていて嬉しいです
でもハリポタは全然進まず・・・
細切れの時間じゃなくて、一気にガーッて読みたいから平日は難しいかな
金田一ばかり進んでしまいます

さてさて、今日から韓国旅行記を書いていきます
毎日は書けないですけど、来週中までには完成させたいです
でも今回は旅行前に東京へ一泊したので、今日は東京観光記になってしまいます


8/24(金)

今回の8月25日(土)~9月1日(土)韓国旅行は、羽田-金浦空港を利用しました。
元々は、24日(金)に
私お仕事終了後に深夜バスで新潟から東京へ→飼い主金曜中に秋田から東京へ、友達の家に泊まる→土曜朝に羽田空港で落ち合う
という段取りでした。
でも色々な事情から、私が秋田へ帰っていたため、急遽予定変更。
金曜日に一緒に秋田から東京へ行き、羽田空港近くのビジネスホテルへ宿泊することにしました。

朝に秋田空港で待ち合わせ。
留学用に買った超超デカいスーツケースは、空港でもやっぱりデカい
中身は必要最低限のものしか入ってないのに、それでも13kgくらいしました。

この日は飛行機といっても、秋田ー東京間の国内線。
でもしょっぱしめからいきなりハプニング3連発発生

①ネットで購入した航空券が、JALマイレージICカードがなく発券できない。
私自身、これがなんのことかいまだによくわかりませんがあれ
結局、登録はされていたので、無事にチケットはゲットできたのですが

②ゲートくぐるところで「びーっ」と鳴る原因はベルトでしたけどね。。。
でもこのベルト、帰りの仁川空港では鳴らなかったんですよ。
(行きの羽田空港の時はびーっに懲りて外してくぐった)
これがベルトだから別にいいんだけど、鳴る探知機と鳴らない探知機があるのはセキュリティ的にどうなのだろうか・・・

③同時に荷物検査でも引っかかる。原因はハサミ
機内にハサミを持ち込もうとした女・・・がっくり
わざとじゃないのっ。
前日に荷物整理をしていて、「新潟から持ってきたハサミが見当たらないなー」と思ってたらまさか手持ちのリュックに入っていたとは
私、荷物検査で引っかかったものって没収されて戻ってこないのかと思ってたんですけど、別ルートで運んで到着空港で受け取る仕組みになっていて、ハサミが捨てられることはなくホッとしました。
①②③と一度に連続で起こると、さすがに呆然としましたね。。。
私はまだ元気なんですけど、飼い主は呆れること極まりなしって感じで、すべての旅行の前から疲れ果てていました。

そんなこんなで飛行機乗り込む。
飛行機大好き
秋田-東京間をわずか1時間で結ぶ飛行機はすごいなー。
そして秋田ー東京往復とほぼ同じくらいで着いちゃう外国・韓国はもっとすごいなー。

11時くらいには東京到着。
あしたのーいまごろにはー わたしはーきっと 韓国だ
でもこの時点で全然実感なし。

ハサミを受け取り、重いスーツケースをガラゴロ引っ張って羽田空港近くのビジネスホテルへ。
約13kgのスーツケース、留学の行き帰りよりはずっとずっと軽いため、これくらいは平気なのだ
でも一度だけ、どっかの駅のエスカレーターが点検中で長ーーい階段を上がった時はツラかった・・・生気を失った・・・

とりあえずホテルに荷物を預け、すでに疲弊ながらも身軽になった私達は月島のもんじゃに向かう。

200709041204594


この状態を写真に残すのも微妙ですが

この後、ディズニーシーにも行こうか?と話も出たのですが、次の日が早いのでディズニーシー行くと帰り遅くなりすぎることもあり、シーは次の機会の楽しみにすることに。

ということで、次に向かうは

ザ・東京タワー

おのぼりさん感満点です
でも私も小学生の時に母と行ったきり、飼い主にいたっては生まれて初めての東京タワー

200709041204592

333mとは知ってたけど、近くまで行くと思った以上に大きくてビックリ!

入口の横で、お猿の「いっくん」が芸をしていました。

20070904120459


いっくん、ホントにホントにすごかった
逆立ちしたり竹馬に乗ったりジャンプしたり、芸もすごいし、またなんか可愛くて可愛くて!!
これはいっくんを指導(?)してるお姉さんも、いっくんのことが可愛くて愛しくてたまんないんだろうなぁ。
芸の合間に休んでる姿も、オヤジのようなコドモのような感じでとってもキュートでした

私達が東京タワーに行ったのは平日午後なのに、ものすごーくたくさん人がいてビックリ。
外国人さんも多かったし、子供連れのご家族もたくさんいました。

東京タワーでは、ギネスや蝋人形、ホログラム、騙し絵、そして中間くらいの展望台まで昇れるセット券を買っておのぼりさん観光満喫!
東京限定、東京タワースティッチもゲット
でも秋田限定なまはげスティッチの方がめんこい(秋田弁)です。
小さなサンリオショップがあり、全国のご当地キティが集結
ひとつの県で何個もご当地キティが出ていて、とってもとっても可愛いけど、これにハマると集めるのが大変そうと思いました
以前DSソフトでご当地キティのDSソフト売ってるの見かけたことがあるけど、コストパフォーマンスはDSの方がよさそうですね(笑)
秋田バージョンは秋田名物ババヘラ(知ってますか?知らなかったらババヘラアイスでググってみてたんせ♪オフィシャルサイトもあって、私もびっくり)キティもいて、その目のつけどころに大拍手

東京タワーではクレープ食べたり展望台から見える国会議事堂やお台場やレインボーブリッジを堪能したり、楽しくおのぼりさんしました。

この日は明日から韓国旅行が控えてることもあり、早めに帰宅して休むことに。
遠足の前の日気分なので、眠れなかったらどうしようーと心配していたのですが、寝つきの良い私はアッサリと眠りについたのでございました
次回からは本格的な韓国旅行記です
2007-09-02 11:25 | カテゴリ:2007なつinかんこく
今回の旅行でめちゃくちゃ嬉しかったのは、ほしいものがたくさん買えたこと
留学から帰ってきて1年半、あれがほしいこれがほしいと思うものが増え、
でもお隣の国とはいえ、やっぱり現地に行かないと食べれないもの・手に入らないものが多くて。
なので夢が叶ってとってもとっても嬉しいですっ。
好きなものに囲まれてニマニマしてます(怪)
旅行記の前に、買ったものを載せたいと思います~。


まずは食べ物編。

200709020959506

コチュジャン(唐辛子味噌)とお菓子。
コチュジャンを結構前から切らしていて不便だったので、ようやく手に入って嬉しいですっ。
これは1キロなんですけど、店頭には普通に3キロや4.5キロサイズも売ってました。
驚くことではないんですけど、そのシャレかと思うような大きさには笑わずにいられませんでした。



20070902095949

スティックタイプになっているお茶の粉。
右上のピンクは五味子茶。飼い主(この呼び方を復活させろと指令が出たので、スティラバから飼い主に戻します)はこのお茶がいたく気に入り、実を買って帰りました。水につけておくと飲めるようになるそうです。
右下の緑はヨモギ茶。
左上の濃い茶色のはテチュ=なつめ茶。なつめ大好き
左下の一番大きいものは宮中韓茶。どんな味かまったく知らないんだけど(爆)、なんか苦そうでおいしそうだったので買ってきました。
クセがあったり、苦味のあるものが好きです



200709021028458

こちらはテチュ=なつめ茶の瓶バージョン。
粉でも買ってるくせに、どんだけ好きなんだって感じですが
ユヂャチャ(ゆず茶)が有名だけど、私はテチュ茶のみを買ってきました。
粉はまだともかく、瓶は開けるのがもったいないー。



お次はオーダーメイドで作った靴です。
前回もロングブーツを作りましたが、今回はローファー&パンプス。

200709020959504

ローファー
当たり前だけど、デザインも色も注文した通り、サイズも合わせる靴下のサイズまで細かく聞いてくれてピッタリ入りました


200709020959502

20070902095950

このパンプス、すっごく気に入りました
パンプスが履ける、ってだけで私には感涙ものなので、嬉しくて「うべべべべべべ」とか「ぶひゃひゃひゃひゃひゃひゃ」と笑って飼い主に不気味がられました。

オーダーメイドで、1足12万ウォンです。1万5千円弱か?(適当)
オーダーメイドにしては日本より安いとはいえ、日本で既製品買うよりは当然高め。
私は贅沢志向でもなければ金持ちでもないため、既製品で済むなら既製品の靴を履きたいです。
でも、でも、オイラもんのすごい幅広甲高jumee☆Feel Depressed4で、売ってるパンプスは突っかえてしまって試着すらできないギャグ足なんですjumee☆DaNcE2
今回、足のサイズを測ってもらっているところを、飼い主が大爆笑しながら見ていたうえに、持参したハンディカムで人の足型を撮影してやがりました(怒)


次はこちらっ。

200709021028456

DSソフトです。
ハングルだけどパッケージは日本でおなじみ、そう脳トレ韓国語バージョン
DVDはリージョンコードの関係で日本ではコード変えないと再生できないけど、DSはCDと同じで普通に使えます。
今回は韓国旅行にDS持っていったので、旅行中に少しだけやってみました。
川島教授のセリフが本当にハングルになっていました~。
脳トレで韓国語の勉強ができるなんてオトクな感じです

DSは韓国でも普通に普及していて、任天堂すげー!と思いました。
本体はレートを考えると日本より少し高めかな?という感じです。
ソフトは日本でおなじみのものが韓国語になって売られているといった感じで、種類は日本に比べて少なかったです。

200709021028454


DSソフトのパンフレットの一部。『英語漬け』のソフトもどこでも見かけました。

ちなみに、地下鉄や駅の待ち合わせ場所で一生懸命DSをやっている人に数回、っていうより何度も出くわしました(笑)
私たちが見たのは全部若い女の子でした。



次は本。(っていうかほとんどマンガ)

200709021028452

NANAです。まだ連載終わってないし、1巻だけで満足なので1巻目のみ購入。
裏焼きにしてあるため、全員左利きです(笑)
この頃のNANAは好きだったけど、最近は話が込み入ってきてついていけてないです
やっぱり続きものは買っているとキリがないので、1巻で完結するものが好き。クレヨンしんちゃんみたいな、一応続きものではあるけど1巻だけ買っても楽しめる、みたいな。
でもしんちゃんは日本語のギャグが面白いことに気が付いたので今回は買いませんでした。



そしてこれ。
20070902102845

金田一少年の事件簿
『獄門殺人事件(上)(下)』プラス『特別編』6巻。
全部で8冊を並べて写真撮ってみたら、さすがに圧巻でした
めったに行けない韓国だし、いいよね?いいよね?(誰に聞いているのか・・・)
前回買った時は、NANAと同じく裏焼きで、右の心臓刺されて死んだりしてましたが、今回は日本と同じに刷り直されてました。



200709021117504

絶対ほしかったハリポタ韓国語翻訳版
どうしてもマンガに手が伸びてしまうのを抑えつつ、読みきりたいと思います
ちなみに右のしおりは、「パピヨン」という小説の宣伝用?に作られたもののようです。綺麗で好みだったので、何枚かもらってきました。
この「パピヨン」という小説、どこの本屋に行っても山積みにおいてあり、ランキング1位!みたいなことが書いてありました。
表紙の蝶が綺麗で惹かれたけど、内容がわからず面白くなかったら読まないと思ったので買わずにきたけど気になる。。。日本のAmazonでは出ないし、情報求むです
(追記)調べました。フランス小説のようです。


そしてこれが最後の画像。
今回いっちばん嬉しかったスペシャルな買い物です


200709021117502

2巻セットなので、ケース付き。

20070902111750

中身。


ジャジャーン
リロ&スティッチ 韓国語バージョンDVD
パソコンのリージョンコードを変えたら普通に見ることができました。
リロが、スティッチが、韓国語を話してます!!
リージョンコードは5回までしか変えられないので、パソコンをリロスティDVD用にして、普段はプレステでDVD見れば無問題
ちなみに、ジャケットにはコリアンとイングリッシュしか書いてないのに、なぜかタイ語や中国語もできるようです。


いや~それにしても買ってますね(笑)
めったに行けないし、ムダなものは買ってないから後悔ナシの大満足です。
(通帳の残高は怖いですが。。。)
2007-09-01 21:06 | カテゴリ:2007なつinかんこく
7泊8日の韓国旅行を無事に終えて、新潟に戻ってきました
もう本当に本当に本っ当に楽しくて、一週間じゃ全っ然足りなくて、帰ってくるのがものすごーーーく寂しかったです~。
行く時は12キロくらいだったスーツケースが、帰りは約22キロ
ほとんど100%自分用のお土産です(爆)
約10キロのお土産と、たっくさんの思い出が詰まった1週間でした。

荷物整理・・・は明日。
今日は買ってきた韓国茶を飲みながら買ってきた漫画を読んでゆっくりします。(←干物)
明日から旅行記を書きます
2007-08-28 15:18 | カテゴリ:2007なつinかんこく
もってきたモバイルパソコンがかんじへんかんできないのでブログかけませんが、かんこくりょこうたのしんでます!!!
ほしかったBOOKやDVDもかい、うれしくてうれしくてうれしいですっ。
かえったらまたかきます~
2007-08-25 06:36 | カテゴリ:2007なつinかんこく
スティラバな彼氏と韓国旅行に行ってきます♪♪
今回、療養やら他にも色々な事情が重なり地元に戻ってきていましたが、ある程度解決したので韓国へは予定通り出発します。
会社にはたくさんお土産買っていかないと。。

モバイルパソコンを持っていくので現地でもブログ書けると思ったら、閲覧はできるものの日本語打てない?みたいです(^^;
帰ってきたら旅行記書きます^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。