-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-22 23:48 | カテゴリ:韓国語本
韓国ドラマで学ぶ韓国の歴史
内容紹介
『韓国テレビドラマコレクション』で定評のあるキネマ旬報社が贈る
韓国テレビドラマファン待望のムック。
人気沸騰の韓国時代劇ドラマから“韓国の本当の歴史”が楽しく学べる。

『宮廷女官 チャングムの誓い』『朱蒙』『太王四神記』をきっかけに
女性から男性へと広がる韓国ドラマファン。
基本的な流れや王朝制度など、韓国の歴史を知ることで
ドラマの楽しみ方がより深く、より身近に広がっていきます。

ぜひこの本で、韓国歴史ドラマのグラビアや情報を楽しむことによって、
ドラマの世界に惹きこまれると同時に自然に歴史を理解して、韓国歴史通になってください。
ドラマの写真や図説、年表もたっぷり。
お隣の国、大好きな国、韓国の歴史と文化が手に取るようにわかり、もっともっと韓国テレビドラマが好きになる1冊です。

簡単に内容を紹介すると――
● グラビア時代劇
ペ・ヨンジュン、イ・ジュンギ、ハ・ジウォン、イ・ヨンエなどNHK他で放送された韓国時代劇ドラマのヒーロー、ヒロインの魅力をビジュアルでたっぷり。
● 時代で読み解く韓国ドラマ
年表&解説/時代劇をどう見る?/時代ドラマ視聴率ベストテン/古朝鮮から新羅、高麗、朝鮮王朝の系図+地図/文化、宗教、衣装、武器などを解説/時代別ドラマ紹介
● 時代劇スタッフが語る
最新ドラマ『善徳女王』の監督・脚本家に直撃インタビュー
● 人物で読み解く時代劇
イ・サンと王朝の系譜/朱蒙と国づくり/成宗~燕山君の覇権争い/チャン・ヒビンと3大妖婦
歴史解説:水野俊平(北海道商科大学教授)
(amazonより)


大雪で多忙を極め、おまけに風邪をひいたり、はたまた元気なら元気で遊び回っているために全然PCに向かう時間がなく、いざ向かっても文章を書く気力がまったく湧いてこないこの頃です
一人暮らしOL、時間も自由になり、お金もないけど自分で自由に使え、さらに交友関係も広がってきた新潟生活、今が一番遊べる時かも

さて、最近気になっているのが「韓国ドラマの史劇」
今まで見たことがあるのはチャングムだけ、でも韓ドラ界には面白そうな史劇がわんさか転がっているようです
いつもロム専している韓ドラブログでもかなり評判が良く、ハマったら長い間楽しめそう~。
ケーブルテレビでも史劇はいくつか放送しているものの継続して見られない。
なによりも韓国歴史の基本的知識もなく、ドラマそのものの面白さでなくその入り口で楽しめないなんてつまんないなと思っていました。
そんな時、紀伊国屋で見つけたこの本「韓国ドラマで学ぶ韓国の歴史」
もう一冊、「韓国ドラマで学ぶ朝鮮王朝の歴史」もありましたが、初心者には時代特化よりも全体像が必要と思いまずはこちらを購入。

昨日のお昼休みに買って、帰宅してから読むの楽しみにしてたのに、夜に会社に忘れてきました・・・orz
ある時間を過ぎると裏口からしか出れず、出た直後に気付いたけどもう入室できないんですよ
今日は無事お持ち帰りできたので、少しずつゆっくり読んでいきます。
少し読んでみたところ、情報量は豊富だし、時系列に従って歴史背景がわかりやすく書かれていてこれはかなり良さげ!!
読み終わった後は思い切って、何かの史劇DVDを思い切って全巻購入しちゃおっかなと企み中。
ボーナス出たので、少し頑張ってみようかしら。
今のところの第一候補は「朱蒙(チュモン)」です。


スポンサーサイト
2008-02-11 19:23 | カテゴリ:韓国語本


韓国旅行で買った韓国語版ハリポタ1『ハリーポッターと賢者の石』



図書館でハリポタ2『ハリーポッターと秘密の部屋』の日本語版&韓国語版を借りました。
1巻を読みきり、シリーズ物といっても1巻は1巻で話は一応まとまってるし、そんな続きに興味ないし、と、2巻以降は読むことないんだろうなーと思ってたけど、
図書館になんとハリポタ韓国語版が並んでいたのを見て読んでみることにしましたっ。(無料だし・・・)

ハリポタ韓国語版、文章自体は平坦で、そんなに難しくないです。
でもファンタジーものって、ストーリーが何がなんだか分からなくなりがちなので(私の読解力がっくり)、日本語で読んでから韓国語読む方式にしました。
ハリポタの場合、私は日本語で読んでも分からないところがあるので

1巻読んでからも、ラストは確かに面白かったけど、そんな全世界でここまで大絶賛されるほど他書と比べて優れてるか~?と思ってしまっていました。(ごめんなさい!)
でも2巻を読んで、少し面白さがわかってきた気がします。
複線が細かく張られていて、なんでもないエピソードがきちんと繋がっていて、特にラストの意外性が楽しい!
巻が進むにつれ(ってまだ2巻目なんですけど)世界が広がってきて、一方でメイン登場人物は同じなので性格的にも掴めてるし、成長も楽しめるしいいですね。
漫画だとシリーズものはよく読んでるけど、小説だとあんまりシリーズ体験してないので楽しいです。
私の好きな漫画:美味しんぼ・金田一少年の事件簿

映画もいつか見てみるつもりだけど、ビジュアルのイメージはもう少し後に固めたいので先かな。
3巻以降も、ゆっくりインターバルあけつつ借りて読んでみます。
いったん借りると一気に読んじゃうので、忘れた頃に借ります。
長く楽しみたいし、最終巻だけまだ出てないから、早く読んじゃったら待ちきれなくなってしまいそう。
韓国語版も、日本語版と比べて大きく理解力が劣るわけではないのですが、日本語版は一度に何ページも読み進められるのに対し、韓国語版は1ページ、うまくいっても1章読むと休憩を入れたくなるのが大きな違いでもあり、ものすごく悔しいところでもあります。


この3連休は母が来ていたため、韓国語もユーキャンもお休み。
できないとなるとやりたくなるもので、うずうずしてました
今週はハリポタ2を水曜までに読み上げる!を目標にします。
・・・18章中まだ2章目なんですけど、日本語は足掛け2日で読めたのでできる、ハズ・・・
2007-11-11 23:38 | カテゴリ:韓国語本
20071111233845
図書館から借りてきた本、完読!
これは東野圭吾さんの小説、直木賞を受賞した『容疑者Xの献身』韓国語翻訳版です。
日本語で読んだことがある&やっぱり元が日本の小説だから、「バブルの頃の銀座では」みたいな部分の文化背景とか固有名詞とか分かりやすくて、ストレスなくスラスラ読めました。
外国語で本が読めるって、日本語で読むのとはまた違った味わいがあっていいですね。
でもこれが韓国人作家が書いた小説だったりすると途端に物凄く分からなかったりするから、真の実力で読んだわけではないですね;
だいたい、なつのかんこくりょこうで買ってきたハリポタは、日本語訳を読んだにも関わらずまだ読み切ってないし、図書館から借りた「四月の雪」(ヨン様&ソン・イェジン主演の映画。原題「外出」)の原作本はエロシーンだけ!拾い読みして返却したし・・・(←この部分については突っ込まないでね♪)

日本語で読んだことがあるがゆえにわからない単語の推測が容易だったこともあり、読み切った達成感や韓国語力アップの実感はないのが残念だけど楽しかったです!

今日はポッキーの日。
韓国では日本のポッキーにあたるものの商品名を「ペペロ」といい、「ペペロデー」の今日はスーパーや街のあちらこちらでペペロが売られていて盛り上がったはず。
私はフランが好き♪♪
2007-08-07 20:05 | カテゴリ:韓国語本
紀伊国屋に行ったら、ハリポタ最終巻の原書が売られていました。
ハリポタは、発売された頃にすっっっごーーーく面白いと聞いていて、期待して期待して、高校生の頃に図書室にあった第1巻をわくわくしながら読んだら

あれ

って感じで面白く感じられなかった悲しいトラウマがあります

もちろんハリポタが悪いわけじゃなくて、しっかり読まなかったからなんだよねぇ。
ハリポタって、緻密に伏線が張ってあって、前半のなんでもないような出来事が後半に生きてくるって聞いたので、最近またハリポタ読みたい病にかかってます
活字中毒のわりに、洋モノの本にどーも苦手意識がある
洋書っていってももちろん日本語で読んでるんですけどね・・・
そんな先入観で読みもしないのはもったいない
わたし、『だびんちこーど』を日本語で読みきっておいて犯人がわかってなかったって前科の持ち主(爆)
それって読んだって言わないか

ハリポタ

ハリポタ韓国語翻訳版。
読むなら日本語じゃなくこっちがいいな~
2007-04-30 22:03 | カテゴリ:韓国語本
20070430220348
21日(土)にコリアンタウンで買ってきた韓国語小説『私の名前はキムサムスン』を、昨日の29日(日)読み終わりました~~~!!!
私にとっては、スペースマウンテン並みに早いスピードでの完読。
いつもはスプラッシュマウンテンか、もっと遅いとイッツ・ア・スモールワールド並みだからねぇ。(ディズニー好き)
韓国語翻訳版「いま会い」を読み終わった時にも、韓国映画「クラシック」のディクテーションをやり遂げた時にも感じられなかった充足感を感じます。

この小説は、登場人物の心理描写がホンットに丁寧で細やかでした。
もちろん100%理解して読んでたわけじゃないですけどね・・・
反省点としては、一日にちょっとたくさん読み進めすぎたかな?ってこと。
面白いからといってたくさん読みすぎるといっぱいいっぱいになるのか、次の日に手にとって読み始めるまで時間かかります;
何事もほどほどにってことですね。

それにしても韓国の本の装丁って全体的にすごく美しい、というか私好みなんですよね。
装丁がいいだけで手にとるのが楽しくなりますo(^-^)o

さて、次はセットで買った同じ作家さんの本を読むか、
『キムサムスン』を辞書使って読み直すかでちょっと迷うけど、
どっちにしろGW後半は帰省するから、本格的に読むのは帰ってきてからですね。
明日明後日はきっと、すごーーーく仕事が忙しいだろうけど、帰省を楽しみに頑張ります!!!
2007-04-28 22:50 | カテゴリ:韓国語本
4月30日追記:この記事は最初『脳トレ イムニッカ?』ってタイトルでアップしてましたが、やっぱいまいち気に入らないのでタイトルのみ修正しました。記事の日時や本文には一切手を加えてません(^^


連続韓国語の本の話ですみません・・・前回の記事(今朝書いたもの)の続きです。

プロローグ+19章+エピローグで構成されている『私の名前はキムサムスン』の小説、
今日は10章~15章を読みました。
(あ、もちろん一気にじゃなくて休み休み、出かけたりしたから中断も挟んでだけど)
ここまで来れば、日本語の本なら一気にラストまで読めちゃうけど韓国語はムリ(´Д`)ゆうやけこやけでまたあした♪

韓国留学中に一度でも、こんなに一気にまとまった量の韓国語読んだことあったかしらん。
(答え:ない)

いややっぱり、日本語小説読むのと同じとはいかないですね。当たり前か。
もうね、脳が疲れる疲れる。
脳が「くーちゃ~っ」となってるのが自分でもわかります。普段使ってない分、顕著にわかります。
韓国語(外国語)をたくさん読むと、その日はいつもより睡眠がたくさん必要になることも知った、今週の私でした。。。
2007-04-28 08:52 | カテゴリ:韓国語本
先週、コリアンタウンで買ってきた『私の名前はキムサムスン』の小説。
(関連記事は『韓国語小説2冊』『キムサムスンの本が面白い』
今現在、だいたい6割くらい読み終わりました。
私にしてはすごーーーく早いスピード。
お仕事が定時だから読む時間が夜しかない
今週は、「帰ったら本読めるぞー!」と思いながら仕事してた気がします
なんだかんだ予定が入って遅く帰る時でも、ムリヤリ数ページ読んでから寝てた
早く読めるのは、残念ながら私の韓国語力が上がったからではなく、内容が面白くて早く先が知りたくなるし、心情描写とかも共感できるところがたくさんでどんどん読めちゃうから。
辞書使わないで読んでいて、ストーリー自体は追えてるけど、実は飛ばしてる単語はたくさんある感じです
飛ばし読みも大事だけどそれだけじゃ語彙力が付かないので、一度通して読んでから2回目は精読するつもり。
知らない単語をひとつひとつ調べたら、1ページに何個あるんだろう・・・って考えると恐ろしい

で、今まで読んでいた韓国語翻訳版「いま、会いにゆきます」が実はあんまり好みじゃなかったことに今さら気づいてしまった
この本が悪いとかじゃなくて、『妻を亡くしたシングルファザー』という主人公は当然自分とかけ離れてるので気持ち入りきらなかったんですよね。
歌でも、男性歌手より女性歌手の歌の方がリピート率が高い
あとは子供とか動物とか家族とかが主題になってるものって、本でも歌でも映画でもドラマでも個人的にあんまりハマれなかったり。
『東京タワー』も読めませんでした
もう少し年齢重ねたら変わると思うけど。
そういう意味では、「サムスン」よりももっともっと気持ち入れられる小説を見つけられたらいいな。

今日から3連休。
午後から出かけるので、午前中はサムスンワールドに浸ります
2007-04-23 19:14 | カテゴリ:韓国語本
20070423191432


あんまり意味のない画像になっちゃいましたが
コリアンタウンで買ってきた『私の名前はキム・サムスン』の本が面白いですー!!!
当然、全部の単語を理解してるわけではないんですけど、もう先が読みたくて、とりあえず1回通して読んでしまって、2回目からゆっくり辞書使って単語増やしていきたいです。
全部で394ページ。
フルタイムで働いてるとはいえ、お気楽ひとり暮らしなのでとにかく時間作って早く読みきりたいです
2007-04-22 10:39 | カテゴリ:韓国語本
200704221039112


20070422103911
今回、コリアンタウンで買った小説2冊です♪
日本語小説の韓国語翻訳版は持ってるけど、韓国人作家が書いた正真正銘?の韓国小説は今回初体験。
今までは、韓国人作家が書いたものは文化的背景も知ってなきゃいけないだろうし、どの作家が好みに合うとかもわからないので手を伸ばせませんでした。
そもそも、日本人作家の本だからといってすべて読めるわけではないし。
でも日本では韓国語小説自体が手に入りにくいし、この本なら楽しく読めそうと思って買っちゃいましたっ。
大ヒットドラマ『私の名前はキムサムスン』の原作と、同じ作家さんが書いた『あなたは私のもの』です。
なんでこれ買ったかというと、9800ウォン×2が2100円、1冊あたり1050円と、レート考えて韓国で買うよりオトクだったから。
輸送料や手間賃を上乗せした値段になるのは仕方ないはずなのに、なんでこの値段なんだろう?
でも超ラッキー♪
なんで2冊買ったかというと、2冊セットの抱き合わせ販売だったから(^^;

正直このドラマには私ハマれなかったのですが、原作はドラマと違うトコもたくさんあるらしいし期待します。
私はキムサムスンみたいな人より、女には好かれなくても男にモテモテタイプの女子が好み。
キムサムスンでいうならヒジンが好きだったな~。
私は男か?

あとは、漫画『NANA』の韓国語版が前から欲しいと思っていて、今回この小説買ったのとは別の店で見つけたんです。
恐る恐る値段を見てみると、

3000ウォンのものが750円

・・・おとなしく本棚に戻し、静かにお店を後にしました・・・
ちなみにこのお店では、私の買った本が1冊2100円で売られてました。ますますトクした気分♪

とりあえず、一応のストーリーは知ってるキムサムスンから読んで、次に何も知らない『あなたは私のもの』を読みます。
『あなたは私のもの』の方は、同じ作家さんの本って以外に予備知識が何もない状態なので、読めるかどうかドキドキしますが・・・
キムサムスンで慣れてから読むから少しはなんとかなると思いたいです。。。
2007-04-21 00:57 | カテゴリ:韓国語本
研修終了~!!
いやー充実してましたっ。
その話は後でPCから詳しく書きますー。
今夜泊まるホテル(自費なので安いところ)、研修で泊まった部屋より狭いです・・・

せっかく関東に来たので、はるばるコリアンタウンを歩き韓国語の小説買いました(*^▽^*)/
9800ウォンの本が1050円。
今のレート考えると、日本で買った方がかえって得っぽいのは何故!?
どんな本かはまた画像載せます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。